Windows セットアップ コマンド ライン オプションWindows Setup Command-Line Options

次のコマンド ライン オプションは、Windows セットアップの利用します。The following command-line options are available for Windows Setup. 以降では、Windows 10 バージョン 1607 を所有 setupconfig ファイルを使用して、代わりに、Windows セットアップにコマンドラインでパラメーターを渡します。Beginning with Windows 10, version 1607, you can use a setupconfig file as an alternative to passing paramters to Windows Setup on a command line. 詳細については、次を参照してください。 Windows セットアップの自動化の概要します。For more information, see Windows Setup Automation Overview.

setup.exesetup.exe

次の表では、セットアップ コマンド ライン オプションを示します。The following table lists Setup command-line options:

オプションOption 説明Description

/1394Debug:<channel> [BaudRate:<baudrate>]/1394Debug:<channel> [BaudRate:<baudrate>]

カーネルは、Windows が実行され、中に、IEEE 1394 (FireWire) ポート経由でデバッグを有効、 windowsPE Windows セットアップの構成パス。Enables kernel debugging over an IEEE 1394 (FireWire) port while Windows is running and during the windowsPE configuration pass of Windows Setup.
<チャネル>デバッグ チャネルを指定します。<channel> specifies the debugging channel. 既定値<チャネル>1します。The default value for <channel> is 1.
[baudrate:<baudrate>] Windows デバッグ中にデータを転送するときに使用するボーを指定します。[baudrate:<baudrate>] specifies the baud to use when Windows transfers data during debugging. 既定の設定は19200します。The default setting is 19200. 設定することも、 <baudrate>設定57600または115200します。You can also set the <baudrate> setting to 57600 or 115200. 例:For example:

/1394debug:1/baudrate:115200 をセットアップします。Setup /1394debug:1 /baudrate:115200

/AddBootMgrLast/AddBootMgrLast

UEFI ファームウェア ブート順序の最後のエントリとして、Windows ブート マネージャーを追加する Windows セットアップに指示します。Instructs Windows Setup to add the Windows Boot Manager as the last entry in the UEFI firmware boot order. このオプションは、Windows PE 4.0 を実行している UEFI Pc でサポートされている、またはそれ以降だけです。This option is only supported on UEFI PCs running Windows PE 4.0 or later.

/Auto {Clean | DataOnly | Upgrade}/Auto {Clean | DataOnly | Upgrade}

Windows 10 または Windows 8.1 のボリューム ライセンス エディションのみへの自動アップグレードを実行します。Performs an automated upgrade to Windows 10 or Windows 8.1 volume license editions only.
/Auto を使用する場合は、無人セットアップ ファイルを使用できません。When /auto is used, an unattend file cannot be used.
/Auto を使用すると、Windows セットアップは ei.cfg を使用し、インストールを開始する前に互換性の問題を確認します。When /auto is used, Windows Setup consumes ei.cfg, and checks compatibility issues before starting the installation. Ei.cfg が正しくない場合、セットアップはサイレント モードで終了し、終了コードをログに記録します。If ei.cfg is malformed, setup exits silently and logs an exit code.
クリーン:Windows のクリーン インストールを実行します。 Clean: Performs an clean install of Windows.
DataOnly:保存データとのみアプリではありません。)、Windows のアップグレードを実行します。データのみのインストール オプションの互換性チェックのために使用しない場合、Windows セットアップが自動的に終了し、終了コードをログに記録します。 DataOnly: Performs an upgrade of Windows, saving only data (and not apps.) If the data-only installation option is not available due to compatibility checks, Windows Setup will exit silently and log an exit code.
アップグレード:Windows アプリとデータの保存のアップグレードを実行します。 Upgrade: Performs an upgrade of Windows saving apps and data. アップグレードのインストール オプションが使用できない場合は、ユーザーがアプリの互換性問題を解決する必要があります、Windows セットアップが自動的に終了し、終了コードをログに記録します。If the upgrade installation option is not available, or the user needs to resolve an app compatibility issue, Windows Setup will exit silently and log an exit code.
Setup.exe の終了コード:参照してください次の表します。 Setup.exe exit codes: See table below.
/noautoexit:Windows 10 では使用されません。 /noautoexit: Not used in Windows 10. Windows 8.1 では、エラーが見つかった場合 Windows 終了しませんが、代わりが中止され、ユーザーが問題を解決するまでセットアップ画面上に留まります。In Windows 8.1, if an error is found, Windows Setup does not exit, but instead stops and stays on the setup screen until the user addresses the issue. その時点から、インストールが出席します。The installation from that point on is attended.
/performDU:Windows 10 では使用されません。 /performDU: Not used in Windows 10. Windows 8.1、Windows セットアップは、Windows セットアップの動的な更新プログラムを確認します。In Windows 8.1, Windows Setup checks for Dynamic Updates for Windows Setup.
例:Examples:
クリーン/auto をセットアップします。 Setup /auto clean
/Auto dataonly をセットアップします。 Setup /auto dataonly
/Auto アップグレードをセットアップします。 Setup /auto upgrade

/BitLocker {AlwaysSuspend |TryKeepActive |ForceKeepActive}/BitLocker {AlwaysSuspend | TryKeepActive | ForceKeepActive}

