FrameworkElement.Tag FrameworkElement.Tag FrameworkElement.Tag FrameworkElement.Tag Property

定義

この要素に関するユーザー定義情報の格納に使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。Gets or sets an arbitrary object value that can be used to store custom information about this element.

public:
 property System::Object ^ Tag { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public object Tag { get; set; }
member this.Tag : obj with get, set
Public Property Tag As Object

プロパティ値

任意の値。The intended value. このプロパティには既定値はありません。This property has no default value.

注釈

このプロパティは、Visual Basic for Applications や Windows フォームなど、他の Microsoft プログラミングモデルのタグプロパティに似ています。This property is analogous to Tag properties in other Microsoft programming models, such as Visual Basic for Applications or Windows Forms. Tagは、既存のプロパティの場所を提供することを目的としています。このFrameworkElement場所には、要素をサブクラス化する必要なく、に関する基本的なカスタム情報を格納できます。Tag is intended to provide a pre-existing property location where you can store some basic custom information about any FrameworkElement without requiring you to subclass an element.

このプロパティはオブジェクトを受け取るため、プロパティ要素の使用法を使用して、XAML のTagプロパティを、既知の組み込み型コンバーター (文字列など) を持つオブジェクト以外のものに設定する必要があります。Because this property takes an object, you need to use the property element usage in order to set the Tag property in XAML to anything other than an object with a known and built-in type converter, such as a string. この方法で使用されるオブジェクトは、通常、標準の WPF 名前空間内にはないため、XAML 要素として導入されるためには、外部名前空間への名前空間マッピングが必要になる場合があります。Objects used in this manner are typically not within the standard WPF namespaces and therefore may require namespace mapping to the external namespace in order to be introduced as XAML elements. 詳細については、「 WPF xaml および xaml の Xaml 名前空間と名前空間の割り当て」および「 Wpf のカスタムクラス」を参照してください。For details, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML and XAML and Custom Classes for WPF.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field TagProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象

こちらもご覧ください