ハイブリッド展開用に従来の社内パブリック フォルダーを構成するConfigure legacy on-premises public folders for a hybrid deployment

概要: この資料の手順を使用して、Office 365 との Exchange Server 2010 の設置型展開の間でパブリック フォルダーを同期します。Summary: Use the steps in this article to synchronize public folders between Office 365 and your Exchange Server 2010 on-premises deployment.

ハイブリッド展開では、Exchange オンライン、オンプレミス、またはその両方で、ユーザーで、パブリック フォルダー、Exchange はオンラインまたは設置型。パブリック フォルダーは、オンラインかオンプレミス Exchange パブリック フォルダーになるかを決定する必要がありますので、1 つだけの場所に配置できます。両方の場所であってはなりません。パブリック フォルダーのメールボックスは、ディレクトリ同期サービスによって、Exchange Online に同期されます。ただし、パブリック フォルダーのメールが有効なは、社内設置型の間で同期されていません。In a hybrid deployment, your users can be in Exchange Online , on-premises, or both, and your public folders are either in Exchange Online or on-premises. Public folders can reside in only one place, so you must decide whether your public folders will be in Exchange Online or on-premises. They can't be in both locations. Public folder mailboxes are synchronized to Exchange Online by the Directory Synchronization service. However, mail-enabled public folders aren't synchronized across premises.

このトピックでは、パブリック フォルダーのメールが有効な場合は、ユーザーが Office 365 との Exchange Server 2010 の SP3 のパブリック フォルダーは、設置と同期する方法について説明します。ただし、ユーザ オブジェクトの設置型 (対象のパブリック フォルダー階層にはローカル) では表現できない Office 365 ユーザーは従来または現代の設置型のパブリック フォルダーにアクセスすることができません。This topic describes how to synchronize mail-enabled public folders if your users are in Office 365 and your Exchange Server 2010 SP3 public folders are on-premises. However, an Office 365 user who is not represented by a MailUser object on-premises (local to the target public folder hierarchy) won't be able to access legacy or modern on-premises public folders.

注意

このトピックでは、従来の Exchange サーバーと Exchange Server 2010 の SP3 サーバーを参照します。This topic refers to the Exchange Server 2010 SP3 servers as the legacy Exchange server.

メールが有効なパブリック フォルダーを同期すると、次のスクリプトは、オンプレミス環境で実行する Windows タスクによって開始されたを使用してされます。You will sync your mail-enabled public folders by using the following scripts, which are initiated by a Windows task that runs in the on-premises environment:

  • Sync-MailPublicFolders.ps1: このスクリプトでは、Office 365 で、ローカルの Exchange の設置型展開からパブリック フォルダーのメールが有効なオブジェクトを同期します。マスター O365 に適用する必要のある変更を確認するのにはローカルの Exchange の設置型展開で使用されます。スクリプトは作成、更新、または、O365 の Active Directory ベースのローカル、オンプレミスの Exchange の展開で何が存在するパブリック フォルダーのメールが有効なオブジェクトを削除します。Sync-MailPublicFolders.ps1: This script synchronizes mail-enabled public folder objects from your local Exchange on-premises deployment with Office 365. It uses the local Exchange on-premises deployment as master to determine what changes need to be applied to O365. The script will create, update, or delete mail-enabled public folder objects on O365 Active Directory based on what exists in the local on-premises Exchange deployment.

  • SyncMailPublicFolders.strings.psd1: これは上記の同期スクリプトで使用されるサポート ファイルであり、上記のスクリプトと同じ場所にコピーする必要があります。SyncMailPublicFolders.strings.psd1: This is a support file used by the preceding synchronization script and should be copied to the same location as the preceding script.

この手順が完了すると、オンプレミスのユーザーと Office 365 のユーザーは、同じオンプレミスのパブリック フォルダー インフラストラクチャにアクセスできるようになります。When you complete this procedure your on-premises and Office 365 users will be able to access the same on-premises public folder infrastructure.

パブリック フォルダーと併用できる Exchange のハイブリッド バージョンWhat hybrid versions of Exchange will work with public folders?