アップグレード中には、BitLocker の状態を指定します。Specifies the BitLocker status during upgrades.
AlwaysSuspend:BitLocker は、アップグレード中に常に中断されます。 AlwaysSuspend: BitLocker is always suspended during an upgrade.
TryKeepActive:BitLocker を中断することがなく、アップグレードを試行します。 TryKeepActive: Attempts an upgrade without suspending BitLocker. アップグレードが失敗した場合、Windows セットアップが BitLocker を一時停止し、アップグレードを完了します。If the upgrade fails, Windows Setup will suspend BitLocker and complete the upgrade. これは、場合の既定の動作、 /bitlockerオプションが指定されていません。This is the default behavior if the /bitlocker option is not specified.
ForceKeepActive:BitLocker を中断することがなくアップグレードを有効にします。 ForceKeepActive: Enables upgrading without suspending BitLocker. BitLocker が有効であるために、アップグレードを完了できない場合、アップグレードは失敗します。If the upgrade can't be completed because BitLocker is active, the upgrade will fail.

/BusParams:<bus.device.function>/BusParams:<bus.device.function>

PCI 1394 のアドレス、USB、または NET を指定するポートをデバッグします。Specifies the PCI address of a 1394, USB, or NET debug port. バス、デバイス、および関数の番号は、10 進数形式でなければなりません。The bus, device, and function numbers must be in decimal format. 例:Example:

セットアップ/busparams:0.29.7 Setup /busparams:0.29.7

詳細については、次を参照してください。カーネル デバッグのセットアップと USB 2.0します。For more info, see Setting Up Kernel Debugging with USB 2.0.

/CompactOS {Enable / Disable}/CompactOS {Enable / Disable}

ハード ドライブ領域を節約するコンパクトな OS 機能を使用するかどうかを指定します。Specifies whether to use the Compact OS feature to save hard drive space. 既定では、Windows セットアップには、この機能を自動的に使用するかどうかが決定します。By default, Windows Setup determines whether to use this feature automatically.
有効にする:セットアップでは、圧縮されたシステム ファイルを使用して Windows をインストールします。 Enable: Setup installs Windows using compressed system files.
無効にする:圧縮されていないシステム ファイルを使用して Windows をインストールします。 Disable: Setup installs Windows using uncompressed system files
コンパクトな OS の詳細については、次を参照してください。コンパクトな OS では、単一インスタンス化、およびイメージの最適化します。To learn more about Compact OS, see Compact OS, single-instancing, and image optimization.
セットアップ/compactos を有効にします。 Setup /compactos enable

/Compat {IgnoreWarning / ScanOnly}/Compat {IgnoreWarning / ScanOnly}

IgnoreWarning:セットアップでは、インストールでは、無視できる互換性に関するメッセージを完了します。IgnoreWarning: Setup completes installation, ignoring any dismissible compatibility messages.
ScanOnly:Windows セットアップでは、を通じて、互換性スキャンが実行され、(インストールの完了) なし、互換性の問題が存在するかどうかを示すために、終了コードを返して終了します。 ScanOnly: Windows Setup runs through compatibility scans, and then exits (without completing the installation) with an exit code to indicate if any compatibility concerns are present. 問題が見つからない場合は、セットアップを 0xC1900210 に戻ります。Setup will return 0xC1900210 if no concerns are found. 互換性の問題が見つかった場合は、セットアップを 0xC1900208 に戻ります。Setup will return 0xC1900208 if compatibility concerns are found.
例:Example:
/Compat IgnoreWarning をセットアップします。 Setup /compat IgnoreWarning
使用してセットアップを起動した場合/compat ScanOnly:If you launch Setup with /Compat ScanOnly:

  • 互換性の問題が見つからない場合 MOSETUP_E_COMPAT_SCANONLY (0xC1900210) が返されます。If it does not find any compat issue, it will return MOSETUP_E_COMPAT_SCANONLY (0xC1900210)
  • アプリなどのアクションにつながる互換性の問題を見つけた場合 MOSETUP_E_COMPAT_INSTALLREQ_BLOCK (0xC1900208) が返されます。If it finds Actionable compat issues, like Apps, it will return MOSETUP_E_COMPAT_INSTALLREQ_BLOCK (0xC1900208)
  • Mig-選択したオプションが使用できないことが見つかると、MOSETUP_E_COMPAT_MIGCHOICE_BLOCK (0xC1900204) が返されます。If it finds that the Mig-Choice selected is not available, it will return MOSETUP_E_COMPAT_MIGCHOICE_BLOCK (0xC1900204)
  • そのマシンが Windows 10 に適合が見つかると、MOSETUP_E_COMPAT_SYSREQ_BLOCK (0xC1900200) が返されます。If it finds that machine is not eligible for Windows 10, it will return MOSETUP_E_COMPAT_SYSREQ_BLOCK (0xC1900200)
  • そのコンピューターにインストールするための十分な空き領域がないが見つかると、MOSETUP_E_INSTALLDISKSPACE_BLOCK (0xC190020E) が返されます。If it finds that machine does not have enough free space to install, it will return MOSETUP_E_INSTALLDISKSPACE_BLOCK (0xC190020E)
このコマンドは、他のスイッチで機能します。This command works with other switches. たとえば、UI を用意しないで、バック グラウンドでセットアップを実行します。For example, to run Setup in the background without any UI:
/Compat ScanOnly を/quiet/Auto アップグレードのセットアップ Setup /Auto Upgrade /Quiet /Compat ScanOnly
Ui の言語の変更などの一般的な免責事項を無視するには。To ignore common disclaimers in the UI, for example, language changes:
セットアップ/アップグレード/quiet/Compat ScanOnly/compat IgnoreWarning を Auto Setup /Auto Upgrade /Quiet /Compat ScanOnly /Compat IgnoreWarning
ほとんどの場合、管理者は、セットアップの互換性の問題が見つかった場合は、XML 互換性を確認するには。Most of the time, an Admin would like to look at the compat XML if Setup found compat issues. そのため、管理者はコピー ログのフラグをセットアップ ログを収集するのにも使用できます。For that the admin can even use copy logs flag to collect Setup logs:
Setup /Auto Upgrade /Quiet /Compat ScanOnly /Compat IgnoreWarning /CopyLogs C:\Temp\Logfiles.log Setup /Auto Upgrade /Quiet /Compat ScanOnly /Compat IgnoreWarning /CopyLogs C:\Temp\Logfiles.log
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/CopyLogs<location>/CopyLogs<location>

