Microsoft Teams アプリにボットを追加する

重要

この記事は、v3 Bot Framework SDK に基づいて作成されています。 SDK の現在のドキュメント バージョン 4.6 以降を探している場合は、「会話型ボット 」セクションを参照 してください。

インテリジェント ボットを構築して接続し、チャットを通じて自然に Microsoft Teams ユーザーと対話します。 または、より広範な Teams アプリ エクスペリエンスの "コマンド ライン" インターフェイスとして使用する、単純なコマンド ベースのボットを提供します。 通知専用ボットを作成すると、ユーザーに関連する情報をチャネルまたはダイレクト メッセージで直接プッシュできます。 既存の Bot Framework ベースのボットを導入し、Teams 固有のサポートを追加して、エクスペリエンスを輝かせます。

重要

現在、ボットはGovernment Community Cloud (GCC) とGCC-Highで利用できますが、国防総省 (DOD) では利用できません。

ユーザーを支援するボットの例

知っておく必要がある情報: ボット

ボットは、会話でやり取りする他のチーム メンバーと同じように表示されます。ただし、ボットには六角形のアバター アイコンがあり、常にオンラインです。

ボットの動作は、関係する会話の種類に応じて多少異なります。 Teams のボットでは、アプリ マニフェストのスコープと呼ばれるいくつかの種類の会話がサポートされています。

  • teams チャネル会話とも呼ばれます。
  • personal ボットと 1 人のユーザーとの会話。
  • groupChat: ボットと 2 人以上のユーザーとの会話。

詳細については、「Microsoft Teams ボットと会話する」を参照してください。

Microsoft Teams アプリを使用すると、ボットをエクスペリエンスのスターにすることも、単なるヘルパーにすることもできます。 ボットは、 タブメッセージ拡張機能などの他の機能を含めることができる広範なアプリ パッケージの一部として配布されます。

ボット API

Microsoft Teams は、ほとんどの Microsoft Bot Framework をサポートしています。 (Bot Framework に基づくボットが既にある場合は、そのボットを Microsoft Teams での動作に容易に適応させることができます)。SDK を利用するには、C# か Node.js のどちらかを使用することをお勧めします。 これらのパッケージは、以下の基本的な Bot Builder SDK のクラスとメソッドを拡張します。

  • Office 365 コネクタ カードなどの専用のカードの使用。
  • アクティビティに関する Teams 固有のチャネル データの使用と設定。
  • メッセージング拡張要求の処理。

SDK 拡張機能は、ボット ビルダー SDK を含む依存関係をインストールします。

  • .NET .NET のボット ビルダー SDK 用の Microsoft Teams 拡張機能を使用するには、Visual Studio プロジェクトに Microsoft.Bot.Connector.Teams NuGet パッケージをインストールします。 Node.js 開発では、Microsoft Teams 機能用のボット ビルダーが v4.6 の時点で Bot Framework SDK に組み込まれています。

重要

任意の Web プログラミング技術で Teams アプリを開発し、Bot Framework REST API を直接呼び出すことができますが、すべてのトークン処理を自分で実行する必要があります。

Teams App Studio を使用すれば、アプリ マニフェストの作成と構成を行うことができ、Web サービスを Bot Framework のボットとして登録することができます。 また、React 制御ライブラリと、対話型カードのビルダーも用意されています。

送信 Webhook

送信 Webhook を使用すると、ワークフローやその他の必要な単純なコマンドの開始など、基本的な操作のための単純なボットを作成できます。 送信 Webhook は、それを作成したチームにのみ存在し、会社のワークフローに固有の単純なプロセスを対象としています。 詳細については、「送信 Webhook」を参照してください。

優れたTeams ボットをビルドする

次のトピックでは、Teams 用の優れたボットを作成するプロセスについて説明します。

関連項目

Bot Framework サンプル