次の表では、ユーザーのメールボックスおよびパブリック フォルダーはサポートされているバージョンと場所の組み合わせについて説明します。「ハイブリッドは適用されません」もサポートされているシナリオですとは見なされないハイブリッド シナリオでは、パブリック フォルダーとユーザーの両方同じ場所に置かれているためです。The following table describes the version and location combinations of user mailboxes and public folders that are supported. "Hybrid not applicable" is still a supported scenario, but is not considered a hybrid scenario since both the public folders and the users are residing in the same location.

オンプレミスの Exchange 2010 のユーザー メールボックスOn-Premises Exchange 2010 User Mailbox 社内 Exchange 2013 のユーザー メールボックスOn-Premises Exchange 2013 User Mailbox Exchange Online のユーザー メールボックスExchange Online User Mailbox
オンプレミスの Exchange 2010 のパブリック フォルダーOn-Premises Exchange 2010 Public Folders ハイブリッド適用不可Hybrid not applicable ハイブリッド適用不可Hybrid not applicable サポートSupported
社内 Exchange 2013 のパブリック フォルダーOn-Premises Exchange 2013 Public Folders ハイブリッド適用不可Hybrid not applicable ハイブリッド適用不可Hybrid not applicable サポートSupported
Exchange Online のパブリック フォルダーExchange Online Public Folders 非サポートNot supported サポートSupported ハイブリッド適用不可Hybrid not applicable

注意

2016 の outlook では、レガシ Exchange 2007 のアクセス パブリック ・ フォルダーをサポートしていません。2016 の Outlook を使用しているユーザーであれば、Exchange Server の最新のバージョンに、パブリック フォルダーを移動する必要があります。Exchange 2007 と以前のバージョンの Outlook 2016 と Office 2016 の互換性の詳細については、この資料を参照しています。Outlook 2016 does not support accessing Exchange 2007 legacy public folders. If you have users who are using Outlook 2016, you must move your public folders to a more recent version of Exchange Server. More information about Outlook 2016 and Office 2016 compatibility with Exchange 2007 and earlier versions can be found in this article.

手順 1: 何の操作を行いますを知る必要が開始する前にしますか。Step 1: What do you have to know before you begin?

  • 構成し、設置とオンラインの Exchange 環境では、同期するハイブリッド構成ウィザードを使用して、ほとんどのユーザーの参照用の自動検出に使用される DNS レコードがサービスすると、終了点を設置します。詳細については、ハイブリッド構成ウィザードを参照してください。These instructions assume that you have used the Hybrid Configuration Wizard to configure and synchronize your on-premises and Exchange Online environments, and that the DNS records that are used for the Autodiscover service for most users reference an on-premises end point. For more information, see Hybrid Configuration Wizard.

  • 次の手順は、Outlook Anywhere が有効にし、すべての設置型従来の Exchange パブリック フォルダー サーバーで機能すると仮定します。Outlook Anywhere を有効にする方法については、 Outlook Anywhereを参照してください。These instructions assume that Outlook Anywhere is enabled and functional on all the on-premises legacy Exchange public folder servers. For information about how to enable Outlook Anywhere, see Outlook Anywhere.

  • 従来のパブリック フォルダーの共存の Office 365 との Exchange ハイブリッド展開を実装すると、インポート処理中に競合を修正する必要があります。他のユーザーおよびグループは、Office 365 とその他の理由でメールが有効なパブリック フォルダーに割り当てられている、ルーティング不可能な電子メール アドレスが競合しているために、競合が発生することができます。Implementing legacy public folder coexistence for a hybrid deployment of Exchange with Office 365 may require you to fix conflicts during the import procedure. Conflicts can occur because a non-routable email address that's assigned to mail-enabled public folders, conflicts with other users and groups in Office 365, and other reasons.

  • 次の手順では、Exchange Online 組織がパブリック フォルダーをサポートするバージョンにアップグレードされたことを前提としています。These instructions assume that your Exchange Online organization has been upgraded to a version that supports public folders.

  • Exchange online では、組織の管理役割グループのメンバーでなければなりません。このロール グループは、Exchange Online を購読するときに、自分に割り当てられたアクセス許可と異なります。組織の管理役割グループを有効にする方法については、役割グループの管理を参照してください。In Exchange Online, you must be a member of the Organization Management role group. This role group is different from the permissions assigned to you when you subscribe to Exchange Online. For information about how to enable the Organization Management role group, see Manage Role Groups.