セットアップをコピーまたは指定した場所 (コンピューターまたはユーザーの場所にアクセス許可およびネットワーク アクセスを持つと仮定) に障害発生時に logs(compressed) をアップロードします。Setup will copy or upload logs(compressed) upon failure to the specified location (assuming machine/user has permission and network access to location).
使用できるパラメーターは、ローカル ファイル パスと UNC ネットワーク パスです。Accepted parameters are local file paths and UNC network paths.
注:そのユーザーの権限が必要な場所にコピーする権限があるないため、システム コンテキストで実行されます。Note: This runs in the system context, so it may not have permissions to copy to locations that require user permissions.
例:Example:
セットアップ/copylogs \\server\share\ Setup /copylogs \\server\share\

/Debug:<port> [BaudRate:<baudrate>]/Debug:<port> [BaudRate:<baudrate>]

Windows が実行されていると、中に、(COM) ポートを経由する通信でデバッグできるようにカーネル、 windowsPE Windows セットアップの構成パス。Enables kernel debugging over a communications (COM) port when Windows is running, and during the windowsPE configuration pass of Windows Setup.
<ポート>デバッグ ポートを指定します。<port> specifies the debugging port. 既定値<ポート>は 1 です。The default value for <port> is 1.
[baudrate:<baudrate>] Windows デバッグ中にデータを転送するときに使用するボーを指定します。[baudrate:<baudrate>] specifies the baud to use when Windows transfers data during debugging. 既定の設定は19200します。The default setting is 19200. 設定することも、 <baudrate>設定57600または115200します。You can also set the <baudrate> setting to 57600 or 115200. 次に、例を示します。For example:
/Debug:1/baudrate:115200 をセットアップします。 Setup /debug:1 /baudrate:115200

/DiagnosticPrompt {を有効にする | を無効にする}/DiagnosticPrompt {enable | disable}

Windows セットアップ中に、コマンド プロンプトが使用可能なことを指定します。Specifies that the Command Prompt is available during Windows Setup.
有効にする:コマンド プロンプトは、shift キーを押しながら f10 キーを押すと、Windows セットアップ中にアクセスできます。 Enable: The Command Prompt can be accessed by pressing Shift+F10 during Windows setup.
無効にする:Windows セットアップ中には、コマンド プロンプトを使用できません。 Disable: The Command Prompt is not available during Windows setup. コマンド プロンプトが使用できないときにオフライン OOBE のフェーズを実行しているとします。The Command Prompt wil not be available while offline and OOBE phases are running. これが既定の設定です。This is the default setting.
例:Example:
セットアップ/DiagnosticPrompt を有効にします。 setup /DiagnosticPrompt enable
この設定は、Windows 10 バージョン 1703 の新機能です。This setting is new for Windows 10, Version 1703.

/DynamicUpdate {enable | disable}/DynamicUpdate {enable | disable}

セットアップが動的な更新操作 (検索、ダウンロード、および更新プログラムのインストール) を実行するかどうかを指定します。Specifies whether setup will perform Dynamic Update operations (search, download, and install updates). 例:Example:
セットアップ/auto アップグレード/DynamicUpdate を無効にします。 setup /auto upgrade /DynamicUpdate disable

/EMSPort: {COM1 | COM2 | off} [/emsbaudrate:<baudrate>]/EMSPort: {COM1 | COM2 | off} [/emsbaudrate:<baudrate>]

有効または、Windows セットアップ中に、サーバーのオペレーティング システムがインストールされた後に、緊急管理サービス (EMS) を無効にします。Enables or disables Emergency Management Services (EMS) during Windows Setup and after the server operating system has been installed. 次の引数は、Windows セットアップ中に、EMS の動作を指定に使用されます。The following arguments are used to specify the behavior of EMS during Windows Setup.
COM1 COM1 経由で EMS を有効にします。 COM1 enables EMS over COM1. X86 のサポートされているシステムのみです。Supported for x86 systems only.
COM2 COM2 経由で EMS を有効にします。 COM2 enables EMS over COM2. X86 のサポートされているシステムのみです。Supported for x86 systems only.
usebiossettings BIOS を指定する設定が使用されます。 usebiossettings uses the setting that the BIOS specifies. X86 システムでは、Windows は、シリアル ポート Console Redirection (SPCR) テーブルから値を使用します。For x86 systems, Windows uses the value from the Serial Port Console Redirection (SPCR) table. BIOS に SPCR テーブルと EFI コンソール デバイス パスが指定されていない、Windows を無効にusebiossettings.usebiossettingsIf no SPCR table or EFI console device path is specified in the BIOS, Windows disables usebiossettings.usebiossettings
オフEMS を無効にします。 off disables EMS. Windows セットアップで EMS を無効の場合は、ブート設定を変更することによって後で EMS を有効にできます。If EMS is disabled in Windows Setup, you can later enable EMS by modifying the boot settings.
[/emsbaudrate:<baudrate>] Windows デバッグ中にデータを転送するときに使用するボーを指定します。[/emsbaudrate:<baudrate>] specifies the baud to use when Windows transfers data during debugging. 既定値は19200します。The default is 19200. 設定することも、 <baudrate>設定57600または115200します。You can also set the <baudrate> setting to 57600 or 115200. 以下に例を示します。For example:
/Emsport:COM1/emsbaudrate:115200 をセットアップします。 Setup /emsport:COM1 /emsbaudrate:115200

/InstallDrivers<場所>/InstallDrivers<location>

新しい Windows 10 のインストールには、.inf 形式のドライバーを追加します。Adds .inf-style drivers to the new Windows 10 installation. 指定された場所内のフォルダーにドライバーの .inf ができます。The driver .inf can be in a folder within the specified location. コマンドは、指定した場所で再帰は。The command will recurse through the specified location.
使用できるパラメーターは、ローカル ファイル パスまたは .inf ファイルを含むフォルダーへの UNC ネットワーク パスです。Accepted parameters are a local file path or UNC network path to a folder that contains .inf files. 例:Example:
setup.exe /auto upgrade /installdrivers C:\Fabrikam\drivers /noreboot setup.exe /auto upgrade /installdrivers C:\Fabrikam\drivers /noreboot
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/InstallFrom<path>/InstallFrom<path>

Windows セットアップ中に使用する別の Install.wim ファイルを指定します。Specifies a different Install.wim file to use during Windows Setup. これにより、単一のプレインストール環境を使用して、複数のバージョンの Windows イメージをインストールすることができます。This enables you to use a single preinstallation environment to install multiple versions of Windows images. たとえば、64 ビット Windows イメージを展開するのに Windows セットアップの 32 ビット バージョンを使用できます。For example, you can use a 32-bit version of Windows Setup to deploy a 64-bit Windows image. クロス プラットフォームの展開応答ファイルを使用することもできます。You can also use an answer file for cross-platform deployments. 詳細については、「を作成する、WIM の種類のアーキテクチャ」を参照してくださいWindows セットアップのサポートされているプラットフォームとクロスプラット フォーム展開します。For more information, see “Creating a WIM for Multiple Architecture Types” in Windows Setup Supported Platforms and Cross-Platform Deployments.
<パス>をインストールする .wim ファイルのパスを指定します。<path> specifies the path of the .wim file to install. 以下に例を示します。For example:
/Installfrom D:\custom.wim をセットアップします。 Setup /installfrom D:\custom.wim
分割イメージ ファイル (.swm) も使用できます。Can also be used with split image files (.swm). たとえば、シリーズでは、最初の分割イメージ ファイルを選択します。Select the first split image file in the series, for example:
/Installfrom D:\install.swm をセットアップします。 Setup /installfrom D:\install.swm

/InstallLangPacks<location>/InstallLangPacks<location>

新しい Windows 10 のインストールには、言語パック (lp.cab) を追加します。Adds language packs (lp.cab) to the new Windows 10 installation.
言語パックは、指定された場所内のフォルダーに指定できます。The language packs can be in a folder within the specified location. コマンドは、フォルダーとサブフォルダーを指定した位置にすべての lp.cab ファイルと音声合成の認識などの言語機能をインストールします。The command installs all lp.cab files and language capabilities such as text-to-speech recognition, in the folder and subfolders at the specified location.
使用できるパラメーターは、ローカル ファイル パスまたは .inf ファイルを含むフォルダーへの UNC ネットワーク パスです。Accepted parameters are a local file path or UNC network path to a folder that contains .inf files.
setup /auto upgrade /installlangpacks C:\Fabrikam\Languages\French /noreboot setup /auto upgrade /installlangpacks C:\Fabrikam\Languages\French /noreboot
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/m:<folder_name>/m:<folder_name>

