ドライブの送付を使用して組織の PST ファイルを Office 365 にインポートするUse drive shipping to import your organization PST files to Office 365

この記事は、管理者を対象としています。PST ファイルを自分のメールボックスにインポートしようとしていますか?「 Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」を参照してください。This article is for administrators. Are you trying to import PST files to your own mailbox? See Import email, contacts, and calendar from an Outlook .pst file

Office 365 インポートサービスとドライブ配送を使用して、PST ファイルをユーザーのメールボックスに一括インポートします。Use the Office 365 Import service and drive shipping to bulk-import PST files to user mailboxes. ドライブ送付とは、PST ファイルをハード ディスク ドライブにコピーし、Microsoft にドライブを物理的に送付することを意味します。Drive shipping means that you copy the PST files to a hard disk drive and then physically ship the drive to Microsoft. Microsoft がハード ドライブを受領すると、データ センターの担当者はハード ドライブのデータを Microsoft クラウド内のストレージ領域にコピーします。When Microsoft receives your hard drive, data center personnel will copy the data from the hard drive to a storage area in the Microsoft cloud. 次に、インポートするデータを制御するフィルターを設定することにより、実際にターゲットメールボックスにインポートされた PST データをトリミングする機会があります。Then you have the opportunity to trim the PST data that's actually imported to the target mailboxes by setting filters that control what data gets imported. インポートジョブを開始すると、インポートサービスはストレージ領域の PST データをユーザーのメールボックスにインポートします。After you start the import job, the Import service imports the PST data from the storage area to user mailboxes. ドライブの送付を使用して PST ファイルをユーザーのメールボックスにインポートする方法は、組織の電子メールを Office 365 に移行する方法の1つです。Using drive shipping to import PST files to user mailboxes is one way to migrate your organization's email to Office 365.

ドライブの配送を使用して、Office 365 メールボックスに PST ファイルをインポートするために必要な手順は次のとおりです。Here are the steps required to use drive shipping to import PST files to Office 365 mailboxes:

手順 1: セキュリティで保護されたストレージキーおよび PST インポートツールをダウンロードするStep 1: Download the secure storage key and PST Import tool

手順 2: PST ファイルをハードドライブにコピーするStep 2: Copy the PST files to the hard drive

手順 3: PST インポートのマッピングファイルを作成するStep 3: Create the PST Import mapping file

手順 4:Office 365 で PST インポート ジョブを作成するStep 4: Create a PST Import job in Office 365

手順 5:Microsoft にハード ドライブを送付するStep 5: Ship the hard drive to Microsoft

手順 6: データをフィルター処理し、PST インポートジョブを開始するStep 6: Filter data and start the PST Import job

重要

セキュリティで保護されたストレージキーとインポートツールを読み込むには、手順1を実行する必要があります。You have to perform Step 1 once to down load the secure storage key and the import tool. これらの手順を実行した後、ハードドライブを Microsoft に出荷するたびに、手順 2 ~ 手順6に従います。After you perform these steps, follow Step 2 through Step 6 each time you want to ship a hard drive to Microsoft.

ドライブの送付を使用して PST ファイルを Office 365 にインポートする方法についてよく寄せられる質問については、「ドライブ出荷を使用して pst ファイルをインポートする」を参照してください。For frequently asked questions about using drive shipping to import PST files to Office 365, see FAQs for using drive shipping to import PST files.

始める前にBefore you begin

  • PST ファイルを Office 365 メールボックスにインポートするには、Exchange Online でメールボックスのインポートのエクスポートの役割を割り当てられている必要があります。You have to be assigned the Mailbox Import Export role in Exchange Online to import PST files to Office 365 mailboxes. 既定では、この役割は Exchange Online のどの役割グループにも割り当てられていません。By default, this role isn't assigned to any role group in Exchange Online. You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group.You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group. Or you can create a new role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add yourself as a member.Or you can create a new role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add yourself as a member. 詳細については、「 Manage role groups」の「役割グループに役割を追加する」または「役割グループを作成する」のセクションを参照してください。For more information, see the "Add a role to a role group" or the "Create a role group" sections in Manage role groups.

    さらに、Security & コンプライアンスセンターでインポートジョブを作成するには、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。Additionally, to create import jobs in the Security & Compliance Center, one of the following must be true:

    • Exchange Online では、メール受信者の役割が割り当てられている必要があります。You have to be assigned the Mail Recipients role in Exchange Online. By default, this role is assigned to the Organization Management and Recipient Management roles groups.By default, this role is assigned to the Organization Management and Recipient Management roles groups.

      またはOr

    • Office 365 組織の全体管理者である必要があります。You have to be a global administrator in your Office 365 organization.

      ヒント

      Office 365 に PST ファイルをインポートするための特別な目的である Exchange Online に新しい役割グループを作成することを検討してください。Consider creating a new role group in Exchange Online that's specifically intended for importing PST files to Office 365. PST ファイルのインポートに必要な最低限の特権レベルについては、メールボックスのインポートの役割とメール受信者の役割を新しい役割グループに割り当ててから、メンバーを追加します。For the minimum level of privileges required to import PST files, assign the Mailbox Import Export and Mail Recipients roles to the new role group, and then add members.

  • ハード ドライブにコピーする PST ファイルは、組織内のファイル サーバーまたは共有フォルダーに保存する必要があります。You need to store the PST files that you want to copy to a hard drive on a file server or shared folder in your organization. 手順2では、このファイルサーバーまたは共有フォルダーに格納されている PST ファイルをハードドライブにコピーする Azure インポートエクスポートツール (WAImportExport) を実行します。In Step 2, you'll run the Azure Import Export tool (WAImportExport.exe) that will copy the PST files that are stored on this file server or shared folder to the hard drive.

  • Office 365 インポートサービスでの使用には、2.5 インチのソリッドステートドライブ (Ssd) または2.5 または3.5 インチの SATA II/III 内部ハードドライブのみがサポートされています。Only 2.5 inch solid-state drives (SSDs) or 2.5 or 3.5 inch SATA II/III internal hard drives are supported for use with the Office 365 Import service. You can use hard drives up to 10 TB.You can use hard drives up to 10 TB. インポートジョブの場合、ハードドライブ上の最初のデータボリュームのみが処理されます。For import jobs, only the first data volume on the hard drive will be processed. The data volume must be formatted with NTFS.The data volume must be formatted with NTFS. データをハードドライブにコピーする場合は、2.5 インチ SSD または2.5 または3.5 インチ SATA II/III コネクタを使用して直接接続できます。また、外部の2.5 インチ SSD または2.5 または3.5 インチの SATA II/III USB アダプターを使用して外部に接続することもできます。When copying data to a hard drive, you can attach it directly using a 2.5 inch SSD or 2.5 or 3.5 inch SATA II/III connector or you can attach it externally using an external 2.5 inch SSD or 2.5 or 3.5 inch SATA II/III USB adaptor.

    重要

    組み込みの USB アダプターが付属している外部ハードドライブは、Office 365 インポートサービスではサポートされていません。External hard drives that come with an built-in USB adaptor aren't supported by the Office 365 Import service. Additionally, the disk inside the casing of an external hard drive can't be used.Additionally, the disk inside the casing of an external hard drive can't be used. Please don't ship external hard drives.Please don't ship external hard drives.

  • PST ファイルをコピーするハード ドライブは、BitLocker で暗号化する必要があります。The hard drive that you copy the PST files to must be encrypted with BitLocker. 手順 2 で実行する WAImportExport.exe ツールを使用すると、BitLocker をセットアップできます。The WAImportExport.exe tool that you run in Step 2 will help you set up BitLocker. また、Microsoft データセンターの担当者が、PST ファイルを Microsoft クラウドの Azure ストレージ領域にアップロードするために使用する BitLocker 暗号化キーを生成します。It also generates a BitLocker encryption key that Microsoft data center personnel will use to access the drive to upload the PST files to the Azure storage area in the Microsoft cloud.

  • ドライブの配送は、Microsoft エンタープライズアグリーメント (EA) を通じて利用できます。Drive shipping is available through a Microsoft Enterprise Agreement (EA). ドライブの送付は、Microsoft 製品およびサービス契約 (MPSA) 経由では利用できません。Drive shipping isn't available through a Microsoft Products and Services Agreement (MPSA).

  • ドライブの配送を使用して PST ファイルを Office 365 メールボックスにインポートするためのコストは、1 GB あたり $2 米ドルです。The cost to import PST files to Office 365 mailboxes using drive shipping is $2 USD per GB of data. たとえば、PST ファイルの 1000 GB (1TB) を含むハードドライブを出荷した場合、コストは $2000 USD になります。For example, if you ship a hard drive that contains 1,000 GB (1TB) of PST files, the cost is $2,000 USD. You can work with a partner to pay the import fee.You can work with a partner to pay the import fee. パートナーの検索の詳細については、「Office 365 パートナーまたは販売店を検索する」を参照してください。For information about finding a partner, see Find your Office 365 partner or reseller.

  • お客様またはお客様の組織は、FedEx または DHL のアカウントを持っている必要があります。 You or your organization must have an account with FedEx or DHL.

    • 米国、ブラジル、ヨーロッパの組織には、FedEx アカウントが必要です。Organizations in the United States, Brazil, and Europe must have FedEx accounts.

