クイック スタート:Azure ストレージ アカウントと Azure CDN との統合Quickstart: Integrate an Azure storage account with Azure CDN

このクイック スタートでは、Azure Content Delivery Network (CDN) を有効にして、Azure ストレージからのコンテンツをキャッシュします。In this quickstart, you enable Azure Content Delivery Network (CDN) to cache content from Azure storage. Azure CDN では、高帯域幅コンテンツ配信用のグローバル ソリューションが開発者に提供されています。Azure CDN offers developers a global solution for delivering high-bandwidth content. Azure CDN は、コンピューティング インスタンスの BLOB と静的コンテンツを、米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南アメリカの物理ノードにキャッシュできます。It can cache blobs and static content of compute instances at physical nodes in the United States, Europe, Asia, Australia, and South America.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure Portal にログインするLog in to the Azure portal

Azure アカウントを使用して Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal with your Azure account.

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

Azure サブスクリプションの新しいストレージ アカウントを作成するには、次の手順に従います。Use the following procedure to create a new storage account for an Azure subscription. ストレージ アカウントを使うと、Azure Storage サービスにアクセスできます。A storage account gives access to Azure Storage services. ストレージ アカウントは、Azure Storage サービスの各コンポーネント (Azure Blob Storage、Queue Storage、Table Storage) にアクセスするための最高レベルの名前空間を表します。The storage account represents the highest level of the namespace for accessing each of the Azure Storage service components: Azure Blob, Queue, and Table storage. 詳細については、「Microsoft Azure Storage の概要」をご覧ください。For more information, see Introduction to Microsoft Azure Storage.

ストレージ アカウントを作成するには、サービス管理者または関連付けられているサブスクリプションの共同管理者である必要があります。To create a storage account, you must be either the service administrator or a coadministrator for the associated subscription.

Azure Portal や PowerShell など、ストレージ アカウントは複数の方法で作成できます。You can use several methods to create a storage account, including the Azure portal and PowerShell. このクイック スタートでは、Azure portal の使用方法を示します。This quickstart demonstrates how to use the Azure portal.

Azure サブスクリプションのストレージ アカウントを作成するにはTo create a storage account for an Azure subscription

  1. Azure Portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。In the Azure portal, in the upper left, select Create a resource.

    [新規] ウィンドウが表示されます。The New pane appears.

  2. [ストレージ][ストレージ アカウント - Blob、File、Table、Queue] の順に選択します。Select Storage, then select Storage account - blob, file, table, queue.

    ストレージ リソースの選択

    [ストレージ アカウントの作成] ウィンドウが表示されます。The Create storage account pane appears.

    [ストレージ アカウントの作成] ウィンドウ

  3. [名前] ボックスに、サブドメインの名前を入力します。In the Name box, enter a subdomain name. 文字数は 3 ~ 24 文字とし、アルファベット小文字と数字を使用できます。This entry can contain 3-24 lowercase letters and numbers.

    この値は、サブスクリプションの Blob リソース、Queue リソース、または Table リソースのアドレス指定に使われる URI 内のホスト名になります。This value becomes the host name within the URI that's used to address blob, queue, or table resources for the subscription. Blob Storage 内のコンテナー リソースをアドレス指定するには、次の形式の URI を使います。To address a container resource in Blob storage, use a URI in the following format:

    http://<StorageAcountLabel>.blob.core.windows.net/<mycontainer>http://<StorageAcountLabel>.blob.core.windows.net/<mycontainer>

    <StorageAccountLabel> は、[名前] ボックスに入力した値を示します。where <StorageAccountLabel> refers to the value you entered in the Name box.

    重要

    URL ラベルは、ストレージ アカウントの URI のサブドメインになるので、Azure のすべてのホストされるサービスにおいて一意である必要があります。The URL label forms the subdomain of the storage account URI and must be unique among all hosted services in Azure.

    この値は、ポータルでストレージ アカウントの名前として、またはプログラムでこのアカウントにアクセスするときにも使用されます。This value is also used as the name of the storage account in the portal or when you're accessing this account programmatically.

