Visual Studio を使用して開発およびカスタマイズ

このトピックでは、開発に関するトピックへのリンクを提供します。

概要

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、Microsoft から提供されている次世代エンタープライズ リソース プランニング (ERP) を表します。 これは、パブリック クラウドとプライベート クラウド両方のクラウド ベースのソリューションおよびオンプレミスとして、全体の ERP アプリケーション スイートを有効にするために設計されています。 これは、Microsoft からの最新テクノロジーで構築時に、クラウドでの操作の速度、わかりやすさ、およびコスト効率性を利用します。 このリリースでは、開発環境が大幅に変更されています。 これらの変更の内容は以下の通りです。

  • 実行環境から切り離された開発ツール。 オンライン データベースではなく、ローカルの XML ベースのファイルに対して作成します。
  • Microsoft Visual Studio は開発環境です。 Visual Studio 環境は、円滑で慣れ親しんだエクスペリエンスを提供するようにカスタマイズされています。
  • X++ コンパイラは、すべての機能に対して一般的な中間的な言語 (CIL) を生成します。 CIL は C# プログラミング言語などの他の .NET ベース (マネージド) の言語で使用されるものと同じ中間言語です。
  • ブラウザー ベースのクライアントおよびフォームのデザイン パターンを活用して、改善されたエンド ユーザー エクスペリエンスを提供することができます。
  • Application Lifecycle Model (ALM) は、ビルドの自動化、テストの自動化、およびクラウドへのモデルの配置をサポートします。

アーキテクチャ

はじめに

フリート管理

開発ツール

チュートリアル

ツール、モデル、VM

X++ プログラミング言語

チュートリアル

言語サポート

参照

拡張機能およびオーバーレイによってカスタマイズする

コードの移行

環境間でパッケージを移動する

パフォーマンス

ユーザー インターフェイスのコンセプト

クライアントは、すべての主要なブラウザーで動作する HTML Web クライアントです。 ユーザー インターフェイスの開発およびカスタマイズの詳細ついては、ユーザー インターフェイス開発ホーム ページ を参照してください。

分析

Reporting Services

データ エンティティおよび OData

Visual Studio でのテストのサポート

Office 統合

インテリジェンス

モバイル プラットフォーム

グローバル財務管理

ライセンス

サプライ チェーン マネジメント

その他のリソース

開発のための内部者向けヒント