    • 東アジア、東南アジア、日本、韓国共和国、オーストラリアの組織には、DHL アカウントが必要です。Organizations in East Asia, Southeast Asia, Japan, Republic of Korea, and Australia must have DHL accounts.

      Microsoft はこのアカウントを使用 (または課金) して、ハード ドライブをお客様に返却します。 Microsoft will use (and charge) this account to return the hard drive back to you.

  • Microsoft に送付するハード ドライブは、国境を超えて送付される場合があります。この場合は、お客様にはハード ドライブとそれに含まれるデータが適用法に従って輸入または輸出されることを保証する責任があります。ハード ドライブを送付する前に、指定された Microsoft データ センターにハード ドライブとデータを合法的に送付できるか法律顧問と一緒に確認してください。こうすることで、適切なタイミングで確実に Microsoft に届きます。The hard drive that you ship to Microsoft might have to cross international borders. If this is the case, you're responsible for ensuring that the hard drive and the data it contains are imported and/or exported in accordance with the applicable laws. Before shipping a hard drive, check with your advisors to verify that your drive and data can legally be shipped to the identified Microsoft data center. This will help to ensure that it reaches Microsoft in a timely manner.

  • この手順では、セキュリティで保護されたストレージ キーと BitLocker 暗号化キーをコピーして保存します。This procedure involves copying and saving a secure storage key and a BitLocker encryption key. パスワードやその他のセキュリティ関連情報を保護するように、これらのキーを保護するための予防策を必ず講じてください。Be sure to take precautions to protect these keys like you would protect passwords or other security-related information. たとえば、パスワードで保護された Microsoft Word 文書に保存する、または暗号化された USB ドライブに保存することができます。For example, you might save them to a password-protected Microsoft Word document or save them to an encrypted USB drive. これらのキーの例については、「 More information 」セクションを参照してください。See the More information section for an example of these keys.

  • PST ファイルが Office 365 メールボックスにインポートされると、メールボックスの保持ホールドの設定は無期限に有効になります。After PST files are imported to an Office 365 mailbox, the retention hold setting for the mailbox is turned on for an indefinite duration. これは、メールボックスに割り当てられたアイテム保持ポリシーは、保存機能を無効にするか、保留を解除する日付を設定するまで処理されないことを意味します。This means that the retention policy assigned to the mailbox won't be processed until you turn off the retention hold or set a date to turn off the hold. なぜこれを行うのでしょうか。Why do we do this? メールボックスにインポートされたメッセージが古くなっている場合は、メールボックスに対して構成されたアイテム保持ポリシーに基づいて保持期間が経過したために、削除 (パージ) される可能性があります。If messages imported to a mailbox are old, they might be permanently deleted (purged) because their retention period has expired based on the retention settings configured for the mailbox. メールボックスの保存機能を有効にすると、メールボックスの所有者は新しくインポートされたメッセージを管理することができ、メールボックスの保存期間の設定を変更する時間を与えることができます。Placing the mailbox on retention hold will give the mailbox owner time to manage these newly-imported messages or give you time to change the retention settings for the mailbox. 保持ホールドの管理に関する提案については、「 More information 」セクションを参照してください。See the More information section for suggestions about managing the retention hold.

  • 既定では、Office 365 メールボックスで受信できる最大メッセージサイズは 35 MB です。By default, the maximum message size that can be received by an Office 365 mailbox is 35 MB. これは、メールボックスのMaxReceiveSizeプロパティの既定値が 35 MB に設定されているためです。That's because the default value for the MaxReceiveSize property for a mailbox is set to 35 MB. ただし、Office 365 の最大メッセージ受信サイズの制限は 150 MB です。However, the limit for the maximum message receive size in Office 365 is 150 MB. そのため、35 MB を超えるアイテムを含む PST ファイルをインポートすると、Office 365 インポートサービスによって、ターゲットメールボックスのMaxReceiveSizeプロパティの値が 150 mb に自動的に変更されます。So if you import a PST file that contains an item larger than 35 MB, the Office 365 Import service we will automatically change the value of the MaxReceiveSize property on the target mailbox to 150 MB. これにより、150 MB までのメッセージをユーザーのメールボックスにインポートできます。This allows messages up to 150 MB to be imported to user mailboxes.

    ヒント

    メールボックスのメッセージ受信サイズを特定するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドをGet-Mailbox <user mailbox> | FL MaxReceiveSize実行します。To identify the message receive size for a mailbox, you can run this command in Exchange Online PowerShell: Get-Mailbox <user mailbox> | FL MaxReceiveSize.

  • Office 365 の非アクティブなメールボックスに PST ファイルをインポートすることができます。You can import PST files to an inactive mailbox in Office 365. これを行うには、PST インポートマッピングファイルのMailboxパラメーターに非アクティブなメールボックスの GUID を指定します。You do this by specifying the GUID of the inactive mailbox in the Mailbox parameter in the PST Import mapping file. 詳細については、「ステップ 3: PST インポートのマッピングファイルを作成する」を参照してください。See Step 3: Create the PST Import mapping file for more information.

  • Exchange ハイブリッド展開では、プライマリメールボックスがオンプレミスであるユーザーのクラウドベースのアーカイブメールボックスに PST ファイルをインポートできます。In an Exchange hybrid deployment, you can import PST files to a cloud-based archive mailbox for a user whose primary mailbox is on-premises. これを行うには、PST インポートマッピングファイルで以下の手順を実行します。You do this by doing the following in the PST Import mapping file:

手順 1: セキュリティで保護されたストレージキーおよび PST インポートツールをダウンロードするStep 1: Download the secure storage key and PST Import tool

最初の手順は、セキュリティで保護されたストレージキーとツールをダウンロードすることで、手順2で使用して PST ファイルをハードドライブにコピーします。The first step is to download the secure storage key and the tool and that you will use in Step 2 to copy PST files to the hard drive.

重要

Drive 送付方法を使用して PST ファイルを正常にインポートするには、Azure インポート/エクスポートツールのバージョン 1 (WAimportExportV1) を使用する必要があります。You have to use Azure Import/Export tool version 1 (WAimportExportV1) to successfully import PST files by using the drive shipping method. Azure インポート/エクスポートツールのバージョン2はサポートされていません。これを使用すると、インポートジョブのハードドライブが正しく準備されない可能性があります。Version 2 of the Azure Import/Export tool isn't supported and using it will result in incorrectly preparing the hard drive for the import job. この手順の手順に従って、Security & コンプライアンスセンターから Azure インポート/エクスポートツールをダウンロードしてください。Be sure to download the Azure Import/Export tool from the Security & Compliance Center by following the procedures in this step.

  1. https://protection.office.com/移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com/ and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. セキュリティ & コンプライアンスセンターの左側のウィンドウで、[データガバナンス >のインポート] をクリックします。In the left pane of the Security & Compliance Center, click Data governance > Import.

    注意

    前述したように、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページにアクセスするには、適切なアクセス許可が割り当てられている必要があります。As previously stated, you have to be assigned the appropriate permissions to access the Import page in the Security & Compliance Center.

  3. [インポート] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しいインポートジョブ] をクリックします。On the Import page, click Add Icon New import job.

  4. [ジョブのインポート] ウィザードで、PST インポートジョブの名前を入力し、[次へ] をクリックします。In the import job wizard, type a name for the PST import job, and then click Next. 小文字、数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用してください。Use lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores. 名前には、大文字を使用したり、スペースを含めたりすることはできません。You can't use uppercase letters or include spaces in the name.

  5. [インポートジョブの種類の選択] ページで、[ハードドライブを物理的な場所の1つに出荷する] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Choose import job type page, click Ship hard drives to one of our physical locations and then click Next.

    ドライブ送付インポートジョブを作成するには、[ハードドライブを物理的な場所の1つに出荷] をクリックします。

  6. [データのインポート] ページで、次の2つの操作を行います。On the Import data page, do the following two things:

    セキュリティで保護されたストレージキーをコピーして、[データのインポート] ページに Azure インポートエクスポートツールをダウンロードする

    a.a. 手順2で、[セキュリティで保護されたストレージキーをコピー] をクリックします。In step 2, click Copy the secure storage key. ストレージキーが表示されたら、[クリップボードにコピー ] をクリックして貼り付け、ファイルに保存し、後でアクセスできるようにします。After the storage key is displayed, click Copy to clipboard and then paste it and save it to a file so you can access it later.

    b.b. 手順3では、azure インポート/エクスポートツールをダウンロードして、azure インポート/エクスポート (バージョン 1) ツールをダウンロードしてインストールします。In step 3, Download the Azure Import/Export tool to download and install the Azure Import/Export (version 1) tool.

    • ポップアップウィンドウで、[名前を付け**** > 保存] をクリックして、WaImportExportV1 ファイルをローカルコンピューター上のフォルダーに保存します。In the pop-up window, click Save > Save as to save the WaImportExportV1.zip file to a folder on your local computer.

    • WaImportExportV1 ファイルを抽出します。Extract the WaImportExportV1.zip file.

  7. ウィザードを閉じるには、[キャンセル] をクリックします。Click Cancel to close the wizard.

    手順4でインポートジョブを作成するときに、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページに戻ります。You'll come back to the Import page in the Security & Compliance Center when you create the import job in Step 4.