セットアップ キーを押して、別の場所から別のファイルをコピーします。Instructs Setup to copy alternate files from an alternate location. このオプションでは、セットアップを最初に、別の場所に検索し、ファイルを見つけた場合、既定の場所からファイルの代わりに使用するように指示します。This option instructs Setup to look in the alternate location first, and, if files are present, to use them instead of the files from the default location.
<folder_name> 名前と置換ファイルを含み、ローカル ドライブの任意の場所は、フォルダーの場所を指定します。 <folder_name> specifies the name and the location of the folder that contains the replacement files and can be any local drive location. UNC パスはサポートされません。UNC paths are not supported.
Windows インストールで、ファイルのインストールされていることが必要です。You must know where the files will be installed on the Windows installation. $Oem$ フォルダーのインストール ソースまたはに追加するすべてのファイルをコピーする必要があります、 <folder_name>します。All the additional files must be copied to an $OEM$ folder in your installation sources or in the <folder_name>. $Oem$ 構造は、コピー先のインストール ディスクの表現を提供します。The $OEM$ structure provides a representation of the destination installation disk. 以下に例を示します。For example:
$OEM$\$1 $OEM$\$1
マップに %systemdrive% を C: ドライブである可能性があります。maps to %SYSTEMDRIVE%, which could be drive C.
$OEM $\$$ $OEM$\$$
%windir%、C:\windows である可能性がありますにマップされます。maps to %WINDIR%, which could be C:\windows.
$OEM$\$ください。 $OEM$\$progs
program files ディレクトリにマップされます。maps to the program files directory.
$OEM$\$docs $OEM$\$docs
ユーザーのマイ ドキュメント フォルダーにマップされます。maps to the user's My Documents folder.
たとえば、Windows インストールには、更新された C:\Program Files\Messenger\Msmsgs.exe ファイルをコピーするに、Pro\Sources で次のフォルダー構造を作成\$OEM$\$Progs\Messenger\Msmsgs.exe インストールのソースを使用してセットアップコマンド。For example, to copy an updated C:\Program Files\Messenger\Msmsgs.exe file into the Windows installation, create the following folder structure on the Pro\Sources\$OEM$\$Progs\Messenger\Msmsgs.exe installation source by using the Setup command:
Pro\sources\setup.exe/m Pro\sources\setup.exe /m
ファイルを置換する場合は、その Windows ファイル保護で保護、Windows をインストールするローカル ソースに更新されたファイルをコピーすることも必要があります。If you replace a file that Windows file protection protects, you must also copy the updated file to the local sources to be installed with Windows. たとえば、C:\Windows\i386 フォルダーにファイルをコピーすることがあります。For example, you may copy the file to the C:\Windows\i386 folder. ファイル名は、Windows セットアップで使用されている名前と同じである必要があります。The file name must be the same as the name that is used in Windows Setup. たとえば、次のファイルおよびフォルダー構造を $oem$ ディレクトリに追加します。For example, add the following file and folder structure to your $OEM$ directory:
Pro\sources\$OEM$\$$\i386\msmsgs.ex_ Pro\sources\$OEM$\$$\i386\msmsgs.ex_
インストール共有上にないファイルを使用する場合は、フォルダー名を指定する必要があります。If you use files that are not on an installation share, you must specify the folder name. この例では、 <folder_name> C:\additional_files は。In this example the <folder_name> is C:\additional_files:
/M:C:\additional_files をセットアップします。 Setup /m:C:\additional_files
ここ C:\additional_files、カスタマイズした $oem$ ディレクトリです。where C:\additional_files is your customized $OEM$ directory. 以下に例を示します。For example:
C:\additional_files\$$\i386\msmsgs.ex_ C:\additional_files\$$\i386\msmsgs.ex_
置き換えファイルにおいてリソースを変更する場合は、インストールに更新された多言語ユーザー インターフェイス (MUI) ファイルを追加する必要があります。If you change resources in your replacement files, you must add the updated Multilanguage User Interface (MUI) files to the installation.

/MigNEO Disable/MigNEO Disable

追加のオフライン フェーズにより、最適化せずには、Windows のアップグレードを実行する Windows セットアップに指示します。Tells Windows Setup to perform an upgrade of Windows without additional offline phase optimizations. このオプションは、Windows 10、バージョン 1803 以降で使用できます。This option is available in Windows 10, version 1803 and later.

/MigrateDrivers {すべて | none}/MigrateDrivers {all | none}

セットアップ キーを押してから、既存のインストール、アップグレード中にドライバーを移行するかどうか。Instructs Setup whether to migrate the drivers from the existing installation during the upgrade. 指定できるすべてまたはNoneします。You can specify All or None. 既定では、セットアップに各個々 のドライバー インストールの選択に基づいて最も適した方法を決定します。By default, Setup decides which is best for each individual driver based on the install choice.
このスイッチを使用する/installdriversできたとして必須ではありません。You can use this switch with /installdrivers, though it's not required.
/Auto アップグレード/migratedrivers すべてをセットアップします。 Setup /auto upgrade /migratedrivers all
セットアップ/auto アップグレード/migratedrivers none/installdrivers N:\NewDrivers Setup /auto upgrade /migratedrivers none /installdrivers N:\NewDrivers

/NetDebug:hostip=<w.x.y.z>,port=<n>,key= <q.r.s.t>[,nodhcp][,busparams=n.o.p]/NetDebug:hostip=<w.x.y.z>,port=<n>,key= <q.r.s.t>[,nodhcp][,busparams=n.o.p]

カーネルがネットワーク経由でデバッグを有効にします。Enables kernel debugging over the network.
ホスト コンピューターの IP アドレスを識別するために終点アドレスを使用します。Use hostip to identify the IP address of the host computer.
ポートを識別するためにポートを使用します。Use port to identify the port. 既定の開始ポートは 49152、および既定の終了ポートは 65535 です。The default start port is 49152, and the default end port is 65535.
キーを使用すると、セキュリティで保護された接続を設定するためのパスワードを提供します。Use key to provide a password to set up a secure connection.
Nodhcp を使用して、DHCP の接続を使用しないでください。Use nodhcp to avoid using a DHCP connection. (オプション)(optional)
Busparams を使用すると、バス番号、デバイスの数、および特定の PCI バス デバイス用のアダプターの関数の数を選択します。Use busparams to select the bus number, device number, and function number of an adapter for a specific PCI bus device. (オプション)(optional)
例:Examples:
セットアップ/netdebug:hostip=10.125.4.86,port=50000,key=0.0.0.0 setup /netdebug:hostip=10.125.4.86,port=50000,key=0.0.0.0
セットアップ/netdebug:hostip 10.125.4.86、ポートの = = 50000 key=abcdefg.123.hijklmnop.456,nodhcp setup /netdebug:hostip=10.125.4.86,port=50000, key=abcdefg.123.hijklmnop.456,nodhcp
セットアップ/netdebug:hostip 10.1.4.8、ポートの = = 50000 key=don't.use.previous.keys,busparams=1.5.0 setup /netdebug:hostip=10.1.4.8,port=50000, key=dont.use.previous.keys,busparams=1.5.0
詳細については、次を参照してください。カーネル モード デバッグのセットアップを手動でのネットワーク ケーブルします。For details, see Setting Up Kernel-Mode Debugging over a Network Cable Manually.

/NoReboot/NoReboot

Windows セットアップのダウンレベル フェーズの完了後にコンピューターを再起動しないように Windows セットアップに指示します。Instructs Windows Setup not to restart the computer after the down-level phase of Windows Setup completes. /Norebootオプションでは、Windows が再起動されるまで、その他のコマンドを実行することができます。The /noreboot option enables you to execute additional commands before Windows restarts. このオプションは、のみ、最初の再起動を抑制します。This option suppresses only the first reboot. オプションは、以降の再起動を抑制しません。The option does not suppress subsequent reboots. 以下に例を示します。For example:
/Noreboot をセットアップします。 Setup /noreboot

/鍵<プロダクト キー>/PKey<product key>

特定の製品キーを使用してセットアップを提供します。Supplies Setup with the specific product key. 例:Example:
setup.exe /auto upgrade /pkey xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx setup.exe /auto upgrade /pkey xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/優先度標準/Priority Normal

Windows Update を通じて機能の高低の更新プログラムのスレッド優先順位の繰り上げを Windows セットアップに指示します。Tells Windows Setup to increase the thread priority from low to high for feature updates through Windows Update. このオプションは、Windows 10 バージョン 1709 以降で使用可能な:メディア ベースのインストールが既に通常の優先順位で実行します。This option is available in Windows 10, version 1709 and later Note: Media based installations already run at normal priority.

/PostOOBE<location> [\setupcomplete.cmd]/PostOOBE<location> [\setupcomplete.cmd]

セットアップが完了したら、スクリプトを実行します。After Setup is complete, run a script.
使用できるパラメーターは、ローカル ファイル パスまたは setupcomplete.cmd をという名前のファイルまたは setupcomplete.cmd を含むフォルダーの UNC ネットワーク パスです。Accepted parameters are a local file path or UNC network path to a file named setupcomplete.cmd or to a folder that contains setupcomplete.cmd.
setup.exe /auto upgrade /postoobe c:\Fabrikam\setupcomplete.cmd setup.exe /auto upgrade /postoobe c:\Fabrikam\setupcomplete.cmd
名前のスクリプトを含むフォルダーへのパス: setupcomplete.cmd:Setupcomplete.cmd を Windows に $ にコピー ~ BT OOBE 後に実行します。Path to folder that contains a script with the name: setupcomplete.cmd: Copies setupcomplete.cmd to $Windows.~BT to be run after OOBE.
setup.exe /auto upgrade /postoobe c:\Fabrikam setup.exe /auto upgrade /postoobe c:\Fabrikam
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/PostRollback<location> [\setuprollback.cmd] [/postrollbackcontext {system / user}]/PostRollback<location> [\setuprollback.cmd] [/postrollbackcontext {system / user}]