  • Exchange 2010 組織の管理] または [サーバーの管理 RBAC 役割グループのメンバーでなければなりません。詳細については、役割グループのメンバーの追加を参照してください。In Exchange 2010, you must be a member of the Organization Management or Server Management RBAC role groups. For details, see Add Members to a Role Group

  • クロス ・設置型のパブリック フォルダーにアクセスするにユーザーは、2012 年 11 月に、Outlook クライアントをアップグレードする必要があります Outlook 更新プログラムまたはそれ以降のバージョンです。To access public folders cross-premises, users must upgrade their Outlook clients to the November 2012 Outlook public update or a later version.

    1. Outlook 2010 用の 2012 年 11 月の Oooklook 更新プログラムをダウンロードするには、「Microsoft Outlook 2010 (KB2687623) 32 ビット版の更新プログラム」を参照してください。To download the November 2012 Outlook update for Outlook 2010, see Update for Microsoft Outlook 2010 (KB2687623) 32-Bit Edition.

    2. Outlook 2007 用の 2012 年 11 月の Outlook 更新プログラムをダウンロードするには、「Microsoft Office Outlook 2007 (KB2687404) の更新プログラム」を参照してください。To download the November 2012 Outlook Update for Outlook 2007, see Update for Microsoft Office Outlook 2007 (KB2687404).

  • Mac およびそれ以前のバージョンの outlook 2016 と Office 365 の Mac 用の Outlook は、複数の環境に関する従来のパブリック フォルダーに対してはサポートされていません。ユーザーは、Mac 用の Outlook または Office 365 の Mac 用の Outlook でそれらにアクセスするパブリック フォルダーと同じ場所にする必要があります。さらに、Exchange オンラインには、メールボックスのユーザーは Outlook Web App を使用して、設置型のパブリック フォルダーにアクセスすることができません。Outlook 2016 for Mac (and earlier versions) and Outlook for Mac for Office 365 are not supported for cross-premises legacy public folders. Users must be in the same location as the public folders to access them with Outlook for Mac or Outlook for Mac for Office 365. Additionally, users whose mailboxes are in Exchange Online won't be able to access on-premises public folders using Outlook Web App.

  • ハイブリッド展開の社内設置型のパブリック フォルダーを構成するのには、この資料の手順を実行した後、組織の外部にいるユーザーにメッセージを送信、設置型のパブリック フォルダーの追加の手順を実行する場合を除き、ことはできません。内部のリレーをパブリック フォルダーの承認済みドメインを設定するか、(管理許可ドメイン Exchange オンラインを参照してください) またはディレクトリ ベースのエッジ ブロック (DBEB) (を参照してくださいを使用してディレクトリ ベースのエッジ ブロックに送信されたメッセージを拒否するを無効にすることができます無効な受信者)。After you follow the instructions in this article to configure your on-premises public folders for a hybrid deployment, users who are external to your organization won't be able to send messages to your on-premises public folders unless you take additional steps. You can either set the accepted domain for the public folders to Internal Relay (see Manage accepted domains in Exchange Online) or you can disable Directory Based Edge Blocking (DBEB) (see Use Directory Based Edge Blocking to reject messages sent to invalid recipients).

手順 2: リモート パブリック フォルダーを検出可能にするStep 2: Make remote public folders discoverable

  1. パブリック フォルダーが Exchange 2010 またはそれ以降のサーバー上にある場合は、パブリック フォルダー データベースが存在するすべてのメールボックス サーバー上のクライアント アクセス サーバー (CAS) の役割をインストールする必要があります。これにより、Microsoft Exchange の RpcClientAccess サービスが実行されているすべてのクライアントがパブリック フォルダーにアクセスできるようにします。詳細については、 Exchange Server 2010 のインストールを参照してください。If your public folders are on Exchange 2010 or later servers, you must install the Client Access server (CAS) role on all mailbox servers that have a public folder database. This allows the Microsoft Exchange RpcClientAccess service to be running so that all clients can access public folders. For more information, see Install Exchange Server 2010.

    注意

    このサーバーは、クライアント アクセスの負荷分散に関与する必要はありません。詳細については、「Exchange 2010 の負荷分散について」を参照してください。This server doesn't have to be part of the Client Access load balancing. For more information, see Understanding Load Balancing in Exchange 2010.

