Microsoft Graph の概要

Microsoft Graph は、Microsoft 365 のデータとインテリジェンスへの入り口です。 Microsoft Graph は、Microsoft 365、Windows、および Enterprise Mobility + Security の膨大な量のデータにアクセスする際に使用できる統合型プログラミング モデルを提供します。 Microsoft Graph の豊富なデータを使用して、数百万人のユーザーを操作する組織やコンシューマー向けのアプリを作成できます。

Microsoft Graph、Microsoft Graph データ接続、およびMicrosoft Graph コネクタにより、Microsoft 365 のエクスペリエンスを拡張し、インテリジェントなアプリを構築できます。

Microsoft 365 プラットフォームを向上させるデータとサービス

Microsoft 365 プラットフォームでは、主に次の 3 つのコンポーネントがデータへのアクセスとフローを容易にします。

  • Microsoft Graph API は、単一のエンドポイントと https://graph.microsoft.com を提供し、Microsoft 365、Windows、Enterprise Mobility + Security など、Microsoft クラウド内の ユーザーを中心にした豊富なデータと洞察へのアクセスを提供します。 REST API または SDK を使用して、エンドポイントにアクセスし、生産性、グループ作業、教育、従業員と職場のインテリジェンスなどの Microsoft 365 シナリオをサポートするアプリを構築できます。 また、Microsoft Graph には、ユーザー ID/デバイス ID、アクセス、コンプライアンス、セキュリティを管理し、データの漏洩や損失から組織を保護する強力なサービスが含まれています。
  • Microsoft Graph コネクタ は受信方向で動作します。Microsoft Search などのMicrosoft 365エクスペリエンスを強化するために、Microsoft Graph サービスとアプリケーションに Microsoft クラウド外部のデータを配信します。 コネクタは、Box、Google Drive、Jira、Salesforce など、多くの一般的に使用されるデータ ソースに対して存在します。
  • Microsoft Graph Data Connect には、一般的な Azure データ ストアへのMicrosoft Graph データの安全でスケーラブルな配信を効率化するための一連のツールが用意されています。 キャッシュされたデータは、インテリジェントなアプリケーションを構築する際に使用できる Azure 開発ツールのデータ ソースとして機能します。

Microsoft Graph API、コネクタ、およびデータ接続を組み合わせることで、Microsoft 365 プラットフォームを強化します。 Microsoft Graph データおよびその他のデータセットにアクセスすることで、洞察と分析を導き出し、Microsoft 365 のエクスペリエンスを拡張したり、独自のインテリジェントなアプリケーションを構築したりすることができます。

Microsoft Graph の内容

Microsoft Graph は、次の Microsoft クラウド サービスのデータにアクセスするための REST API とクライアント ライブラリを公開しています。

  • Microsoft 365 コア サービス: Bookings、カレンダー、Delve、Excel、Microsoft 365 コンプライアンス eDiscovery、Microsoft Search、OneDrive、OneNote、Outlook / Exchange、People (Outlook 連絡先)、Planner、SharePoint、Teams、To Do、Workplace Analytics
  • Enterprise Mobility + セキュリティ サービス: Advanced Threat Analytics、Advanced Threat Protection、Azure Active Directory、Identity Manager、および Intune
  • Windows サービス: アクティビティ、デバイス、通知、ユニバーサル印刷 (プレビュー)
  • Dynamics 365 Business Central サービス

詳細については、「Microsoft Graph の主要なサービスおよび機能」を参照してください。

Microsoft Graph の一部である主要なリソースとリレーションシップを示すイメージ

Microsoft Graph でできること

Microsoft Graph を使用して、ユーザーの固有のコンテキストに関するエクスペリエンスを構築し、生産性を高めます。次のアプリを想像してみてください。

  • 出席者にプロファイル情報を提供することで、次の会議の調査や準備に役立ちます。情報には、出席者の役職やマネージャー、作業中の最新のドキュメントおよび共同作業する人に関する情報などが含まれます。
  • 予定表をスキャンして、次のチームミーティングに最適な時間を提案します。
  • OneDrive の Excel ファイルから最新の売上予測チャートを取得し、リアルタイムで予測を更新します。これらをすべて携帯電話から行います。
  • 予定表の変更をサブスクライブし、会議に多くの時間を費やしている場合にアラートを送信し、出席者の関連性に基づいて見逃したり委任したりできる推奨事項を提供します。
  • たとえば、個人の OneDrive に送信する必要のある写真と OneDrive for Business に送信する必要のあるビジネスの領収書を分類するなどにより、携帯電話で個人情報や仕事情報を整理するのに役立ちます。
  • 意思決定者がビジネス生産性を向上させる時間の割り当てとコラボレーション パターンに関する貴重な洞察を引き出すことができるように、大規模な Microsoft 365 データを分析します。
  • カスタム ビジネス データを Microsoft Graph に取り込み、インデックスを作成して Microsoft 365 サービスからのデータと共に検索できるようにします。

