PresentationSource.AddSourceChangedHandler(IInputElement, SourceChangedEventHandler) PresentationSource.AddSourceChangedHandler(IInputElement, SourceChangedEventHandler) PresentationSource.AddSourceChangedHandler(IInputElement, SourceChangedEventHandler) PresentationSource.AddSourceChangedHandler(IInputElement, SourceChangedEventHandler) Method

定義

SourceChanged イベントのハンドラーを、指定した要素に追加します。Adds a handler for the SourceChanged event to the provided element.

public:
 static void AddSourceChangedHandler(System::Windows::IInputElement ^ element, System::Windows::SourceChangedEventHandler ^ handler);
[System.Security.SecurityCritical]
public static void AddSourceChangedHandler (System.Windows.IInputElement element, System.Windows.SourceChangedEventHandler handler);
static member AddSourceChangedHandler : System.Windows.IInputElement * System.Windows.SourceChangedEventHandler -> unit
Public Shared Sub AddSourceChangedHandler (element As IInputElement, handler As SourceChangedEventHandler)

パラメーター

element
IInputElement IInputElement IInputElement IInputElement

ハンドラーを追加する対象の要素。The element to add the handler to.

handler
SourceChangedEventHandler SourceChangedEventHandler SourceChangedEventHandler SourceChangedEventHandler

追加するハンドラー実装。The handler implementation to add.

注釈

このイベントの構文ブロックに関係なく、適切Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)な添付プロパティの使用はありません。Despite what the syntax block for this event states, there is no legitimate Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) attached property usage. Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)ハンドラーを追加しようとしないでください。また、コード内のハンドラーは、プレゼンテーション (PresentationSource ) のコンテンツのホストとして機能するオブジェクトにのみ配置する必要があります。You should not attempt to add handlers in Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML), and handlers in code should only be placed on objects that serve as hosts for presentation (PresentationSource ) content. このようなハンドラーは、オブジェクトの初期化中にのみアタッチし、Dispose メソッドまたは同等のオブジェクトのクリーンアップで明示的に削除する必要があります。Such handlers should only be attached during object initialization, and should be explicitly removed in a Dispose method or equivalent object cleanup.

これはルーティングイベントですが、このイベントには、通常のルーティングイベントの動作とは異なる特別な制限があります。これは、これを処理することに関係する一般的なアプリケーションシナリオの要素の数が比較的少ないためです。場合.Even though this is a routed event, there are special restrictions placed on this event that differ from normal routed event behavior, due to the relatively small number of elements in a typical application scenario that would concern themselves with handling this event.

  • またはUIElement ContentElementメソッドを使用してハンドラーを追加することはできません。AddHandlerYou cannot use the UIElement or ContentElement AddHandler methods to add handlers. を使用AddSourceChangedHandlerする必要があります。You must use AddSourceChangedHandler.

  • イベントC# +=自体-=はパブリックとして公開されないため、およびイベントハンドラーの構文と関連する言語固有のハンドラーの構文はサポートされていません。The C# += and -= event handler syntaxes, and related language-specific handler syntaxes, are not supported, because the event itself is not exposed as public. ハンドラーを直接追加および削除するためのユーティリティメソッドのみがサポートされています。PresentationSourceOnly the PresentationSource utility methods for adding and removing the handlers directly are supported.

  • クラスハンドラーは使用できません。Class handlers are not allowed. 具体的には、クラスRegisterClassHandlerコンストラクターでこのイベントに対してを呼び出すことはできません。これは、sourcechanged の識別子フィールドが存在するにもかかわらず、識別子がパブリックではないためです。Specifically, you cannot call RegisterClassHandler against this event in a class constructor because although an identifier field exists for SourceChanged, the identifier is not public.

  • ハンドラーのいずれかが引数を処理済みとしてマークしようとしても、すべての登録済みハンドラーは SourceChanged イベントを受け取ります。All registered handlers will receive the SourceChanged event even if one of the handlers attempts to mark the arguments as handled.

セキュリティ

UIPermission
このメソッドを呼び出すか、実装する場合は。to call or implement this method. AllWindows (関連する列挙体)Associated enumeration: AllWindows.

適用対象