UIElement.DragOver UIElement.DragOver UIElement.DragOver UIElement.DragOver Event

定義

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。Occurs when the input system reports an underlying drag event with this element as the potential drop target.

public:
 event System::Windows::DragEventHandler ^ DragOver;
public event System.Windows.DragEventHandler DragOver;
member this.DragOver : System.Windows.DragEventHandler 
Public Custom Event DragOver As DragEventHandler 

注釈

このイベントは、要素の境界でドラッグを開始した場合でも発生します。This event occurs even if the drag originates in the element bounds. ドラッグが境界の外側を開始し、このイベントは発生しても、内部で、移動だけでなくDragEnterおよびプレビュー イベントに関連します。If the drag starts outside the bounds and then moves inside, this event is also raised, as well as DragEnter and related preview events.

このイベントのエイリアスを作成する、DragDrop.DragOver添付イベントをこのクラスのようにUIElement.DragOver一部であるクラスのメンバーのリストUIElementは基本要素として継承されます。This event creates an alias for the DragDrop.DragOver attached event for this class so that UIElement.DragOver is part of the class members list when UIElement is inherited as a base element. イベント ハンドラーに関連付けられている、DragOverイベントは、基になるに関連付けられているDragDrop.DragOver添付イベントと同じイベント データ インスタンスを受信します。Event handlers that are attached to the DragOver event are attached to the underlying DragDrop.DragOver attached event and receive the same event data instance.

ルーティングされたイベント情報Routed Event Information

識別子フィールドです。Identifier field DragOverEvent
ルーティング方法Routing strategy バブルBubbling
DelegateDelegate DragEventHandler
  • 対応するトンネル イベントはPreviewDragOverします。The corresponding tunneling event is PreviewDragOver.

  • オーバーライドOnDragOver派生クラスでは、このイベントに対するクラス処理を実装します。Override OnDragOver to implement class handling for this event in derived classes.

適用対象

こちらもご覧ください