Field Service ユーザー ガイド

お探しの場所、開始すべき場所、または Field Service の知識高める方法を探していますか ? Dynamics 365 Field Serviceリソースの外観を参照するためのガイドとして使用します。

リソース

お使いになる前に、Field Service に関する情報を入手できる最良の場所があります。

Field Service のコンセプトを説明します

セッションの目的は、Dynamics 365 Field Service とは何か、 および、なぜそれが顧客にとって貴重なのか、詳細をご覧いただくことです。

お客様の事例

Field Service の設定

このセクションの目的は、Field Service 環境の設定およびコア Field Service のシナリオの構成を目的としたものです。

環境を設定します

これには、環境を展開し、ユーザーを設定して、最初の管理操作の実行が含まれます。

作業指示書のシナリオを構成します

これによって、作業指示書の作成、リソースへのスケジュール設定、Field Service Mobile アプリでの確認が含まれます。

また、コア Field Service のシナリオの構成に含まれる、リソース、作業指示書、スケジュール、またモバイル アプリの詳細を説明します。

予約可能リソース

作業指示書

スケジュール設定

モビリティ

詳細のシナリオを構成します

このセクションの目的は、Field Service のすべての機能についての説明、詳細なシナリオやビジネス要件の構成を目的としたものです。

まずこの学習コースを参照してください。ここでは、製品の作成、サービス、サポート案件、そのほかの中心的な作業指示書のエンティティを作成するための、以前の作業指示書の管理者ビューを示します。

スケジュール設定

次に、この学習コースを使用して、早速スケジュール ボードの構成を開始して、スタッフ、設備、予備要員などの他のスケジュール機能を使用する経験に進みます。

契約、資産、および在庫

その後、定期的に作業指示書を自動生成する契約、サービス履歴を構築する顧客資産、およびフィールド技術者の追跡から部分的な使用を追跡する在庫を使用して説明します。

Resource Scheduling Optimization

Field Service スケジュール設定の頂点が Resource Scheduling Optimization (RSO) です。これは、作業指示書 (およびその他の要件) を最適なリソースに計画に入れ、移動時間を最小化し作業時間を最大化するための計画を自動的に立てます。

RSO の展開、構成、および実行方法について学習します。

Connected Field Service

作業指示書の作成で最も優れているのは Connected Field Service です。それは、AzureIoT と Dynamics 365 を結びつけて、インターネットに接続された機器のデータ ストリーミングを分析し、また、アラームに基づいて次々と作業指示書を作成します。しばしば、顧客が問題の存在に気づく前に。

まず、CFSの 概要 を入手して、IoT Hub アーキテクチャの CFSについて学習し、Azure および Dynamics 365 がどのように連動するかについて説明します。

次に、IoTCentral付きの CFS と IoTHub付きの CFS との違いを説明します。 つまり、サービス オプションとしてのソフトウェアとして、IoTCentral は、ダイナミクスを用いて構造および対象の概要を説明するためのプロトタイプを作成および実証し、コンセプトの証明を実行し、IoT プロセスを試験し、また初めから IoT のインフラストラクチャ なしに組織の CFS を実行するのに簡単な方法であると考えます。 IoTHubをプラットホームのオファリングで最も実行しやすいものと考えます。カスタマイズしやすく、また IoT インフラストラクチャの存在無しに組織用に特に役立ちます。

次に、シミュレートされた IoT テレメトリーから作業指示書を作成するには、Connected Field Service 環境を設定します。 詳しい手順については、次のビデオ チュートリアルを参照してください:ビデオ記号 Azure IoTCentral で Connected Field Service を設定

最後に、学習コースでは IoTCentral を使用した CFS の設定についてご案内します。

注意

Resource Scheduling Optimization および Connected Field Service を混合することにより、組織が問題を予見し、修理するためにフィールド技術者をスケジュールすることができます。

Field service の実行

このセクションの目的は、実行のガイダンスおよびベスト プラクティスを、技術的また戦略的に提供することです。 また、拡張性および開発者ガイドも指向します。

実装のシナリオを使用するときは、Field Service の設定にあるように組織レベルの詳細を知ることが重要です 。

スケージュールのベスト プラクティス

極めて重要なリソース

ヘルプの参照

エラー、予期しない動作、クラッシュ、バグのヘルプを検索する場合、Dynamics 365 サポート チケットを作成します。