<callbackDebug><callbackDebug>

Windows Communication Foundation (WCF) コールバック オブジェクトのサービス デバッグを指定します。Specifies service debugging for a Windows Communication Foundation (WCF) callback object.

<system.ServiceModel ><system.ServiceModel>
<<behaviors>
<endpointBehaviors><endpointBehaviors>
<behavior><behavior>
<callbackDebug><callbackDebug>

構文Syntax

<callbackDebug includeExceptionDetailInFaults="Boolean" />

Type

Type

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
includeExceptionDetailInFaults クライアント コールバック オブジェクトが SOAP エラー内のマネージド例外情報をサービスに返すかどうかを指定する値。A value that specifies whether client callback objects return managed exception information in SOAP faults back to the service.

プログラムでこの属性を true に設定すると、デバッグするために、クライアント コールバック オブジェクト内のマネージド例外情報がサービスに戻るフローを有効にできます。If you set this attribute to true programmatically, you can enable the flow of managed exception information in a client callback object back to the service for debugging purposes. 注意: マネージド例外情報をクライアントに返すことは、セキュリティ リスクになり得ます。Caution: Returning managed exception information to clients can be a security risk. これは、例外の詳細が、認証されていないクライアントによって使用可能な内部サービスの実装に関する情報を公開するためです。This is because exception details expose information about the internal service implementation that could be used by unauthorized clients.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<behavior><behavior> エンドポイントの動作を指定します。Specifies an endpoint behavior.

関連項目See also