サインイン ユーザーと共有しているアイテムを一覧表示するList items shared with the signed-in user

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

ドライブ の所有者と共有されている、DriveItem リソースのコレクションを取得します。Retrieve a collection of DriveItem resources that have been shared with the owner of the Drive.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) Files.Read.All、Files.ReadWrite.All、Sites.Read.All、Sites.ReadWrite.AllFiles.Read.All, Files.ReadWrite.All, Sites.Read.All, Sites.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) Files.Read.All、Files.ReadWrite.AllFiles.Read.All, Files.ReadWrite.All
アプリケーションApplication Files.Read.All、Files.ReadWrite.All、Sites.Read.All、Sites.ReadWrite.AllFiles.Read.All, Files.ReadWrite.All, Sites.Read.All, Sites.ReadWrite.All

注: Files.Read または Files.ReadWrite のアクセス許可による /sharedWithMe 要求は成功しますが、いくつかのプロパティが失われている可能性があります。Note: while the /sharedWithMe request will succeed with Files.Read or Files.ReadWrite permissions, some properties may be missing. さらに、すべてのアクセス許可のうちの一つがなければ、この API から返された共有項目はアクセスできません。Additionally, without one of the All permissions, shared items returned from this API will not be accessible.

HTTP 要求HTTP request

GET /me/drive/sharedWithMe

応答Response

これは、ドライブの所有者を共有している DriveItem リソースを含む、DriveItem リソースのコレクションを返します。この例では、ドライブはユーザーの既定のドライブです。そのため、これはサインインしているユーザーと共有しているアイテムを返します。This returns a collection of DriveItem resources which contain the DriveItem resources shared with the owner of the drive. In this example, since the drive is the user's default drive, this returns items shared with the signed in user.

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json

{
  "value": [
    {
      "id": "1312abc",
      "remoteItem": {
        "id": "1991210caf!192",
        "name": "March Proposal.docx",
        "file": { },
        "size": 19121,
        "parentReference": {
          "driveId": "1991210caf",
          "id": "1991210caf!104"
        }
      }
    },
    {
      "id": "1312def",
      "remoteItem": {
        "id": "1991210caf!1991",
        "name": "Team Roster.xlsx",
        "file": { },
        "size": 37619,
        "parentReference": {
          "driveId": "1991210caf",
          "id": "1991210caf!104"
        }
      }
    }
  ]
}

注釈Remarks

sharedWithMe アクションから返された DriveItems には、それらが異なるドライブからのアイテムであることを示す remoteItem ファセットが必ず含まれます。共有された DriveItem リソースにアクセスするには、remoteItem で提供された情報を使用して、以下に示す書式で要求を作成する必要があります。DriveItems returned from the sharedWithMe action will always include the remoteItem facet which indicates they are items from a different drive. To access the shared DriveItem resource, you will need to make a request using the information provided in remoteItem in the following format:

GET /drives/{remoteItem-driveId}/items/{remoteItem-id}

既定では、sharedWithMe はあなたのテナント内で共有されたアイテムを返します。By default, sharedWithMe return items shared within your own tenant. 外部テナントが共有するアイテムを含めるには、GET 要求に ?allowexternal=true を追加します。To include items shared from external tenants, append ?allowexternal=true to the GET request.