  4. 残りの設定については、次の表で指定されている値を使用します。For the remainder of the settings, use the values specified in the following table:

    SettingSetting Value
    デプロイ モデルDeployment model 既定値を使用します。Use the default value.
    アカウントの種類Account kind 既定値を使用します。Use the default value.
    場所Location ドロップダウンから [米国中部] を選択します。Select Central US from the drop-down list.
    レプリケーションReplication 既定値を使用します。Use the default value.
    パフォーマンスPerformance 既定値を使用します。Use the default value.
    安全な転送が必須Secure transfer required 既定値を使用します。Use the default value.
    サブスクリプションSubscription ドロップダウン リストから Azure サブスクリプションを選択します。Select an Azure subscription from the drop-down list.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、リソース グループ名として「my-resource-group-123」と入力します。Select Create new and enter my-resource-group-123 for your resource group name. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique. 既に使用している場合は、別の名前を入力するか、[既存のものを使用] を選択し、ドロップダウン リストから [my-resource-group-123] を選択できます。If it is already in use, you may enter a different name or you can select Use existing and select my-resource-group-123 from the drop-down list.
    リソース グループについて詳しくは、「Azure Resource Manager の概要」をご覧ください。For information about resource groups, see Azure Resource Manager overview.
    仮想ネットワークの構成Configure virtual networks 既定値を使用します。Use the default value.
  5. ストレージ アカウントを作成後にダッシュボードに保存するには、[ダッシュボードにピン留め] をオンにします。Select Pin to dashboard to save the storage account to your dashboard after it is created.

  6. 作成を選択します。Select Create. ストレージ アカウントの作成は、完了までに数分かかる場合があります。Creating the storage account might take several minutes to finish.

ストレージ アカウントの Azure CDN を有効にするEnable Azure CDN for the storage account

ストレージ アカウントから直接、ストレージ アカウントの Azure CDN を有効にできます。You can enable Azure CDN for your storage account directly from your storage account. CDN エンドポイントの詳細な構成設定 (大きなファイル ダウンロードの最適化など) を指定する場合は、代わりに Azure CDN 拡張機能を使用して CDN プロファイルとエンドポイントを作成できます。If you want to specify advanced configuration settings for your CDN endpoint, such as large file download optimization, you can instead use the Azure CDN extension to create a CDN profile and endpoint.

  1. ダッシュボードでストレージ アカウントを選び、左側のウィンドウで [Azure CDN] を選びます。Select a storage account from the dashboard, then select Azure CDN from the left pane. [Azure CDN] ボタンがすぐに表示されない場合は、左側のウィンドウの [検索] ボックスに「CDN」と入力て検索します。If the Azure CDN button is not immediately visible, you can enter CDN in the Search box of the left pane to find it.

    [Azure CDN] ページが表示されます。The Azure CDN page appears.

    CDN エンドポイントを作成する

  2. 次の表で指定されている必要な情報を入力して、新しいエンドポイントを作成します。Create a new endpoint by entering the required information specified in the following table:

    SettingSetting Value
    [CDN プロファイル]CDN profile [新規作成] を選択し、プロファイル名を入力します (例: my-cdn-profile-123)。Select Create new and enter your profile name, for example, my-cdn-profile-123. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique.
    [価格レベル]Pricing tier ドロップダウンから [Standard Verizon] を選択します。Select Standard Verizon from the drop-down list.
    [CDN エンドポイント名]CDN endpoint name エンドポイントのホスト名を入力します (例: my-endpoint-123)。Enter your endpoint hostname, i.e. my-endpoint-123. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique. この名前は、ドメイン <エンドポイント名>.azureedge.net でキャッシュされたリソースにアクセスする際に使用します。This name is used to access your cached resources at the domain <endpoint name>.azureedge.net.
    配信元のホスト名Origin hostname 既定では、新しい CDN エンドポイントは、ストレージ アカウントのホスト名を配信元サーバーとして使います。By default, a new CDN endpoint uses the hostname of your storage account as the origin server.
  3. 作成を選択します。Select Create. 作成されたエンドポイントが、エンドポイントの一覧に表示されます。After the endpoint is created, it appears in the endpoint list.

    ストレージの新しい CDN エンドポイント

その他の CDN 機能を有効にするEnable additional CDN features

ストレージ アカウントの [Azure CDN] ページで、一覧から CDN エンドポイントを選んで、CDN エンドポイント構成ページを開きます。From the storage account Azure CDN page, select the CDN endpoint from the list to open the CDN endpoint configuration page. このページから、圧縮クエリ文字列キャッシュgeo フィルタリングなど、配信のその他の CDN 機能を有効にすることができます。From this page, you can enable additional CDN features for your delivery, such as compression, query string caching, and geo filtering.

ストレージの CDN エンドポイントの構成

SAS を有効にするEnable SAS

プライベート ストレージ コンテナーへの制限付きアクセス権限を付与するには、Azure ストレージ アカウントの Shared Access Signature (SAS) 機能を使用できます。If you want to grant limited access to private storage containers, you can use the Shared Access Signature (SAS) feature of your Azure storage account. SAS は、アカウント キーを公開することなく Azure Storage リソースへの制限付きアクセス権を付与する URI です。A SAS is a URI that grants restricted access rights to your Azure Storage resources without exposing your account key. 詳細については、「SAS を利用した Azure CDN の使用」を参照してください。For more information, see Using Azure CDN with SAS.