例として、会議出席者の調査に関する最初のシナリオを選択してください。 Microsoft Graph API を使用すると、次のことが可能になります。

  1. 会議イベント参加者のメール アドレスを取得します。
  2. プロファイル情報を取得するには、Azure Active Directory のユーザーとして個別に検索します。

次に関係を使用して他のリソースに移動できます。

Microsoft Graph は、適切なアクセス許可がある場合に限り、開発者向けに Microsoft 365 プラットフォームを継続的に公開します。

注意

Microsoft Graph API を使用する場合、「Microsoft API 使用条件」と「Microsoft のプライバシーに関する声明」に同意することになります。

Microsoft Graph API を使用するための一般的なシナリオをいくつか確認します。 リンクから Graph エクスプローラーに移動できます。

操作 URL
自分のプロファイルの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me
自分のファイルの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/drive/root/children
自分の写真の取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/photo/$value
自分のメールの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/messages
自分にとって重要度の高いメールの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/messages?$filter=importance%20eq%20'high'
自分の予定表イベントの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/events
自分の上司の取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/manager
foo.txt ファイルを最後に変更したユーザーの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/drive/root/children/foo.txt/lastModifiedByUser
自分がメンバーの Microsoft 365 グループの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/memberOf/$/microsoft.graph.group?$filter=groupTypes/any(a:a%20eq%20'unified')
自分の所属組織のユーザーの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/users
自分の組織内のグループの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/groups
自分に関連付けられたユーザーの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/people
自分の周りで人気上昇中の項目の取得 https://graph.microsoft.com/beta/me/insights/trending
自分のノートの取得 https://graph.microsoft.com/v1.0/me/onenote/notebooks

外部コンテンツ ソースから Microsoft Graph にデータを取り込む

Microsoft Graph コネクタを使用して、Microsoft クラウドの外部にあるデータを Microsoft Graph に取り込みます。 このようなデータには、たとえば、オンプレミスやパブリック クラウド、またはプライベート クラウドでホストされる組織の人事データベースや製品カタログなどがあります。

Microsoft Graph コネクタは外部データ ソースへの接続を作成して、データのインデックスを作成し、外部のカスタム アイテムとファイルとして保存します。 インデックスが作成されると、これらのアイテムは Microsoft Search 内と、Microsoft Search API を使用するアプリに表示できます。

Microsoft Graph への大量アクセス

Microsoft Graph Data Connectを使用して大規模なMicrosoft Graphのデータにアクセスすると同時に、管理者は詳細な同意を得て、Microsoft Graphデータを完全に制御できます。Data Connect を使用すると、Microsoft Azureへのこのデータの配信が効率化されます。

Azure ツールを使用すると、次のようなインテリジェント アプリを構築できます。

  • 組織内にいる、あなたのトピックに関する専門家で、場所が最も近い人を探します。
  • ナレッジ ベース作成を自動化します。
  • 会議室の使用状況に関する洞察を得るために、会議出席依頼を分析します。
  • 生産性および通信のデータから不正行為を検出します。

Microsoft Graph API またはデータ接続を使用するタイミング

Microsoft Graph データ接続は、Microsoft Graph API を通じて利用可能なデータとやりとりする新たな方法を提供します。 データ接続は、Microsoft クラウド内でインテリジェントなアプリケーションの構築を効率化する独自のツール セットを提供します。

機能 Microsoft Graph API Microsoft Graph データ接続
アクセス スコープ 1 人のユーザーまたはテナント全体 多数のユーザーまたはグループ
アクセス パターン リアルタイム 定期的なスケジュール
データ操作 データ マスターに対する操作 データのキャッシュに対する操作
データ保護 データは Microsoft 365 内にある間は保護される データ保護対象は Azure サブスクリプション内のデータのキャッシュにも拡大される
ユーザーの同意 自分
リソースの種類
なし
管理者の同意 組織全体
リソースの種類
ユーザーのグループを選択
リソースの種類とプロパティ
ユーザーを除外
アクセス ツール RESTful Web クエリ Azure Data Factory

次の手順