タスク シーケンス変数Task sequence variables

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

この記事では、使用できるすべての変数をアルファベット順で示します。This article is a reference for all of the available variables in alphabetical order. 特定の変数を探すには、ブラウザーの 検索 機能 (通常は Ctrl + F ) を使用してください。Use the browser Find function (typically CTRL + F ) to find a specific variable. 変数では、特定のステップに固有かどうかが示されています。The variable notes if it's specific to particular step. タスク シーケンスのステップに関する記事には、各ステップに固有の変数の一覧が含まれます。The article on task sequence steps includes the list of variables specific to each step.

詳しくは、タスク シーケンス変数の使用に関するページをご覧ください。For more information, see Using task sequence variables.

タスク シーケンス変数リファレンスTask sequence variable reference

_OSDDetectedWinDir_OSDDetectedWinDir

Windows PE の起動時に、タスク シーケンスでコンピューターのハード ドライブの以前のオペレーティング システムのインストールがスキャンされます。The task sequence scans the computer's hard drives for a previous operating system installation when Windows PE starts. Windows フォルダーの場所は、この変数に格納されます。The Windows folder location is stored in this variable. タスク シーケンスを構成して、環境からこの値を取得して使用し、新しいオペレーティング システムのインストールに使用する同じ Windows フォルダーの場所を指定できます。You can configure your task sequence to retrieve this value from the environment and use it to specify the same Windows folder location to use for the new operating system installation.

_OSDDetectedWinDrive_OSDDetectedWinDrive

Windows PE の起動時に、タスク シーケンスでコンピューターのハード ドライブの以前のオペレーティング システムのインストールがスキャンされます。The task sequence scans the computer's hard drives for a previous operating system installation when Windows PE starts. オペレーティング システムがインストールされるハード ドライブの場所は、この変数に格納されます。The hard drive location for where the operating system is installed is stored in this variable. タスク シーケンスを構成して、環境からこの値を取得して使用し、新しいオペレーティング システムに使用する同じハード ドライブの場所を指定できます。You can configure your task sequence to retrieve this value from the environment and use it to specify the same hard drive location to use for the new operating system.

_OSDMigrateUsmtPackageID_OSDMigrateUsmtPackageID

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

USMT ファイルを含む Configuration Manager パッケージのパッケージ ID を指定します。Specifies the package ID of the Configuration Manager package that contains the USMT files. この変数は必須です。This variable is required.

_OSDMigrateUsmtRestorePackageID_OSDMigrateUsmtRestorePackageID

ユーザー状態の復元ステップに適用されます。Applies to the Restore User State step.

(入力)(input)

USMT ファイルを含む Configuration Manager パッケージのパッケージ ID を指定します。Specifies the package ID of the Configuration Manager package that contains the USMT files. この変数は必須です。This variable is required.

_SMSTSAdvertID_SMSTSAdvertID

現在実行中のタスク シーケンスの一意の ID を格納します。Stores the current running task sequence deployment unique ID. Configuration Manager のソフトウェア配布展開 ID と同じフォーマットを使用します。It uses the same format as a Configuration Manager software distribution deployment ID. タスク シーケンスがスタンドアロン メディアから実行されている場合は、この変数は未定義になります。If the task sequence is running from stand-alone media, this variable is undefined.

Example

ABC20001

_SMSTSAssetTag_SMSTSAssetTag

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターの資産タグを指定します。Specifies the asset tag for the computer.

_SMSTSBootImageID_SMSTSBootImageID

現在実行中のタスク シーケンスでブート イメージ パッケージを参照する場合は、この変数でブート イメージ パッケージ ID が格納されます。If the current running task sequence references a boot image package, this variable stores the boot image package ID. タスク シーケンスでブート イメージ パッケージを参照しない場合、この変数は設定されません。If the task sequence doesn't reference a boot image package, this variable isn't set.

Example

ABC00001

_SMSTSBootUEFI_SMSTSBootUEFI

タスク シーケンスは、UEFI モードのコンピューターを検出すると、この変数を設定します。The task sequence sets this variable when it detects a computer that's in UEFI mode.

_SMSTSClientCache_SMSTSClientCache

タスク シーケンスでは、コンテンツをローカル ドライブにキャッシュするときに、この変数が設定されます。The task sequence sets this variable when it caches content on the local drive. 変数にはキャッシュへのパスが含まれています。The variable contains the path to the cache. この変数が存在しない場合、キャッシュはありません。If this variable doesn't exist, then there's no cache.

_SMSTSClientGUID_SMSTSClientGUID

Configuration Manager クライアント GUID の値を格納します。Stores the value of Configuration Manager client GUID. タスク シーケンスがスタンドアロン メディアから実行されている場合、この変数は設定されません。If the task sequence is running from standalone media, this variable isn't set.

Example

0a1a9a4b-fc56-44f6-b7cd-c3f8ee37c04c

_SMSTSCurrentActionName_SMSTSCurrentActionName

現在実行中のタスク シーケンス ステップの名前です。Specifies the name of the currently running task sequence step. この変数は、タスク シーケンス マネージャーが個々のステップを実行する前に設定されます。This variable is set before the task sequence manager runs each individual step.

Example

run command line

_SMSTSDefaultGateways_SMSTSDefaultGateways

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターで使用される既定のゲートウェイを指定します。Specifies the default gateways used by the computer.

_SMSTSDownloadOnDemand_SMSTSDownloadOnDemand

現在のタスク シーケンスがオン デマンド ダウンロード モードで実行されている場合、この変数は true です。If the current task sequence is running in download-on-demand mode, this variable is true. オン デマンド ダウンロード モードでは、コンテンツへのアクセスが必要になった場合にのみ、タスク シーケンス マネージャーがコンテンツをローカルにダウンロードします。Download-on-demand mode means the task sequence manager downloads content locally only when it must access the content.

_SMSTSInWinPE_SMSTSInWinPE

現在のタスク シーケンス ステップが Windows PE で実行されている場合、この変数は true です。When the current task sequence step is running in Windows PE, this variable is true. このタスク シーケンス変数をテストして、現在の OS 環境を特定します。Test this task sequence variable to determine the current OS environment.

_SMSTSIPAddresses_SMSTSIPAddresses

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターで使用される IP アドレスを指定します。Specifies the IP addresses used by the computer.

_SMSTSLastActionName_SMSTSLastActionName

最後に実行された操作の名前を格納します。Stores the name of the last action that was run. この変数は _SMSTSLastActionRetCode に関連します。This variable relates to _SMSTSLastActionRetCode. タスク シーケンスで、これらの値が smsts.log ファイルに記録されます。The task sequence logs these values to the smsts.log file. この変数は、タスク シーケンスのトラブルシューティングを行うときに役立ちます。This variable is beneficial when troubleshooting a task sequence. ステップが失敗した場合、カスタム スクリプトにリターン コードと共にステップ名を含めることができます。When a step fails, a custom script can include the step name along with the return code.

_SMSTSLastActionRetCode_SMSTSLastActionRetCode

最後に実行されたアクションからのリターン コードを格納します。Stores the return code from the last action that was run. この変数は、次の手順が実行されるかどうかを決定するための条件として使用できます。This variable can be used as a condition to determine if the next step is run.

Example

0

_SMSTSLastActionSucceeded_SMSTSLastActionSucceeded

  • 最後のステップが成功した場合、この変数は true です。If the last step succeeded, this variable is true.

  • 最後のステップが失敗した場合は false です。If the last step failed, it's false.

  • ステップが無効になっているか、関連する条件が false に評価されたためにタスク シーケンスで最後のアクションがスキップされた場合、この変数はリセットされません。If the task sequence skipped the last action, because the step is disabled or the associated condition evaluated to false , this variable isn't reset. 引き続き、前のアクションの値が保持されます。It still holds the value for the previous action.

_SMSTSLastContentDownloadLocation_SMSTSLastContentDownloadLocation

バージョン 1906 以降では、この変数には、タスク シーケンスがダウンロードされた、またはコンテンツのダウンロードが試行された最後の場所が含まれています。Starting in version 1906, this variable contains the last location where the task sequence downloaded or attempted to download content. このコンテンツの場所のクライアント ログを解析する代わりに、この変数を検査します。Inspect this variable instead of parsing the client logs for this content location.

_SMSTSLaunchMode_SMSTSLaunchMode

次のいずれかの方法でタスク シーケンスが開始したことを指定します。Specifies that the task sequence started via one of the following methods:

  • SMS :Configuration Manager クライアント (ユーザーがソフトウェア センターから開始した場合など)SMS : The Configuration Manager client, such as when a user starts it from Software Center
  • UFD :レガシ USB メディアUFD : Legacy USB media
  • UFD+FORMAT :新しい USB メディアUFD+FORMAT : Newer USB media
  • CD :起動可能な CDCD : A bootable CD
  • DVD :起動可能な DVDDVD : A bootable DVD
  • PXE :PXE によるネットワーク ブートPXE : Network boot with PXE
  • HD :ハード ディスク上の事前設定されたメディアHD : Prestaged media on a hard disk

_SMSTSLogPath_SMSTSLogPath

ログ ディレクトリへの完全なパスを格納します。Stores the full path of the log directory. タスク シーケンスのステップがそのアクションをログに記録しているかどうかを確認するには、この値を使用します。Use this value to determine where the task sequence steps log their actions. ハード ドライブが利用できない場合、この値は設定されません。This value isn't set when a hard drive isn't available.

_SMSTSMacAddresses_SMSTSMacAddresses

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターで使用される MAC アドレスを指定します。Specifies the MAC addresses used by the computer.

_SMSTSMachineName_SMSTSMachineName

コンピューター名を格納します。Stores and specifies the computer name. タスク シーケンスですべてのステータス メッセージを記録するために使用するコンピューターの名前を格納します。Stores the name of the computer that the task sequence uses to log all status messages. 新しい OS で使用するコンピューター名を変更するには、OSDComputerName 変数を使用します。To change the computer name in the new OS, use the OSDComputerName variable.

_SMSTSMake_SMSTSMake

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターのメーカーを指定します。Specifies the make of the computer.

_SMSTSMDataPath_SMSTSMDataPath

SMSTSLocalDataDrive 変数で定義されているパスを指定します。Specifies the path defined by the SMSTSLocalDataDrive variable. このパスは、タスク シーケンスの実行中に一時ファイルを対象コンピューターに格納する場所を指定します。This path specifies where the task sequence stores temporary cache files on the destination computer while it's running. コレクション変数の設定などのように、タスク シーケンスが起動する前に SMSTSLocalDataDrive を定義すると、Configuration Manager はそのタスク シーケンスが起動された後で _SMSTSMDataPath 値を定義します。When you define SMSTSLocalDataDrive before the task sequence starts, such as by setting a collection variable, Configuration Manager then defines the _SMSTSMDataPath variable once the task sequence starts.

_SMSTSMediaType_SMSTSMediaType

インストールを開始するために使用するメディアの種類を指定します。Specifies the type of media that's used to initiate the installation. メディアの種類の例としては、ブート メディア、フル メディア、PXE、事前設定されたメディアなどがあります。Examples of types of media are Boot Media, Full Media, PXE, and Prestaged Media.

_SMSTSModel_SMSTSModel

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターのモデルを指定します。Specifies the model of the computer.

_SMSTSMP_SMSTSMP

Configuration Manager の管理ポイントの URL または IP アドレスを格納します。Stores the URL or IP address of a Configuration Manager management point.

_SMSTSMPPort_SMSTSMPPort

Configuration Manager の管理ポイントのポート番号を格納します。Stores the port number of a Configuration Manager management point.

_SMSTSOrgName_SMSTSOrgName

タスク シーケンスの進行状況ダイアログに表示されるブランド タイトル名を格納します。Stores the branding title name that the task sequence displays in the progress dialog.

_SMSTSOSUpgradeActionReturnCode_SMSTSOSUpgradeActionReturnCode

オペレーティング システムのアップグレード ステップに適用されます。Applies to the Upgrade operating system step.

Windows セットアップで返される終了コード値 (成功または失敗を示す値) を格納します。Stores the exit code value that Windows Setup returns to indicate success or failure. この変数は、/Compat コマンド ライン オプションで使用すると便利です。This variable is useful with the /Compat command-line option.

Example

コンパクトのみのスキャンが完了すると、終了コードが失敗か成功かに応じて、以降のステップのアクションが実行されます。On the completion of a compat-only scan, take action in later steps depending on the failure or success exit code. 成功の場合は、アップグレードを開始します。On success, initiate the upgrade. または、ハードウェア インベントリで収集するためのマーカーを環境に設定します。Or set a marker in the environment to collect with hardware inventory. たとえば、ファイルを追加したり、レジストリ キーを設定したりします。For example, add a file or set a registry key. このマーカーを使用して、アップグレードの準備ができているコンピューターや、アップグレード前にアクションが必要なコンピューターのコレクションを作成します。Use this marker to create a collection of computers that are ready to upgrade, or that require action before upgrade.

_SMSTSPackageID_SMSTSPackageID

現在実行中のタスク シーケンス ID を格納します。Stores the current running task sequence ID. この ID では Configuration Manager のパッケージ ID と同じ形式が使用されます。This ID uses the same format as a Configuration Manager package ID.

Example

HJT00001

_SMSTSPackageName_SMSTSPackageName

現在実行中のタスク シーケンスの名前を格納します。Stores the current running task sequence name. Configuration Manager の管理者が、タスク シーケンスを作成するときに、この名前を指定します。A Configuration Manager administrator specifies this name when creating the task sequence.

Example

Deploy Windows 10 task sequence

_SMSTSRunFromDP_SMSTSRunFromDP

現在のタスク シーケンスが配布ポイントからの実行モードで実行されている場合、true に設定されます。Set to true if the current task sequence is running in run-from-distribution-point mode. このモードでは、タスク シーケンス マネージャーは、配布ポイントから必要なパッケージ共有を取得します。This mode means the task sequence manager obtains required package shares from distribution point.