  2. 各パブリック フォルダー サーバーに、空のメールボックス データベースを作成します。Create an empty mailbox database on each public folder server.

    Exchange 2010 では、次のコマンドを実行します。このコマンドは、メールボックスのプロビジョニング ロード バランサーからメールボックス データベースを除外します。これは新しいメールボックスが自動的にこのデータベースに追加することを防ぎます。For Exchange 2010, run the following command. This command excludes the mailbox database from the mailbox provisioning load balancer. This prevents new mailboxes from being added automatically to this database.

    New-MailboxDatabase -Server <PFServerName_with_CASRole> -Name <NewMDBforPFs> -IsExcludedFromProvisioning $true
    

    注意

    手順 3 で作成するプロキシ メールボックスのみをこのデータベースに追加することをお勧めします。このメールボックス データベースに、その他のメールボックスを作成しないでください。We recommend that the only mailbox that you add to this database is the proxy mailbox that you'll create in step 3. No other mailboxes should be created on this mailbox database.

  3. 新しいメールボックス データベース内でプロキシ メールボックスを作成し、アドレス帳からメールボックスを非表示にします。この SMTP クライアントによって解決する従来の exchange サーバーのパブリック フォルダーへのアクセスに到達できるように、このメールボックスの SMTP を自動検出によって_DefaultPublicFolderMailbox_ SMTP として返されます。Create a proxy mailbox within the new mailbox database, and hide the mailbox from the address book. The SMTP of this mailbox will be returned by AutoDiscover as the DefaultPublicFolderMailbox SMTP, so that by resolving this SMTP the client can reach the legacy exchange server for public folder access.

    New-Mailbox -Name <PFMailbox1> -Database <NewMDBforPFs>
    
    Set-Mailbox -Identity <PFMailbox1> -HiddenFromAddressListsEnabled $true
    
  4. Exchange 2010 では、プロキシ パブリック フォルダー メールボックスを返すように、自動検出を有効にします。For Exchange 2010, enable AutoDiscover to return the proxy public folder mailboxes.

    Set-MailboxDatabase <NewMDBforPFs> -RPCClientAccessServer <PFServerName_with_CASRole>
    
  5. 組織内のすべてのパブリック フォルダー サーバーに対して、前述の手順を繰り返します。Repeat the preceding steps for every public folder server in your organization.

手順 3: スクリプトをダウンロードするStep 3: Download the scripts

  1. 次のファイルを、「Mail-enabled Public Folders - directory sync script」からダウンロードします。Download the following files from Mail-enabled Public Folders - directory sync script:
  • Sync-MailPublicFolders.ps1

  • SyncMailPublicFolders.strings.psd1

  1. PowerShell を実行するローカル コンピューターにファイルを保存します。たとえば C:\Archive などです。Save the files to the local computer on which you'll be running PowerShell. For example, C:\PFScripts.

手順 4: ディレクトリ同期を構成するStep 4: Configure directory synchronization

ディレクトリ同期サービスは、パブリック フォルダーのメールが有効なを同期しません。次のスクリプトを実行すると、設置型の間でメールが有効なパブリック フォルダーが同期されます。メール対応のパブリック フォルダーに割り当てられている、特殊なアクセス許可は、ハイブリッド展開のシナリオでは、設置型の間のアクセス許可はサポートされていませんので、クラウドに再作成する必要があります。詳細については、 Exchange Server のハイブリッド展開を参照してください。The Directory Synchronization service doesn't synchronize mail-enabled public folders. Running the following script will synchronize the mail-enabled public folders across premises. Special permissions assigned to mail-enabled public folders will need to be recreated in the cloud since cross-premise permission are not supported in Hybrid Deployment scenarios. For more information, see Exchange Server Hybrid Deployment.

注意

同期されたメール対応パブリック フォルダーは、メール フロー用のメール連絡先オブジェクトとして認識されますが、Exchange 管理センターでは表示できません。Get-MailPublicFolder コマンドをご覧ください。クラウド内で SendAs アクセス許可を再作成するには、Add-RecipientPermission コマンドを使用します。Synchronized mail-enabled public folders will appear as mail contact objects for mail flow purposes and will not be viewable in the Exchange admin center. See the Get-MailPublicFolder command. To recreate the SendAs permissions in the cloud, use the Add-RecipientPermission command.

