Windows PE (WinPE)Windows PE (WinPE)

Windows PE (WinPE) for Windows 10 は小規模なオペレーティング システムで、Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、および Education)、Windows Server、他の Windows オペレーティング システムのインストール、展開および修復に使用されます。Windows PE (WinPE) for Windows 10 is a small operating system used to install, deploy, and repair Windows 10 for desktop editions (Home, Pro, Enterprise, and Education), Windows Server, and other Windows operating systems. Windows PE では以下を行うことができます。From Windows PE, you can:

  • Windows をインストールする前にハード ドライブをセットアップします。Set up your hard drive before installing Windows.
  • ネットワークまたはローカル ドライブからアプリまたはスクリプトを使用して、Windows をインストールします。Install Windows by using apps or scripts from a network or a local drive.
  • Windows イメージをキャプチャして適用します。Capture and apply Windows images.
  • 実行されていないときに Windows オペレーティング システムを変更します。Modify the Windows operating system while it's not running.
  • 自動回復ツールをセットアップします。Set up automatic recovery tools.
  • 起動できないデバイスのデータを回復します。Recover data from unbootable devices.
  • これらのタスクを自動化するために、独自のカスタム シェルまたは GUI を追加します。Add your own custom shell or GUI to automate these kinds of tasks.

Windows PE コマンドライン

ダウンロードできる場所Where do I download it?

Windows 10 Version 1809 以降では、WinPE は Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) のアドオンです。Starting with Windows 10, version 1809, WinPE is an add-on to the Windows Assessment and Deployment Kit (ADK). 以前は ADK に含まれていました。Previously it was included in the ADK. Windows PE を入手するには、ADK をインストールしてから WinPE アドオンをインストールします。To get Windows PE, install the ADK, and then install the WinPE addon. 詳しくは、WinPE でのUSB 起動可能ドライブおよびWinPE でのブート CD、DVD、ISO、VHD の作成に関するページを参照するか、USB ドライブへの Windows PE のインストールのデモをご覧ください。For more info, see WinPE: Create USB Bootable drive, WinPE: Create a Boot CD, DVD, ISO, or VHD, or see the Demo: Installing Windows PE on a USB Drive.

多くの Windows 機能のサポートSupport for many Windows features

Windows PE では、Windows コマンドライン環境が実行され、次の Windows 機能がサポートされます。Windows PE runs the Windows command line environment, and supports these Windows features:

  • バッチ ファイルおよびスクリプト: Windows スクリプト ホスト (WSH) および ActiveX データ オブジェクト (ADO) のサポートや、オプションとして PowerShell のサポートなど。Batch files and scripts, including support for Windows Script Host (WSH), and ActiveX Data Objects (ADO), and optional support for PowerShell.
  • アプリケーション: Win32 アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、およびオプションとして HTML アプリケーション (HTA) のサポートなど。Applications, including Win32 application programming interfaces (APIs) and optional support for HTML Applications (HTA).
  • ドライバー: ネットワーク、グラフィックス、および大容量記憶装置を実行できる汎用ドライバー セットなど。Drivers, including a generic set of drivers that can run networking, graphics, and mass storage devices.
  • イメージのキャプチャとサービス: 展開イメージのサービスと管理 (DISM) など。Image capturing and servicing, including Deployment Image Servicing and Management (DISM).
  • ネットワーク: TCP/IP や LAN 経由での TCP/IP 上の NetBIOS を使用したファイル サーバーへの接続など。Networking, including connecting to file servers using TCP/IP and NetBIOS over TCP/IP via LAN.
  • 記憶域: NTFS、DiskPart、BCDBoot など。Storage, including NTFS, DiskPart, and BCDBoot.
  • セキュリティ ツール: BitLocker とトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)、セキュア ブート、その他のツールなどのオプションでのサポート。Security tools, including optional support for BitLocker and the Trusted Platform Module (TPM), Secure Boot, and other tools.
  • Hyper-V: Windows PE がハイパーバイザーで実行するための、VHD ファイル、マウス統合、大容量記憶装置、ネットワーク ドライバーなど。Hyper-V, including VHD files, mouse integration, mass storage and network drivers that allow Windows PE to run in a hypervisor.