CDN コンテンツにアクセスするAccess CDN content

CDN にキャッシュされたコンテンツにアクセスするには、ポータルで提供される CDN URL を使用します。To access cached content on the CDN, use the CDN URL provided in the portal. キャッシュされた BLOB のアドレスの形式は次のようになります。The address for a cached blob has the following format:

http://<EndpointName>.azureedge.net/<myPublicContainer>/<BlobName>http://<EndpointName>.azureedge.net/<myPublicContainer>/<BlobName>

注意

ストレージ アカウントへの Azure CDN アクセスを有効にすると、パブリックにアクセスできるオブジェクトが CDN POP キャッシュの対象になります。After you enable Azure CDN access to a storage account, all publicly available objects are eligible for CDN POP caching. CDN で現在キャッシュされているオブジェクトを変更する場合、キャッシュされたコンテンツの有効期限が終了した後で Azure CDN がそのコンテンツを更新するまで、Azure CDN を通して新しいコンテンツを使うことはできません。If you modify an object that's currently cached in the CDN, the new content will not be available via Azure CDN until Azure CDN refreshes its content after the time-to-live period for the cached content expires.

Azure CDN からコンテンツを削除するRemove content from Azure CDN

Azure CDN にオブジェクトをキャッシュする必要がなくなった場合は、次のいずれかの手順を実行できます。If you no longer want to cache an object in Azure CDN, you can take one of the following steps:

  • コンテナーをパブリックではなくプライベートにします。Make the container private instead of public. 詳細については、「 コンテナーと BLOB への匿名読み取りアクセスを管理する」を参照してください。For more information, see Manage anonymous read access to containers and blobs.
  • Azure Portal を使って、CDN エンドポイントを無効にするか削除します。Disable or delete the CDN endpoint by using the Azure portal.
  • オブジェクトの要求に応答しなくなるように、ホストされるサービスを変更します。Modify your hosted service to no longer respond to requests for the object.

Azure CDN に既にキャッシュされているオブジェクトは、オブジェクトの有効期限が切れるまで、またはエンドポイントが消去されるまで、キャッシュに残ったままとなります。An object that's already cached in Azure CDN remains cached until the time-to-live period for the object expires or until the endpoint is purged. 有効期限が切れると、Azure CDN は、CDN エンドポイントがまだ有効で、オブジェクトがまだ匿名アクセス可能かどうかを確認します。When the time-to-live period expires, Azure CDN determines whether the CDN endpoint is still valid and the object is still anonymously accessible. そうではない場合、オブジェクトはキャッシュされなくなります。If they are not, the object will no longer be cached.

リソースのクリーンアップClean up resources

前の手順では、リソース グループ内に CDN プロファイルとエンドポイントを作成しました。In the preceding steps, you created a CDN profile and an endpoint in a resource group. 次の手順に進んでエンドポイントにカスタム ドメインを追加する方法について学習するには、これらのリソースを保存してください。Save these resources if you want to go to Next steps and learn how to add a custom domain to your endpoint. ただし、将来これらのリソースを使用する予定がない場合は、次の手順に従ってリソース グループを削除してリソースを削除することで、追加の料金が発生するのを避けることができます。However, if you don't expect to use these resources in the future, you can delete them by deleting the resource group, thus avoiding additional charges:

  1. Azure Portal の左側のメニューで、[リソース グループ][my-resource-group-123] の順に選択します。From the left-hand menu in the Azure portal, select Resource groups and then select my-resource-group-123.

  2. [リソース グループ] ページで、[リソース グループの削除] を選択し、テキスト ボックスに「my-resource-group-123」と入力し、[削除] を選択します。On the Resource group page, select Delete resource group, enter my-resource-group-123 in the text box, then select Delete.

    このアクションにより、このクイック スタートで作成したリソース グループ、プロファイル、およびエンドポイントが削除されます。This action will delete the resource group, profile, and endpoint that you created in this quickstart.

  3. ストレージ アカウントを削除するには、ダッシュボードからそのアカウントを選択し、上部のメニューから [削除] を選択します。To delete your storage account, select it from the dashboard, then select Delete from the top menu.

次の手順Next steps

カスタム ドメインの追加および CDN エンドポイントでの HTTPS の有効化の詳細については、次のチュートリアルを参照してください。To learn about adding a custom domain and enable HTTPS on your CDN endpoint, see the following tutorial: