プレゼンスを取得する

名前空間: microsoft.graph

ユーザーのプレゼンス情報を取得 します

アクセス許可

これらの API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。 アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。

アクセス許可の種類 アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)
委任 (職場または学校のアカウント) Presence.Read、Presence.Read.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。
アプリケーション サポートされていません。

メモ: この API の最大要求レートは、テナントごとのアプリケーションあたり、30 秒間に 1500 API 要求です。

HTTP レポート

GET /me/presence
GET /users/{id}/presence
GET /communications/presences

要求ヘッダー

名前 説明
Authorization ベアラー {token}。必須。

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと応答本文の プレゼンス オブジェクトを返します。

例 1: 独自のプレゼンス情報を取得する

次の例は、独自のプレゼンス情報を取得する方法を示しています。 この操作には、Presence.Read アクセス許可が必要です。

要求

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/presence

応答

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 1574

{  
    "id": "fa8bf3dc-eca7-46b7-bad1-db199b62afc3",
    "availability": "Available",
    "activity": "Available"
}

例 2: 別のユーザーのプレゼンス情報を取得する

次の例は、別のユーザーのプレゼンス情報を取得する方法を示しています。 この操作には、Presence.Read.All アクセス許可が必要です。

要求

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/users/66825e03-7ef5-42da-9069-724602c31f6b/presence

応答

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 1574

{
    "id": "66825e03-7ef5-42da-9069-724602c31f6b",
    "availability": "DoNotDisturb",
    "activity": "Presenting"
}

例 3: 別のユーザーのプレゼンス情報を取得する

次の例は、別のユーザーのプレゼンス情報を取得する方法を示しています。 この操作には、Presence.Read.All アクセス許可が必要です。

要求

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/communications/presences/dc74d9bb-6afe-433d-8eaa-e39d80d3a647

応答

HTTP/1.1 200 OK

{
    "value": [
        {
            "id": "dc74d9bb-6afe-433d-8eaa-e39d80d3a647",
            "availability": "Away",
            "activity": "BeRightBack"
        }
    ]
}