ハードウェア要件Hardware requirements

Windows PE の要件は Windows と同じですが、以下の例外があります。Windows PE has the same requirements as Windows with these exceptions:

  • ハード ドライブは必要ありません。No hard drive is required. Windows PE は完全にメモリ上で実行できます。You can run Windows PE entirely from memory.
  • 基本バージョンで必要なメモリは 512 MB のみです。The base version requires only 512MB of memory. (ドライバー、パッケージ、またはアプリを追加する場合、より多くのメモリが必要になります。)(If you add drivers, packages, or apps, you'll need more memory.)
  • Windows PE をメモリから直接ブートする (RAM ディスク ブート) には、Windows PE (WIM) イメージ全体を保持できる物理メモリ (RAM) の連続した領域が必要です。In order to boot Windows PE directly from memory (also known as RAM disk boot), a contiguous portion of physical memory (RAM) which can hold the entire Windows PE (WIM) image must be available. メモリの使用を最適化するため、製造元は物理メモリのアドレス空間の先頭か末尾のメモリ位置をファームウェアで確実に予約する必要があります。To optimize memory use, manufacturers should ensure that their firmware reserves memory locations either at the beginning or at the end of the physical memory address space.

32 ビット版の Windows PE は、32 ビットの UEFI と BIOS PC、および 64 ビットの BIOS PC を起動できます。The 32-bit version of Windows PE can boot 32-bit UEFI and BIOS PCs, and 64-bit BIOS PCs.

64 ビット版の Windows PE は、64 ビットの UEFI と BIOS PC を起動できます。The 64-bit version of Windows PE can boot 64-bit UEFI and BIOS PCs.

制限事項Limitations

Windows PE は、汎用的なオペレーティング システムではありません。Windows PE is not a general-purpose operating system. 展開と回復以外の目的には使用できません。It may not be used for any purpose other than deployment and recovery. シン クライアントまたは組み込み型のオペレーティング システムとして使用しないでください。It should not be used as a thin client or an embedded operating system. Windows Embedded CE など、そのような目的で使用できる他のマイクロソフト製品があります。There are other Microsoft products, such as Windows Embedded CE, which may be used for these purposes.

実稼働オペレーティング システムとして使用されないように、Windows PE は、連続 72 時間使用されると、シェルの実行を自動的に停止して再起動します。To prevent its use as a production operating system, Windows PE automatically stops running the shell and restarts after 72 hours of continuous use. この期間は構成できません。This period is not configurable.

Windows PE がリブートすると、ドライバー、ドライブ文字、および Windows PE レジストリへの変更を含め、すべての変更が失われます。When Windows PE reboots, all changes are lost, including changes to drivers, drive letters, and the Windows PE registry. 変更を継続させるには、「WinPE:マウントとカスタマイズ」を参照してください。To make lasting changes, see WinPE: Mount and Customize.

既定の Windows PE インストールでは FAT32 ファイル形式が使用されますが、これには最大ファイル サイズ 4 GB、最大ドライブ サイズ 32 GB など独自の制限があります。The default Windows PE installation uses the FAT32 file format, which poses its own limitations, including a maximum 4GB file size and maximum 32GB drive size. 詳しくは、WinPE でのWinPE および WIM ファイル (.wim) に対する単一 USB キーの使用に関するページをご覧ください。To learn more, see WinPE: Use a single USB key for WinPE and a WIM file (.wim).

Windows PE では、次のいずれもサポートされていません。Windows PE does not support any of the following:

  • ファイル サーバーまたはターミナル サーバーの使用。File server or Terminal Server use.
  • ネットワーク ドメインへの参加。Joining to a network domain.
  • IPv6 ネットワーク上の Windows PE から IPv4 ネットワークへの接続。Connecting to an IPv4 network from Windows PE on an IPv6 network.
  • リモート デスクトップ。Remote Desktop.
  • .MSI インストール ファイル。.MSI installation files.
  • 英字以外を含むパスからのブート。Booting from a path that contains non-English characters.
  • 32 ビット版 Windows PE 上での 64 ビット アプリの実行。Running 64-bit apps on the 32-bit version of Windows PE.
  • DISM を介したバンドル アプリ パッケージ (.appxbundle パッケージ) の追加。Adding bundled app packages through DISM (.appxbundle packages).

ヒント

通常、Windows を展開するには、最新バージョンの WinPE を使用します。In general, use the latest version of WinPE to deploy Windows. Windows 10 イメージ用にカスタマイズされた WinPE を使用している場合、既存の Windows PE イメージの使用を継続し、ネットワーク上の場所から最新バージョンの DISM を実行することをお勧めします。If you are using customized WinPE for Windows 10 images, you may prefer to continue using your existing Windows PE image and run the latest version of DISM from a network location. 詳しくは、別のコンピューターへの DISM のコピーに関するページをご覧ください。To learn more, see Copy DISM to Another Computer.

 

Windows PE での Windows セットアップの実行に関する注意事項:Notes on running Windows Setup in Windows PE:

  • 32 ビット版の Windows PE および Windows セットアップを使用して、64 ビット版の Windows をインストールできます。You can use the 32-bit versions of Windows PE and Windows Setup to install 64-bit versions of Windows. 詳しくは、「Windows セットアップでサポートされるプラットフォームおよびクロスプラットフォーム展開」をご覧ください。For more information, see Windows Setup Supported Platforms and Cross-Platform Deployments.
  • Windows PE ではダイナミック ディスクがサポートされますが、Windows セットアップではサポートされません。Although Windows PE supports dynamic disks, Windows Setup does not. Windows PE で作成されたダイナミック ディスクに Windows をインストールすると、ダイナミック ディスクは Windows で使用できません。If you install Windows to a dynamic disk created in Windows PE, the dynamic disks won't be available in Windows.
  • UEFI とレガシ BIOS モードの両方をサポートする UEFI ベースの PC の場合、Windows を正しくインストールするには Windows PE を正しいモードでブートする必要があります。For UEFI-based PCs that support both UEFI and legacy BIOS modes, Windows PE needs to be booted in the correct mode in order to correctly install Windows. 詳しくは、WinPE でのUEFI モードまたはレガシ BIOS モードでのブートに関するページをご覧ください。For more info, see WinPE: Boot in UEFI or legacy BIOS mode.

関連項目See also

コンテンツの種類Content type 参考資料References

製品評価Product evaluation

WinPE の新機能What's new in WinPE

展開Deployment

USB 起動可能ドライブの作成 | デモ:USB ドライブへの Windows PE のインストール | ブート CD、DVD、ISO、VHD の作成 | ハード ドライブへのインストール (フラット ブートまたは非 RAM) | UEFI またはレガシ BIOS モードでのブート | UEFI モードまたはレガシ BIOS モードへのブート | WinPE と WIM ファイル (.wim) に対する単一 USB キーの使用Create a USB Bootable drive | Demo: Installing Windows PE on a USB drive | Create a boot CD, DVD, ISO, or VHD | Install on a hard drive (Flat boot or Non-RAM) | Boot in UEFI or legacy BIOS mode | Boot to UEFI Mode or legacy BIOS mode | Use a single USB key for WinPE and a WIM file (.wim)

運用Operations

マウントとカスタマイズ | ドライバーの追加 | 記憶域ネットワーク (SAN) ポリシー | アプリの作成 | イメージの最適化と圧縮Mount and customize | Add drivers | Storage Area Network (SAN) policy | Create apps | Optimize and shrink the image

トラブルシューティングTroubleshooting

ネットワーク ドライバー:ドライバーの初期化と追加 | アプリのデバッグNetwork drivers: Initializing and adding drivers | Debug apps

ツールと設定Tools and settings

Wpeinit および Startnet.cmd:WinPE スタートアップ スクリプト | スクリプトによるドライブ文字の識別 | パッケージの追加 (オプション コンポーネントの参照)Wpeinit and Startnet.cmd: Using WinPE Startup Scripts | Identify drive letters with a script | Add packages (Optional Components Reference)

コマンド ライン オプションCommand-line options

CopyPE | Drvload | Makewinpemedia | WpeutilCopyPE | Drvload | Makewinpemedia | Wpeutil

Windows PE に基づいたテクノロジTechnologies based on Windows PE

Windows セットアップ | Windows 回復環境 | 診断回復ツールセット (DaRT)Windows Setup | Windows Recovery Environment | Diagnostic and Recovery Toolset (DaRT)