_SMSTSSerialNumber_SMSTSSerialNumber

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターのシリアル番号を指定します。Specifies the serial number of the computer.

_SMSTSSetupRollback_SMSTSSetupRollback

Windows セットアップが、インプレース アップグレードの間にロールバック操作を実行したかどうかを指定します。Specifies whether Windows Setup performed a rollback operation during an in-place upgrade. 変数の値は true または false です。The variable values can be true or false.

_SMSTSSiteCode_SMSTSSiteCode

Configuration Manager サイトのサイト コードを格納します。Stores the site code of the Configuration Manager site.

Example

ABC

_SMSTSTimezone_SMSTSTimezone

この変数は、次の形式でタイム ゾーン情報を格納します。This variable stores the time zone information in the following format:

Bias,StandardBias,DaylightBias,StandardDate.wYear,wMonth,wDayOfWeek,wDay,wHour,wMinute,wSecond,wMilliseconds,DaylightDate.wYear,wMonth,wDayOfWeek,wDay,wHour,wMinute,wSecond,wMilliseconds,StandardName,DaylightName

Example

タイム ゾーンが 東部標準時 (米国およびカナダ) の場合:For the time zone Eastern Time (US and Canada) :

300,0,-60,0,11,0,1,2,0,0,0,0,3,0,2,2,0,0,0,Eastern Standard Time,Eastern Daylight Time

_SMSTSType_SMSTSType

現在実行中のタスク シーケンスの種類です。Specifies the type of the current running task sequence. 次のいずれかの値になります。It can have one of the following values:

  • 1 :一般タスク シーケンス1 : A generic task sequence
  • 2 :OS 展開のタスク シーケンス2 : An OS deployment task sequence

_SMSTSUseCRL_SMSTSUseCRL

タスク シーケンスで管理ポイントとの通信に HTTPS を使用する場合、この変数は証明書失効リスト (CRL) を使用するかどうかを指定します。When the task sequence uses HTTPS to communicate with the management point, this variable specifies whether it uses the certificate revocation list (CRL).

_SMSTSUserStarted_SMSTSUserStarted

ユーザーがタスク シーケンスを開始したかどうかを指定します。Specifies whether a user started the task sequence. この変数は、タスク シーケンスがソフトウェア センターから開始された場合にのみ設定されます。This variable is set only if the task sequence is started from Software Center. たとえば、_SMSTSLaunchModeSMS に設定されている場合などです。For example, if _SMSTSLaunchMode is set to SMS.

この変数は次の値のいずれかを取ります。This variable can have the following values:

  • true: タスク シーケンスがユーザーによってソフトウェア センターから手動で開始されたことを示します。true: Specifies that the task sequence is manually started by a user from Software Center.

  • false: タスク シーケンスが Configuration Manager スケジューラによって自動的に開始されたことを示します。false: Specifies that the task sequence is initiated automatically by the Configuration Manager scheduler.

_SMSTSUseSSL_SMSTSUseSSL

タスク シーケンスが Configuration Manager 管理ポイントとの通信に SSL を使用するかどうかを表します。Specifies whether the task sequence uses SSL to communicate with the Configuration Manager management point. HTTPS 用にサイト システムを構成する場合、値を true に設定します。If you configure your site systems for HTTPS, the value is set to true.

_SMSTSUUID_SMSTSUUID

動的変数の設定ステップに適用されます。Applies to the Set Dynamic Variables step.

コンピューターの UUID を指定します。Specifies the UUID of the computer.

_SMSTSWTG_SMSTSWTG

コンピューターが Windows To Go デバイスとして動作しているかどうかを指定します。Specifies if the computer is running as a Windows To Go device.

_TS_CRMEMORY_TS_CRMEMORY

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

最小メモリ (MB) チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Minimum memory (MB) check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRSPEED_TS_CRSPEED

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

プロセッサの最小速度 (MHz) チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Minimum processor speed (MHz) check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRDISK_TS_CRDISK

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

最小ディスク空き容量 (MB) チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Minimum free disk space (MB) check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CROSTYPE_TS_CROSTYPE

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

現在の OS の更新 チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Current OS to be refreshed is check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRARCH_TS_CRARCH

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

現在の OS のアーキテクチャ チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Architecture of current OS check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRMINOSVER_TS_CRMINOSVER

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

最小 OS バージョン チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Minimum OS version check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRMAXOSVER_TS_CRMAXOSVER

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

最大 OS バージョン チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Maximum OS version check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRCLIENTMINVER_TS_CRCLIENTMINVER

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

最小クライアント バージョン チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Minimum client version check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CROSLANGUAGE_TS_CROSLANGUAGE

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

現在の OS の言語 チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Language of current OS check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRACPOWER_TS_CRACPOWER

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

AC 電源の接続 チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the AC power plugged in check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRNETWORK_TS_CRNETWORK

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

接続されているネットワーク アダプター チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Network adapter connected check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRUEFI_TS_CRUEFI

バージョン 2006 以降Starting in version 2006 準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

[コンピューターが UEFI モードになっている] によって BIOS (0) または UEFI (1) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Computer is in UEFI mode returned BIOS (0) or UEFI (1). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TS_CRWIRED_TS_CRWIRED

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
準備の確認ステップに適用されます。Applies to the Check Readiness step.

ネットワーク アダプターがワイヤレスではない チェックで true (1) または false (0) が返されたかどうかに関する読み取り専用の変数です。A read-only variable for whether the Network adapter is not wireless check returned true (1) or false (0). チェックを有効にしない場合、読み取り専用変数の値は空白になります。If you don't enable the check, the value of this read-only variable is blank.

_TSAppInstallStatus_TSAppInstallStatus

タスク シーケンスで、アプリケーションのインストール ステップでのアプリケーションのインストール状態がこの変数に設定されます。The task sequence sets this variable with the installation status for the application during the Install Application step. 次のいずれかの値に設定されます。It sets one of the following values:

  • Undefined : アプリケーションのインストール ステップは実行されていません。Undefined : The Install Application step hasn't run.

  • エラー : [アプリケーションのインストール] ステップで、エラーのために少なくとも 1 つのアプリケーションが失敗しました。Error : At least one application failed because of an error during the Install Application step.

  • 警告 : アプリケーションのインストール ステップでエラーは発生していません。Warning : No errors occurred during the Install Application step. 要件が満たされなかったため、1 つ以上のアプリケーション、または必要な依存関係がインストールされませんでした。One or more applications, or a required dependency, didn't install because a requirement wasn't met.

  • 成功 : [アプリケーションのインストール] ステップで、エラーや警告は検出されていません。Success : There are no errors or warnings detected during the Install Application step.

_TSSecureBoot_TSSecureBoot

バージョン 2002 以降Starting in version 2002

UEFI 対応デバイスでセキュア ブートの状態を確認するには、この変数を使用します。Use this variable to determine the state of secure boot on a UEFI-enabled device. この変数は次のいずれかの値になります。The variable can have one of the following values:

  • NA: 関連付けられているレジストリ値が存在しません。これは、デバイスでセキュア ブートがサポートされていないことを意味します。NA: The associated registry value doesn't exist, which means the device doesn't support secure boot.
  • Enabled: デバイスでセキュア ブートが有効になっています。Enabled: The device has secure boot enabled.
  • Disabled: デバイスでセキュア ブートが無効になっています。Disabled: The device has secure boot disabled.

OSDAdapterOSDAdapter

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

このタスク シーケンス変数は、" 配列 " 変数です。This task sequence variable is an array variable. 配列内の各要素は、コンピューター上の単一ネットワーク アダプターの設定を表します。Each element in the array represents the settings for a single network adapter on the computer. 各アダプターの設定にアクセスするには、配列変数名にゼロから始まるネットワーク アダプター インデックスとプロパティ名を組み合わせます。Access the settings for each adapter by combining the array variable name with the zero-based network adapter index and the property name.

ネットワーク設定の適用ステップで複数のネットワーク アダプターを構成する場合、変数名のインデックス 1 を使用して、" 2 番目 " のネットワーク アダプターのプロパティが定義されます。If the Apply Network Settings step configures multiple network adapters, it defines the properties for the second network adapter by using the index 1 in the variable name. 次に例を示します。OSDAdapter1EnableDHCP、OSDAdapter1IPAddressList、OSDAdapter1DNSDomain。For example: OSDAdapter1EnableDHCP, OSDAdapter1IPAddressList, and OSDAdapter1DNSDomain.

次の変数名を使用して、ステップで構成する " 1 番目 " のネットワーク アダプターのプロパティを定義します。Use the following variable names to define the properties of the first network adapter for the step to configure:

OSDAdapter0EnableDHCPOSDAdapter0EnableDHCP

この設定は必須です。This setting is required. 指定できる値は True または False です。Possible values are True or False. 次に例を示します。For example:

true: アダプターの動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を有効にします。true: enable Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) for the adapter

OSDAdapter0IPAddressListOSDAdapter0IPAddressList

アダプターの IP アドレスを示すコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of IP addresses for the adapter. このプロパティは EnableDHCPfalseに設定されている場合を除き、無視されます。This property is ignored unless EnableDHCP is set to false. この設定は必須です。This setting is required.

OSDAdapter0SubnetMaskOSDAdapter0SubnetMask

サブネット マスクのコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of subnet masks. このプロパティは EnableDHCPfalseに設定されている場合を除き、無視されます。This property is ignored unless EnableDHCP is set to false. この設定は必須です。This setting is required.

OSDAdapter0GatewaysOSDAdapter0Gateways

IP ゲートウェイ アドレスのコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of IP gateway addresses. このプロパティは EnableDHCPfalseに設定されている場合を除き、無視されます。This property is ignored unless EnableDHCP is set to false. この設定は必須です。This setting is required.

OSDAdapter0DNSDomainOSDAdapter0DNSDomain

アダプターのドメイン ネーム システム (DNS) ドメイン。Domain Name System (DNS) domain for the adapter.

OSDAdapter0DNSServerListOSDAdapter0DNSServerList

アダプターの DNS サーバーを示すコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of DNS servers for the adapter. この設定は必須です。This setting is required.

OSDAdapter0EnableDNSRegistrationOSDAdapter0EnableDNSRegistration

DNS でアダプターの IP アドレスを登録するには、true に設定します。Set to true to register the IP address for the adapter in DNS.

OSDAdapter0EnableFullDNSRegistrationOSDAdapter0EnableFullDNSRegistration

アダプターの IP アドレスを コンピューターのフル DNS 名で DNS に登録するには、true に設定します。Set to true to register the IP address for the adapter in DNS under the full DNS name for the computer.

OSDAdapter0EnableIPProtocolFilteringOSDAdapter0EnableIPProtocolFiltering

アダプターで IP プロトコルのフィルター処理を有効にするには、true に設定します。Set to true to enable IP protocol filtering on the adapter.

OSDAdapter0IPProtocolFilterListOSDAdapter0IPProtocolFilterList

IP での実行を許可されたプロトコルのコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of protocols allowed to run over IP. このプロパティは、 EnableIPProtocolFilteringfalseに設定されている場合、無視されます。This property is ignored if EnableIPProtocolFiltering is set to false.

OSDAdapter0EnableTCPFilteringOSDAdapter0EnableTCPFiltering

アダプターの TCP ポート フィルター処理を有効にするには、true に設定します。Set to true to enable TCP port filtering for the adapter.

OSDAdapter0TCPFilterPortListOSDAdapter0TCPFilterPortList

TCP へのアクセス許可を付与するポートのコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of ports to be granted access permissions for TCP. このプロパティは、 EnableTCPFilteringfalseに設定されている場合、無視されます。This property is ignored if EnableTCPFiltering is set to false.

OSDAdapter0TcpipNetbiosOptionsOSDAdapter0TcpipNetbiosOptions

NetBIOS over TCP/IP のオプションです。Options for NetBIOS over TCP/IP. 使用できる値は次のとおりです。Possible values are as follows:

  • 0: DHCP サーバーから NetBIOS 設定を使用します0: Use NetBIOS settings from DHCP server
  • 1: NetBIOS over TCP/IP を有効にします1: Enable NetBIOS over TCP/IP
  • 2: NetBIOS over TCP/IP を無効にします2: Disable NetBIOS over TCP/IP

OSDAdapter0EnableWINSOSDAdapter0EnableWINS

名前解決に WINS を使用するには、true に設定します。Set to true to use WINS for name resolution.

OSDAdapter0WINSServerListOSDAdapter0WINSServerList

WINS サーバー IP アドレスのコンマ区切りの一覧。Comma-delimited list of WINS server IP addresses. このプロパティは、 EnableWINStrueに設定されている場合を除き、無視されます。This property is ignored unless EnableWINS is set to true.

OSDAdapter0MacAddressOSDAdapter0MacAddress

設定を物理ネットワーク アダプターに合わせるために使用する MAC アドレス。MAC address used to match settings to the physical network adapter.

OSDAdapter0NameOSDAdapter0Name

ネットワーク接続のコントロール パネル プログラムに表示されるネットワーク接続の名前。The name of the network connection as it appears in the network connections control panel program. 名前の長さは 0 ~ 255 文字の範囲です。The name is between 0 and 255 characters long.

OSDAdapter0IndexOSDAdapter0Index

設定の配列内にあるネットワーク アダプター設定のインデックス。Index of the network adapter settings in the array of settings.

Example

  • OSDAdapterCount = 1OSDAdapterCount = 1
  • OSDAdapter0EnableDHCP = FALSEOSDAdapter0EnableDHCP = FALSE
  • OSDAdapter0IPAddressList = 192.168.0.40OSDAdapter0IPAddressList = 192.168.0.40
  • OSDAdapter0SubnetMask = 255.255.255.0OSDAdapter0SubnetMask = 255.255.255.0
  • OSDAdapter0Gateways = 192.168.0.1OSDAdapter0Gateways = 192.168.0.1
  • OSDAdapter0DNSSuffix = contoso.comOSDAdapter0DNSSuffix = contoso.com

OSDAdapterCountOSDAdapterCount

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象のコンピューターにインストールされているネットワーク アダプターの数を指定します。Specifies the number of network adapters installed on the destination computer. OSDAdapterCount の値を設定するときは、各アダプターのすべての構成オプションも設定します。When you set the OSDAdapterCount value, also set all the configuration options for each adapter.

たとえば、1 番目のアダプターの OSDAdapter0TCPIPNetbiosOptions の値を設定する場合は、そのアダプターのすべての値を構成する必要があります。For example, if you set the OSDAdapter0TCPIPNetbiosOptions value for the first adapter, then you must configure all the values for that adapter.

この値を指定しないと、タスク シーケンスは OSDAdapter のすべての値を無視します。If you don't specify this value, the task sequence ignores all OSDAdapter values.

OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueIDOSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID

ドライバー パッケージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Driver Package step.

(入力)(input)

ドライバー パッケージからインストールする大容量記憶装置デバイス ドライバーのコンテンツ ID を指定します。Specifies the content ID of the mass storage device driver to install from the driver package. この変数を指定しない場合、大容量記憶装置ドライバーはインストールされません。If this variable isn't specified, no mass storage driver is installed.

OSDApplyDriverBootCriticalHardwareComponentOSDApplyDriverBootCriticalHardwareComponent

ドライバー パッケージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Driver Package step.

(入力)(input)

大容量記憶装置デバイス ドライバーをインストールするかどうかを指定します。この変数は scsi にする必要があります。Specifies whether a mass storage device driver is installed, this variable must be scsi.

OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID が設定されている場合、この変数は必須です。If OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID is set, this variable is required.

OSDApplyDriverBootCriticalIDOSDApplyDriverBootCriticalID

ドライバー パッケージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Driver Package step.

(入力)(input)

インストールする大容量記憶装置デバイス ドライバーの起動に必要な ID を指定します。Specifies the boot critical ID of the mass storage device driver to install. この ID は、デバイス ドライバーの txtsetup.oem ファイルの scsi セクションに一覧表示されます。This ID is listed in the scsi section of the device driver's txtsetup.oem file.

OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID が設定されている場合、この変数は必須です。If OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID is set, this variable is required.

OSDApplyDriverBootCriticalINFFileOSDApplyDriverBootCriticalINFFile

ドライバー パッケージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Driver Package step.

(入力)(input)

インストールする大容量記憶装置ドライバーの INF ファイルを指定します。Specifies the INF file of the mass storage driver to install.

OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID が設定されている場合、この変数は必須です。If OSDApplyDriverBootCriticalContentUniqueID is set, this variable is required.

OSDAutoApplyDriverBestMatchOSDAutoApplyDriverBestMatch

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

(入力)(input)

ハードウェア デバイスと互換性のある複数のデバイス ドライバーがドライバー カタログにある場合は、この変数でステップのアクションが決定します。If there are multiple device drivers in the driver catalog that are compatible with a hardware device, this variable determines the step's action.

有効な値Valid values

  • true (既定):最適なデバイス ドライバーのみをインストールします。true (default): Only install the best device driver

  • false: 互換性のあるすべてのデバイス ドライバーをインストールし、Windows で使用に最適なドライバーが選択されます。false: Installs all compatible device drivers, and Windows chooses the best driver to use

OSDAutoApplyDriverCategoryListOSDAutoApplyDriverCategoryList

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

(入力)(input)

ドライバー カタログ カテゴリの一意の ID を記載するカンマ区切りの一覧です。A comma-delimited list of the driver catalog category unique IDs. [ドライバーの自動適用] ステップでは、指定されたカテゴリの少なくとも 1 つのドライバーのみが考慮されます。The Auto Apply Driver step only considers the drivers in at least one of the specified categories. この値は省略可能であり、既定では設定されていません。This value is optional, and it's not set by default. 利用可能なカテゴリ ID は、サイトの SMS_CategoryInstance オブジェクトの一覧を列挙して取得します。Obtain the available category IDs by enumerating the list of SMS_CategoryInstance objects on the site.

OSDBitLockerPINOSDBitLockerPIN

BitLocker の有効化ステップに適用されます。Applies to the Enable BitLocker step.

BitLocker 暗号化の PIN を指定します。Specify the PIN for BitLocker encryption. この変数は、BitLocker モードが [TPM および PIN] になっている場合にのみ有効です。This variable is only valid if the BitLocker mode is TPM and PIN.

OSDBitLockerRebootCountOSDBitLockerRebootCount

BitLocker の無効化ステップに適用されます。Applies to the Disable BitLocker step.

バージョン 1906 以降では、この変数を使用して、保護が再開されるまでの再起動回数を設定します。Starting in version 1906, use this variable to set the number of restarts after which to resume protection.

有効な値Valid values

1 から 15 までの整数。An integer from 1 to 15.

OSDBitLockerRebootCountOverrideOSDBitLockerRebootCountOverride

BitLocker の無効化ステップに適用されます。Applies to the Disable BitLocker step.

バージョン 1906 以降では、ステップまたは OSDBitLockerRebootCount 変数によって設定されたカウントがオーバーライドされるようにこの値を設定します。Starting in version 1906, set this value to override the count set by the step or the OSDBitLockerRebootCount variable. 他のメソッドでは 1 から 15 の値のみが受け入れられますが、この変数を 0 に設定すると、BitLocker は無期限に無効のままになります。While the other methods only accept values 1 to 15, if you set this variable to 0, BitLocker remains disabled indefinitely. この変数は、タスク シーケンスでは 1 つの値が設定されるが、デバイスごとまたはコレクションごとに個別の値を設定したい場合に役立ちます。This variable is useful when the task sequence sets one value, but you want to set a separate value on a per-device or per-collection basis.

有効な値Valid values

0 から 15 までの整数。An integer from 0 to 15.

OSDBitLockerRecoveryPasswordOSDBitLockerRecoveryPassword

BitLocker の有効化ステップに適用されます。Applies to the Enable BitLocker step.

(入力)(input)

BitLocker の有効化 ステップは、ランダムな回復パスワードを生成する代わりに、指定された値を回復パスワードとして使用します。Instead of generating a random recovery password, the Enable BitLocker step uses the specified value as the recovery password. 有効な数値の BitLocker 回復パスワードを指定する必要があります。The value must be a valid numerical BitLocker recovery password.

OSDBitLockerStartupKeyOSDBitLockerStartupKey

BitLocker の有効化ステップに適用されます。Applies to the Enable BitLocker step.

(入力)(input)

[BitLocker の有効化] ステップでは、キー管理オプション [USB 上のスタートアップ キーのみ] のランダムなスタートアップ キーを生成する代わりに、信頼されたプラットフォーム モジュール (TPM) をスタートアップ キーとして使用します。Instead of generating a random startup key for the key management option Startup Key on USB only, the Enable BitLocker step uses the Trusted Platform Module (TPM) as the startup key. 有効な 256 ビット の Base64 エンコードされた BitLocker スタートアップ キーを指定する必要があります。The value must be a valid, 256-bit Base64-encoded BitLocker startup key.

OSDCaptureAccountOSDCaptureAccount

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

キャプチャしたイメージをネットワーク共有 (OSDCaptureDestination) に格納するためのアクセス許可を持つ Windows アカウント名を指定します。Specifies a Windows account name that has permissions to store the captured image on a network share (OSDCaptureDestination). OSDCaptureAccountPassword も指定します。Also specify the OSDCaptureAccountPassword.

OS イメージ キャプチャのアカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the capture OS image account, see Accounts.

OSDCaptureAccountPasswordOSDCaptureAccountPassword

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

キャプチャしたイメージをネットワーク共有 (OSDCaptureDestination) に格納するのに使用される Windows アカウント (OSDCaptureAccount) のパスワードを指定します。Specifies the password for the Windows account (OSDCaptureAccount) used to store the captured image on a network share (OSDCaptureDestination).

OSDCaptureDestinationOSDCaptureDestination

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

タスク シーケンスがキャプチャされた OS イメージを保存する場所を指定します。Specifies the location where the task sequence saves the captured OS image. ディレクトリ名の最大長は 255 文字です。The maximum directory name length is 255 characters. ネットワーク共有で認証が必要な場合は、OSDCaptureAccount 変数と OSDCaptureAccountPassword 変数を指定します。If the network share requires authentication, specify the OSDCaptureAccount and OSDCaptureAccountPassword variables.

OSDComputerName (入力)OSDComputerName (input)

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

対象のコンピューターの名前を指定します。Specifies the name of the destination computer.

Example

%_SMSTSMachineName% (既定)%_SMSTSMachineName% (default)

OSDComputerName (出力)OSDComputerName (output)

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

コンピューターの NetBIOS 名に設定します。Set to the NetBIOS name of the computer. この値は、OSDMigrateComputerName 変数が true に設定されている場合にのみ設定されます。The value is set only if the OSDMigrateComputerName variable is set to true.

OSDConfigFileNameOSDConfigFileName

オペレーティング システム イメージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply OS Image step.

(入力)(input)

OS の展開イメージ パッケージに関連付けられている OS の展開の応答ファイルの名前を指定します。Specifies the file name of the OS deployment answer file associated with the OS deployment image package.

OSDDataImageIndexOSDDataImageIndex

データ イメージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Data Image step.

(入力)(input)

対象のコンピューターに適用されるイメージのインデックス値を指定します。Specifies the index value of the image that's applied to the destination computer.

OSDDiskIndexOSDDiskIndex

ディスクのフォーマットとパーティション作成ステップに適用されます。Applies to the Format and Partition Disk step.

(入力)(input)

パーティションを作成する物理ディスク番号を指定します。Specifies the physical disk number to be partitioned.

OSDDNSDomainOSDDNSDomain

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象のコンピューターによって使用されるプライマリ DNS サーバーを指定します。Specifies the primary DNS server that the destination computer uses.

OSDDNSSuffixSearchOrderOSDDNSSuffixSearchOrder

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象のコンピューターの DNS 検索順序を指定します。Specifies the DNS search order for the destination computer.

OSDDomainNameOSDDomainName

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象コンピューターを参加させる Active Directory ドメインの名前を指定します。Specifies the name of the Active Directory domain that the destination computer joins. 指定する値は Active Directory ドメイン サービスの有効なドメイン名でなければなりません。The specified value must be a valid Active Directory Domain Services domain name.

OSDDomainOUNameOSDDomainOUName

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象コンピューターを参加させる組織単位 (OU) の RFC 1779 形式の名前を指定します。Specifies the RFC 1779 format name of the organizational unit (OU) that the destination computer joins. 指定する場合の値は、完全なパスを含む必要があります。If specified, the value must contain the full path.

Example

LDAP://OU=MyOu,DC=MyDom,DC=MyCompany,DC=com

OSDDoNotLogCommandOSDDoNotLogCommand

パッケージのインストール ステップに適用されます。Applies to the Install Package step.

バージョン 1902 以降Starting in version 1902
コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

(入力)(input)

機密性が高い可能性のあるデータが表示または記録されないようにするには、この変数を TRUE に設定します。To prevent potentially sensitive data from being displayed or logged, set this variable to TRUE. この変数は、 パッケージのインストール ステップの間、 smsts.log のプログラム名をマスキングします。This variable masks the program name in the smsts.log during an Install Package step.

バージョン 1902 以降では、この変数を TRUE に設定すると、ログ ファイルの コマンド ラインの実行 ステップからのコマンド ラインも表示されなくなります。Starting in version 1902, when you set this variable to TRUE, it also hides the command line from the Run Command Line step in the log file.

OSDEnableTCPIPFilteringOSDEnableTCPIPFiltering

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

TCP/IP フィルタリングを有効にするかどうかを指定します。Specifies whether TCP/IP filtering is enabled.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDGPTBootDiskOSDGPTBootDisk

ディスクのフォーマットとパーティション作成ステップに適用されます。Applies to the Format and Partition Disk step.

(入力)(input)

GPT ハード ディスク上で EFI パーティションを作成するかどうかを指定します。Specifies whether to create an EFI partition on a GPT hard disk. EFI ベースのコンピューターでは、スタートアップ ディスクとしてこのパーティションを使用します。EFI-based computers use this partition as the startup disk.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDImageCreatorOSDImageCreator

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

イメージを作成したユーザーのオプションの名前。An optional name of the user who created the image. この名前は WIM ファイルに保存されます。This name is stored in the WIM file. ユーザー名の最大長は 255 文字です。The maximum length of the user name is 255 characters.

OSDImageDescriptionOSDImageDescription

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

キャプチャされた OS イメージの、オプションのユーザー定義の説明。An optional user-defined description of the captured OS image. この説明は WIM ファイルに保存されます。This description is stored in the WIM file. この説明の最大長は 255 文字です。The maximum length of the description is 255 characters.

OSDImageIndexOSDImageIndex

オペレーティング システム イメージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply OS Image step.

(入力)(input)

対象のコンピューターに適用される WIM イメージのイメージ インデックス値を指定します。Specifies the image index value of the WIM file that's applied to the destination computer.

OSDImageVersionOSDImageVersion

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

(入力)(input)

キャプチャした OS イメージに割り当てる、ユーザーが任意に定義したバージョン番号。An optional user-defined version number to assign to the captured OS image. このバージョン番号は WIM ファイルに保存されます。This version number is stored in the WIM file. この値は、英数字の任意の組み合わせにすることができ、最大長は 32 文字です。This value can be any combination of alphanumeric characters with a maximum length of 32.

OSDInstallDriversAdditionalOptionsOSDInstallDriversAdditionalOptions

ドライバー パッケージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Driver Package step.

(入力)(input)

ドライバー パッケージを適用するときに、DISM コマンドラインに追加する追加オプションを指定します。Specifies additional options to add to the DISM command line when applying a driver package. タスク シーケンスではコマンド ライン オプションは検証されません。The task sequence doesn't verify the command-line options.

この変数を使用するには、 ドライバー パッケージの適用 ステップで、 [再帰処理オプションを指定して DISM を実行し、ドライバー パッケージをインストール] の設定を有効にします。To use this variable, enable the setting, Install driver package via running DISM with recurse option , on the Apply Driver Package step.

詳しくは、「Windows 10 DISM Command-Line Options」(Windows 10 DISM のコマンド ライン オプション) をご覧ください。For more information, see Windows 10 DISM Command-Line Options.

OSDJoinAccountOSDJoinAccount

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

対象のコンピューターをドメインに追加するために使用するドメイン ユーザー アカウントを指定します。Specifies the domain user account that's used to add the destination computer to the domain. この変数はドメインに参加するときに必要になります。This variable is required when joining a domain.

タスク シーケンスのドメイン参加アカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the task sequence domain joining account, see Accounts.

OSDJoinDomainNameOSDJoinDomainName

ドメインまたはワークグループに参加ステップに適用されます。Applies to the Join Domain or Workgroup step.

(入力)(input)

対象コンピューターを参加させる Active Directory ドメインの名前を指定します。Specifies the name of an Active Directory domain the destination computer joins. ドメイン名の長さは 1 文字から 255 文字の範囲である必要があります。The length of the domain name must be between 1 and 255 characters.

OSDJoinDomainOUNameOSDJoinDomainOUName

ドメインまたはワークグループに参加ステップに適用されます。Applies to the Join Domain or Workgroup step.

(入力)(input)

対象コンピューターを参加させる組織単位 (OU) の RFC 1779 形式の名前を指定します。Specifies the RFC 1779 format name of the organizational unit (OU) that the destination computer joins. 指定する場合の値は、完全なパスを含む必要があります。If specified, the value must contain the full path. OU 名の長さは 0 文字から 32,767 文字の範囲である必要があります。The length of the OU name must be between 0 and 32,767 characters. OSDJoinType 変数が 1 (ワークグループに参加) に設定されている場合、この値は設定されません。This value isn't set if the OSDJoinType variable is set to 1 (join workgroup).

Example

LDAP://OU=MyOu,DC=MyDom,DC=MyCompany,DC=com

OSDJoinPasswordOSDJoinPassword

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

対象コンピューターが Active Directory ドメインに参加するために使用する OSDJoinAccount のパスワードを指定します。Specifies the password for the OSDJoinAccount that the destination computer uses to join the Active Directory domain. タスク シーケンス環境にこの変数が含まれていない場合、Windows セットアップでは空白のパスワードが試行されます。If the task sequence environment doesn't include this variable, then Windows Setup tries a blank password. OSDJoinType 変数が 0 (ドメインに参加) に設定されている場合は、この値が必要になります。If the variable OSDJoinType variable is set to 0 (join domain), this value is required.

OSDJoinSkipRebootOSDJoinSkipReboot

ドメインまたはワークグループに参加ステップに適用されます。Applies to the Join Domain or Workgroup step.

(入力)(input)

対象コンピューターがドメインまたはワークグループに参加した後、再起動をするかどうかを指定します。Specifies whether to skip restarting after the destination computer joins the domain or workgroup.

有効な値Valid values

  • true
  • false

OSDJoinTypeOSDJoinType

ドメインまたはワークグループに参加ステップに適用されます。Applies to the Join Domain or Workgroup step.

(入力)(input)

対象コンピューターを Windows ドメインに参加させるか、ワークグループに参加させるかを指定します。Specifies whether the destination computer joins a Windows domain or a workgroup.

有効な値Valid values

  • 0: 対象コンピューターを Windows ドメインに参加させます0: Join the destination computer to a Windows domain
  • 1: 対象コンピューターをワークグループに参加させます1: Join the destination computer to a workgroup

OSDJoinWorkgroupNameOSDJoinWorkgroupName

ドメインまたはワークグループに参加ステップに適用されます。Applies to the Join Domain or Workgroup step.

(入力)(input)

対象コンピューターを参加させるワークグループの名前を指定します。Specifies the name of a workgroup that the destination computer joins. ワークグループ名の長さは 1 ~ 32 文字の範囲であることが必要です。The length of the workgroup name must be between 1 and 32 characters.

OSDKeepActivationOSDKeepActivation

Windows のキャプチャの準備ステップに適用されます。Applies to the Prepare Windows for Capture step.

(入力)(input)

sysprep が製品のアクティブ化フラグを保持するかリセットするかを指定します。Specifies whether sysprep keeps or resets the product activation flag.

有効な値Valid values

  • true: アクティブ化フラグを保持しますtrue: keep the activation flag
  • false (既定): アクティブ化フラグをリセットしますfalse (default): reset the activation flag

OSDLocalAdminPasswordOSDLocalAdminPassword

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

ローカル管理者アカウントのパスワードを指定します。Specifies the local Administrator account password. [ローカルの管理者パスワードをランダムに生成し、サポートされているすべてのプラットフォームのアカウントを無効にする] オプションを有効にした場合は、ステップでこの変数が無視されます。If you enable the option to Randomly generate the local administrator password and disable the account on all supported platforms , then the step ignores this variable. 値は 1 ~ 255 文字の範囲で指定する必要があります。The specified value must be between 1 and 255 characters.

OSDLogPowerShellParametersOSDLogPowerShellParameters

バージョン 1902 以降Starting in version 1902
PowerShell スクリプトの実行ステップに適用されます。Applies to the Run PowerShell Script step.

(入力)(input)

機密データがログに記録される可能性を防止するため、 PowerShell スクリプトの実行 ステップではスクリプトのパラメーターが smsts.log ファイルに記録されません。To prevent potentially sensitive data from being logged, the Run PowerShell Script step doesn't log script parameters in the smsts.log file. スクリプトのパラメーターをタスク シーケンス ログに含めるには、この変数を TRUE に設定します。To include the script parameters in the task sequence log, set this variable to TRUE.

OSDMigrateAdapterSettingsOSDMigrateAdapterSettings

ネットワーク設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Network Settings step.

(入力)(input)

タスク シーケンスがネットワーク アダプターの情報をキャプチャするかどうかを指定します。Specifies whether the task sequence captures the network adapter information. この情報には、TCP/IP、DNS、WINS の構成設定が含まれます。This information includes configuration settings for TCP/IP, DNS, and WINS.

有効な値Valid values

  • true (既定)true (default)
  • false

OSDMigrateAdditionalCaptureOptionsOSDMigrateAdditionalCaptureOptions

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

タスク シーケンスでユーザー状態をキャプチャするために使用されるユーザー状態移行ツール (USMT) 用の追加のコマンド ライン オプションを指定します。Specify additional command-line options for the user state migration tool (USMT) that the task sequence uses to capture user state. ステップでは、タスク シーケンス エディターでこれらの設定が公開されません。The step doesn't expose these settings in the task sequence editor. タスク シーケンスで ScanState に対して自動生成された USMT コマンド ラインに付加される、文字列としてこれらのオプションを指定します。Specify these options as a string, which the task sequence appends to the automatically generated USMT command line for ScanState.

タスク シーケンスを実行するまで、このタスク シーケンス変数で指定される USMT オプションの正確性は検証されません。The USMT options specified with this task sequence variable aren't validated for accuracy prior to running the task sequence.

使用可能なオプションについて詳しくは、「ScanState Syntax」(ScanState の構文) をご覧ください。For more information on available options, see ScanState Syntax.

OSDMigrateAdditionalRestoreOptionsOSDMigrateAdditionalRestoreOptions

ユーザー状態の復元ステップに適用されます。Applies to the Restore User State step.

(入力)(input)

タスク シーケンスでユーザー状態を復元するときに使用されるユーザー状態移行ツール (USMT) 用の追加のコマンド ライン オプションを指定します。Specifies additional command-line options for the user state migration tool (USMT) that the task sequence uses when restoring the user state. タスク シーケンスで LoadState に対して自動生成された USMT コマンド ラインに付加される、文字列として追加オプションを指定します。Specify the additional options as a string, which the task sequence appends to the automatically generated USMT command line for LoadState.

タスク シーケンスを実行するまで、このタスク シーケンス変数で指定される USMT オプションの正確性は検証されません。The USMT options specified with this task sequence variable aren't validated for accuracy prior to running the task sequence.

使用可能なオプションについて詳しくは、「LoadState Syntax」(LoadState の構文) をご覧ください。For more information on available options, see LoadState Syntax.

OSDMigrateComputerNameOSDMigrateComputerName

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

(入力)(input)

コンピューター名を移行するかどうかを指定します。Specifies whether the computer name is migrated.

有効な値Valid values

OSDMigrateConfigFilesOSDMigrateConfigFiles

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

ユーザー プロファイルのキャプチャの制御に使用される構成ファイルを指定します。Specifies the configuration files used to control the capture of user profiles. この変数は、OSDMigrateModeAdvanced に設定されている場合にのみ使用されます。This variable is used only if OSDMigrateMode is set to Advanced. カスタマイズされたユーザー プロファイル移行を実行するためには、このカンマ区切りの一覧の値を設定します。This comma-delimited list value is set to perform customized user profile migration.

Example

miguser.xml,migsys.xml,migapps.xml

OSDMigrateContinueOnLockedFilesOSDMigrateContinueOnLockedFiles

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

USMT で一部のファイルをキャプチャできない場合、この変数を使用することで、ユーザー状態のキャプチャを続行できます。If USMT can't capture some files, this variable allows the user state capture to proceed.

有効な値Valid values

  • true (既定)true (default)
  • false

OSDMigrateContinueOnRestoreOSDMigrateContinueOnRestore

ユーザー状態の復元ステップに適用されます。Applies to the Restore User State step.

(入力)(input)

USMT で一部のファイルを復元できない場合でも、プロセスを続行します。Continue the process, even if USMT can't restore some files.

有効な値Valid values

  • true (既定)true (default)
  • false

OSDMigrateEnableVerboseLoggingOSDMigrateEnableVerboseLogging

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

USMT の詳細ログ記録を有効にします。Enables verbose logging for USMT. ステップではこの値が必要です。The step requires this value.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDMigrateLocalAccountsOSDMigrateLocalAccounts

ユーザー状態の復元ステップに適用されます。Applies to the Restore User State step.

(入力)(input)

ローカル コンピューター アカウントを復元するかどうかを指定します。Specifies whether the local computer account is restored.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDMigrateLocalAccountPasswordOSDMigrateLocalAccountPassword

ユーザー状態の復元ステップに適用されます。Applies to the Restore User State step.

(入力)(input)

OSDMigrateLocalAccounts 変数が true の場合、この変数には移行された " すべての " ローカル アカウントに割り当てるパスワードが含まれる必要があります。If the OSDMigrateLocalAccounts variable is true, this variable must contain the password assigned to all migrated local accounts. USMT は、移行されたすべてのローカル アカウントに同じパスワードを割り当てます。USMT assigns the same password to all migrated local accounts. このパスワードは一時的なものと考え、後で他の方法で変更してください。Consider this password as temporary, and change it later by some other method.

OSDMigrateModeOSDMigrateMode

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

USMT によってキャプチャされたファイルをカスタマイズできます。Allows you to customize the files that USMT captures.

有効な値Valid values

  • Simple: タスク シーケンスでは標準の USMT 構成ファイルのみが使用されますSimple: The task sequence only uses the standard USMT configuration files

  • Advanced: タスク シーケンス変数 OSDMigrateConfigFiles により、USMT が使用する構成ファイルが指定されますAdvanced: The task sequence variable OSDMigrateConfigFiles specifies the configuration files that USMT uses

OSDMigrateNetworkMembershipOSDMigrateNetworkMembership

ネットワーク設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Network Settings step.

(入力)(input)

タスク シーケンスがワークグループまたはドメインのメンバーシップ情報を移行するかどうかを指定します。Specifies whether the task sequence migrates the workgroup or domain membership information.

有効な値Valid values

  • true (既定)true (default)
  • false

OSDMigrateRegistrationInfoOSDMigrateRegistrationInfo

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

(入力)(input)

ステップでユーザーと組織の情報を移行するかどうかを指定します。Specifies whether the step migrates user and organization information.

有効な値Valid values

OSDMigrateSkipEncryptedFilesOSDMigrateSkipEncryptedFiles

ユーザー状態のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture User State step.

(入力)(input)

暗号化ファイルをキャプチャするかどうかを指定します。Specifies whether encrypted files are captured.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDMigrateTimeZoneOSDMigrateTimeZone

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

(入力)(input)

コンピューターのタイム ゾーンを移行するかどうかを指定します。Specifies whether the computer time zone is migrated.

有効な値Valid values

  • true (既定)。true (default). 変数 OSDTimeZone (出力) はコンピューターのタイム ゾーンに設定されます。The variable OSDTimeZone (output) is set to the time zone of the computer.
  • false

OSDNetworkJoinTypeOSDNetworkJoinType

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象コンピューターを Active Directory ドメインに参加させるか、ワークグループに参加させるかを指定します。Specifies whether the destination computer joins an Active Directory domain or a workgroup.

Value values

  • 0: Active Directory ドメインに参加します0: Join an Active Directory domain
  • 1: ワークグループに参加1: Join a workgroup

OSDPartitionsOSDPartitions

ディスクのフォーマットとパーティション作成ステップに適用されます。Applies to the Format and Partition Disk step.

(入力)(input)

このタスク シーケンス変数は、パーティション設定の配列変数です。This task sequence variable is an array variable of partition settings. 配列内の各要素は、ハード ディスクの単一パーティションの設定を表します。Each element in the array represents the settings for a single partition on the hard disk. 各パーティションに定義された設定にアクセスするには、配列変数名にゼロから始まるディスク パーティション番号とプロパティ名を結合します。Access the settings defined for each partition by combining the array variable name with the zero-based disk partition number and the property name.

次の変数名は、このステップでハード ディスクに作成される " 最初の " パーティションに対して、プロパティを定義するときに使用します。Use the following variable names to define the properties for the first partition that this step creates on the hard disk:

OSDPartitions0TypeOSDPartitions0Type

パーティションの種類を指定します。Specifies the type of partition. このプロパティは必須です。This property is required. 有効な値は、PrimaryExtendedLogicalHidden です。Valid values are Primary, Extended, Logical, and Hidden.

OSDPartitions0FileSystemOSDPartitions0FileSystem

パーティションをフォーマットするときに使用するファイル システムの種類を指定します。Specifies the type of file system to use when formatting the partition. このプロパティは省略可能です。This property is optional. ファイル システムを指定しない場合、ステップではパーティションはフォーマットされません。If you don't specify a file system, the step doesn't format the partition. 有効な値は、FAT32NTFS です。Valid values are FAT32 and NTFS.

OSDPartitions0BootableOSDPartitions0Bootable

パーティションが起動可能かどうかを指定します。Specifies whether the partition is bootable. このプロパティは必須です。This property is required. MBR ディスクでこの値が TRUE に設定されている場合、ステップではこのパーティションがアクティブとしてマークされます。If this value is set to TRUE for MBR disks, then the step marks this partition as active.

OSDPartitions0QuickFormatOSDPartitions0QuickFormat

使用されるフォーマットの種類を指定します。Specifies the type of format that is used. このプロパティは必須です。This property is required. この値が TRUE に設定されている場合、ステップではクイック フォーマットが実行されます。If this value is set to TRUE, the step performs a quick format. それ以外の場合、ステップではフル フォーマットが実行されます。Otherwise, the step performs a full format.

OSDPartitions0VolumeNameOSDPartitions0VolumeName

フォーマット時にボリュームに割り当てられる名前を指定します。Specifies the name that's assigned to the volume when it's formatted. このプロパティは省略可能です。This property is optional.

OSDPartitions0SizeOSDPartitions0Size

パーティションのサイズを指定します。Specifies the size of the partition. このプロパティは省略可能です。This property is optional. このプロパティを指定しない場合、残りの空き領域すべてを使用してパーティションが作成されます。If this property isn't specified, the partition is created using all remaining free space. 単位は OSDPartitions0SizeUnits 変数で指定します。Units are specified by the OSDPartitions0SizeUnits variable.

OSDPartitions0SizeUnitsOSDPartitions0SizeUnits

ステップではこれらの単位を使用して、 OSDPartitions0Size 変数が解釈されます。The step uses these units to interpret the OSDPartitions0Size variable. このプロパティは省略可能です。This property is optional. 有効な値は、MB (既定)、GBPercent です。Valid values are MB (default), GB, and Percent.

OSDPartitions0VolumeLetterVariableOSDPartitions0VolumeLetterVariable

このステップでパーティションを作成するときに、Windows PE で次に利用可能なドライブ文字が常に使用されます。When this step creates partitions, it always uses the next available drive letter in Windows PE. 別のタスク シーケンス変数の名前を指定する場合は、この省略可能なプロパティを使用します。Use this optional property to specify the name of another task sequence variable. ステップではこの変数を使用して、今後の参照用に新しいドライブ文字を保存します。The step uses this variable to save the new drive letter for future reference.

このタスク シーケンス ステップで複数のパーティションを定義する場合、" 2 番目 " のパーティションのプロパティは変数名でインデックス 1 を使用して定義されます。If you define multiple partitions with this task sequence step, the properties for the second partition are defined by using the 1 index in the variable name. 次に例を示します。 OSDPartitions1TypeOSDPartitions1FileSystemOSDPartitions1BootableOSDPartitions1QuickFormatOSDPartitions1VolumeNameFor example: OSDPartitions1Type , OSDPartitions1FileSystem , OSDPartitions1Bootable , OSDPartitions1QuickFormat , and OSDPartitions1VolumeName.

OSDPartitionStyleOSDPartitionStyle

ディスクのフォーマットとパーティション作成ステップに適用されます。Applies to the Format and Partition Disk step.

(入力)(input)

ディスクをパーティション分割するときに使用するパーティション スタイルを指定します。Specifies the partition style to use when partitioning the disk.

有効な値Valid values

  • GPT: GUID パーティション テーブル スタイルを使用しますGPT: Use the GUID Partition Table style
  • MBR: マスター ブート レコード パーティション スタイルを使用しますMBR: Use the master boot record partition style

OSDProductKeyOSDProductKey

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

Windows のプロダクト キーを指定します。Specifies the Windows product key. 値は 1 ~ 255 文字の範囲で指定する必要があります。The specified value must be between 1 and 255 characters.

OSDRandomAdminPasswordOSDRandomAdminPassword

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

新しい OS のローカル管理者アカウントにランダム生成パスワードを使用するかどうかを指定します。Specifies a randomly generated password for the local Administrator account in the new OS.

有効な値Valid values

  • true (既定):Windows セットアップでターゲット コンピューターのローカル管理者アカウントが無効になりますtrue (default): Windows Setup disables the local Administrator account on the target computer

  • false: Windows セットアップでターゲット コンピューターのローカル管理者アカウントが有効になり、アカウント パスワードが OSDLocalAdminPassword の値に設定されますfalse: Windows Setup enables the local administrator account on the target computer, and sets the account password to the value of OSDLocalAdminPassword

OSDRegisteredOrgName (input)OSDRegisteredOrgName (input)

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS に既定で登録する組織名を指定します。Specifies the default registered organization name in the new OS. 値は 1 ~ 255 文字の範囲で指定する必要があります。The specified value must be between 1 and 255 characters.

OSDRegisteredOrgName (出力)OSDRegisteredOrgName (output)

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

コンピューターの登録組織名に設定します。Set to the registered organization name of the computer. この値は、OSDMigrateRegistrationInfo 変数が true に設定されている場合にのみ設定されます。The value is set only if the OSDMigrateRegistrationInfo variable is set to true.

OSDRegisteredUserNameOSDRegisteredUserName

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

新しい OS に既定で登録するユーザー名を指定します。Specifies the default registered user name in the new OS. 値は 1 ~ 255 文字の範囲で指定する必要があります。The specified value must be between 1 and 255 characters.

OSDServerLicenseConnectionLimitOSDServerLicenseConnectionLimit

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

最大接続許可数を指定します。Specifies the maximum number of connections allowed. 接続数は 5 ~ 9999 の範囲で指定する必要があります。The specified number must be in the range between 5 and 9999 connections.

OSDServerLicenseModeOSDServerLicenseMode

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

(入力)(input)

使用する Windows Server ライセンス モードを指定します。Specifies the Windows Server license mode that's used.

有効な値Valid values

  • PerSeat
  • PerServer

OSDSetupAdditionalUpgradeOptionsOSDSetupAdditionalUpgradeOptions

オペレーティング システムのアップグレード ステップに適用されます。Applies to the Upgrade Operating System step.

(入力)(input)

Windows 10 へのアップグレードの際に Windows セットアップに追加されるコマンド ライン オプションを指定します。Specifies the additional command-line options that are added to Windows Setup during a Windows 10 upgrade. タスク シーケンスではコマンド ライン オプションは検証されません。The task sequence doesn't verify the command-line options.

詳細については、「 Windows セットアップ コマンド ライン オプション」を参照してください。For more information, see Windows Setup Command-Line Options.

OSDStateFallbackToNAAOSDStateFallbackToNAA

状態ストアの要求ステップに適用されます。Applies to the Request State Store step.

(入力)(input)

コンピューター アカウントが状態移行ポイントに接続できない場合に、タスク シーケンスでネットワーク アクセス アカウント (NAA) を使用するようにフォールバックするかどうかをこの変数で指定します。When the computer account fails to connect to the state migration point, this variable specifies whether the task sequence falls back to use the network access account (NAA).

ネットワーク アクセス アカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the network access account, see Accounts.

有効な値Valid values

  • true
  • false (既定)false (default)

OSDStateSMPRetryCountOSDStateSMPRetryCount

状態ストアの要求ステップに適用されます。Applies to the Request State Store step.

(入力)(input)

タスク シーケンス ステップが状態移行ポイントの検索を試行する回数を指定します。この回数を超えるとこの手順は失敗します。Specifies the number of times that the task sequence step tries to find a state migration point before the step fails. 回数は 0 ~ 600 の範囲で指定する必要があります。The specified count must be between 0 and 600.

OSDStateSMPRetryTimeOSDStateSMPRetryTime

状態ストアの要求ステップに適用されます。Applies to the Request State Store step.

(入力)(input)

タスク シーケンス ステップが再試行間に待機する秒数を指定します。Specifies the number of seconds that the task sequence step waits between retry attempts. 最大秒数は 30 文字です。The number of seconds can be a maximum of 30 characters.

OSDStateStorePathOSDStateStorePath

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

タスク シーケンスがユーザー状態を保存または復元するフォルダーのネットワーク共有またはローカル パス名です。The network share or local path name of the folder where the task sequence saves or restores the user state. 既定値はありません。There is no default value.

OSDTargetSystemDriveOSDTargetSystemDrive

オペレーティング システム イメージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply OS Image step.

(出力)(output)

イメージが適用された後で OS ファイルが含まれているパーティションのドライブ文字を示します。Specifies the drive letter of the partition that contains the OS files after the image is applied.

OSDTargetSystemRoot (入力)OSDTargetSystemRoot (input)

オペレーティング システム イメージのキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture OS Image step.

参照コンピューター上にインストールされた OS の Windows ディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the Windows directory of the installed OS on the reference computer. タスク シーケンスは、Configuration Manager によるキャプチャにサポートされている OS として、これを確認します。The task sequence verifies it as a supported OS for capture by Configuration Manager.

OSDTargetSystemRoot (出力)OSDTargetSystemRoot (output)

Windows のキャプチャの準備ステップに適用されます。Applies to the Prepare Windows for Capture step.

参照コンピューター上にインストールされた OS の Windows ディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the Windows directory of the installed OS on the reference computer. タスク シーケンスは、Configuration Manager によるキャプチャにサポートされている OS として、これを確認します。The task sequence verifies it as a supported OS for capture by Configuration Manager.

OSDTimeZone (入力)OSDTimeZone (input)

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用する既定のタイム ゾーン設定を指定します。Specifies the default time zone setting that's used in the new OS.

この変数の値を、タイムゾーンの言語に依存しない名前に設定します。Set the value of this variable to the language invariant name of time zone. たとえば、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones のタイム ゾーンに Std の値の文字列を使用します。For example, use the string in the Std value for a time zone under the following registry key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones.

OSDTimeZone (出力)OSDTimeZone (output)

Windows 設定のキャプチャ ステップに適用されます。Applies to the Capture Windows Settings step.

コンピューターのタイム ゾーンに設定します。Set to the time zone of the computer. この値は、OSDMigrateTimeZone 変数が true に設定されている場合にのみ設定されます。The value is set only if the OSDMigrateTimeZone variable is set to true.

OSDWindowsSettingsInputLocaleOSDWindowsSettingsInputLocale

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用する既定の入力ロケール設定を指定します。Specifies the default input locale setting that's used in the new OS.

Windows セットアップ応答ファイルの値について詳しくは、「Microsoft-Windows-International-Core - InputLocale」をご覧ください。For more information on the Windows setup answer file value, see Microsoft-Windows-International-Core - InputLocale.

OSDWindowsSettingsSystemLocaleOSDWindowsSettingsSystemLocale

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用する既定のシステム ロケール設定を指定します。Specifies the default system locale setting that's used in the new OS.

Windows セットアップ応答ファイルの値について詳しくは、「Microsoft-Windows-International-Core - SystemLocale」をご覧ください。For more information on the Windows setup answer file value, see Microsoft-Windows-International-Core - SystemLocale.

OSDWindowsSettingsUILanguageOSDWindowsSettingsUILanguage

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用する既定のユーザー インターフェイス言語設定を指定します。Specifies the default user interface language setting that's used in the new OS.

Windows セットアップ応答ファイルの値について詳しくは、「Microsoft-Windows-International-Core - UILanguage」をご覧ください。For more information on the Windows setup answer file value, see Microsoft-Windows-International-Core - UILanguage.

OSDWindowsSettingsUILanguageFallbackOSDWindowsSettingsUILanguageFallback

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用するフォールバック ユーザー インターフェイス言語設定を指定します。Specifies the fallback user interface language setting that's used in the new OS.

Windows セットアップ応答ファイルの値について詳しくは、「Microsoft-Windows-International-Core - UILanguageFallback」をご覧ください。For more information on the Windows setup answer file value, see Microsoft-Windows-International-Core - UILanguageFallback.

OSDWindowsSettingsUserLocaleOSDWindowsSettingsUserLocale

Windows 設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Windows Settings step.

新しい OS で使用する既定のユーザー ロケール設定を指定します。Specifies the default user locale setting that's used in the new OS.

Windows セットアップ応答ファイルの値について詳しくは、「Microsoft-Windows-International-Core - UserLocale」をご覧ください。For more information on the Windows setup answer file value, see Microsoft-Windows-International-Core - UserLocale.

OSDWipeDestinationPartitionOSDWipeDestinationPartition

データ イメージの適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Data Image step.

(入力)(input)

対象のパーティションにあるファイルを削除するかどうかを指定します。Specifies whether to delete the files located on the destination partition.

有効な値Valid values

  • true (既定)true (default)
  • false

OSDWorkgroupNameOSDWorkgroupName

ネットワーク設定の適用ステップに適用されます。Applies to the Apply Network Settings step.

(入力)(input)

対象のコンピューターを参加させるワークグループの名前を指定します。Specifies the name of the workgroup that the destination computer joins.

この変数または OSDDomainName 変数を指定します。Specify either this variable or the OSDDomainName variable. ワークグループの名前は 32 文字までの長さにできます。The workgroup name can be a maximum of 32 characters.

SetupCompletePauseSetupCompletePause

オペレーティング システムのアップグレード ステップに適用されます。Applies to the Upgrade Operating System step.

バージョン 1910 以降では、この変数を使用して Windows セットアップが完了したときに高パフォーマンスのデバイスで発生する Windows 10 の一括アップグレード タスク シーケンスのタイミングのイシューに対処してください。Starting in version 1910, use this variable to address timing issues with the Window 10 in-place upgrade task sequence on high performance devices when Windows setup is complete. この変数に秒単位の値を割り当てると、Windows セットアップ プロセスにより、タスク シーケンスが開始されるまでの時間がその分だけ遅延されます。When you assign a value in seconds to this variable, the Windows setup process delays that amount of time before it starts the task sequence. このタイムアウトにより、Configuration Manager クライアントでは初期化にさらに時間がかかるようになります。This timeout provides the Configuration Manager client additional time to initialize.

次のログ エントリは、この変数を使用して修復できるこのイシューの一般的な例です。The following log entries are common examples of this issue that you can remediate with this variable:

  • TSManager コンポーネントでは、 smsts .log に次のエラーと同様のエントリが記録されます。The TSManager component records entries similar to the following errors in the smsts.log :

    Failed to initate policy evaluation for namespace 'root\ccm\policy\machine', hr=0x80041010
    Error compiling client config policies. code 80041010
    Task Sequence Manager could not initialize Task Sequence Environment. code 80041010
    
  • Windows セットアップでは、 setupcomplete.cmd に次のエラーと同様のエントリが記録されます。Windows setup records entries similar to the following errors in the setupcomplete.log :

    Running C:\windows\CCM\\TSMBootstrap.exe to resume task sequence
    ERRORLEVEL = -1073741701
    TSMBootstrap did not request reboot, resetting registry
    Exiting setupcomplete.cmd
    

SMSClientInstallPropertiesSMSClientInstallProperties

Windows と ConfigMgr のセットアップ ステップに適用されます。Applies to the Setup Windows and ConfigMgr step.

(入力)(input)

タスク シーケンスが Configuration Manager クライアントをインストールするときに使用するクライアント インストール プロパティを指定します。Specifies the client installation properties that the task sequence uses when installing the Configuration Manager client.

詳しくは、クライアント インストールのパラメーターとプロパティに関するページをご覧ください。For more information, see About client installation parameters and properties.

SMSConnectNetworkFolderAccountSMSConnectNetworkFolderAccount

ネットワーク フォルダーへの接続ステップに適用されます。Applies to the Connect To Network Folder step.

(入力)(input)

SMSConnectNetworkFolderPath のネットワーク共有に接続するために使用するユーザー アカウントを指定します。Specifies the user account that is used to connect to the network share in SMSConnectNetworkFolderPath. SMSConnectNetworkFolderPassword の値でアカウントのパスワードを指定します。Specify the account password with the SMSConnectNetworkFolderPassword value.

タスク シーケンスのネットワーク フォルダー接続アカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the task sequence network folder connection account, see Accounts.

SMSConnectNetworkFolderDriveLetterSMSConnectNetworkFolderDriveLetter

ネットワーク フォルダーへの接続ステップに適用されます。Applies to the Connect To Network Folder step.

(入力)(input)

接続先のネットワーク ドライブ文字を指定します。Specifies the network drive letter to connect to. この値は省略可能です。This value is optional. 指定しない場合、ネットワーク接続はドライブ文字にマップされません。If it's not specified, then the network connection isn't mapped to a drive letter. この値を指定する場合は、値は D から Z までの範囲でなければなりません。X は、Windows PE フェーズの間に Windows PE によって使用されるドライブ文字なので使用しないでください。If this value is specified, the value must be in the range from D to Z. Don't use X, it's the drive letter used by Windows PE during the Windows PE phase.

Examples

  • D:
  • E:

SMSConnectNetworkFolderPasswordSMSConnectNetworkFolderPassword

ネットワーク フォルダーへの接続ステップに適用されます。Applies to the Connect To Network Folder step.

(入力)(input)

SMSConnectNetworkFolderPath のネットワーク共有に接続するために使用する SMSConnectNetworkFolderAccount のパスワードを指定します。Specifies the password for the SMSConnectNetworkFolderAccount that is used to connect to the network share in SMSConnectNetworkFolderPath.

SMSConnectNetworkFolderPathSMSConnectNetworkFolderPath

ネットワーク フォルダーへの接続ステップに適用されます。Applies to the Connect To Network Folder step.

(入力)(input)

接続に使用するネットワーク パスを指定します。Specifies the network path for the connection. このパスをドライブ文字にマップする必要がある場合は、SMSConnectNetworkFolderDriveLetter の値を使用します。If you need to map this path to a drive letter, use the SMSConnectNetworkFolderDriveLetter value.

Example

\\server\share

SMSInstallUpdateTargetSMSInstallUpdateTarget

ソフトウェア更新プログラムのインストール ステップに適用されます。Applies to the Install Software Updates step.

(入力)(input)

すべての更新プログラムをインストールするのか、必須の更新プログラムのみインストールするのかを指定します。Specifies whether to install all updates or only mandatory updates.

有効な値Valid values

  • All
  • Mandatory

SMSRebootMessageSMSRebootMessage

コンピューターの再起動ステップに適用されます。Applies to the Restart Computer step.

(入力)(input)

対象コンピューターの再起動前にユーザーに表示されるメッセージを指定します。Specifies the message to be displayed to users before restarting the destination computer. この変数を設定しなかった場合、既定のメッセージ テキストが表示されます。If this variable isn't set, the default message text is displayed. メッセージは、512 文字以内で指定する必要があります。The specified message can't exceed 512 characters.

Example

Save your work before the computer restarts.

SMSRebootTimeoutSMSRebootTimeout

コンピューターの再起動ステップに適用されます。Applies to the Restart Computer step.

(入力)(input)

コンピューターが再起動される前にユーザーに警告を表示する秒数を指定します。Specifies the number of seconds that the warning is displayed to the user before the computer restarts.

Examples

  • 0 (既定):再起動メッセージを表示しません0 (default): Don't display a reboot message
  • 60: 1 分間の警告を表示します60: Display the warning for one minute

SMSTSAssignmentsDownloadIntervalSMSTSAssignmentsDownloadInterval

ポリシーが返されなかった前回の試行から、ポリシーのダウンロードをクライアントが試行するまで待機する秒数。The number of seconds to wait before the client attempts to download the policy since the last attempt that returned no policies. 既定では、クライアントは 0 秒待機してから再試行します。By default, the client waits 0 seconds before retrying.

この変数は、メディアまたは PXE から起動前コマンドを使用して設定できます。You can set this variable by using a prestart command from media or PXE.

SMSTSAssignmentsDownloadRetrySMSTSAssignmentsDownloadRetry

初回の試行でポリシーが見つからなかった場合に、ポリシーのダウンロードをクライアントが試行する回数。The number of times a client attempts to download the policy after no policies are found on the first attempt. 既定では、クライアントは 0 回再試行します。By default, the client retries 0 times.

この変数は、メディアまたは PXE から起動前コマンドを使用して設定できます。You can set this variable by using a prestart command from media or PXE.

SMSTSAssignUsersModeSMSTSAssignUsersMode

タスク シーケンスがユーザーを対象コンピューターと関連付ける方法を示します。Specifies how a task sequence associates users with the destination computer. 変数に次のいずれかの値を設定します。Set the variable to one of the following values:

  • Auto :タスク シーケンスは、対象のコンピューターに OS を展開するとき、指定されたユーザーと対象のコンピューターの間に関係を作成します。Auto : When the task sequence deploys the OS to the destination computer, it creates a relationship between the specified users and destination computer.

  • Pending :タスク シーケンスは、指定されたユーザーと対象のコンピューターの間に関係を作成します。Pending : The task sequence creates a relationship between the specified users and the destination computer. 管理者は関係を承認して設定する必要があります。An administrator must approve the relationship to set it.

  • Disabled :タスク シーケンスは、OS の展開時にユーザーを対象のコンピューターに関連付けません。Disabled : The task sequence doesn't associate users with the destination computer when it deploys the OS.

SMSTSDisableStatusRetrySMSTSDisableStatusRetry

切断されたシナリオでは、タスク シーケンス エンジンが管理ポイントへのステータス メッセージの送信を繰り返し試行します。In disconnected scenarios, the task sequence engine repeatedly tries to send status messages to the management point. このシナリオのこの動作によって、タスク シーケンスの処理に遅延が発生します。This behavior in this scenario causes delays in task sequence processing.

この変数を true に設定すると、タスク シーケンス エンジンでは、最初のメッセージの送信失敗後にステータス メッセージの送信は試行されません。Set this variable to true and the task sequence engine doesn't attempt to send status messages after the first message fails to send. この最初の試行には複数回の再試行が含まれます。This first attempt includes multiple retries.

タスク シーケンスの再開時に、この変数の値は保持されます。When the task sequence restarts, the value of this variable persists. ただし、タスク シーケンスでは初期ステータス メッセージの送信が試行されます。However, the task sequence tries sending an initial status message. この最初の試行には複数回の再試行が含まれます。This first attempt includes multiple retries. 成功した場合、この変数の値に関係なく、タスク シーケンスではステータスの送信が続行されます。If successful, the task sequence continues sending status regardless of the value of this variable. ステータスの送信に失敗した場合、タスク シーケンスではこの変数の値が使用されます。If status fails to send, the task sequence uses the value of this variable.

注意

タスク シーケンス状態レポートは、これらのステータス メッセージに基づいて、各ステップの進捗、履歴、詳細を表示します。Task sequence status reporting relies upon these status messages to display the progress, history, and details of each step. 送信に失敗したステータス メッセージは、キューに登録されていません。If status messages fail to send, they're not queued. 管理ポイントに復元された接続が、後で送信されることはありません。When connectivity is restored to the management point, they're not sent at a later time. この動作により、タスク シーケンスの状態レポートが不完全になり、項目が欠落します。This behavior results in task sequence status reporting to be incomplete and missing items.

SMSTSDisableWow64RedirectionSMSTSDisableWow64Redirection

コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

(入力)(input)

64 ビット OS の場合、既定では、タスク シーケンスで WOW64 ファイル システム リダイレクターを使用して、コマンド ラインでプログラムを見つけて実行します。By default on a 64-bit OS, the task sequence locates and runs the program in the command line using the WOW64 file system redirector. この動作では、コマンドを使用して、32 ビット バージョンの OS のプログラムや DLL を見つけることができます。This behavior allows the command to find 32-bit versions of OS programs and DLLs. この変数を true に設定すると、WOW64 ファイル システム リダイレクターの使用が無効になります。Setting this variable to true disables the use of the WOW64 file system redirector. ネイティブの 64 ビット バージョンの OS のプログラムと DLL は、コマンドを使用して見つけることができます。The command finds native 64-bit versions of OS programs and DLLs. 32 ビット OS 上で実行している場合は、この変数は影響を及ぼしません。This variable has no effect when running on a 32-bit OS.

SMSTSDownloadAbortCodeSMSTSDownloadAbortCode

この変数には、外部プログラム ダウンローダーの中止コード値が含まれます。This variable contains the abort code value for the external program downloader. このプログラムは、SMSTSDownloadProgram 変数で指定されています。This program is specified in the SMSTSDownloadProgram variable. プログラムが SMSTSDownloadAbortCode 変数の値と等しいエラー コードを返した場合、コンテンツのダウンロードは失敗し、他のダウンロード方法は試されません。If the program returns an error code equal to the value of the SMSTSDownloadAbortCode variable, then the content download fails and no other download method is attempted.

SMSTSDownloadProgramSMSTSDownloadProgram

この変数を使用して、代替コンテンツ プロバイダー (ACP) を指定します。Use this variable to specify an alternate content provider (ACP). ACP は、コンテンツのダウンロードに使用されるダウンローダー プログラムです。An ACP is a downloader program that's used to download content. タスク シーケンスは、既定の Configuration Manager ダウンローダーの代わりに、ACP を使用します。The task sequence uses the ACP instead of the default Configuration Manager downloader. コンテンツのダウンロード プロセスの一部として、タスク シーケンスはこの変数を確認します。As part of the content download process, the task sequence checks this variable. 指定されている場合、タスク シーケンスはそのプログラムを実行してコンテンツをダウンロードします。If specified, the task sequence runs the program to download the content.

SMSTSDownloadRetryCountSMSTSDownloadRetryCount

Configuration Manager が配布ポイントからのコンテンツのダウンロードを試行する回数。The number of times that Configuration Manager attempts to download content from a distribution point. 既定では、クライアントは 2 回再試行します。By default, the client retries 2 times.

SMSTSDownloadRetryDelaySMSTSDownloadRetryDelay

配布ポイントからのコンテンツのダウンロードを再試行する前に Configuration Manager が待機する秒数。The number of seconds that Configuration Manager waits before it retries to download content from a distribution point. 既定では、クライアントは 15 秒待機してから再試行します。By default, the client waits 15 seconds before retrying.