手順 2: PST ファイルをハードドライブにコピーするStep 2: Copy the PST files to the hard drive

次の手順で、WAImportExport.exe ツールを使用して、PST ファイルをハード ドライブにコピーします。The next step is to use the WAImportExport.exe tool to copy PST files to the hard drive. このツールを使用して、ハード ドライブを BitLocker で暗号化して、PST をハード ドライブにコピーし、コピー プロセスに関する情報を保存するジャーナル ファイルを作成します。This tool encrypts the hard drive with BitLocker, copies the PSTs to the hard drive, and creates a journal file that stores information about the copy process. この手順を完了するには、PST ファイルを組織内のファイル共有またはファイル サーバーに配置する必要があります。To complete this step, the PST files have to be located in a file share or file server in your organization. これは、次の手順でソース ディレクトリと呼ばれます。This is known as the source directory in the following procedure.

重要

ハード ドライブで初めて WAImportExport.exe ツールを実行した後は、実行するたびに異なる構文を使用する必要があります。After you run the WAImportExport.exe tool the first time for a hard drive, you have to use a different syntax each time after that. この構文については、この手順のステップ4で、PST ファイルをハードドライブにコピーする方法について説明します。This syntax is explained in step 4 of this procedure to copy PST files to the hard drive.

  1. ローカル コンピューター上でコマンド プロンプトを開く。Open a Command Prompt on your local computer.

    ヒント

    管理者としてコマンド プロンプトを実行する場合 (コマンド プロンプトを開く際に [管理者として実行] を選択する)、コマンド プロンプト ウィンドウにエラー メッセージが表示されます。これにより、WAImportExport.exe ツールの実行に関する問題のトラブルシューティングが行えます。If you run the command prompt as an administrator (by selecting "Run as administrator" when you open it) error messages will be displayed in the command prompt window. This can help you troubleshoot problems running the WAImportExport.exe tool.

  2. 手順 1 で WAImportExport ツールをインストールしたディレクトリに移動する。Go to the directory where you installed the WAImportExport.exe tool in Step 1.

  3. 初めて WAImportExport.exe を使用してハード ドライブに PST ファイルをコピーする場合は、次のコマンドを実行する。Run the following command the first time that you use the WAImportExport.exe to copy PST files to a hard drive.

    WAImportExport.exe PrepImport /j:<Name of journal file> /t:<Drive letter> /id:<Name of session> /srcdir:<Location of PST files> /dstdir:<PST file path> /sk:<Storage account key> /encrypt /logdir:<Log file location>
    

    次の表は、パラメーターとそれに必要な値を説明したものです。The following table describes the parameters and their required values.

    パラメーターParameter 説明Description Example
    /j:
    ジャーナル ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the journal file. このファイルは、WAImportExport.exe ツールがあるフォルダーと同じフォルダーに保存されます。This file is saved to the same folder where the WAImportExport.exe tool is located. Microsoft に送付するハード ドライブごとに 1 つのジャーナル ファイルが必要です。Each hard drive you ship to Microsoft must have one journal file. WAImportTool.exe を実行して PST ファイルをハード ドライブにコピーするたびに、そのドライブのジャーナル ファイルに情報が追加されます。Every time you run the WAImportTool.exe to copy PST files to a hard drive, information will be appended to the journal file for that drive.
    Microsoft データセンター担当者は、ジャーナルファイルの情報を使用して、手順4で作成したインポートジョブにハードドライブを関連付け、PST ファイルを Microsoft クラウドの Azure ストレージ領域にアップロードします。Microsoft data center personnel will use the information in the journal file to associate the hard drive with the import job that you create in Step 4, and to upload the PST files to the Azure storage area in the Microsoft cloud.
    /j:PSTHDD1.jrn
    /t:
    ローカル コンピューターに接続されている場合は、ハード ドライブのドライブ文字を指定します。Specifies the drive letter of the hard drive when it's connected to your local computer.
    /t:h
    /id:
    コピー セッションの名前を指定します。WAImportExport.exe ツールを実行してファイルをハード ドライブにコピーするたびに、セッションが定義されます。PST ファイルは、このパラメーターで指定されたセッション名の名前が付けられたフォルダーにコピーされます。 Specifies the name of the copy session. A session is defined as each time you run the WAImportExport.exe tool to copy files to the hard drive. The PST files are copied to a folder named with the session name specified by this parameter.
    /id:driveship1
    /srcdir:
    セッション中にコピーされる PST ファイルを含む組織内のソース ディレクトリを指定します。Specifies the source directory in your organization that contains the PST files that will be copied during the session. このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    /srcdir:"\\FILESERVER01\PSTs"
    /dstdir:
    Pst がアップロードされる Microsoft クラウドの Azure ストレージ領域で、宛先ディレクトリを指定します。Specifies the destination directory in the Azure storage area in the Microsoft cloud where the PSTs will be uploaded. ingestiondata/を使用する必要があります。You must use the value ingestiondata/. このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    必要に応じて、このパラメーターの値に追加のファイル パスを追加することもできます。Optionally, you can also add an additional file path to the value of this parameter. たとえば、ハードドライブ上のソースディレクトリのファイルパス (URL 形式に変換される) を使用できます。これは、 /srcdir:パラメーターで指定されています。For example, you can use the file path of the source directory on the hard drive (converted to a URL format) , which is specified in the /srcdir: parameter. たとえば、 \\FILESERVER01\PSTsはにFILESERVER01/PSTs変更されます。For example, \\FILESERVER01\PSTs is changed to FILESERVER01/PSTs. この場合も、ファイルパスに含めるingestiondata必要があります。In this case, you still must include ingestiondata in the file path. そのため、この例では、 /dstdir:パラメーターの値は"ingestiondata/FILESERVER01/PSTs"になります。So in this example, the value for the /dstdir: parameter would be "ingestiondata/FILESERVER01/PSTs".
    同じファイル名の PST ファイルがある場合は、追加のファイルのパスを追加する理由の 1 つになります。One reason to add the additional file path is if you have PSTs files with the same filename.
    > [!NOTE]> オプションのパス名を指定した場合、PST ファイルの名前空間には、[Azure storage] 領域にアップロードされた後に、PST ファイルのパス名と名前が含まれます。たとえば、 FILESERVER01/PSTs/annb.pstのようになります。> [!NOTE]> If you include the optional pathname, the namespace for a PST file after it's uploaded to the Azure storage area will include the pathname and the name of the PST file; for example, FILESERVER01/PSTs/annb.pst. Pathname を指定しない場合、名前空間は PST ファイル名のみになります。例annb.pstを示します。If you don't include a pathname, the namespace is only the PST filename; for example annb.pst.
    /dstdir:"ingestiondata/"
    またはOr
    /dstdir:"ingestiondata/FILESERVER01/PSTs"
    /sk:
    手順 1 で取得したストレージ アカウント キーを指定します。Specifies the storage account key that you obtained in Step 1. このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    "yaNIIs9Uy5g25Yoak+LlSHfqVBGOeNwjqtBEBGqRMoidq6/e5k/VPkjOXdDIXJHxHvNoNoFH5NcVUJXHwu9ZxQ=="
    /encrypt
    このスイッチは、ハード ドライブの BitLocker を有効にします。 このパラメーターは、WAImportExport.exe ツールを初めて実行する際に必要です。
    BitLocker 暗号化キーは、ジャーナルファイルと、 /logfile:パラメーターを使用した場合に作成されるログファイルにコピーされます。 前述のように、ジャーナル ファイルは、WAImportExport.exe ツールがあるフォルダーと同じフォルダーに保存されます。As previously explained, the journal file is saved to the same folder where the WAImportExport.exe tool is located.
    /encrypt
    /logdir:
    この省略可能なパラメーターは、ログ ファイルの保存先のフォルダーを指定します。This optional parameter specifies a folder to save log files to. 指定しない場合、ログ ファイルは、WAImportExport.exe ツールがあるフォルダーと同じフォルダーに保存されます。If not specified, the log files are save to the same folder where the WAImportExport.exe tool is located. このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    /logdir:"c:\users\admin\desktop\PstImportLogs"

    各パラメーターの実際の値を使用する WAImportExport.exe ツールの構文の例を以下に示します。Here's an example of the syntax for the WAImportExport.exe tool using actual values for each parameter:

    WAImportExport.exe PrepImport /j:PSTHDD1.jrn /t:f /id:driveship1 /srcdir:"\\FILESERVER01\PSTs" /dstdir:"ingestiondata/" /sk:"yaNIIs9Uy5g25Yoak+LlSHfqVBGOeNwjqtBEBGqRMoidq6/e5k/VPkjOXdDIXJHxHvNoNoFH5NcVUJXHwu9ZxQ==" /encrypt /logdir:"c:\users\admin\desktop\PstImportLogs"
    

    コマンドを実行すると、ハード ドライブへの PST ファイルのコピーの進行状況を示す状態メッセージが表示されます。最終の状態メッセージは、正常にコピーされたファイルの合計数を示しています。 After you run the command, status messages are displayed that show the progress of copying the PST files to the hard drive. A final status message shows the total number of files that were successfully copied.

  4. このコマンドを、WAImportExport.ext ツールを 2 回目以降に実行するたびに実行して、PST ファイルを同じハード ドライブにコピーする。Run this command each subsequent time you run the WAImportExport.ext tool to copy PST files to the same hard drive.