機能更新プログラムのインストールに失敗して、変更をロールバックする場合、または機能の更新プログラムをアンインストールし、Windows の以前のバージョンに戻り、ユーザーが選択した場合は、スクリプトを実行します。If the feature update fails to install and rolls back the changes, or if the user chooses to uninstall the feature update and go back to a previous version of Windows, run a script.
使用できるパラメーターはローカル ファイル パスまたは setuprollback.cmd、という名前のファイルへの UNC ネットワーク パスまたは setuprollback.cmd を格納しているフォルダーにします。Accepted parameters are a local file path or UNC network path to a file named setuprollback.cmd, or to a folder that contains setuprollback.cmd.
既定では、メディアからの更新プログラムの実行setuprollback.cmdユーザーコンテキストは、最初のユーザーに管理者権限があるアップグレード後にログオンする必要があります。By default, updates from media run setuprollback.cmd in user context, which requires the first user who logs in post-upgrade to have administrator rights. Windows Update から更新プログラムのsetuprollback.cmdで実行されるシステム最初にログインしているユーザーの権限に関係なく、コンテキスト。For updates from Windows Update, setuprollback.cmd runs in system context, regardless of the rights of the first logged-in user. Postrollbackcontextオプションでは、システム アカウントまたはサインインしているユーザーのアカウントのコンテキストでスクリプトを実行するかどうかを指定できます。The postrollbackcontext option allows you to specify whether the script runs in the context of the System account or the account of the signed in user.
setup.exe /auto upgrade /postrollback c:\Fabrikam\setuprollback.cmd setup.exe /auto upgrade /postrollback c:\Fabrikam\setuprollback.cmd
名前のスクリプトを含むフォルダーへのパス: setuprollback.cmd:Setuprollback.cmd を Windows に $ にコピー ~ BT OOBE 後に実行します。Path to folder that contains a script with the name: setuprollback.cmd: Copies setuprollback.cmd to $Windows.~BT to be run after OOBE.
setup.exe /auto upgrade /postrollback \server\share setup.exe /auto upgrade /postrollback \server\share
setup.exe /postrollback C:\Fabrikamsetuprollback.cmd /postrollbackcontext user setup.exe /postrollback C:\Fabrikamsetuprollback.cmd /postrollbackcontext user
/postrollbackcontextは Windows 10、バージョン 1803 の新機能です。 /postrollbackcontext is new for Windows 10, version 1803.

/Quiet/Quiet

これにより、ロールバックのユーザー エクスペリエンスを含む任意のセットアップ ユーザー エクスペリエンスが表示されません。This will suppress any Setup user experience including the rollback user experience. 例:Example:
setup /auto upgrade /quiet setup /auto upgrade /quiet
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/ReflectDrivers<場所>/ReflectDrivers<location>

サード パーティ製の暗号化を有効にされているコンピューターの暗号化のドライバーを含むフォルダーへのパスを指定します。Specifies the path to a folder that contains encryption drivers for a computer that has third-party encryption enabled.
/ReflectDrivers をセットアップします。 Setup /ReflectDrivers
この設定は、Windows 10 バージョン 1607 の新機能です。This setting is new for Windows 10, version 1607.
必ず <folder_path> 暗号化ドライバーの最小セットのみが含まれています。Make sure that <folder_path> contains only a minimal set of encryption drivers. 必要以上の複数のドライバーを持つ <folder_path> アップグレード シナリオに悪影響を与えることができます。Having more drivers than necessary in <folder_path> can negatively impact upgrade scenarios.

/ResizeRecoveryPartition {Enable / Disable}/ResizeRecoveryPartition {Enable / Disable}

既存の Windows 回復環境 (Windows RE) パーティションのサイズを変更または新規インストール時に作成するには、[ok] があるかどうかを指定します。Specifies whether it's OK to resize the existing Windows Recovery Environment (Windows RE) partition or create a new one during installation.
有効にする:インストール中に、Windows は、既存の Windows RE ツールのパーティションのサイズを変更または必要な場合に、新しいものを作成します。 Enable: During installation, Windows can resize the existing Windows RE tools partition or create a new one if needed.
無効にする:Windows の既存の Windows RE ツールのパーティションのサイズを変更またはインストール中に、新しく作成はできません。 Disable: Windows does not resize the existing Windows RE tools partition or create a new one during installation.
Windows RE パーティションの詳細については、次を参照してください。 UEFI GPT ベース ハード ドライブのパーティションBIOS MBR ベース ハード ドライブのパーティションします。To learn more about Windows RE partitions, see UEFI/GPT-based hard drive partitions and BIOS/MBR-based hard drive partitions.
セットアップ/resizerecoverypartition 無効にします。 Setup /resizerecoverypartition disable

/ShowOOBE {full / none}/ShowOOBE {full / none}

完全な:対話形式でボックス experience (OOBE) の出力を完了する必要があります。full: Requires the user to interactively complete the out of box experience (OOBE).
None:OOBE をスキップし、既定の設定を選択します。 none: Skips OOBE and selects the default settings.
例:Example:
setup.exe/auto/showoobe フルのアップグレードします。 setup.exe /auto upgrade /showoobe full
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.

/テレメトリ{を有効にする / を無効にする}/Telemetry {Enable / Disable}

Windows セットアップがキャプチャし、インストール データをレポートするかどうかを指定します。Specifies whether Windows Setup should capture and report installation data.
有効にする:セットアップでは、キャプチャし、インストール データを報告します。 Enable: Setup captures and reports installation data.
無効にする:セットアップでは、インストール データをしない捕捉と報告を行います。 Disable: Setup does not capture and report installation data.
セットアップ/telemetry 無効にします。 Setup /telemetry disable

