UIElement.InvalidateMeasure メソッド

定義

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。Invalidates the measurement state (layout) for the element.

public:
 void InvalidateMeasure();
public void InvalidateMeasure ();
member this.InvalidateMeasure : unit -> unit
Public Sub InvalidateMeasure ()

注釈

このメソッドを呼び出すと、内部的に InvalidateArrange も呼び出され、InvalidateMeasure を呼び出し、連続して InvalidateArrange する必要はありません。Calling this method also calls InvalidateArrange internally, there is no need to call InvalidateMeasure and InvalidateArrange in succession. 無効化の後、要素のレイアウトが更新されます。これは、同期レイアウトの変更を強制するために UpdateLayout が呼び出されない限り、非同期的に行われます。After the invalidation, the element will have its layout updated, which will occur asynchronously, unless UpdateLayout is called to force a synchronous layout change.

WPF フレームワークレベルのレイアウトシステムでは、要素のビジュアルツリー内の変更に対して独自の処理が行われます。また、ほとんどのレイアウトの無効化の場合、レイアウトシステムは必要に応じて、このメソッドに相当するものを呼び出します。The WPF framework-level layout system does its own handling of changes in the visual tree of an element, and in most common layout invalidation cases the layout system is calling the equivalent of this method when necessary. このメソッドは、要素ツリーを直接操作するレイアウトの完全な実装を生成する場合、または同様の高度なシナリオを行う場合にのみ呼び出す必要があります。You should only call this method if you are producing a complete layout implementation, which does direct manipulation of the element tree, or similar advanced scenarios. このような高度なシナリオの1つは、Freezable ではない依存関係プロパティの PropertyChangedCallback を作成する場合、または、変更時にレイアウトの測定パスに影響を与える派生クラス FrameworkElement する場合です。One such advanced scenario is if you are creating a PropertyChangedCallback for a dependency property that is not on a Freezable or FrameworkElement derived class that still influences the measure pass of layout when it changes.

InvalidateMeasure を頻繁に呼び出す場合や、特に UpdateLayout する場合は、パフォーマンスに大きな影響を与えます。Frequent calls to InvalidateMeasure or in particular to UpdateLayout have significant performance consequences. したがって、コード内の他の Api への後続の呼び出しに対して正確なレイアウトの状態を絶対に必要としない限り、このメソッドを呼び出さないでください。Therefore, avoid calling this method unless you absolutely require precise layout state for subsequent calls to other APIs in your code.

適用対象