    WAImportExport.exe PrepImport /j:<Name of journal file> /id:<Name of new session> /srcdir:<Location of PST files> /dstdir:<PST file path> 
    

    以降のセッションを実行して PST ファイルを同じハード ドライブにコピーするための構文の例は、以下の通りです。 Here's an example of the syntax for running subsequent sessions to copy PST files to the same hard drive.

    WAImportExport.exe PrepImport /j:PSTHDD1.jrn /id:driveship2 /srcdir:"\\FILESERVER01\PSTs\SecondBatch" /dstdir:"ingestiondata/"
    

手順 3: PST インポートのマッピングファイルを作成するStep 3: Create the PST Import mapping file

Microsoft データセンターの担当者がハードドライブから Azure ストレージ領域に PST ファイルをアップロードした後、インポートサービスは、pst インポートマッピングファイル (CSV) ファイル内の情報を使用して、pst をメールボックスを特定するユーザーを指定します。ファイルはにインポートされます。After Microsoft data center personnel upload the PST files from the hard drive to the Azure storage area, the Import service will use the information in the PST Import mapping file, which is a comma separated value (CSV) file, that specifies which user mailboxes the PST files will be imported to. PST インポート ジョブを作成する場合は、次の手順でこの CSV ファイルを送信します。You will submit this CSV file in the next step when you create a PST Import job.

  1. PST インポートのマッピングファイルのコピーをダウンロードします。Download a copy of the PST Import mapping file.

  2. CSV ファイルを開くか、またはローカル コンピューターに保存します。次の例は、完了した PST インポートのマッピング ファイル (メモ帳で開いた) を示しています。Microsoft Excel を使用して CSV ファイルを編集するのは、はるかに簡単です。Open or save the CSV file to your local computer. The following example shows a completed PST Import mapping file (opened in NotePad). It's much easier to use Microsoft Excel to edit the CSV file.

    Workload,FilePath,Name,Mailbox,IsArchive,TargetRootFolder,ContentCodePage,SPFileContainer,SPManifestContainer,SPSiteUrl
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,annb.pst,annb@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,annb_archive.pst,annb@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,donh.pst,donh@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,donh_archive.pst,donh@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,pilarp.pst,pilarp@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,FILESERVER01/PSTs,pilarp_archive.pst,pilarp@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    Exchange,,tonyk.pst,tonyk@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,,tonyk_archive.pst,tonyk@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,,,,,
    Exchange,,zrinkam.pst,zrinkam@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,,zrinkam_archive.pst,zrinkam@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,,,,,
    

    CSV ファイルの先頭行、またはヘッダー行には、PST インポート サービスによって使用され、PST ファイルをユーザー メールボックスにインポートするパラメーターが一覧表示されます。The first row, or header row, of the CSV file lists the parameters that will be used by the PST Import service to import the PST files to user mailboxes. パラメーター名とパラメーター名の間はコンマで区切られています。Each parameter name is separated by a comma. ヘッダー行の下の各行は、特定のメールボックスに PST ファイルをインポートするためのパラメーター値を表します。Each row under the header row represents the parameter values for importing a PST file to a specific mailbox. ハード ドライブにコピーされた PST ファイルごとに行が必要です。You will need a row for each PST file that was copied to the hard drive. 必ずマッピング ファイル内のプレース ホルダーのデータを実際のデータに置き換えてください。Be sure to replace the placeholder data in the mapping file with your actual data.

    注意

    SharePoint パラメーターなど、ヘッダー行は何も変更しないでください。これらは PST インポートの処理中、無視されます。Don't change anything in the header row, including the SharePoint parameters; they will be ignored during the PST Import process.

  3. 次の表の情報を使用して、必要な情報を含む CSV ファイルを作成します。Use the information in the following table to populate the CSV file with the required information.

    パラメーターParameter 説明Description Example
    Workload
    データのインポート先となる Office 365 サービスを指定します。Specifies the Office 365 service that data will be imported to. PST ファイルをユーザーのメールボックスにインポートExchangeするには、を使用します。To import PST files to user mailboxes, use Exchange.
    Exchange
    FilePath
    ハードドライブが Microsoft に出荷されたときに PST ファイルがコピーされる Azure ストレージ領域内のフォルダーの場所を指定します。Specifies the folder location in the Azure storage area that PST files will be copied to when the hard drive is shipped to Microsoft.
    CSV ファイルのこの列に追加する内容は、前の手順で/dstdir:パラメーターに指定した内容によって異なります。What you add in this column in the CSV file depends on what you specified in for the /dstdir: parameter in the previous step. ソースの場所にサブフォルダーがある場合は、 FilePathパラメーターの値にサブフォルダーの相対パスが含まれている必要があります。たとえば、[/フォルダー] を選択します。If you have subfolders on the source location, then the value in the FilePath parameter must contain the relative path for the subfolder; for example, /folder1/user1/.
    を使用/dstdir:"ingestiondata/"した場合は、CSV ファイルでこのパラメーターを空白のままにします。If you used /dstdir:"ingestiondata/", then leave this parameter blank in the CSV file.
    /dstdir:パラメーターの値の省略可能なパス名 (たとえば/dstdir:"ingestiondata/FILESERVER01/PSTs"、) を指定した場合、CSV ファイルのこのパラメーターにはその pathname ("ingestiondata" を含まない) を使用します。If you included an optional pathname for the value of the /dstdir: parameter (for example, /dstdir:"ingestiondata/FILESERVER01/PSTs", then use that pathname (not including "ingestiondata") for this parameter in the CSV file. このパラメーターの値は、大文字と小文字を区別します。The value for this parameter is case sensitive.
    どちらの方法** でも、 FilePathパラメーターの値に "ingestiondata" を含めないでください。Either way, don't include "ingestiondata" in the value for the FilePath parameter. このパラメーターを空白のままにしておくか、省略可能なパス名のみを指定します。Leave this parameter blank or specify only the optional pathname.
    > [!IMPORTANT]> ファイルパス名の大文字と小文字は、前の手順で/dstdir:パラメーターで指定したものと同じである必要があります。> [!IMPORTANT]> The case for the file path name must be the same case that you specified in the /dstdir: parameter in the previous step . たとえば、前の手順で"ingestiondata/FILESERVER01/PSTs"サブフォルダー名を使用していて、CSV ファイルfileserver01/pstsFilePathパラメーターで使用した場合、PST ファイルのインポートは失敗します。For example, if you used "ingestiondata/FILESERVER01/PSTs" for the subfolder name in the previous step, but then used fileserver01/psts in the FilePath parameter in CSV file, the import for the PST file will fail. 両方のインスタンスで同じケースを使用してください。Be sure to use the same case in both instances.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    FILESERVER01/PSTs
    Name
    ユーザー メールボックスにインポートする PST ファイルの名前を指定します。 Specifies the name of the PST file that will be imported to the user mailbox. このパラメーターの値は、大文字と小文字を区別します。The value for this parameter is case sensitive.
    > [!IMPORTANT]> CSV ファイルの PST ファイル名の大文字と小文字は、手順2で Azure ストレージの場所にアップロードされた PST ファイルと同じである必要があります。> [!IMPORTANT]> The case for the PST file name in the CSV file must be the same as the PST file that was uploaded to the Azure storage location in Step 2. たとえば、CSV ファイルのannb.pst Nameパラメーターでを使用していて、実際の pst ファイルの名前がAnnB.pstである場合、その pst ファイルのインポートは失敗します。For example, if you use annb.pst in the Name parameter in the CSV file, but the name of the actual PST file is AnnB.pst, the import for that PST file will fail. CSV ファイルの PST の名前では、実際の PST ファイルと同じ大文字と小文字が使用されていることを確認してください。Be sure that the name of the PST in the CSV file uses the same case as the actual PST file.
    annb.pst
    Mailbox
    PST ファイルのインポート先になるメールボックスの電子メール アドレスを指定します。 Specifies the email address of the mailbox that the PST file will be imported to. PST インポート サービスは、PST ファイルのパブリック フォルダーへのインポートをサポートしていないため、パブリック フォルダーの指定はできないことにご注意ください。Note that you can't specify a public folder because the PST Import Service doesn't support importing PST files to public folders.
    非アクティブなメールボックスに PST ファイルをインポートするには、このパラメーターのメールボックス GUID を指定する必要があります。To import a PST file to an inactive mailbox, you have to specify the mailbox GUID for this parameter. この GUID を取得するには、Exchange Online で次の PowerShell コマンドを実行します。Get-Mailbox <identity of inactive mailbox> -InactiveMailboxOnly | FL GuidTo obtain this GUID, run the following PowerShell command in Exchange Online: Get-Mailbox <identity of inactive mailbox> -InactiveMailboxOnly | FL Guid
    > [!NOTE]> 場合によっては、1つのメールボックスがアクティブなメールボックスで、もう一方のメールボックスが削除済み (または非アクティブ) 状態になっているメールボックスが同じメールアドレスを持つ複数のメールボックスが存在することがあります。> [!NOTE]> In some cases, you might have multiple mailboxes with the same email address, where one mailbox is an active mailbox and the other mailbox is in a soft-deleted (or inactive) state. このような状況では、PST ファイルをインポートするメールボックスを一意に識別するために、メールボックスの GUID を指定する必要があります。In these situations, you have to specify the mailbox GUID to uniquely identify the mailbox to import the PST file to. この GUID をアクティブなメールボックスに対して取得するにはGet-Mailbox <identity of active mailbox> | FL Guid、次の PowerShell コマンドを実行します。To obtain this GUID for active mailboxes, run the following PowerShell command: Get-Mailbox <identity of active mailbox> | FL Guid. 回復可能な削除 (または非アクティブ) のメールボックスの GUID を取得するGet-Mailbox <identity of soft-deleted or inactive mailbox> -SoftDeletedMailbox | FL Guidには、次のコマンドを実行します。To obtain the GUID for soft-deleted (or inactive) mailboxes, run this command: Get-Mailbox <identity of soft-deleted or inactive mailbox> -SoftDeletedMailbox | FL Guid.
    annb@contoso.onmicrosoft.com
    またはOr
    2d7a87fe-d6a2-40cc-8aff-1ebea80d4ae7
    IsArchive
    PST ファイルをユーザーのアーカイブ メールボックスにインポートするかどうかを指定します。Specifies whether or not to import the PST file to the user's archive mailbox. 次のような 2 つの選択肢があります。There are two options:
    FALSEPST ファイルをユーザーのプライマリメールボックスにインポートします。FALSE Imports the PST file to the user's primary mailbox.
    TRUEPST ファイルをユーザーのアーカイブメールボックスにインポートします。TRUE Imports the PST file to the user's archive mailbox. This assumes that the user's archive mailbox is enabled.This assumes that the user's archive mailbox is enabled. このパラメーターをにTRUE設定し、ユーザーのアーカイブメールボックスが有効になっていない場合、そのユーザーのインポートは失敗します。If you set this parameter to TRUE and the user's archive mailbox isn't enabled, the import for that user will fail. 1人のユーザーに対してインポートが失敗した場合 (アーカイブが有効になっておらTRUEず、このプロパティがに設定されているため)、インポートジョブの他のユーザーに影響が及ぶことに注意してください。Note that if an import fails for one user (because their archive isn't enabled and this property is set to TRUE), the other users in the import job won't be affected.
    If you leave this parameter blank, the PST file is imported to the user's primary mailbox.If you leave this parameter blank, the PST file is imported to the user's primary mailbox.
    注: プライマリメールボックスがオンプレミスであるユーザーのクラウドベースのアーカイブメールボックスに PST ファイルをインポートするにはTRUE 、このパラメーターに対してを指定して、 Mailboxパラメーターのユーザーの社内メールボックスの電子メールアドレスを指定するだけです。Note: To import a PST file to a cloud-based archive mailbox for a user whose primary mailbox is on-premises, just specify TRUE for this parameter and specify the email address for the user's on-premises mailbox for the Mailbox parameter.
    FALSE
    またはOr
    TRUE
    TargetRootFolder
    PST ファイルのインポート先メールボックスフォルダーを指定します。Specifies the mailbox folder that the PST file is imported to.
    このパラメーターを空白のままにした場合、PST はメールボックスのルートレベル (受信トレイフォルダーとその他の既定のメールボックスフォルダーと同じレベル) にあるインポートされた新しいフォルダーにインポートされます。If you leave this parameter blank, the PST will be imported to a new folder named Imported located at the root level of the mailbox (the same level as the Inbox folder and the other default mailbox folders).
    を指定/した場合、PST ファイル内のアイテムは、ユーザーの受信トレイフォルダーに直接インポートされます。If you specify /, items in the PST file will be imported directly in to the user's Inbox folder.
    を指定/<foldername>した場合、PST ファイルのアイテムは、 * <foldername> *という名前のフォルダーにインポートされます。If you specify /<foldername>, items in the PST file will be imported to a folder named <foldername> . たとえば、を使用/ImportedPstすると、アイテムはImportedPstという名前のフォルダーにインポートされます。For example, if you use /ImportedPst, items would be imported to a folder named ImportedPst. このフォルダーは、受信トレイフォルダーと同じレベルにあるユーザーのメールボックスに配置されます。This folder will be located in the user's mailbox at the same level as the Inbox folder.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    /
    またはOr
    /ImportedPst
    ContentCodePage
    このオプションパラメーターは、ANSI ファイル形式で PST ファイルをインポートするために使用するコードページの数値を指定します。This optional parameter specifies a numeric value for the code page to use for importing PST files in the ANSI file format. このパラメーターは、中国語、日本語、および韓国語 (CJK) の組織から PST ファイルをインポートするために使用されます。これらの言語では、通常、文字エンコードに2バイト文字セット (DBCS) を使用します。This parameter is used for importing PST files from Chinese, Japanese, and Korean (CJK) organizations because these languages typically use a double byte character set (DBCS) for character encoding. メールボックスフォルダー名に DBCS を使用する言語の PST ファイルをインポートするためにこのパラメーターを使用していない場合は、インポート後にフォルダー名が正しくないことがよくあります。If this parameter isn't used to import PST files for languages that use DBCS for mailbox folder names, the folder names are often garbled after they're imported.
    このパラメーターに使用することがサポートされている値の一覧については、「コードページ識別子」を参照してください。For a list of supported values to use for this parameter, see Code Page Identifiers.
    > [!NOTE]> 前述のとおり、これはオプションのパラメーターであり、CSV ファイルに含める必要はありません。> [!NOTE]> As previously stated, this is an optional parameter and you don't have to include it in the CSV file. または、1つまたは複数の行の値を空白のままにしておくこともできます。Or you can include it and leave the value blank for one or more rows.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    932(ANSI/OEM 日本語のコードページ識別子)932 (which is the code page identifier for ANSI/OEM Japanese)
    SPFileContainer
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable
    SPManifestContainer
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable
    SPSiteUrl
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable

手順 4:Office 365 で PST インポート ジョブを作成するStep 4: Create a PST Import job in Office 365

次の手順では、Office 365 のインポートサービスで PST インポートジョブを作成します。The next step is to create the PST Import job in the Import service in Office 365. 前述したように、手順 3 で作成した PST インポートのマッピング ファイルを送信します。As previously explained, you will submit the PST Import mapping file that you created in Step 3. 新しいジョブを作成した後、インポートサービスはマッピングファイルの情報を使用して、pst ファイルがハードドライブから Azure ストレージ領域にコピーされた後に、指定されたユーザーメールボックスに PST ファイルをインポートします。その後、インポートジョブを作成して開始します。After you create the new job, the Import service will use the information in the mapping file to import the PST files to the specified user mailbox after the PST files are copied from the hard drive to the Azure storage area and you create and start the import job.

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. セキュリティ & コンプライアンスセンターの左側のウィンドウで、[データガバナンス] をクリックし、[インポート] をクリックします。In the left pane of the Security & Compliance Center, click Data governance and then click Import.

  3. [インポート] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しいインポートジョブ] をクリックします。On the Import page, click Add Icon New import job.

    注意

    前述したように、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページにアクセスするには、適切なアクセス許可が割り当てられている必要があります。As previously stated, you have to be assigned the appropriate permissions to access the Import page in the Security & Compliance Center.

  4. PST インポートジョブの名前を入力し、[次へ] をクリックします。Type a name for the PST import job, and then click Next. 小文字、数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用してください。Use lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores. 名前には、大文字を使用したり、スペースを含めたりすることはできません。You can't use uppercase letters or include spaces in the name.

  5. [インポートジョブの種類の選択] ページで、[ハードドライブを物理的な場所の1つに出荷する] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Choose import job type page, click Ship hard drives to one of our physical locations and then click Next.

    ドライブ送付インポートジョブを作成するには、[ハードドライブを物理的な場所の1つに出荷] をクリックします。

  6. 手順6で、[自分のハードドライブの準備ができました] をクリックし、必要なドライブジャーナルファイルにアクセスして、[マッピングファイルにアクセスできる] チェックボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。In step 6, click the I've prepared my hard drives and have access to the necessary drive journal files and I have access to the mapping file check boxes, and then click Next.

    手順6で2つのチェックボックスをクリックします。

  7. [ドライブファイルの選択] ページで、[ドライブファイルの選択] をクリックして、waimportexport .exe ツールが配置されているのと同じフォルダーに移動します。On the Select the drive file page, click Select drive file, and then go to the same folder where the WAImportExport.exe tool is located. 手順 2 で作成したジャーナル ファイルは、このフォルダーにコピーされました。The journal file that was created in Step 2 was copied to this folder.

    WAImportExport .exe ツールを実行したときに作成されたジャーナルファイルを送信するには、[ドライブファイルの選択] をクリックします。

  8. ジャーナルファイルを選択します。たとえば、 PSTHDD1.jrnのようになります。Select the journal file; for example, PSTHDD1.jrn.

    ヒント

    手順2で WAImportExport .exe ツールを実行したときに、ジャーナルファイルの名前が/j:パラメーターによって指定されています。When you ran the WAImportExport.exe tool in Step 2, the name of the journal file was specified by the /j: parameter.

  9. ドライブファイルの名前が [ドライブファイル名] の下に表示されたら、[検証] をクリックして、ドライブファイルにエラーがないかどうかを確認します。After the name of the drive file appears under Drive file name, click Validate to check your drive file for errors.

