<startup> 要素<startup> element

共通言語ランタイムのスタートアップ情報を指定します。Specifies common language runtime startup information.

<configuration> <configuration>
   <startup>  <startup>

構文Syntax

<startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true|false" > 
</startup>

属性と要素Attributes and elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 省略可能な属性です。Optional attribute.

.NET Framework 2.0 ランタイムアクティブ化ポリシーを有効にするか、.NET Framework 4 のアクティブ化ポリシーを使用するかを指定します。Specifies whether to enable the .NET Framework 2.0 runtime activation policy or to use the .NET Framework 4 activation policy.

useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性useLegacyV2RuntimeActivationPolicy attribute

Value 説明Description
true 選択したランタイムの .NET Framework 2.0 ランタイムアクティブ化ポリシーを有効にします。これは、レガシランタイムアクティベーション手法 ( Corbindtoruntimeex 関数など) を CLR ではなく構成ファイルから選択されたランタイムにバインドするために使用します。バージョン2.0。Enable .NET Framework 2.0 runtime activation policy for the chosen runtime, which is to bind legacy runtime activation techniques (such as the CorBindToRuntimeEx function) to the runtime chosen from the configuration file instead of capping them at CLR version 2.0. したがって、CLR バージョン4以降が構成ファイルから選択されている場合、以前のバージョンの .NET Framework で作成された混合モードアセンブリは、選択した CLR バージョンで読み込まれます。Thus, if CLR version 4 or later is chosen from the configuration file, mixed-mode assemblies created with earlier versions of the .NET Framework are loaded with the chosen CLR version. この値を設定すると、CLR バージョン1.1 または CLR バージョン2.0 を同じプロセスに読み込むことができなくなり、インプロセスサイドバイサイド機能が実質的に無効になります。Setting this value prevents CLR version 1.1 or CLR version 2.0 from loading into the same process, effectively disabling the in-process side-by-side feature.
false .NET Framework 4 以降の既定のアクティブ化ポリシーを使用します。これは、従来のランタイムアクティブ化手法で CLR バージョン1.1 または2.0 をプロセスに読み込むことができるようにするためです。Use the default activation policy for the .NET Framework 4 and later, which is to allow legacy runtime activation techniques to load CLR version 1.1 or 2.0 into the process. この値を設定すると、.NET Framework 4 以降でビルドされた場合を除き、混合モードのアセンブリが .NET Framework 4 以降に読み込まれなくなります。Setting this value prevents mixed-mode assemblies from loading into the .NET Framework 4 or later unless they were built with the .NET Framework 4 or later. この値が既定値です。This value is the default.

子要素Child elements

要素Element 説明Description
<requiredRuntime><requiredRuntime> バージョン 1.0 の共通言語ランタイムのみがアプリケーションでサポートされることを指定します。Specifies that the application supports only version 1.0 of the common language runtime. ランタイムバージョン1.1 以降でビルドされたアプリケーションでは、 <supportedRuntime > 要素を使用する必要があります。Applications built with runtime version 1.1 or later should use the <supportedRuntime> element.
<supportedRuntime><supportedRuntime> アプリケーションでサポートされる共通言語ランタイムのバージョンを指定します。Specifies which versions of the common language runtime the application supports.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.

コメントRemarks

@No__t-1supportedRuntime > 要素は、ランタイムのバージョン1.1 以降を使用してビルドされたすべてのアプリケーションで使用する必要があります。The <supportedRuntime> element should be used by all applications built using version 1.1 or later of the runtime. ランタイムのバージョン1.0 のみをサポートするようにビルドされたアプリケーションでは、 @no__t 1requiredRuntime > 要素を使用する必要があります。Applications built to support only version 1.0 of the runtime must use the <requiredRuntime> element.

Microsoft Internet Explorer でホストされているアプリケーションのスタートアップコードは、 <startup > 要素とその子要素を無視します。The startup code for an application hosted in Microsoft Internet Explorer ignores the <startup> element and its child elements.

UseLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性The useLegacyV2RuntimeActivationPolicy attribute

この属性は、アプリケーションがCorbindtoruntimeex 関数などの従来のアクティブ化パスを使用していて、以前のバージョンではなく CLR のバージョン4をアクティブ化する必要がある場合、またはアプリケーションが .net でビルドされている場合に便利です。Framework 4 では、以前のバージョンの .NET Framework でビルドされた混合モードのアセンブリに依存しています。This attribute is useful if your application uses legacy activation paths, such as the CorBindToRuntimeEx function, and you want those paths to activate version 4 of the CLR instead of an earlier version, or if your application is built with the .NET Framework 4 but has a dependency on a mixed-mode assembly built with an earlier version of the .NET Framework. これらのシナリオでは、属性を true に設定します。In those scenarios, set the attribute to true.

注意

属性を true に設定すると、CLR バージョン1.1 または CLR バージョン2.0 が同じプロセスに読み込まれないため、インプロセスサイドバイサイドの機能が実質的に無効になります (「 COM 相互運用機能の Side-by-side 実行」を参照してください)。Setting the attribute to true prevents CLR version 1.1 or CLR version 2.0 from loading into the same process, effectively disabling the in-process side-by-side feature (see Side-by-Side Execution for COM Interop).

Example

次の例は、構成ファイルでランタイムバージョンを指定する方法を示しています。The following example shows how to specify the runtime version in a configuration file.

<!-- When used with version 1.0 of the .NET Framework runtime -->
<configuration>
   <startup>
      <requiredRuntime version="v1.0.3705" safemode="true"/>
   </startup>
</configuration>
<!-- When used with version 1.1 (or later) of the runtime -->
<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v1.1.4322"/>
      <supportedRuntime version="v1.0.3705"/>
   </startup>
</configuration>

関連項目See also