SMSTSDriverRequestConnectTimeOutSMSTSDriverRequestConnectTimeOut

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

ドライバー カタログを要求する場合、この変数は、タスク シーケンスで HTTP サーバーの接続を待機する秒数となります。When requesting the driver catalog, this variable is the number of seconds the task sequence waits for the HTTP server connection. タイムアウトの設定値よりも接続に時間がかかる場合は、タスク シーケンスで要求がキャンセルされます。If the connection takes longer than the timeout setting, the task sequence cancels the request. 既定では、タイムアウトは 60 秒に設定されます。By default, the timeout is set to 60 seconds.

SMSTSDriverRequestReceiveTimeOutSMSTSDriverRequestReceiveTimeOut

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

ドライバー カタログを要求する場合、この変数は、タスク シーケンスで応答を待機する秒数となります。When requesting the driver catalog, this variable is the number of seconds the task sequence waits for a response. タイムアウトの設定値よりも接続に時間がかかる場合は、タスク シーケンスで要求がキャンセルされます。If the connection takes longer than the timeout setting, the task sequence cancels the request. 既定では、タイムアウトは 480 秒に設定されます。By default, the timeout is set to 480 seconds.

SMSTSDriverRequestResolveTimeOutSMSTSDriverRequestResolveTimeOut

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

ドライバー カタログを要求する場合、この変数は、タスク シーケンスで HTTP 名前解決を待機する秒数となります。When requesting the driver catalog, this variable is the number of seconds the task sequence waits for HTTP name resolution. タイムアウトの設定値よりも接続に時間がかかる場合は、タスク シーケンスで要求がキャンセルされます。If the connection takes longer than the timeout setting, the task sequence cancels the request. 既定では、タイムアウトは 60 秒に設定されます。By default, the timeout is set to 60 seconds.

SMSTSDriverRequestSendTimeOutSMSTSDriverRequestSendTimeOut

ドライバーの自動適用ステップに適用されます。Applies to the Auto Apply Drivers step.

ドライバー カタログの要求を送信する場合、この変数は、タスク シーケンスで要求の送信を待機する秒数となります。When sending a request for the driver catalog, this variable is the number of seconds the task sequence waits to send the request. タイムアウトの設定値より要求に時間がかかる場合は、タスク シーケンスで要求がキャンセルされます。If the request takes longer than the timeout setting, the task sequence cancels the request. 既定では、タイムアウトは 60 秒に設定されます。By default, the timeout is set to 60 seconds.

SMSTSErrorDialogTimeoutSMSTSErrorDialogTimeout

タスク シーケンスでエラーが発生すると、エラーを示すダイアログ ボックスが表示されます。When an error occurs in a task sequence, it displays a dialog box with the error. タスク シーケンスでは、この変数で指定された秒数の経過後にダイアログ ボックスが自動的に閉じられます。The task sequence automatically dismisses it after the number of seconds specified by this variable. 既定では、この値は 900 秒 (15 分) です。By default, this value is 900 seconds (15 minutes).

SMSTSLanguageFolderSMSTSLanguageFolder

言語に依存しないブート イメージの表示言語を変更するときに使用します。Use this variable to change the display language of a language neutral boot image.

SMSTSLocalDataDriveSMSTSLocalDataDrive

タスク シーケンスの実行中に一時キャッシュ ファイルを対象コンピューターに格納する場所を指定します。Specifies where the task sequence stores temporary cache files on the destination computer while it's running.

この変数は、コレクション変数の設定によって行うなど、タスク シーケンスが開始する前に設定します。Set this variable before the task sequence starts, such as by setting a collection variable. タスク シーケンスが開始された後で、Configuration Manager は、SMSTSLocalDataDrive 変数が定義されている内容に基づいて _SMSTSMDataPath 変数を定義します。Once the task sequence starts, Configuration Manager defines the _SMSTSMDataPath variable based on what the SMSTSLocalDataDrive variable was defined to.

SMSTSMPSMSTSMP

この変数を使用して、Configuration Manager の管理ポイントの URL または IP アドレスを指定します。Use this variable to specify the URL or IP address of the Configuration Manager management point.

SMSTSMPListRequestTimeoutEnabledSMSTSMPListRequestTimeoutEnabled

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

クライアントがイントラネット上にない場合に、繰り返しの MPList 要求を有効にしてクライアントを更新するには、この変数を使用します。If the client isn't on the intranet, use this variable to enable repeated MPList requests to refresh the client. 既定では、この変数は True に設定されます。By default, this variable is set to True.

クライアントがインターネット上にある場合は、不必要な遅延を回避するためにこの変数を False に設定します。When clients are on the internet, set this variable to False to avoid unnecessary delays.

SMSTSMPListRequestTimeoutSMSTSMPListRequestTimeout

次のステップに適用されます。Applies to the following steps:

(入力)(input)

タスク シーケンスがロケーション サービスから管理ポイント リスト (MPList) を取得できなかった場合、この変数はステップを再試行する前に待機するミリ秒数を指定します。If the task sequence fails to retrieve the management point list (MPList) from location services, this variable specifies how many milliseconds it waits before it retries the step. 再試行前の既定の待ち時間は 60000 ミリ秒 (60 秒) です。By default, the task sequence waits 60000 milliseconds (60 seconds) before it retries. 最大で 3 回再試行します。It retries up to three times.

SMSTSPeerDownloadSMSTSPeerDownload

この変数を使用して、クライアントに Windows PE ピア キャッシュの使用を許可します。Use this variable to enable the client to use Windows PE peer cache. この変数を true に設定すると、この機能が有効になります。Setting this variable to true enables this functionality.

SMSTSPeerRequestPortSMSTSPeerRequestPort

Windows PE ピア キャッシュで初期ブロードキャストに使用されるカスタム ネットワーク ポート。A custom network port that Windows PE peer cache uses for the initial broadcast. クライアント設定で構成されている既定のポートは 8004 です。The default port configured in client settings is 8004.

SMSTSPersistContentSMSTSPersistContent

コンテンツをタスク シーケンス キャッシュに一時的に保存するときに使用します。Use this variable to temporarily persist content in the task sequence cache. この変数は、タスク シーケンスが完了した後も Configuration Manager クライアント キャッシュの内容を保持する SMSTSPreserveContent とは異なります。This variable is different from SMSTSPreserveContent, which keeps content in the Configuration Manager client cache after the task sequence is complete. SMSTSPersistContent ではタスク シーケンス キャッシュを使用し、SMSTSPreserveContent では Configuration Manager クライアント キャッシュを使用します。SMSTSPersistContent uses the task sequence cache, SMSTSPreserveContent uses the Configuration Manager client cache.

SMSTSPostActionSMSTSPostAction

タスク シーケンスの完了後に実行されるコマンドを指定します。Specifies a command that's run after the task sequence completes. タスク シーケンスを終了する直前に、指定した事後アクションが TSManager プロセスによって生成されます。Just before exiting the task sequence, the TSManager process spawns the specified post action. それは何らかの状態を待機または記録することもなく、そのコマンドの呼び出しの後に終了するだけです。It doesn't wait or record any status, just exits after calling that command.

たとえば、タスク シーケンスが完了してから 30 秒後にコンピューターを再起動するには、shutdown.exe /r /t 30 /f と指定します。For example, specify shutdown.exe /r /t 30 /f to restart the computer 30 seconds after the task sequence completes.

SMSTSPreferredAdvertIDSMSTSPreferredAdvertID

タスク シーケンスで対象コンピューターでの特定の展開が実行されるように強制します。Forces the task sequence to run a specific targeted deployment on the destination computer. この変数は、メディアまたは PXE から起動前コマンドを使用して設定します。Set this variable through a prestart command from media or PXE. この変数が設定されると、タスク シーケンスは要求されたすべての展開をオーバーライドします。If this variable is set, the task sequence overrides any required deployments.

SMSTSPreserveContentSMSTSPreserveContent

この変数は、展開後に Configuration Manager クライアント キャッシュに残すタスク シーケンス内のコンテンツにフラグを設定します。This variable flags the content in the task sequence to be kept in the Configuration Manager client cache after the deployment. この変数は、タスク シーケンスの持続期間だけコンテンツを保持する、SMSTSPersistContent とは異なります。This variable is different from SMSTSPersistContent, which only keeps the content for the duration of the task sequence. SMSTSPersistContent ではタスク シーケンス キャッシュを使用し、SMSTSPreserveContent では Configuration Manager クライアント キャッシュを使用します。SMSTSPersistContent uses the task sequence cache, SMSTSPreserveContent uses the Configuration Manager client cache. この機能を有効にするには、SMSTSPreserveContent を true に設定します。Set SMSTSPreserveContent to true to enable this functionality.

SMSTSRebootDelaySMSTSRebootDelay

コンピューターが再起動するまでの待機時間を秒単位で指定します。Specifies how many seconds to wait before the computer restarts. この変数がゼロ (0) の場合、タスク シーケンス マネージャーは再起動の前に通知ダイアログを表示しません。If this variable is zero (0), the task sequence manager doesn't display a notification dialog before reboot.

Example

  • 0: 通知を表示しません0: don't display a notification

  • 60: 1 分間通知を表示します60: display a notification for one minute

SMSTSRebootDelayNextSMSTSRebootDelayNext

バージョン 1906 以降では、この変数を既存の SMSTSRebootDelay 変数と共に使用します。Starting in version 1906, use this variable with the existing SMSTSRebootDelay variable. 初回とは異なるタイムアウトで後で再起動する場合、SMSTSRebootDelayNext を秒単位の別の値に設定します。If you want any later reboots to happen with a different timeout than the first, set SMSTSRebootDelayNext to a different value in seconds.

Example

Windows 10 一括アップグレード タスク シーケンスの開始時に 60 分の再起動通知をユーザーに与えます。You want to give users a 60-minute reboot notification at the start of a Windows 10 in-place upgrade task sequence. その長いタイムアウトの後、追加のタイムアウトを 60 秒だけにします。After that first long timeout, you want additional timeouts to only be 60 seconds. SMSTSRebootDelay を 3600 に、SMSTSRebootDelayNext を 60 に設定します。Set SMSTSRebootDelay to 3600, and SMSTSRebootDelayNext to 60.

SMSTSRebootMessageSMSTSRebootMessage

再起動通知ダイアログに表示するメッセージを指定します。Specifies the message to display in the restart notification dialog. この変数を設定しない場合、既定のメッセージが表示されます。If this variable isn't set, a default message appears.

Example

The task sequence is restarting this computer

SMSTSRebootRequestedSMSTSRebootRequested

現在のタスク シーケンスのステップを完了した後で再起動が必要であることを示します。Indicates that a restart is requested after the current task sequence step is completed. タスク シーケンス ステップでアクションを完了するために再起動が必要な場合は、この変数を設定します。If the task sequence step requires a restart to complete the action, set this variable. コンピューターの再起動後、タスク シーケンスは次のタスク シーケンス ステップから続行されます。After the computer restarts, the task sequence continues to run from the next task sequence step.

  • HD: インストールされている OS が再起動するHD: Restart to the installed OS
  • WinPE: 関連付けられているブートイ メージが再起動するWinPE: Restart to the associated boot image

SMSTSRetryRequestedSMSTSRetryRequested

現在のタスク シーケンスのステップを完了した後で再試行を要求します。Requests a retry after the current task sequence step is completed. このタスク シーケンス変数を設定する場合は、SMSTSRebootRequestedtrue に設定します。If this task sequence variable is set, also set the SMSTSRebootRequested variable to true. コンピューターの再起動後、タスク シーケンス マネージャーは同じタスク シーケンスのステップを再実行します。After the computer is restarted, the task sequence manager reruns the same task sequence step.

SMSTSRunCommandLineAsUserSMSTSRunCommandLineAsUser

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

タスク シーケンス変数を使用して、 コマンド ライン の実行 ステップのユーザー コンテキストを構成します。Use task sequence variables to configure the user context for the Run Command Line step. SMSTSRunCommandLineUserName 変数と SMSTSRunCommandLineUserPassword 変数を使用するために、プレースホルダー アカウントを使用して コマンド ラインの実行 ステップを構成する必要はありません。You don't need to configure the Run Command Line step with a placeholder account to use the SMSTSRunCommandLineUserName and SMSTSRunCommandLineUserPassword variables.

次のいずれかの値を使用して SMSTSRunCommandLineAsUser を構成します。Configure SMSTSRunCommandLineAsUser with one of the following values:

  • true: これ以降の コマンド ラインの実行 ステップは、SMSTSRunCommandLineUserName で指定したユーザーのコンテキストで実行されます。true: Any further Run Command Line steps run in the context of the user specified in SMSTSRunCommandLineUserName.

  • false: これ以降の コマンド ラインの実行 ステップは、ステップで構成したコンテキストで実行されます。false: Any further Run Command Line steps run in the context that you configured on the step.

SMSTSRunCommandLineUserNameSMSTSRunCommandLineUserName

コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

(入力)(input)

コマンド ラインを実行するアカウントを指定します。Specifies the account by which the command line is run. この値は、ユーザー名 または ドメイン\ユーザー名 という形式の文字列になります。The value is a string of the form username or domain\username. SMSTSRunCommandLineUserPassword 変数を使用してアカウントのパスワードを指定します。Specify the account password with the SMSTSRunCommandLineUserPassword variable.

注意

バージョン 2002 以降では、この変数と SMSTSRunCommandLineAsUser 変数を使用して、このステップのユーザー コンテキストを構成します。Starting in version 2002, use the SMSTSRunCommandLineAsUser variable with this variable to configure the user context for this step.

