.NET Framework のバージョンおよび依存関係.NET Framework Versions and Dependencies

.NET Framework の各バージョンには、共通言語ランタイム (CLR)、基底クラス ライブラリ、およびその他のマネージド ライブラリが含まれています。Each version of the .NET Framework contains the common language runtime (CLR), the base class libraries, and other managed libraries. このトピックでは、.NET Framework の各バージョンの主要な機能について説明し、基になっている CLR のバージョンおよび関連する開発環境に関する情報と、Windows オペレーティング システムでインストールされる .NET Framework のバージョンを示します。This topic describes the key features of the .NET Framework by version, provides information about the underlying CLR versions and associated development environments, and identifies the versions that are installed by the Windows operating system.

注意

.NET Framework のダウンロードとインストールの詳細については、「開発者向けの .NET Framework のインストール」を参照してください。For information on downloading and installing the .NET Framework, see Install the .NET Framework for developers.

次の表に、.NET Framework のバージョン履歴を要約し、各バージョンと Visual Studio、Windows、および Windows Server との関係を示します。The following table summarizes .NET Framework version history and correlates each version with Visual Studio, Windows, and Windows Server. Visual Studio ではマルチターゲット機能が提供されているため、記載されている .NET Framework のバージョンに限定される必要はありません。Note that Visual Studio provides multi-targeting, so you are not limited to the version of the .NET Framework that is listed.

新しい各バージョンの .NET Framework には、1 つ前のバージョンの機能が含まれると共に、新機能が追加されています。Each new version of the .NET Framework retains features from the previous versions and adds new features. CLR は独自のバージョン番号で識別されます。The CLR is identified by its own version number. .NET Framework のバージョン番号はリリースごとにインクリメントされますが、CLR のバージョンは必ずしもインクリメントされるわけではありません。The .NET Framework version number is incremented at each release, although the CLR version is not always incremented. たとえば、.NET Framework 4、4.5、およびそれ以降のリリースには CLR 4 が含まれますが、.NET Framework 2.0、3.0、3.5 には CLR 2.0 が含まれます。For example, the .NET Framework 4, 4.5, and later releases include CLR 4, but the .NET Framework 2.0, 3.0, and 3.5 include CLR 2.0. (CLR の Version 3 はありません)。(There was no version 3 of the CLR.)

サポートされるオペレーティング システムの全一覧については、システム要件に関するページを参照してください。See System Requirements for a complete list of supported operating systems. ダウンロードについては、「開発者向けの .NET Framework のインストール」を参照してください。For downloads, see Install the .NET Framework for developers. コンピューターにインストールされている .NET Framework のバージョンを確認する方法については、「方法: インストールされている .NET Framework バージョンを確認する」を参照してください。For determining which versions of the .NET Framework are installed on a computer, see How to: Determine Which .NET Framework Versions Are Installed.

次の表の "このバージョンを含む/インストール可能な Windows" 列および "このバージョンを含む/インストール可能な Windows Server" 列に ✓マークが付いているオペレーティング システム バージョンにインストールされている .NET Framework のバージョンを、コントロール パネルで有効にする (Windows の場合) かサーバー マネージャーで有効にする (Windows Server の場合) 必要があります。In the table, versions of the .NET Framework that are installed on operating system versions marked with ✓ in the Included in/Can be installed on Windows and the Included in/Can be installed on Windows Server columns must be enabled in Control Panel (for Windows) or enabled through the Server Manager (for Windows Server).

.NET Framework のバージョン.NET Framework version CLR バージョンCLR version このバージョンを含む製品Included in
Visual StudioVisual Studio
versionversion
✓ このバージョンを含む製品✓ Included in
+ インストール可能+ Can be installed on
WindowsWindows
✓ このバージョンを含む製品✓ Included in
+ インストール可能+ Can be installed on
Windows ServerWindows Server
インストールされた .NET バージョンを確認するにはTo determine installed .NET version
4.7.24.7.2

新機能New features

アクセシビリティの新機能New in accessibility
44 ✓ 10 April 2018 Update (バージョン 1803)✓ 10 April 2018 Update (Version 1803)

+ 10 Fall Creators Update (バージョン 1709)+ 10 Fall Creators Update (Version 1709)

+ 10 Creators Update (バージョン 1703)+ 10 Creators Update (Version 1703)
+ 10 Anniversary Update (バージョン 1607)+ 10 Anniversary Update (Version 1607)
+ 8.1+ 8.1
+7+7
✓ Windows Server、バージョン 1803✓ Windows Server, version 1803
+ Windows Server、バージョン 1709+ Windows Server, version 1709
+ 2016+ 2016
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 461808 (Windows 10 April 2018 Update および Windows Server、バージョン 1803)- 461808 (Windows 10 April 2018 Update and Windows Server, version 1803)
- 461814 (その他すべての OS バージョン)- 461814 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.7.14.7.1

