開始メッセージのテキストOpening message text

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージのテキストが格納されているいずれかでそのPR_本文プロパティまたはPR_RTF_圧縮プロパティ。The text of a message is stored either in its PR_BODY property or PR_RTF_COMPRESSED property. 詳細についてを参照してくださいPR_本体(PidTagBody) PR_HTML (PidTagHtml) とPR_RTF_圧縮(PidTagRtfCompressed)。For more information, see PR_BODY (PidTagBody), PR_HTML (PidTagHtml), and PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed).

リッチ テキスト形式 (RTF) をサポートする場合を開くPR_RTF_COMPRESSEDIf you support the Rich Text Format (RTF), open PR_RTF_COMPRESSED. RTF がサポートしていない場合は開きますPR_本文If you do not support RTF, open PR_BODY. メッセージのテキストであるために設定されているかどうかに関係なく大きい、これらのプロパティを開くにIMAPIProp::OpenPropertyを使用します。Because the text of a message can be large regardless of whether or not it is formatted, use IMAPIProp::OpenProperty to open these properties. 詳細については、 IMAPIProp::OpenPropertyを参照してください。For more information, see IMAPIProp::OpenProperty.

書式設定されたメッセージのテキストを表示するにはTo display formatted message text

  1. 場合は、ストアのPR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) のプロパティに STORE_RTF_OK フラグがない場合で示されるように、rtf 形式以外の注意のメッセージ ・ ストアを使用しています。If you are using a non-RTF aware message store, as indicated by the absence of the STORE_RTF_OK flag in the store's PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) property:

    1. PR_RTF_IN_SYNCプロパティを取得するために、メッセージのIMAPIProp::GetPropsメソッドを呼び出します。Call the message's IMAPIProp::GetProps method to retrieve the PR_RTF_IN_SYNC property. 詳細については、 IMAPIProp::GetPropsPR_RTF_IN_SYNC (PidTagRtfInSync) を参照してください。For more information, see IMAPIProp::GetProps and PR_RTF_IN_SYNC (PidTagRtfInSync).

    2. PR_RTF_COMPRESSEDプロパティを使用してメッセージの PR_BODY プロパティの同期を行うを呼び出します。Call RTFSync to synchronize the message's PR_BODY property with the PR_RTF_COMPRESSED property. 詳細については、行う PR_BODYPR_RTF_COMPRESSEDを参照してください。For more information, see RTFSync, PR_BODY, and PR_RTF_COMPRESSED. パスのプロパティが存在しないために、 PR_RTF_IN_SYNCを取得する呼び出しが失敗した場合、RTF_SYNC_BODY_CHANGED フラグを設定またはそれが FALSE に設定されています。Pass the RTF_SYNC_BODY_CHANGED flag if the call to retrieve PR_RTF_IN_SYNC failed because the property does not exist or it is set to FALSE.

    3. 行うには、TRUE が返された場合、変更が加えられたことを示す-永続的にそれらを保存するのには、メッセージのIMAPIProp::SaveChangesメソッドを呼び出します。If RTFSync returned TRUE — indicating that changes were made — call the message's IMAPIProp::SaveChanges method to permanently store them. 詳細については、 IMAPIProp::SaveChangesを参照してください。For more information, see IMAPIProp::SaveChanges.

  2. RTF に対応していないメッセージを使用するかどうかに関係なく次のように保存します。Regardless of whether or not you are using an RTF-aware message store:

    1. PR_RTF_COMPRESSEDプロパティを開くには、 IMAPIProp::OpenPropertyを呼び出します。Call IMAPIProp::OpenProperty to open the PR_RTF_COMPRESSED property. 詳細については、 IMAPIProp::OpenPropertyPR_RTF_COMPRESSEDを参照してください。For more information, see IMAPIProp::OpenProperty and PR_RTF_COMPRESSED.

    2. PR_RTF_COMPRESSEDが利用できない場合は、 PR_BODYプロパティを開くには、 OpenPropertyを呼び出します。If PR_RTF_COMPRESSED is not available, call OpenProperty to open the PR_BODY property.

    3. 使用可能な場合は、圧縮された rtf 形式のデータの圧縮されていないバージョンを作成するWrapCompressedRTFStream関数を呼び出します。Call the WrapCompressedRTFStream function to create an uncompressed version of the compressed RTF data, if available. 詳細については、 WrapCompressedRTFStreamを参照してください。For more information, see WrapCompressedRTFStream.

    4. ストリームから書式付きの文字列をメッセージ フォームで適切な位置にコピーします。Copy the formatted text from the stream to the appropriate place in the message form.

プレーン テキスト メッセージのテキストを表示するにはTo display plain message text

  1. PR_BODYプロパティを取得するために、メッセージのIMAPIProp::GetPropsメソッドを呼び出します。Call the message's IMAPIProp::GetProps method to retrieve the PR_BODY property. 詳細については、 IMAPIProp::GetPropsを参照してください。For more information, see IMAPIProp::GetProps.

  2. GetPropsには、プロパティ値の構造体または MAPI_E_NOT_ENOUGH_MEMORY のプロパティの型のいずれかの PT_ERROR が返された場合は、メッセージのIMAPIProp::OpenPropertyメソッドを呼び出します。If GetProps returns either PT_ERROR for the property type in the property value structure or MAPI_E_NOT_ENOUGH_MEMORY, call the message's IMAPIProp::OpenProperty method. プロパティ タグとインターフェイス識別子として IID_IStream としてPR_BODYを渡します。Pass PR_BODY as the property tag and IID_IStream as the interface identifier. 詳細については、 IMAPIProp::OpenPropertyを参照してください。For more information, see IMAPIProp::OpenProperty.

  3. メッセージ フォーム内の適切な位置にストリームからプレーン テキストをコピーします。Copy the plain text from the stream to the appropriate place in the message form.