従来の Exchange サーバーでは、次のコマンドを実行して、メール対応パブリック フォルダーをローカルのオンプレミス Active Directory から O365 に同期させます。On the legacy Exchange server, run the following command to synchronize mail-enabled public folders from your local on-premises Active Directory to O365.

```
Sync-MailPublicFolders.ps1 -Credential (Get-Credential) -CsvSummaryFile "<sync_summary.csv>"
```

Office 365 のユーザー名とパスワードを求められたらと_<同期_summary.csv>_ は、.csv 形式での同期操作と、エラーをログに記録したい場所へのパスです。Where you're prompted for your Office 365 username and password, and <sync_summary.csv> is the path to where you would like to log synchronization operations and errors, in .csv format.

注意

スクリプトを実行する前に、まずをシミュレートするスクリプトが実行できる操作、環境内の_WhatIf_パラメーターを使用して上記のように実行することによってをお勧めします。> 私たちには、メールが有効なパブリック フォルダーの同期を毎日、このスクリプトを実行することもお勧めします。Before running the script, we recommend that you first simulate the actions that the script would take in your environment by running it as described above with the WhatIf parameter. > We also recommend that you run this script daily to synchronize your mail-enabled public folders.

手順 5: Exchange Online ユーザーを構成して、オンプレミスのパブリック フォルダーにアクセスできるようにするStep 5: Configure Exchange Online users to access on-premises public folders

この手順の最終ステップは、Exchange Online 組織を構成して、オンプレミスのレガシ パブリック フォルダーにアクセスできるようにすることです。The final step in this procedure is to configure the Exchange Online organization and to allow access to the legacy on-premises public folders.

Exchange Online 組織から社内パブリック フォルダーにアクセスできるようにします。手順 2: リモート パブリック フォルダーを検出可能にするで作成した、すべてのプロキシ パブリック フォルダー メールボックスをポイントします。Enable the exchange online organization to access the on-premises public folders. You will point to all of the proxy public folder mailboxes that you created in Step 2: Make remote public folders discoverable.

Exchange オンライン PowerShellで次のコマンドを実行します。Run the following command in Exchange Online PowerShell:

Set-OrganizationConfig -PublicFoldersEnabled Remote -RemotePublicFolderMailboxes PFMailbox1,PFMailbox2,PFMailbox3

ActiveDirectory の同期の変更を確認するのには完了を待機する必要があります。までに最大 3 時間かかることができます。3 時間ごとに発生する定期的な同期を待機しない場合は、任意の時点のディレクトリ同期を強制することができます。ディレクトリ同期を強制的に実行する詳細な手順についてを参照してください方法 1: 手動でサービスが開始されていると、管理者アカウントにサインインできることを確認。Office 365 では、このコマンドで提供されるパブリック フォルダーのメールボックスのいずれかのランダムに選択します。You must wait until ActiveDirectory synchronization has completed to see the changes. This process can take up to 3 hours to complete. If you don't want to wait for the recurring synchronizations that occur every three hours, you can force directory synchronization at any time. For detailed steps to do force directory synchronization, see Method 1: Manually verify that the service is started and that the admin account can sign in. Office 365 randomly selects one of the public folder mailboxes that's supplied in this command.

重要

ユーザ オブジェクトで指定できない Office 365 ユーザー設置 (ターゲットのパブリック フォルダー階層にはローカル) は、従来のアクセスにはできません」または「Exchange 2013 の設置型のパブリック フォルダーです。ソリューションのサポート技術情報Exchange Online ユーザーが従来の設置型のパブリック フォルダーにアクセスできないを参照してください。An Office 365 user who is not represented by a MailUser object on-premises (local to the target public folder hierarchy) won't be able to access legacy or Exchange 2013 on-premises public folders. See the Knowledge Base article Exchange Online users can't access legacy on-premises public folders for a solution.

設定が適用されたことを確認する方法How do I know this worked?

オンラインの Exchange ユーザーは、Outlook にログオンし、パブリック フォルダーの次のテストを実行します。Log on to Outlook for a user who is in Exchange Online, and then run the following public folder tests:

  • 階層の表示View the hierarchy.
  • アクセス許可のチェックCheck permissions.
  • パブリック フォルダーの作成と削除Create and delete public folders.
  • パブリック フォルダーに対する内容の追加と削除Post content to and delete content from a public folder.