新機能New features

アクセシビリティの新機能New in accessibility
44 ✓ 10 Fall Creators Update (バージョン 1709)✓ 10 Fall Creators Update (Version 1709)

+ 10 Creators Update (バージョン 1703)+ 10 Creators Update (Version 1703)
+ 10 Anniversary Update (バージョン 1607)+ 10 Anniversary Update (Version 1607)
+ 8.1+ 8.1
+7+7
+ Windows Server、バージョン 1803+ Windows Server, version 1803
✓ Windows Server、バージョン 1709✓ Windows Server, version 1709
+ 2016+ 2016
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 461308 (Windows 10 Creators Update と Windows Server、バージョン 1709)- 461308 (Windows 10 Creators Update and Windows Server, version 1709)
- 461310 (その他すべての OS バージョン)- 461310 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.74.7

新機能New features
44 ✓ 10 Creators Update (バージョン 1703)✓ 10 Creators Update (Version 1703)

+ 10 Anniversary Update (バージョン 1607)+ 10 Anniversary Update (Version 1607)
+ 8.1+ 8.1
+7+7
+ 2016+ 2016
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 460798 (Windows 10 Creators Update)- 460798 (Windows 10 Creators Update)
- 460805 (その他すべての OS バージョン)- 460805 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.6.24.6.2

新機能New features
44 ✓ 10 Anniversary Update (バージョン 1607)✓ 10 Anniversary Update (Version 1607)

+ 10 November Update (バージョン 1511)+ 10 November Update (Version 1511)
+ 10+ 10
+ 8.1+ 8.1
+ 7+ 7
✓ 2016✓ 2016

+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

-394802 (Windows 10 Anniversary Update および Windows Server 2016)- 394802 (Windows 10 Anniversary Update and Windows Server 2016)
- 394806 (その他すべての OS バージョン)- 394806 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.6.14.6.1

新機能New features
44 ✓ 10 November Update (バージョン 1511)✓ 10 November Update (Version 1511)

+ 10+ 10
+ 8.1+ 8.1
+ 8+ 8
+ 7+ 7
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 394254 (Windows 10 November Update)- 394254 (Windows 10 November Update)
- 394271 (その他すべての OS バージョン)- 394271 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.64.6

新機能New features
44 20152015 ✓ 10✓ 10
+ 8.1+ 8.1
+ 8+ 8
+ 7+ 7
+ Vista+ Vista
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 393295 (Windows 10)- 393295 (Windows 10)
- 393297 (その他すべての OS バージョン)- 393297 (all other OS versions)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.5.24.5.2

新機能New features
44 - + 8.1+ 8.1
+ 8+ 8
+ 7+ 7
+ Vista+ Vista
+ 2012 R2+ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

379893379893

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.5.14.5.1

新機能New features
44 20132013 ✓ 8.1✓ 8.1
+ 8+ 8
+ 7+ 7
+ Vista+ Vista
✓ 2012 R2✓ 2012 R2
+ 2012+ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

- 378675 (Windows 8.1)- 378675 (Windows 8.1)
- 378758 (その他)- 378758 (all other)

(手順に関するページを参照)(see instructions)
4.54.5

新機能New features
44 20122012 ✓ 8✓ 8
+ 7+ 7
+ Vista+ Vista
✓ 2012✓ 2012
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
Release DWORD を使用:Use Release DWORD:

378389378389

(手順に関するページを参照)(see instructions)
44

新機能New features
44 20102010 + 7+ 7
+ Vista+ Vista
+ 2008 R2 SP1+ 2008 R2 SP1
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
+ 2003+ 2003
手順に関するページを参照See instructions
3.53.5

新機能New features
2.02.0 20082008 ✓ 10*✓ 10*
✓ 8.1*✓ 8.1*
✓ 8*✓ 8*
✓ 7✓ 7
+ Vista+ Vista
✓2008 R2 SP1*✓2008 R2 SP1*
+ 2012 R2*+ 2012 R2*
+ 2012*+ 2012*
+ 2008 SP2+ 2008 SP2
+ 2003+ 2003
手順に関するページを参照See instructions
3.03.0

新規 : New:
WPF、WCF、WF、CardSpaceWPF, WCF, WF, CardSpace
2.02.0 - ✓ Vista✓ Vista ✓ 2008 R2 SP1*✓ 2008 R2 SP1*
✓ 2008 SP2*✓ 2008 SP2*
+ 2003+ 2003
手順に関するページを参照See instructions
2.02.0