    [検証] をクリックして、選択したドライブファイルを検証します。

    PST インポートジョブを作成するには、ドライブファイルが正常に検証されている必要があります。The drive file has to be successfully validated to create a PST Import job. メモファイル名が正常に検証された後に、緑に変更されます。Note the file name is changed to green after it's successfully validated. 検証が失敗した場合は、[ View log ] リンクをクリックします。If the validation fails, click the View log link. 検証エラーレポートが開き、ファイルが失敗した理由に関する情報が含まれたエラーメッセージが表示されます。A validation error report is opened, with a error message with information about why the file failed.

    注意

    Microsoft に出荷する各ハードドライブに対して、ジャーナルファイルを追加して検証する必要があります。You must add and validate a journal file for each hard drive you ship to Microsoft.

  10. Microsoft に出荷する各ハードドライブのジャーナルファイルを追加して検証した後、[次へ] をクリックします。After adding and validating a journal file for each hard drive that you'll ship to Microsoft, click Next.

  11. ![追加]アイコン [マッピングファイルの選択] をクリックして、手順3で作成した PST インポートマッピングファイルを送信します。Click Add Icon Select mapping file to submit the PST Import mapping file that you created in Step 3.

    [マッピングファイルの選択] をクリックして、インポートジョブ用に作成した CSV ファイルを送信します。

  12. CSV ファイルの名前が [マッピングファイル名] の下に表示されたら、[検証] をクリックして csv ファイルにエラーがないか確認します。After the name of the CSV file appears under Mapping file name, click Validate to check your CSV file for errors.

    [検証] をクリックして、CSV ファイルのエラーを確認します。

    PST インポート ジョブを作成するには、CSV ファイルが正常に検証される必要があります。The CSV file has to be successfully validated to create a PST Import job. メモファイル名が正常に検証された後に、緑に変更されます。Note the file name is changed to green after it's successfully validated. 検証が失敗した場合は、[ View log ] リンクをクリックします。If the validation fails, click the View log link. 検証エラーレポートが開き、エラーが発生したファイル内の各行に関するエラーメッセージが表示されます。A validation error report is opened, with a error message for each row in the file that failed.

  13. PST マッピングファイルが正常に検証されたら、[次へ] をクリックします。After the PST mapping file is successfully validated, click Next.

  14. [連絡先情報の入力] ページで、該当するボックスに連絡先情報を入力します。On the Provide contact information page, type your contact information in the applicable boxes.

    ハードドライブを送付する Microsoft の場所のアドレスが表示されていることに注意してください。Note that the address for the Microsoft location that you will ship your hard drives to is displayed. このアドレスは、Office 365 データセンターの場所に基づいて自動生成されます。This address is auto-generated based on your Office 365 data center location. この住所をファイルにコピーするか、スクリーン ショットを撮ってください。Copy this address to a file or take a screenshot.

  15. 使用条件ドキュメントを読んで、チェックボックスをクリックし、[保存] をクリックしてインポートジョブを送信します。Read the terms and conditions document, click the checkbox, and then click Save to submit the import job.

    インポートジョブが正常に作成されると、ドライブ出荷プロセスの次の手順を説明する状態ページが表示されます。When the import job is successfully created, a status page is displayed that explains the next steps of the drive shipping process.

  16. [インポート] ページで、 ![更新アイコンの更新] をクリックして、インポートジョブの一覧に新しいドライブ配送インポートジョブを表示します。On the Import page, click Refresh icon Refresh to displayed the new drive shipping import job in the list of import jobs. 状態は、追跡番号を待機するように設定されていることに注意してください。Note that the status is set to Waiting for tracking number. インポートジョブをクリックして、インポートジョブに関する詳細情報を含む状態ポップアップページを表示することもできます。You can also click the import job to display the status flyout page, which contains more detailed information about the import job.

手順 5:Microsoft にハード ドライブを送付するStep 5: Ship the hard drive to Microsoft

次の手順では、Microsoft にハードドライブを送付してから、ドライブ出荷ジョブの発送番号と返送情報を提供します。The next step is to ship the hard drive to Microsoft, and then provide the tracking number for the shipment and return shipment information for the drive shipping job. ドライブは、Microsoft によって受信された後、データセンターの担当者が組織の Azure ストレージ領域に PST ファイルをアップロードするのに 7 ~ 10 営業日かかります。After the drive is received by Microsoft, it will take between 7 and 10 business days for data center personnel to upload your PST files to the Azure storage area for your organization.

注意

インポートジョブの作成から14日以内に追跡番号を指定せずに出荷情報を取得した場合、インポートジョブは期限切れになります。If you don't provide the tracking number and return shipment information within 14 days of creating the import job, the import job will be expired. このような状況が発生した場合は、新しいドライブ送付インポートジョブを作成する必要があります (「手順 4: Office 365 で Pst インポートジョブを作成する」を参照し、ドライブファイルと pst インポートマッピングファイルを再送信します。If this happens, you'll have to create a new drive shipping import job (see Step 4: Create a PST Import job in Office 365) and re-submit the drive file and the PST import mapping file.

ハード ドライブを送付するShip the hard drive

Microsoft にハード ドライブを送付する場合は、次の点に注意してください。Keep the following things in mind when you ship hard drives to Microsoft:

  • シリアルから USB へのアダプターは送付しないでください。ハードドライブを送付するだけで済みます。Don't ship the SATA-to-USB adapter; you only have to ship the hard drive.

  • ハード ドライブを適切に梱包する。たとえば、静電気防止バッグやクッション材など使用する。Package the hard drive properly; for example, use an anti-static bag or bubble wrap.

  • 任意の配送業者を使用して、Microsoft にハード ドライブを送付する。Use a delivery carrier of your choice to ship the hard drive to Microsoft.

  • 手順 4 でインポート ジョブを作成したときに表示された Microsoft の場所の住所に、ハード ドライブを送付する。Ship the hard drive to the address for the Microsoft location that was displayed when you created the import job in Step 4. 送付先アドレスには、"Office 365 インポート サービス" を必ず含めてください。Be sure to include "Office 365 Import Service" in the ship-to address.

  • ハード ドライブの送付後、配送業者の名前と追跡番号を必ず書き留めてください。これらは次の手順で必要になります。After you ship the hard drive, be sure to write down the name of the delivery carrier and the tracking number. You'll provide these in the next step.

追跡番号と他の配送情報を入力するEnter the tracking number and other shipping information

Microsoft にハード ドライブを送付した後、インポート サービスのページで次の手順を完了します。After you've shipped the hard drive to Microsoft, complete the following procedure on the Import service page.

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. 左側のウィンドウで、[データガバナンス] をクリックし、[インポート] をクリックします。In the left pane, click Data governance and then click Import.

  3. [インポート] ページで、追跡番号を入力するドライブの出荷のジョブをクリックします。On the Import page, click the job for the drive shipment that you want to enter the tracking number for.

  4. [状態のポップアップ] ページで、[追跡番号の入力] をクリックします。On the status flyout page, click Enter tracking number.

  5. 以下の送付情報を入力する。Provide the following shipping information:

  6. 配送業者ハードドライブを Microsoft に出荷する際に使用した配送業者の名前を入力します。Delivery carrier Type the name of the delivery carrier that you used to ship the hard drive to Microsoft.

  7. 追跡番号ハードドライブの出荷の追跡番号を入力します。Tracking number Type the tracking number for the hard drive shipment.

  8. 返品業者のアカウント番号[返品業者] にリストされている通信業者の組織のアカウント番号を入力します。Return carrier account number Type your organization's account number for the carrier that listed under Return carrier. Microsoft は、このアカウントを使用して、お客様にハードドライブを送付します。Microsoft will use (and charge) this account to ship your hard drive back to you. 米国およびヨーロッパの組織には、FedEx のアカウントが必要であることに注意してください。Note that organizations in the USA and Europe, must have an account with FedEx. アジアおよび世界の他の組織は、DHL のアカウントを持っている必要があります。Organizations in Asia and the rest of the world, must have an account with DHL.

  9. [保存] をクリックして、インポート ジョブのこの情報を保存する。Click Save to save this information for the import job.

    [インポート] ページで、 ![更新 **** アイコンの更新] をクリックして、ドライブの配送インポートジョブの情報を更新します。On the Import page, click Refresh icon Refresh to update the information for your drive shipping import job. ステータスが [ドライブを送付中] に設定されていることに注意してください。Notice that status is now set to Drives in transit.

手順 6: データをフィルター処理し、PST インポートジョブを開始するStep 6: Filter data and start the PST Import job

Microsoft がハードドライブを受信すると、[インポート] ページのインポートジョブの状態が [受信したドライブ] に変わります。After your hard drive is received by Microsoft, the status for the import job on the Import page will change to Drives received. データセンターの担当者は、ジャーナルファイルの情報を使用して、組織の Azure ストレージ領域に PST ファイルをアップロードします。Data center personnel will use the information in the journal file to upload your PST files to the Azure storage area for your organization. この時点で、ステータスが [インポート進行中] に変わります。At this point, the status will change to Import in-progress. 前述したように、ハードドライブを受け取った後、PST ファイルをアップロードするには、7 ~ 10 営業日かかります。As previously stated, it will take between 7 to 10 business days after receiving your hard drive to upload the PST files.