バージョン 1910 以前では、 [次のアカウントでこのステップを実行する] を設定して コマンドラインの実行 ステップを構成します。In version 1910 and earlier, configure the Run Command Line step with the setting to Run this step as the following account. このオプションを有効にして、変数でユーザー名とパスワードを設定する場合は、アカウントに任意の値を指定します。When you enable this option, if you're setting the user name and password with variables, specify any value for the account.

タスク シーケンスの実行アカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the task sequence run-as account, see Accounts.

SMSTSRunCommandLineUserPasswordSMSTSRunCommandLineUserPassword

コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

(入力)(input)

SMSTSRunCommandLineUserName 変数で指定されたアカウントのパスワードを指定します。Specifies the password for the account specified by the SMSTSRunCommandLineUserName variable.

SMSTSRunPowerShellAsUserSMSTSRunPowerShellAsUser

バージョン 2002 以降Starting in version 2002
PowerShell スクリプトの実行ステップに適用されます。Applies to the Run PowerShell Script step.

タスク シーケンス変数を使用して、 PowerShell スクリプトの実行 ステップのユーザー コンテキストを構成します。Use task sequence variables to configure the user context for the Run PowerShell Script step. SMSTSRunPowerShellUserName 変数と SMSTSRunPowerShellUserPassword 変数を使用するために、プレースホルダー アカウントを使用して PowerShell スクリプトの実行 ステップを構成する必要はありません。You don't need to configure the Run PowerShell Script step with a placeholder account to use the SMSTSRunPowerShellUserName and SMSTSRunPowerShellUserPassword variables.

次のいずれかの値を使用して SMSTSRunPowerShellAsUser を構成します。Configure SMSTSRunPowerShellAsUser with one of the following values:

  • true: これ以降の PowerShell スクリプトの実行 ステップは、SMSTSRunPowerShellUserName で指定したユーザーのコンテキストで実行されます。true: Any further Run PowerShell Script steps run in the context of the user specified in SMSTSRunPowerShellUserName.

  • false: これ以降の PowerShell スクリプトの実行 ステップは、ステップで構成したコンテキストで実行されます。false: Any further Run PowerShell Script steps run in the context that you configured on the step.

SMSTSRunPowerShellUserNameSMSTSRunPowerShellUserName

PowerShell スクリプトの実行ステップに適用されます。Applies to the Run PowerShell Script step.

(入力)(input)

PowerShell スクリプトを実行するアカウントを指定します。Specifies the account by which the PowerShell script is run. この値は、ユーザー名 または ドメイン\ユーザー名 という形式の文字列になります。The value is a string of the form username or domain\username. SMSTSRunPowerShellUserPassword 変数を使用して、アカウントのパスワードを指定します。Specify the account password with the SMSTSRunPowerShellUserPassword variable.

注意

これらの変数を使用するには、 [次のアカウントでこのステップを実行する] を設定して [PowerShell スクリプトの実行] のステップを構成します。To use these variables, configure the Run PowerShell Script step with the setting to Run this step as the following account. このオプションを有効にして、変数でユーザー名とパスワードを設定する場合は、アカウントに任意の値を指定します。When you enable this option, if you're setting the user name and password with variables, specify any value for the account.

タスク シーケンスの実行アカウントについて詳しくは、アカウントに関するページをご覧ください。For more information on the task sequence run-as account, see Accounts.

SMSTSRunPowerShellUserPasswordSMSTSRunPowerShellUserPassword

PowerShell スクリプトの実行ステップに適用されます。Applies to the Run PowerShell Script step.

(入力)(input)

SMSTSRunPowerShellUserName 変数で指定されたアカウントのパスワードを指定します。Specifies the password for the account specified by the SMSTSRunPowerShellUserName variable.

SMSTSSoftwareUpdateScanTimeoutSMSTSSoftwareUpdateScanTimeout

ソフトウェア更新プログラムのインストール ステップに適用されます。Applies to the Install Software Updates step.

(入力)(input)

このステップにおけるソフトウェア更新プログラムのスキャンのタイムアウトを制御します。Control the timeout for the software updates scan during this step. たとえば、スキャン中に多数の更新プログラムが予想される場合は、この値を増やします。For example, if you expect numerous updates during the scan, increase the value. 既定値は 3600 秒 (60 分) です。The default value is 3600 seconds (60 minutes). 変数値は秒単位で設定されます。The variable value is set in seconds.

SMSTSUDAUsersSMSTSUDAUsers

<DomainName>\<UserName> の形式を使用して、対象コンピューターのプライマリ ユーザーを指定します。Specifies the primary users of the destination computer by using the following format: <DomainName>\<UserName>. 複数のユーザーは、コンマ (,) で区切ります。Separate multiple users by using a comma (,). 詳細については、「System Center Configuration Manager でユーザーをセットアップ先のコンピューターに関連付ける」を参照してください。For more information, see Associate users with a destination computer.

Example

contoso\jqpublic, contoso\megb, contoso\janedoh

SMSTSWaitCcmexecOperationalTimeoutSMSTSWaitCcmexecOperationalTimeout

(入力)(input)

バージョン 1910 以降では、この変数を使用して、SMS Agent Host サービス (ccmexec) が完全に開始されるのを待機するタスク シーケンスのタイムアウト期間を制御します。Starting in version 1910, use this variable to control the timeout period for the task sequence to wait for the SMS Agent Host service (ccmexec) to completely start. この値は秒単位で指定してください。Specify this value in seconds. 既定のタイムアウト期間は、30 分 (1800 秒) です。The default timeout period is 30 minutes, or 1800 seconds.

SMSTSWaitCcmexecOperationalTimeout の例Examples of SMSTSWaitCcmexecOperationalTimeout

  • 1800 (既定):30 分1800 (default): 30 minutes
  • 300: タスク シーケンスは、ccmexec が開始するまで 5 分間待機します300: The task sequence waits five minutes for ccmexec to start

SMSTSWaitForSecondRebootSMSTSWaitForSecondReboot

ソフトウェア更新プログラムのインストール ステップに適用されます。Applies to the Install Software Updates step.

(入力)(input)

ソフトウェア更新プログラムのインストールで 2 回再起動が必要な場合に、この省略可能なタスク シーケンス変数でクライアントの動作を制御します。This optional task sequence variable controls client behavior when a software update installation requires two restarts. この変数は、ソフトウェア更新プログラムのインストールからの 2 つ目の再起動によってタスク シーケンスが失敗するのを防ぐために、このステップの前に設定します。Set this variable before this step to prevent a task sequence from failing because of a second restart from software update installation.

コンピューターの再起動中にこのステップでタスク シーケンスが一時停止する時間を指定する場合は、SMSTSWaitForSecondReboot の値を秒単位で設定します。Set the SMSTSWaitForSecondReboot value in seconds to specify how long the task sequence pauses on this step while the computer restarts. 2 つ目の再起動がある場合には十分な時間を取るようにしてください。Allow sufficient time in case there's a second restart.

たとえば、SMSTSWaitForSecondReboot を 600 に設定した場合、再起動してから追加のステップが実行されるまで、タスク シーケンスが 10 分間一時停止します。For example, if you set SMSTSWaitForSecondReboot to 600, the task sequence pauses for 10 minutes after a restart before additional steps run. この変数は、何百ものソフトウェア更新プログラムが 1 つのソフトウェア更新プログラムのインストール タスク シーケンス ステップでインストールされる場合に便利です。This variable is useful when a single Install Software Updates task sequence step installs hundreds of software updates.

注意

この変数は、OS を展開するタスク シーケンスにのみ適用されます。This variable only applies to a task sequence that deploys an OS. カスタム タスク シーケンスでは機能しません。It doesn't work in a custom task sequence.

TSDebugModeTSDebugMode

バージョン 1906 以降では、タスク シーケンスが展開されているコレクションまたはコンピューター オブジェクトでこの変数を TRUE に設定します。Starting in version 1906, set this variable to TRUE on a collection or computer object to which the task sequence is deployed. この変数が設定されたデバイスに展開されているすべてのタスク シーケンスがデバッグモードになります。Any device that has this variable set will put any task sequence deployed to it into debug mode.

詳細については、「タスク シーケンスのデバッグ」をご覧ください。For more information, see Debug a task sequence.

TSDebugOnErrorTSDebugOnError

バージョン 1910 以降では、この変数を TRUE に設定することで、タスク シーケンスでエラーが返されたときに自動的にタスク シークエンス デバッガーを起動できます。Starting in version 1910, set this variable to TRUE to automatically start the task sequence debugger when the task sequence returns an error.

次を使用してこの変数を設定します。Set this variable using:

TSDisableProgressUITSDisableProgressUI

この変数を使って、タスク シーケンスが進行状況をエンド ユーザーに表示するタイミングを制御します。Use this variable to control when the task sequence displays progress to end users. 異なる時点で進行状況の非表示または表示を切り替えるには、タスク シーケンス内で複数回この変数を設定します。To hide or display progress at different times, set this variable multiple times in a task sequence.

  • true: タスク シーケンスの進行状況を非表示にするtrue: Hide task sequence progress

  • false: タスク シーケンスの進行状況を表示しますfalse: Display task sequence progress

TSErrorOnWarningTSErrorOnWarning

アプリケーションのインストール ステップに適用されます。Applies to the Install Application step.

(入力)(input)

タスク シーケンス エンジンがこのステップで検出された警告をエラーと見なすかどうかを指定します。Specify whether the task sequence engine considers a detected warning as an error during this step. 1 つ以上のアプリケーション、または必要な依存関係がインストールされていない場合、要件を満たしていないため、タスク シーケンスでは _TSAppInstallStatus 変数を Warning に設定します。The task sequence sets the _TSAppInstallStatus variable to Warning when one or more applications, or a required dependency, didn't install because it didn't meet a requirement. この変数を True に設定したときに、タスク シーケンスでは _TSAppInstallStatusWarning に設定されている場合、結果はエラーとなります。When you set this variable to True, and the task sequence sets _TSAppInstallStatus to Warning, the outcome is an error. False が既定の動作です。A value of False is the default behavior.

TSProgressInfoLevelTSProgressInfoLevel

バージョン 2002 以降Starting in version 2002

タスク シーケンスの進行状況ウィンドウに表示される情報の種類を制御するには、この変数を指定します。Specify this variable to control the type of information that the task sequence progress window displays. この変数には次の値を使用します。Use the following values for this variable:

  • 1: 進行状況テキストに現在のステップと合計ステップを含めます。1: Include the current step and total steps to the progress text. たとえば、 2/10 です。For example, 2 of 10.
  • 2: 現在のステップ、合計ステップ、完了率を含めます。2: Include the current step, total steps, and percentage completed. たとえば、 2/10 (20% 完了) です。For example, 2 of 10 (20% complete).
  • 3: 完了率を含めます。3: Include the percentage completed. たとえば、 (20% 完了) です。For example, (20% complete).

TSUEFIDriveTSUEFIDrive

[変数] フィールドで FAT32 パーティションのプロパティに対して使用します。Use on the properties of a FAT32 partition in the Variable field. タスク シーケンスでこの変数が検出されると、コンピューターを再起動する前に、UEFI への移行用にディスクが準備されます。When the task sequence detects this variable, it prepares the disk for transition to UEFI before it restarts the computer. 詳細については、「BIOS から UEFI への変換を管理するためのタスク シーケンス手順」を参照してください。For more information, see Task sequence steps to manage BIOS to UEFI conversion.

WorkingDirectoryWorkingDirectory

コマンド ラインの実行ステップに適用されます。Applies to the Run Command Line step.

(入力)(input)

コマンド ラインのアクションの開始ディレクトリを指定します。Specifies the starting directory for a command-line action. ディレクトリ名は、255 文字以内で指定する必要があります。The specified directory name can't exceed 255 characters.

Examples

  • C:\
  • %SystemRoot%

非推奨の変数Deprecated variables

以下の変数は非推奨です。The following variables are deprecated:

  • OSDAllowUnsignedDriver :Windows Vista 以降のオペレーティング システムの展開時には使用されませんOSDAllowUnsignedDriver : Isn't used when deploying Windows Vista and later operating systems
  • OSDBuildStorageDriverList :Windows XP および Windows Server 2003 にのみ適用されますOSDBuildStorageDriverList : Only applies to Windows XP and Windows Server 2003
  • OSDDiskpartBiosCompatibilityMode :Windows XP または Windows Server 2003 を展開する場合にのみ必要ですOSDDiskpartBiosCompatibilityMode : Only needed when deploying Windows XP or Windows Server 2003
  • OSDInstallEditionIndex :Windows Vista より後のモデルでは必要ありませんOSDInstallEditionIndex : Not needed post-Windows Vista
  • OSDPreserveDriveLetter :詳しくは、「 OSDPreserveDriveLetter」をご覧くださいOSDPreserveDriveLetter : For more information, see OSDPreserveDriveLetter

OSDPreserveDriveLetterOSDPreserveDriveLetter

重要

このタスク シーケンス変数は非推奨とされます。This task sequence variable is deprecated.

既定では、OS の展開中に、Windows セットアップが、使用する最適なドライブ文字を決定します (通常は C:)。During an OS deployment, by default, Windows Setup determines the best drive letter to use (typically C:).

以前の動作 : イメージの適用時に、OSDPreverveDriveLetter 変数で、タスク シーケンスがイメージ ファイル (WIM) にキャプチャされたドライブ文字を使用するかどうかを判断します。Previous behavior : when applying an image, the OSDPreverveDriveLetter variable determines whether the task sequence uses the drive letter captured in the image file (WIM). この変数の値を false に設定して、 オペレーティング システムの適用 タスク シーケンス ステップの [適用先] 設定で指定した場所を使用します。Set the value for this variable to false to use the location that you specify for the Destination setting in the Apply Operating System task sequence step. 詳しくは、「オペレーティング システム イメージの適用」をご覧ください。For more information, see Apply OS image.

関連項目See also