新機能New features
2.02.0 20052005 - ✓ 2008 R2 SP1✓ 2008 R2 SP1
✓ 2008 SP2✓ 2008 SP2
✓ 2003✓ 2003
手順に関するページを参照See instructions
1.11.1

新機能New features
1.11.1 20032003 - ✓ 2003✓ 2003 手順に関するページを参照See instructions
11.0 11.0 Visual Studio .NETVisual Studio .NET - - 手順に関するページを参照See instructions

ノートNotes

*  このオペレーティング システムで [コントロール パネル] (Windows の場合) または [サーバー マネージャー] (Windows Server の場合) を使用して、.NET Framework を有効にする必要があります。*  The .NET Framework must be enabled on this operating system through Control Panel (for Windows) or the Server Manager (for Windows Server).

一般に、コンピューターにインストールされている .NET Framework のバージョンはアンインストールしないでください。使用するアプリケーションが特定のバージョンに依存しており、バージョンが削除されると破損する可能性があるからです。In general, you should not uninstall any versions of the .NET Framework that are installed on your computer, because an application you use may depend on a specific version and may break if that version is removed. 1 台のコンピューターに複数バージョンの .NET Framework を同時に読み込むことができます。You can load multiple versions of the .NET Framework on a single computer at the same time. これは、以前のバージョンをアンインストールすることなく、.NET Framework をインストールできることを意味します。This means that you can install the .NET Framework without having to uninstall previous versions. 詳細については、概要に関するページを参照してください。For more information, see Getting Started.

.NET Framework 4.5 以降のバージョンをターゲットにして実行するTargeting and Running .NET Framework apps for version 4.5 and later

.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 はコンピューターの .NET Framework 4.NET Framework 4 を置き換えるインプレース更新であり、.NET Framework 4.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 は .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 のインプレース更新です。つまり、同じバージョンのランタイム バージョンを使用しますが、アセンブリのバージョンが更新され、新しい型とメンバーが含まれます。The .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 is an in-place update that replaces the .NET Framework 4.NET Framework 4 on your computer, and similarly, the .NET Framework 4.5.1, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1, and 4.7.2 are in-place updates to the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5, which means that they use the same runtime version, but the assembly versions are updated and include new types and members. これらの更新プログラムのいずれかをインストールした後、.NET Framework 4.NET Framework 4 アプリ、.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 アプリ、NET Framework 4.6 アプリ、.NET Framework 4.7 アプリは再コンパイルせずに実行を継続します。After you install one of these updates, your .NET Framework 4.NET Framework 4, .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5, .NET Framework 4.6, or .NET Framework 4.7 apps should continue to run without requiring recompilation. ただし、逆はできません。However, the reverse is not true. .NET Framework の新しいバージョンをターゲットとするアプリを .NET Framework の以前のバージョンで実行することは推奨されていません。We do not recommend running apps that target a later version of the .NET Framework on an earlier version of the .NET Framework. たとえば、.NET Framework 4.6.NET Framework 4.6 をターゲットとするアプリを .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 で実行することは推奨されていません。For example, we do not recommend that you run an app the targets the .NET Framework 4.6.NET Framework 4.6 on the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5. 次のガイドラインが適用されます。The following guidelines apply:

  • Visual Studio で、.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 をプロジェクトのターゲット フレームワークとして選択して (これにより GetReferenceAssemblyPaths.TargetFrameworkMoniker プロパティが設定されます)、プロジェクトを .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 アセンブリまたは実行可能ファイルとしてコンパイルできます。In Visual Studio, you can choose the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 as the target framework for a project (this sets the GetReferenceAssemblyPaths.TargetFrameworkMoniker property) to compile the project as a .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 assembly or executable. このアセンブリまたは実行可能ファイルは、.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5、4.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 がインストールされているコンピューターで使用できます。This assembly or executable can then be used on any computer that has the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5, 4.5.1, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1, or 4.7.2 installed.

