ICLRRuntimeHost インターフェイスICLRRuntimeHost Interface

同様の機能を提供します、 ICorRuntimeHost以下の変更をバージョン 1 では、.NET Framework で提供されるインターフェイス。Provides functionality similar to that of the ICorRuntimeHost interface provided in the .NET Framework version 1, with the following changes:

  • 追加、 SetHostControlホスト コントロールのインターフェイスを設定します。The addition of the SetHostControl method to set the host control interface.

  • によって提供されるいくつかのメソッドの省略ICorRuntimeHostします。The omission of some methods provided by ICorRuntimeHost.

メソッドMethods

メソッドMethod 説明Description
ExecuteApplication メソッドExecuteApplication Method マニフェスト ベースの ClickOnce 配置のシナリオで使用すると、新しいドメインでアクティブ化するアプリケーションを指定します。Used in manifest-based ClickOnce deployment scenarios to specify the application to be activated in a new domain.
ExecuteInAppDomain メソッドExecuteInAppDomain Method 指定します、AppDomain指定したマネージ コードを実行します。Specifies the AppDomain in which to execute the specified managed code.
ExecuteInDefaultAppDomain メソッドExecuteInDefaultAppDomain Method 指定したアセンブリで指定した型の指定したメソッドを呼び出します。Invokes the specified method of the specified type in the specified assembly.
GetCLRControl メソッドGetCLRControl Method 型のインターフェイス ポインターを取得ICLRControlホストは、共通言語ランタイム (CLR) の部分をカスタマイズして使用できます。Gets an interface pointer of type ICLRControl that hosts can use to customize aspects of the common language runtime (CLR).
GetCurrentAppDomainId メソッドGetCurrentAppDomainId Method 数値識別子を取得、AppDomainが現在実行されています。Gets the numeric identifier of the AppDomain that is currently executing.
SetHostControl メソッドSetHostControl Method ホスト コントロールのインターフェイスを設定します。Sets the host control interface. 呼び出す必要がありますSetHostControl呼び出す前にStartします。You must call SetHostControl before calling Start.
Start メソッドStart Method プロセスに CLR を初期化します。Initializes the CLR into a process.
Stop メソッドStop Method ランタイムでは、コードの実行を停止します。Stops the execution of code by the runtime.
UnloadAppDomain メソッドUnloadAppDomain Method アンロード、AppDomain指定した数値識別子に対応します。Unloads the AppDomain that corresponds to the specified numeric identifier.

RemarksRemarks

以降、.NET Framework 4 を使用して、 ICLRMetaHostへのポインターを取得するインターフェイス、 ICLRRuntimeInfoインターフェイスを呼び出して、 iclrruntimeinfo::getinterfaceへのポインターを取得するメソッドをICLRRuntimeHostします。Starting with the .NET Framework 4, use the ICLRMetaHost interface to get a pointer to the ICLRRuntimeInfo interface, and then call the ICLRRuntimeInfo::GetInterface method to get a pointer to ICLRRuntimeHost. .NET Framework の以前のバージョンで、ホストがへのポインターを取得、ICLRRuntimeHostを呼び出してインスタンスCorBindToRuntimeExまたはCorBindToCurrentRuntimeします。In earlier versions of the .NET Framework, the host gets a pointer to an ICLRRuntimeHost instance by calling CorBindToRuntimeEx or CorBindToCurrentRuntime. .NET Framework version 2.0 で提供されるテクノロジのいずれかの実装を提供するには、使用する必要がありますICLRRuntimeHostの代わりにICorRuntimeHostします。To provide implementations of any of the technologies provided in the .NET Framework version 2.0, you must use ICLRRuntimeHost instead of ICorRuntimeHost.

重要

呼び出すのではない、開始メソッドを呼び出す前に、 ExecuteApplicationマニフェスト ベースのアプリケーションをアクティブ化するメソッド。Do not call the Start method before calling the ExecuteApplication method to activate a manifest-based application. 場合、Startメソッドが最初に、呼び出された、ExecuteApplicationメソッドの呼び出しが失敗します。If the Start method is called first, the ExecuteApplication method call will fail.

必要条件Requirements

プラットフォーム: システム要件に関するページを参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: MSCorEE.hHeader: MSCorEE.h

ライブラリ: MSCorEE.dll でリソースとして含まれますLibrary: Included as a resource in MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0.NET Framework Versions: 2.0 以降で使用可能Available since 2.0

関連項目See also