Dynamics 365 Commerce の製品評価の同期

重要

Dynamics 365 Retail は Dynamics 365 Commerce になり、E コマース、店舗、コール センターのいたるところに包括的なオムニチャネル コマースを提供しています。 これらの変更については、Microsoft Dynamics 365 Commerce を参照してください。

このトピックでは、Microsoft Dynamics 365 Commerce で製品評価を同期する方法について説明します。

概要

販売時点管理 (POS) およびコール センターなどのオムニチャネルで製品評価を使用するには、評価およびレビュー サービスからの製品評価をコマース チャネル データベースにインポートする必要があります。 製品評価をオムニチャネルで使用可能にした場合、顧客が販売担当者との対話を間接的に行うのに役立ちます。

このトピックでは、次のタスクについて説明します。

  1. 製品評価の同期ジョブ をバッチ ジョブとしてコンフィギュレーションして、評価およびレビュー サービス から製品評価を同期します。
  2. 製品評価の同期のバッチ ジョブが正常に行われたことを確認します。
  3. POS で製品評価を使用可能にします。

製品評価を同期するバッチ ジョブをコンフィギュレーションする

重要

開始する前に、バージョン 10.0.6 またはそれ以降の Dynamics 365 Commerce がインストールされていることを確認してください。

コマース スケジューラの初期化

コマース スケジューラを初期化するには、次の手順に従います。

  1. Retail とコマース > バックオフィスの設定 > コマース スケジューラ > コマース スケジューラの初期化 の順に移動します。 または、"コマース スケジューラの初期化" を検索します。
  2. コマース スケジューラの初期化 ダイアログ ボックスで、既存のコンフィギュレーションの削除 オプションが いいえ に設定されていることを確認し、OK を選択します。

RetailProductRating サブジョブの検証

RetailProductRating サブジョブが存在していることを検証するには、以下の手順に従います。

  1. Retail とコマース > バックオフィスの設定 > コマース スケジューラ > スケジューラ サブジョブ の順に移動します。 または、「スケジューラ サブジョブ」を検索します。
  2. サブジョブ リストで、RetailProductRating サブジョブを検索します。

次の図は、コマースのサブジョブの詳細ページの例を表示しています。

RetailProductRating サブジョブの詳細

注意

RetailProductRating サブジョブを検索できない場合、コマース スケジューラを初期化する前に、同期製品の評価 ジョブおよび 1040 CDX ジョブが既に実行されている可能性があります。 この場合、次の手順に従って 完全データ同期 ジョブを実行します。

  1. Retail とコマース > バックオフィスの設定 > コマース スケジューラ > チャネル データベース の順に移動します。 または、「チャネル データベース」を検索します。
  2. 同期するチャネル データベースを選択します。
  3. アクション ウィンドウで、完全なデータの同期 を選択します。
  4. 配送スケジュールの選択 ドロップダウン ダイアログ ボックスで、1040 - 製品 を選択し、OK を選択します。
  5. 前の手順を繰り返して、RetailProductRating サブジョブが作成されていることを確認します。

製品評価のインポート

評価およびレビュー サービスから製品評価をコマースにインポートするには、次の手順に従います。

  1. Retail とコマース > 本社の設定 > コマース スケジューラ > 製品評価の同期ジョブ の順に移動します。 または、「製品評価の同期ジョブ」を検索します。
  2. 製品評価のプル ダイアログ ボックスの バックグラウンドで実行 クイック タブで、定期的なアイテム を選択します。
  3. 定期的なアイテムの定義 ダイアログ ボックスで、定期的なアイテムのパターンを設定します。 (提案される値は 2 時間です) 1 時間未満の定期的なアイテムをスケジュールしないでください。
  4. OK を選択します。
  5. バッチ処理 オプションを はい に設定します。 この設定によりログを監査して、バッチ ジョブの実行状況を確認できるようになります。
  6. バッチ ジョブをスケジュールするには、OK を選択します。

次の図は、コマースのバッチ ジョブ コンフィギュレーションの例を表示しています。

製品評価の同期バッチ ジョブのコンフィギュレーション

製品評価の同期のバッチ ジョブが正常に行われたことの確認

製品評価の同期 バッチ ジョブが正常に行われたことを確認するには、次の手順に従います。

  1. Retail とコマース > システム管理者 > 照会> バッチ ジョブ に移動するか、またはコマース専用の最小在庫管理単位 (SKU) を使用している場合、代わりに Retail とコマース > 照会およびレポート > バッチ ジョブ を使用します。 または、「バッチ ジョブ」を検索します。
  2. バッチ ジョブの詳細を表示するには、バッチ ジョブ リストの ジョブの説明 の列で、「製品評価をプル」を含む説明を検索します。
  3. ジョブ ID を選択して、開始予定日/時刻および定期的なアイテムのテキストなどのバッチ ジョブの詳細を表示します。

次の図は、バッチ ジョブが 2 時間間隔で実行するようにスケジュールされている場合の、コマースでのバッチ ジョブの詳細の例を表示しています。

製品評価の同期バッチ ジョブの詳細

POS で製品評価を使用可能にする

Dynamics 365 Commerce の評価およびレビュー ソリューションは、オムニチャネル ソリューションです。 ただし、既定では、製品の評価は POS に表示されません。 販売担当者が店舗の顧客に評価とレビューを表示するには、POS で製品評価を有効にする必要があります。

POS で製品の評価を有効にするには、次の手順に従います。

  1. Retail とコマース > コマースの設定 > パラメーター > コマース パラメーター の順に移動します。 または、"コマース パラメーター" を検索します。
  2. コンフィギュレーション パラメーター タブで、新規 を選択します。
  3. RatingsAndReviews.EnableProductRatingsForRetailStores などの名前を入力し、値を はい に設定します。
  4. 保存 を選択します。
  5. Retail とコマース > Retail とコマース IT > 配送スケジュール の順に移動します。 また、「配送スケジュール」を検索します。
  6. ジョブ リストで、1110 (グローバル構成) を選択し、今すぐ実行 を選択します。
  7. ジョブが正常に実行された後、製品の評価が POS に表示されていることを確認します。

次の図は、POS で製品評価を有効にするためのコマース パラメーターのコンフィギュレーションの例を表示しています。

POS での製品評価のコマース パラメーターのコンフィギュレーション

以下の図は、POS の製品評価の例を表示しています。

POS での製品評価

次の図は、コール センター チャネルの製品評価の例を表示しています。

コール センター チャネルの製品評価

追加リソース

評価とレビューの概要

評価とレビューを使用するためのオプト イン

評価とレビューの管理

評価とレビューのコンフィギュレーション