FrameworkElement.ArrangeCore(Rect) FrameworkElement.ArrangeCore(Rect) FrameworkElement.ArrangeCore(Rect) FrameworkElement.ArrangeCore(Rect) Method

定義

ArrangeCore(Rect) (UIElement で仮想メソッドとして定義されています) を実装し、その実装をシールします。Implements ArrangeCore(Rect) (defined as virtual in UIElement) and seals the implementation.

protected:
 override void ArrangeCore(System::Windows::Rect finalRect);
protected override sealed void ArrangeCore (System.Windows.Rect finalRect);
override this.ArrangeCore : System.Windows.Rect -> unit
Protected Overrides NotOverridable Sub ArrangeCore (finalRect As Rect)

パラメーター

finalRect
Rect Rect Rect Rect

この要素が要素自体と子を配置するために使用する親の末尾の領域。The final area within the parent that this element should use to arrange itself and its children.

注釈

このメソッドはシールされています。This method is sealed. 要素のレイアウトの配置パスを具体的には、カスタム要素内のロジックをオーバーライドするには、FrameworkElement派生クラスでオーバーライドする必要がありますArrangeOverrideします。In order to override the logic in your custom element specifically for the arrange pass of element layout, your FrameworkElement derived class must override ArrangeOverride.

適用対象

こちらもご覧ください