/TempDrive <drive_letter>/TempDrive <drive_letter>

指定したパーティションに一時インストール ファイルを配置する Windows セットアップに指示します。Instructs Windows Setup to put temporary installation files on the specified partition. アップグレードの場合、 /tempdriveオプションが一時ファイルの配置のみに影響します。For an upgrade, the /tempdrive option affects only the placement of temporary files. オペレーティング システムは、Setup.exe ファイルを実行するパーティションでアップグレードされます。The operating system is upgraded in the partition from which you run the Setup.exe file.
/Tempdriveパラメーターは Windows 10 バージョン 1607 をで使用できますが、以前のバージョンの Windows 10 で使用できなくなります。The /tempdrive parameter is available in Windows 10, version 1607, but it is not available in earlier versions of Windows 10.
<drive_letter> Windows セットアップ中にインストール ファイルのコピー先パーティションを指定します。 <drive_letter> specifies the partition to copy installation files to during Windows Setup. 以下に例を示します。For example:
/Tempdrive H をセットアップします。 Setup /tempdrive H

/Unattend:<answer_file>/Unattend:<answer_file>

Windows セットアップ応答ファイルを使用できます。Enables you to use an answer file with Windows Setup. これは、無人インストールと呼ばれます。This is known as an unattended installation. 値を指定する必要があります <answer_file>します。You must specify a value for <answer_file>. Windows セットアップでは、インストール中に、応答ファイル内の値が適用されます。Windows Setup applies the values in the answer file during installation.
<answer_file> 無人 Windows セットアップ応答ファイルのファイル名とファイルのパスを指定します。 <answer_file> specifies the file path and file name of the unattended Windows Setup answer file.
/Unattend を使用すると、/Auto は使用できません。 When /Unattend is used, /Auto cannot be used.
セットアップ/unattend:\server\share\unattend.xml Setup /unattend:\server\share\unattend.xml

/アンインストール{を有効にする / を無効にする}/Uninstall {enable / disable}

Windows が以前のオペレーティング システムにユーザーを許可するコントロールを含めるかどうかを判断します。Determines whether Windows will include controls that allow the user to go back to the previous operating system.
この設定は、Windows 10 の新機能です。This setting is new for Windows 10.
セットアップ/無効にする のアンインストール Setup /uninstall disable

/USBDebug:<ホスト名> /USBDebug:<hostname>

USB ポート経由でデバッグを設定します。Sets up debugging on a USB port. デバッグ データは、次の再起動で有効です。Debug data is effective on the next reboot.
<ホスト名>をデバッグするコンピューターの名前を指定します。<hostname> specifies the name of the computer to debug. 以下に例を示します。For example:
Setup /usbdebug:testmachine01 Setup /usbdebug:testmachine01

/WDSDiscover/WDSDiscover

Windows 展開サービス (WDS) にクライアントがありますが検出モードであることを指定します。Specifies that the Windows Deployment Services (WDS) client should be in discover mode.
指定しない場合と一緒に/wdsserver 、このオプションを使用して、WDS がサーバーを検索します。If you do not specify /wdsserver with this option, WDS searches for a server. このような動的検出モードで WDS クライアントを起動するなど、次のコマンドを実行します。For example, to start the WDS client in this dynamic discover mode, run the following command:
/Wds/wdsdiscover をセットアップします。 Setup /wds /wdsdiscover

/WDSServer:<servername>/WDSServer:<servername>

クライアントが接続する必要のある Windows 展開サービス サーバーの名前を指定します。Specifies the name of the Windows Deployment Services server that the client should connect to.
この設定を使用する必要がありますを使用するも、 /wdsdiscoverオプション。To use this setting, you must also use the /wdsdiscover option.
<servername> IP アドレス、NetBIOS 名、または完全修飾ドメイン名 (FQDN) にすることができます。 <servername> can be an IP address, a NetBIOS name, or a fully qualified domain name (FQDN). Windows 展開サービス クライアントにこの静的検出モードで開始するなど、次のコマンドを実行します。For example, to start the Windows Deployment Services client in this static discover mode, run the following command:
/Wds/wdsdiscover/wdsserver:MyWDSServer をセットアップします。 Setup /wds /wdsdiscover /wdsserver:MyWDSServer

Setup.exe の終了コードSetup.exe exit codes

終了コード名Exit code name 終了コードExit code 原因Cause
CONX_SETUP_EXITCODE_CONTINUE_REBOOTCONX_SETUP_EXITCODE_CONTINUE_REBOOT 0x30x3 このアップグレードに成功しました。This upgrade was successful.
CONX_SETUP_EXITCODE_RESUME_AT_COMPAT_REPORTCONX_SETUP_EXITCODE_RESUME_AT_COMPAT_REPORT 0x50x5 互換性チェックには、アップグレードを続行する前に、解決を必要とする問題が検出されました。The compatibility check detected issues that require resolution before the upgrade can continue.
CONX_SETUP_EXITCODE_AUTO_INSTALL_FAILCONX_SETUP_EXITCODE_AUTO_INSTALL_FAIL 0x70x7 (アップグレードまたはデータのみ) のインストール オプションを使用できませんでした。The installation option (upgrade or data only) was not available.

関連トピックRelated topics

Windows セットアップの状態Windows Setup States

Windows セットアップのエディションの構成と製品 ID のファイル (EI.cfg と PID.txt)Windows Setup Edition Configuration and Product ID Files (EI.cfg and PID.txt)

Windows セットアップのログ ファイルとイベント ログWindows Setup Log Files and Event Logs