  • Visual Studio で、.NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 をプロジェクトのターゲット フレームワークとして選択して (これにより GetReferenceAssemblyPaths.TargetFrameworkMoniker プロパティが設定されます)、プロジェクトを .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 アセンブリまたは実行可能ファイルとしてコンパイルできます。In Visual Studio, you can choose the .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 as the target framework for a project (this sets the GetReferenceAssemblyPaths.TargetFrameworkMoniker property) to compile the project as a .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 assembly or executable. このアセンブリまたは実行可能ファイルは .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 かそれ以降のバージョンの .NET Framework がインストールされているコンピューターでのみ実行する必要があります。This assembly or executable should be run only on computers that have the .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 or a later version of the .NET Framework installed. .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 を対象とする実行可能ファイルは、.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 など、初期バージョンの .NET Framework のみがインストールされたコンピューターでは実行がブロックされ、ユーザーに .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 のインストールを求めるメッセージが表示されます。An executable that targets the .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 will be blocked from running on a computer that only has an earlier version of the .NET Framework, such as the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5, installed, and the user will be prompted to install the .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1. また、.NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 アセンブリは、.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 など、初期バージョンの .NET Framework を対象とするアプリから呼び出さないでください。In addition, the .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 assemblies should not be called from an app that targets an earlier version of the .NET Framework, such as the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5.

    ここで使用されている .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 は単なる例にすぎません。The .NET Framework 4.5.1.NET Framework 4.5.1 and .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 are used here only as examples. この原則は、実行されているシステムにインストールされているものより新しい .NET Framework のバージョンをターゲットにするアプリに適用されます。This principle applies to any app that targets a later version of the .NET Framework than the one installed on the system on which it is running.

.NET Framework の変更により、アプリケーション コードの変更が必要な場合があります。既存のアプリケーションを .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 またはそれ以降のバージョンで実行する前に、アプリケーションの互換性に関するページを参照してください。Some changes in the .NET Framework may require changes to your app code; see Application Compatibility before you run your existing apps with the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5 or later versions. 現行バージョンのインストールについては、「開発者向けの .NET Framework のインストール」を参照してください。For more information about installing the current version, see Install the .NET Framework for developers. .NET Framework のサポートの詳細については、Microsoft サポート オンラインの Microsoft .NET Framework のサポート ライフサイクル ポリシーに関するページを参照してください。For information about support for the .NET Framework, see Microsoft .NET Framework Support Lifecycle Policy on the Microsoft Support website.

以前のバージョンのアプリの対象化と実行Targeting and running apps for older versions

.NET Framework 2.0、3.0 および 3.5 は、同じバージョンの CLR (CLR 2.0) でビルドされています。The .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 are built with the same version of the CLR (CLR 2.0). これらのバージョンは 1 つのインストールの連続したレイヤーを表します。These versions represent successive layers of a single installation. 各バージョンは、以前のバージョンの上にインクリメンタル方式でビルドされます。Each version is built incrementally on top of the earlier versions. コンピューターでバージョン 2.0、3.0、および 3.5 を side-by-side で実行することはできません。It is not possible to run versions 2.0, 3.0, and 3.5 side by side on a computer. バージョン 3.5 をインストールすると、2.0 と 3.0 のレイヤーが自動的に取得され、バージョン 2.0、3.0、および 3.5 を対象としてビルドされたアプリケーションはすべて、バージョン 3.5 で実行できます。When you install version 3.5, you get the 2.0 and 3.0 layers automatically, and apps that were built for versions 2.0, 3.0, and 3.5 can all run on version 3.5. ただし、.NET Framework 4 でこのレイヤーによる方法は終了し、以降のリリース (.NET Framework 4.5, 4.5.1, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1 および 4.7.2) も単独インストールの連続するレイヤーを表します。However, the .NET Framework 4 ends this layering approach, and it and later releases (.NET Framework 4.5, 4.5.1, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1, and 4.7.2) also represent successive layers of a single installation. NET Framework 4 以降では、インプロセスの side-by-side ホスティングを使用して、1 つのプロセスで複数のバージョンの CLR を実行できます。Starting with the .NET Framework 4, you can use in-process side-by-side hosting to run multiple versions of the CLR in a single process. 詳細については、「アセンブリと side-by-side 実行」を参照してください。For more information, see Assemblies and Side-by-Side Execution.

さらに、アプリケーションがバージョン 2.0、3.0、または 3.5 を対象とする場合、ユーザーがアプリケーションを実行する前に、Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 のコンピューター上で .NET Framework 3.5 を有効にするように求められる場合があります。In addition, if your app targets version 2.0, 3.0, or 3.5, your users may be required to enable the .NET Framework 3.5 on a Windows 8, Windows 8.1, or Windows 10 computer before they can run your app. 詳細については、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 への .NET Framework 3.5 のインストールに関するページを参照してください。For more information, see Install the .NET Framework 3.5 on Windows 10, Windows 8.1, and Windows 8.

次の手順Next steps

関連項目See also

バージョンの互換性 Version Compatibility
Microsoft .NET Framework のサポート ライフサイクル ポリシー Microsoft .NET Framework Support Lifecycle Policy
.NET Framework のインストールおよびアンインストールのブロックのトラブルシューティングTroubleshoot blocked .NET Framework installations and uninstallations