DriveItem の内容をアップロードまたは置換する

名前空間: microsoft.graph

簡単なアップロード API を使用すると、新しいファイルの内容を提供したり、単一の API 呼び出しで既存のファイルの内容を更新したりすることができます。このメソッドは、サイズが 4MB までのファイルのみをサポートしています。

大きなファイルをアップロードする場合は、「アップロード セッションを使ってサイズの大きなファイルをアップロードする」を参照してください。

アクセス許可

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。

アクセス許可の種類 アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)
委任 (職場または学校のアカウント) Files.ReadWrite、Files.ReadWrite.All、Sites.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント) Files.ReadWrite、Files.ReadWrite.All
アプリケーション Files.ReadWrite.All、Sites.ReadWrite.All

HTTP 要求 (既存アイテムを置換する場合)

PUT /drives/{drive-id}/items/{item-id}/content
PUT /groups/{group-id}/drive/items/{item-id}/content
PUT /me/drive/items/{item-id}/content
PUT /sites/{site-id}/drive/items/{item-id}/content
PUT /users/{user-id}/drive/items/{item-id}/content

HTTP 要求 (新しいファイルをアップロードする場合)

PUT /drives/{drive-id}/items/{parent-id}:/{filename}:/content
PUT /groups/{group-id}/drive/items/{parent-id}:/{filename}:/content
PUT /me/drive/items/{parent-id}:/{filename}:/content
PUT /sites/{site-id}/drive/items/{parent-id}:/{filename}:/content
PUT /users/{user-id}/drive/items/{parent-id}:/{filename}:/content

要求本文

要求の本文の内容は、アップロードするファイルのバイナリ ストリームである必要があります。

応答

成功した場合、このメソッドは、新しく作成されたファイルまたは更新されたファイルの応答本文で driveItem オブジェクトを返します。

例 (新しいファイルのアップロード)

この例では、"The contents of the file goes here."(ファイルの内容がここに入ります。) という文字列を、 サインインしたユーザーのドライブの FolderA の下の FileB.txt という名前のファイルにアップロードします。

PUT /me/drive/root:/FolderA/FileB.txt:/content
Content-Type: text/plain

The contents of the file goes here.

応答

成功した場合、このメソッドは、新しく作成されたファイルの応答本文で driveItem リソースを返します。

HTTP/1.1 201 Created
Content-Type: application/json

{
  "id": "0123456789abc",
  "name": "FileB.txt",
  "size": 35,
  "file": { }
}

例 (既存ファイルの更新)

この例では、既知の ID を持つファイルの内容を置き換えます。

PUT /me/drive/items/{item-id}/content
Content-Type: text/plain

The contents of the file goes here.

応答

成功した場合、このメソッドは、新しく作成されたファイルの応答本文で driveItem リソースを返します。

HTTP/1.1 201 Created
Content-Type: application/json

{
  "id": "0123456789abc",
  "name": "FileB.txt",
  "size": 35,
  "file": { }
}

エラー応答

エラーがどのように返されるかの詳細については、「エラー応答」を参照してください。