まとめ

Azure Content Delivery Network (CDN) は、パフォーマンスを向上させ、主に世界中のユーザーに大きな静的ファイルを提供する Web サイトに関するユーザーの満足度を高めるための強力な方法です。 配信元サーバーよりもユーザーに対してローカルな Web ページと共に、大きなビデオおよびオーディオ ファイルをキャッシュできます。これにより、配信元サーバーへの負荷が減り、待機時間が最小限に抑えられます。

クリーンアップ

このモジュールを完了したら、サンド ボックスは、リソースを自動的にクリーンアップします。

独自のサブスクリプションを使用している場合は、プロジェクトの最後に、作成したリソースがまだ必要かどうかを確認してください。 リソースを実行状態のままにしておくと、料金が発生する場合があります。 リソースを個別に削除するか、リソース グループを削除してリソースのセット全体を削除することができます。

参考資料

Azure 上のコンテンツ配信ネットワークとは

Azure CDN 製品の機能を比較する

クイック スタート:Azure ストレージ アカウントと Azure CDN との統合

Azure Storage での静的な Web サイトのホスティング

Azure Storage Blob Service を使用するシンプルな Web サイト

Azure CDN でのファイル圧縮によるパフォーマンスの向上

キャッシュのしくみ

Azure CDN で Web コンテンツ有効期限を管理する

ディレクトリ パスに関する制限事項

自分の知識をチェックする

1.

有効な Azure CDN の種類ではないのは、次のうちどれですか?

2.

CDN に、ポイント オブ プレゼンス (POP) にあるエッジ サーバーのユーザーが要求したファイルのコピーがない場合、次に起こることは何ですか?

3.

一意のクエリ文字列を使用するクエリでのキャッシュ動作が非効率になる原因となるキャッシュ設定は、次のうちどれですか?