PST ファイルが Azure にアップロードされると、進行中の分析に状態が変更されます。After PST files are uploaded to Azure, the status is changed to Analysis in progress. これは、Office 365 が PST ファイルのデータ (安全かつ安全な方法) を分析して、アイテムの保存期間と PST ファイルに含まれるさまざまなメッセージの種類を識別することを示しています。This indicates that Office 365 is analyzing the data in the PST files (in a safe and secure manner) to identify the age of the items and the different message types included in the PST files. 分析が完了し、データをインポートする準備が整ったら、インポートジョブの状態が [分析完了] に変更されます。When the analysis is completed and the data is ready to import, the status for the import job is changed to Analysis completed. この時点で、PST ファイルに含まれるすべてのデータをインポートするか、インポートするデータを制御するフィルターを設定することによってインポートされたデータをトリミングするかを選択できます。At this point, you have the option to import all the data contained in the PST files or you can trim the data that's imported by setting filters that control what data gets imported.

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. 左側のウィンドウで、[データガバナンス > のインポート] をクリックします。In the left pane, click Data governance > Import.

  3. [インポート] ページで、手順4で作成したインポートジョブについて、[ Office 365 にインポートする準備ができました] をクリックします。On the Import page, click Ready to import to Office 365 for the import job that you created in Step 4.

    作成したインポートジョブの横にある [Office 365 にインポートする準備完了] をクリックします。

    フライアウトページには、PST ファイルおよびインポートジョブに関するその他の情報が表示されます。A fly out page is displayed with information about the PST files and other information about the import job.

  4. [ Office 365 へのインポート] をクリックします。Click Import to Office 365.

  5. [データをフィルターする] ページが表示されます。The Filter your data page is displayed. このファイルには、データの保存期間に関する情報を含む、Office 365 によって PST ファイルに対して実行された分析の結果として得られるデータ insights が含まれています。It contains the data insights resulting from the analysis performed on the PST files by Office 365, including information about the age of the data. この時点で、インポートされるデータをフィルター処理するか、すべてのデータをそのものとしてインポートするかを選択できます。At this point, you have the option to filter the data that will be imported or import all the data as is.

    PST ファイルのデータをトリミングしたり、すべてのデータをインポートしたりできます。

  6. 次のいずれかを実行します。Do one of the following:

    a.a. インポートするデータをトリミングするには、[はい、インポートする前にフィルターを適用します] をクリックします。To trim the data that you import, click Yes, I want to filter it before importing.

    PST ファイルのデータをフィルター処理してからインポートジョブを開始する方法の詳細な手順については、「 pst ファイルを Office 365 にインポートするときにデータをフィルターする」を参照してください。For detailed step-by-step instructions about filtering the data in the PST files and then starting the import job, see Filter data when importing PST files to Office 365.

    またはOr

    b.b. PST ファイル内のすべてのデータをインポートするには、[いいえ、 すべてをインポートします] をクリックし、[次へ] をクリックします。To import all data in the PST files, click No, I want to import everything, and click Next.

  7. すべてのデータをインポートすることを選択した場合は、[データのインポート] をクリックしてインポートジョブを開始します。If you chose to import all the data, click Import data to start the import job.

    インポートジョブの状態が [インポート] ページに表示されます。The status of the import job is displayed on the Import page. [ 更新アイコン **** の更新] をクリックして、[状態] 列に表示される状態情報を更新します。Click Refresh icon Refresh to update the status information that's displayed in the Status column. インポートジョブをクリックして状態ポップアップページを表示すると、インポートされている各 PST ファイルに関する状態情報が表示されます。Click the import job to display the status flyout page, which displays status information about each PST file being imported. インポートが完了し、PST ファイルがユーザー メールボックスにインポートされると、ステータスは [完了] に変わります。When the import is complete and PST files have been imported to user mailboxes, the status will be changed to Completed.

Office 365 にアップロードされた PST ファイルの一覧を表示するView a list of the PST files uploaded to Office 365

Microsoft Azure ストレージエクスプローラー (無償のオープンソースツール) をインストールして使用すると、組織の Azure ストレージ領域に (Microsoft データセンター担当者が) アップロードした PST ファイルの一覧を表示することができます。You can install and use the Microsoft Azure Storage Explorer (which is a free, open source tool) to view the list of the PST files that we're uploaded (by Microsoft data center personnel) to the Azure storage area for your organization. これにより、Microsoft に送信したハードドライブの PST ファイルが Azure ストレージ領域に正常にアップロードされたことを確認できます。You can do this to verify that PST files from the hard drives that you sent to Microsoft were successfully uploaded to the Azure storage area.

Microsoft Azure ストレージエクスプローラーはプレビュー段階です。The Microsoft Azure Storage Explorer is in Preview.

重要: Azure ストレージエクスプローラーを使用して PST ファイルをアップロードまたは変更することはできません。Important: You can't use the Azure Storage Explorer to upload or modify PST files. PST ファイルを Office 365 にインポートするためにサポートされている唯一の方法は、AzCopy を使用することです。The only supported method for importing PST files to Office 365 is to use AzCopy. また、Azure blob にアップロードした PST ファイルを削除することもできません。Also, you can't delete PST files that you've uploaded to the Azure blob. PST ファイルを削除しようとすると、必要なアクセス許可がないというエラーが表示されます。If you try to delete a PST file, you'll receive an error about not having the required permissions. すべての PST ファイルが Azure ストレージ領域から自動的に削除されることに注意してください。Note that all PST files are automatically deleted from your Azure storage area. 進行中のインポートジョブがない場合、[* * ingestiondata * *] コンテナー内のすべての PST ファイルは、最新のインポートジョブが作成されてから30日後に削除されます。If there are no import jobs in progress, then all PST files in the ** ingestiondata ** container are deleted 30 days after the most recent import job was created.

Azure ストレージエクスプローラーをインストールして Azure ストレージ領域に接続するには、次のようにします。To install the Azure Storage Explorer and connect to your Azure storage area:

  1. 組織の Shared Access Signature (SAS) URL を取得するには、次の手順を実行します。Perform the following steps to get the Shared Access Signature (SAS) URL for your organization. この URL は、組織および SAS キーで使用される Microsoft クラウド内の Azure ストレージの場所のネットワーク URL の組み合わせです。This URL is a combination of the network URL for the Azure storage location in the Microsoft cloud for your organization and an SAS key. このキーは、組織の Azure ストレージの場所にアクセスするために必要なアクセス許可を提供します。This key provides you with the necessary permissions to access your organization's Azure storage location.

  2. https://protection.office.com/移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com/ and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  3. セキュリティ & コンプライアンスセンターの左側のウィンドウで、[データガバナンス >のインポート] をクリックします。In the left pane of the Security & Compliance Center, click Data governance > Import.

  4. [インポート] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しいインポートジョブ] をクリックします。On the Import page, click Add Icon New import job.

  5. [ジョブのインポート] ウィザードで、PST インポートジョブの名前を入力し、[次へ] をクリックします。In the import job wizard, type a name for the PST import job, and then click Next. 小文字、数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用してください。Use lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores. 名前には、大文字を使用したり、スペースを含めたりすることはできません。You can't use uppercase letters or include spaces in the name.

  6. [インポートジョブの種類の選択] ページで、[データのアップロード] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Choose import job type page, click Upload your data and then click Next.

  7. 手順2で、[ネットワークアップロード SAS URL を表示する] をクリックします。In step 2, click Show network upload SAS URL.

  8. URL が表示されたら、それをコピーしてファイルに保存します。After the URL is displayed, copy it and save it to a file. 必ず URL 全体をコピーする。Be sure to copy the entire URL.

    重要

    SAS URL を保護するための予防措置を講じてください。Be sure to take precautions to protect the SAS URL. これは、組織の Azure ストレージ領域にアクセスするすべてのユーザーが使用できます。This can be used by anyone to access the Azure storage area for your organization.

  9. [キャンセル] をクリックして、ジョブのインポートウィザードを終了します。Click Cancel to close the import job wizard.

  10. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーツールをダウンロードしてインストールします。Download and install the Microsoft Azure Storage Explorer tool.

  11. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーを起動し、左側のウィンドウで [ストレージアカウント] を右クリックして、[ Azure ストレージに接続] をクリックします。Start the Microsoft Azure Storage Explorer, right-click Storage Accounts in the left pane, and then click Connect to Azure storage.

    [ストレージアカウント] を右クリックし、[Azure ストレージへの接続] をクリックします。

  12. [共有アクセス署名 (SAS) URI または接続文字列を使用する] をクリックし、[次へ] をクリックします。Click Use a shared access signature (SAS) URI or connection string and click Next.

  13. [ SAS uri を使用する] をクリックして、手順1で取得した sas URL を [ uri] の下のボックスに貼り付け、[次へ] をクリックします。Click Use a SAS URI, paste the SAS URL that you obtained in step 1 in to in the box under URI, and then click Next.

  14. [接続の概要] ページで、接続情報を確認し、[接続] をクリックします。On the Connection summary page, you can review the connection information, and then click Connect.

    Ingestiondataコンテナーが開きます。ハードドライブの PST ファイルが含まれています。The ingestiondata container is opened; it contains the PST files from your hard drive. Ingestiondataコンテナーは、ストレージアカウント > (SAS 接続されたサービス) > Blob コンテナーの下にあります。The ingestiondata container is located under Storage Accounts > (SAS-Attached Services) > Blob Containers.

