ICLRMetaHost インターフェイスICLRMetaHost Interface

バージョン番号に基づいて特定のバージョンの共通言語ランタイム (CLR) を返すメソッド、すべてのインストールされた CLRs の一覧表示、指定されたプロセスで読み込まれたすべてのランタイムの一覧表示、アセンブリのコンパイルに使用される CLR バージョンの検出、プロセスの終了を行うメソッドを提供します。クリーンランタイムをシャットダウンし、従来の API バインディングにクエリを実行します。Provides methods that return a specific version of the common language runtime (CLR) based on its version number, list all installed CLRs, list all runtimes that are loaded in a specified process, discover the CLR version used to compile an assembly, exit a process with a clean runtime shutdown, and query legacy API binding.

メソッドMethods

メソッドMethod 説明Description
EnumerateInstalledRuntimes メソッドEnumerateInstalledRuntimes Method コンピューターにインストールされている各 CLR バージョンの有効なICLRRuntimeInfoインターフェイスポインターを含む列挙を返します。Returns an enumeration that contains a valid ICLRRuntimeInfo interface pointer for each CLR version that is installed on a computer.
EnumerateLoadedRuntimes メソッドEnumerateLoadedRuntimes Method 指定されたプロセスに読み込まれる各 CLR の有効なICLRRuntimeInfoインターフェイスポインターを含む列挙体を返します。Returns an enumeration that contains a valid ICLRRuntimeInfo interface pointer for each CLR that is loaded in a given process. このメソッドは、 Getversionfromprocessよりも優先します。This method supersedes GetVersionFromProcess.
ExitProcess メソッドExitProcess Method 読み込まれたすべてのランタイムを正常にシャットダウンしてから、プロセスを終了しようとします。Attempts to shut down all loaded runtimes gracefully and then terminates the process. CorExitProcess関数よりも優先されます。Supersedes the CorExitProcess function.
GetRuntime メソッドGetRuntime Method 特定の CLR バージョンに対応するICLRRuntimeInfoインターフェイスを取得します。Gets the ICLRRuntimeInfo interface that corresponds to a particular CLR version. このメソッドは、 STARTUP_LOADER_SAFEMODEフラグと共に使用されるCorbindtoruntimeex関数よりも優先されます。This method supersedes the CorBindToRuntimeEx function used with the STARTUP_LOADER_SAFEMODE flag.
GetVersionFromFile メソッドGetVersionFromFile Method ファイルパスを指定して、アセンブリの元の .NET Framework コンパイルバージョン (メタデータに格納されている) を取得します。Gets the assembly's original .NET Framework compilation version (stored in the metadata), given its file path. このメソッドは、 GetFileVersionよりも優先します。This method supersedes GetFileVersion.
QueryLegacyV2RuntimeBinding メソッドQueryLegacyV2RuntimeBinding Method レガシアクティブ化ポリシーがバインドされているランタイムを表すインターフェイスを返します。たとえば、 <スタートアップ > 要素構成ファイルエントリの useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性を使用したり、レガシアクティベーション api を直接使用したり、レガシアクティブ化 api を直接使用したり、ICLRRuntimeInfo:: BindAsLegacyV2Runtimeメソッドを呼び出しています。Returns an interface that represents a runtime to which legacy activation policy has been bound, for example by using the useLegacyV2RuntimeActivationPolicy attribute on the <startup> Element configuration file entry, by direct use of the legacy activation APIs, or by calling the ICLRRuntimeInfo::BindAsLegacyV2Runtime method.
RequestRuntimeLoadedNotification メソッドRequestRuntimeLoadedNotification Method CLR バージョンが最初に読み込まれたが、まだ開始されていない場合は、指定された関数ポインターへのコールバックを保証します。Guarantees a callback to the specified function pointer when a CLR version is first loaded, but not yet started. このメソッドは、 Lockclrversionを置き換えます。This method supersedes LockClrVersion

RemarksRemarks

このインターフェイスのインスタンスを取得する唯一の方法は、 Clrcreateinstance関数を次のように呼び出します。The only way to get an instance of this interface is by calling the CLRCreateInstance function as follows:

ICLRMetaHost *pMetaHost = NULL;  
HRESULT hr = CLRCreateInstance(CLSID_CLRMetaHost,  
                   IID_ICLRMetaHost, (LPVOID*)&pMetaHost);  

[要件]Requirements

:システム要件」を参照してください。Platforms: See System Requirements.

ヘッダー: メタホスト .hHeader: MetaHost.h

ライブラリ: Mscoree.dll にリソースとして含まれていますLibrary: Included as a resource in MSCorEE.dll

.NET Framework のバージョン: 4 以降で使用可能Available since 4.NET Framework Versions: 4 以降で使用可能Available since 4

関連項目See also