    Azure ストレージ エクスプローラーには、アップロードした PST ファイルの一覧が表示される

  15. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーの使用が終了したら、[ ingestiondata] を右クリックし、 **** [切断] をクリックして azure ストレージ領域から切断します。When you're finished using the Microsoft Azure Storage Explorer, right-click ingestiondata, and then click Detach to disconnect from your Azure storage area. そうしないと、次に接続しようとしたときにエラーが表示されます。Otherwise, you'll receive an error the next time you try to attach.

    ingestion を右クリックして [デタッチ] をクリックし、Azure のストレージ エリアから切断する

トラブルシューティングのヒントTroubleshooting tips

  • PST インポートの CSV マッピングファイルにエラーがあるためにインポートジョブが失敗した場合はどうなりますか。What happens if the import job fails because of errors in the PST Import CSV mapping file? マッピングファイルのエラーによってインポートジョブが失敗した場合は、新しいインポートジョブを作成するために、ハードドライブを Microsoft に再出荷する必要はありません。If an import job fails because of errors in the mapping file, you don't have to re-ship the hard drive to Microsoft in order to create a new import job. これは、ドライブ送付インポートジョブ用に送信したハードドライブからの PST ファイルが、組織の Azure ストレージ領域に既にアップロードされているためです。That's because the PST files from the hard drive that you submitted for the drive shipping import job have already been uploaded to the Azure storage area for your organization. この場合は、PST インポート CSV マッピングファイルのエラーを修正してから、新しい "network upload" インポートジョブを作成し、改訂された CSV マッピングファイルを送信するだけで済みます。In this case, you just have to fix the errors in the PST Import CSV mapping file, and then create a new "network upload" import job and submit the revised CSV mapping file. 新しいネットワークアップロードインポートジョブを作成して開始するには、「手順 5: office 365 で Pst インポートジョブを作成する」および「手順 6: データをフィルター処理するために、ネットワークアップロードを使用して pst ファイルを Office 365 にインポートする」を参照してください。To create and start a new network upload import job, see Step 5: Create a PST Import job in Office 365 and Step 6: Filter data and start the PST Import job in the topic "Use network upload to import PST files to Office 365."

    注意

    PST インポートの CSV マッピングファイルのトラブルシューティングに役立てるために、 Azure ストレージエクスプローラーツールを使用して、azure ストレージ領域にアップロードされたハードディスクドライブからの pst ファイルのingestiondataコンテナーにあるフォルダー構造を表示します。To help you troubleshoot the PST Import CSV mapping file, use the Azure Storage Explorer tool to view the folder structure in the ingestiondata container for the PST files from your hard drive that were uploaded to the Azure storage area. 通常、ファイルのマッピングエラーは FilePath パラメーターの値が正しくないことが原因で発生します。Mapping file errors are typically caused by an incorrect value in the FilePath parameter. このパラメーターには、Azure ストレージ領域内の PST ファイルの場所を指定します。This parameter specifies the location of a PST file in the Azure storage area. 手順 3の表の FilePath パラメーターの説明を参照してください。See the description of the FilePath parameter in table in Step 3. 前述のように、手順 2で WAImportExport .exe ツールを実行したとき/dstdir:に、パラメーターによって、Azure ストレージ領域内の PST ファイルの場所が指定されました。As previously explained, the location of PST files in the Azure storage area was specified by the /dstdir: parameter when you ran the WAImportExport.exe tool in Step 2.

詳細情報More information

  • ドライブの配送は、組織で使用できるコンプライアンス機能を活用するために、大量のアーカイブメッセージングデータを Office 365 にインポートする効果的な方法です。Drive shipping is an effective way to import large amounts of archival messaging data to Office 365 to take advantage of the compliance features that are available to your organization. アーカイブデータをユーザーのメールボックスにインポートした後、次のことを行うことができます。After archival data is imported to user mailboxes, you can:

  • セキュリティで保護されたストレージ アカウント キーと BitLocker 暗号化キーの例を、次に示します。この例には、ハード ディスクに PST ファイルをコピーするために実行する WAImportExport.exe コマンドの構文も含まれています。パスワードやその他のセキュリティ関連情報を保護するのと同じように、これらのファイルを保護するための予防策を必ず講じてください。Here's an example of the secure storage account key and a BitLocker encryption key. This example also contains the syntax for the WAImportExport.exe command that you run to copy PST files to a hard drive. Be sure to take precautions to protect these just like you would protect passwords or other security-related information.

    Secure storage account key: 
    
    yaNIIs9Uy5g25Yoak+LlSHfqVBGOeNwjqtBEBGqRMoidq6/e5k/VPkjOXdDIXJHxHvNoNoFH5NcVUJXHwu9ZxQ==
    
    BitLocker encryption key:
    
    397386-221353-718905-535249-156728-127017-683716-083391
    
    COMMAND SYNTAX
    
    First time:
    
    WAImportExport.exe PrepImport /j:<Name of journal file> /t:<Drive letter> /id:<Name of session> /srcdir:<Location of PST files> /dstdir:<PST file path> /sk:<Storage account key> /encrypt /logdir:<Log file location>
    
    Subsequent times:
    
    WAImportExport.exe PrepImport /j:<Name of journal file> /id:<Name of new session> /srcdir:<Location of PST files> /dstdir:<PST file path> 
    
    EXAMPLES
    
    First time:
    
    WAImportExport.exe PrepImport /j:PSTHDD1.jrn /t:f /id:driveship1 /srcdir:"\\FILESERVER1\PSTs" /dstdir:"ingestiondata/" /sk:"yaNIIs9Uy5g25Yoak+LlSHfqVBGOeNwjqtBEBGqRMoidq6/e5k/VPkjOXdDIXJHxHvNoNoFH5NcVUJXHwu9ZxQ==" /encrypt /logdir:"c:\users\admin\desktop\PstImportLogs"
    
    Subsequent times:
    
    WAImportExport.exe PrepImport /j:PSTHDD1.jrn /id:driveship2 /srcdir:"\\FILESERVER1\PSTs\SecondBatch" /dstdir:"ingestiondata/"
    
  • 前述したように、Office 365 インポートサービスは、PST ファイルがメールボックスにインポートされた後、保持ホールドの設定 (無期限) を有効にします。As previously explained, the Office 365 Import service turns on the retention hold setting (for an indefinite duration) after PST files are imported to a mailbox. つまり、 RentionHoldEnabledプロパティはにTrue設定されているため、メールボックスに割り当てられたアイテム保持ポリシーは処理されません。This means the RentionHoldEnabled property is set to True so that the retention policy assigned to the mailbox won't be processed. これにより、メールボックスの所有者は、削除またはアーカイブポリシーによる古いメッセージの削除またはアーカイブを禁止することにより、新しくインポートされたメッセージを管理できます。This gives the mailbox owner time to manage the newly-imported messages by preventing a deletion or archive policy from deleting or archiving older messages. この保持ホールドを管理するために実行できるいくつかの手順を次に示します。Here are some steps you can take to manage this retention hold:

    • 一定の期間が経過した後、 Set-Mailbox -RetentionHoldEnabled $falseコマンドを実行して保存機能を無効にすることができます。After a certain period of time, you can turn off the retention hold by running the Set-Mailbox -RetentionHoldEnabled $false command. 手順については、「メールボックスを保持ホールドの状態にする」を参照してください。For instructions, see Place a mailbox on retention hold.

    • 今後、ある日付に無効になるように、保存機能を構成することができます。You can configure the retention hold so that it's turned off on some date in the future. そのためには、 Set-Mailbox -EndDateForRetentionHold <date>コマンドを実行します。You do this by running the Set-Mailbox -EndDateForRetentionHold <date> command. たとえば、今日の日付が2016年6月1日で、保存機能を30日以内に無効にする場合は、次のコマンドSet-Mailbox -EndDateForRetentionHold 7/1/2016を実行します。For example, assuming that today's date is June 1, 2016 and you want the retention hold turned off in 30 days, you would run the following command: Set-Mailbox -EndDateForRetentionHold 7/1/2016. このシナリオでは、 RentionHoldEnabledプロパティをTrueに設定したままにします。In this scenario, you would leave the RentionHoldEnabled property set to True. 詳細については、「メールボックスの設定」を参照してください。For more information, see Set-Mailbox.

    • メールボックスに割り当てられているアイテム保持ポリシーの設定を変更して、インポートした古いアイテムがすぐに削除されるか、ユーザーのアーカイブメールボックスに移動されないようにすることができます。You can change the settings for the retention policy that's assigned to the mailbox so that older items that were imported won't be immediately deleted or moved to the user's archive mailbox. たとえば、メールボックスに割り当てられている削除ポリシーまたはアーカイブポリシーの保存期間を長くすることができます。For example, you could lengthen the retention age for a deletion or archive policy that's assigned to the mailbox. このシナリオでは、アイテム保持ポリシーの設定を変更した後、メールボックスの保存機能をオフにします。In this scenario, you would turn off the retention hold on the mailbox after you changed the settings of the retention policy. 詳細については、「 Office 365 組織のメールボックスのアーカイブおよび削除ポリシーをセットアップする」を参照してください。For more information, see Set up an archive and deletion policy for mailboxes in your Office 365 organization.