Power BI でレポート間のドリル スルーを使用するUse cross-report drill through in Power BI

Power BI の "レポート間のドリルスルー" 機能を使用すると、同じ Power BI サービス ワークスペース内またはアプリ内で、あるレポートから別のレポートにコンテキストを保って移動できます。With the Power BI cross-report drill-through feature, you can contextually jump from one report to another report in the same Power BI service workspace or app. レポート間のドリル スルーを使用すると、コンテンツに関連性がある複数のレポートを接続し、レポート間の接続と共にフィルターのコンテキストを渡すことができます。You can use cross-report drill through to connect two or more reports that have related content, and to pass filter context along with the cross-report connection.

レポート間のドリル スルーを開始するには、"ソース レポート" の "ソース ビジュアル" でデータ ポイントを選択し、コンテキスト メニューからレポート間の [ドリル スルー] ターゲットを選択します。To initiate cross-report drill through, you select a data point in a source visual of a source report, and then select the cross-report Drill through target from the context menu.

Power BI のレポート間のドリルスルーのオプション

ドリルスルー アクションを実行すると、"ターゲット レポート" の "ターゲット ページ" が開きます。The drill-through action opens the target page in the target report.

Power BI Desktop のレポート間のドリルスルー ターゲット

この記事では、Power BI レポートでレポート間のドリル スルーを設定して使用する方法について説明します。This article shows you how to set up and use cross-report drill through for Power BI reports.

注意

個別に共有されている自分と共有レポートでレポート間のドリル スルーを使用することはできません。You can't use cross-report drill through with individually-shared Shared with me reports. レポート間のドリル スルーを使用するには、自分がメンバーであるワークスペースのレポートにアクセスする必要があります。To use cross-report drill through, you must access reports in workspaces that you’re a member of.

レポート間のドリル スルーを有効にするEnable cross-report drill through

レポート間のドリル スルーを有効にするための最初のステップは、ソース レポートとターゲット レポートのデータ モデルを検証することです。The first step in enabling cross-report drill through is to validate the data models for the source and target reports. 各レポートのスキーマが同じである必要はありませんが、渡すフィールドが両方のデータ モデルに存在する必要があります。Although the schemas in each report don't have to be the same, the fields you want to pass must exist in both data models. フィールドの名前と、それらが属しているテーブルの名前は、同一である必要があります。The names of the fields, and the names of the tables they belong to, must be identical. 文字列が一致している必要があり、大文字と小文字が区別されます。The strings must match, and are case-sensitive.

たとえば、テーブル US States 内のフィールド State に対するフィルターを渡す場合は、両方のモデルに US States テーブルと、そのテーブル内の State フィールドが存在している必要があります。For example, if you want to pass a filter on a field State within a table US States, both models must have a US States table, and a State field within that table. そうでない場合は、基になるモデルでフィールド名またはテーブル名を更新する必要があります。If not, you must update the field name or table name in the underlying model. フィールドの表示名を更新するだけでは、レポート間のドリル スルーで正しく機能しません。Simply updating the display name of the fields won't work properly for cross-report drill through.

モデルを検証した後、ソース レポートでレポート間のドリル スルーの使用を有効にします。After you validate your models, enable the source report to use cross-report drill through.

  1. Power BI Desktop で、 [ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] の順に移動します。In Power BI Desktop, go to File > Options and settings > Options.

  2. [オプション] ウィンドウの左側のナビゲーションで、 [現在のファイル] セクションの下部にある [レポートの設定] を選択します。In the Options window left navigation, at the bottom of the Current file section, select Report settings.

  3. 右下の [レポート間のドリル スルー] で、 [このレポートの視覚化で他のレポートからのドリルスルー ターゲットを使用することを許可します] をオンにします。At bottom right, under Cross-report drill through, select Allow visuals in this report to use drill-through targets from other reports.

  4. [OK] を選択します。Select OK.

    Power BI Desktop でレポート間のドリル スルーを有効にする

Power BI サービスからレポート間のドリル スルーを有効にすることもできます。You can also enable cross-report drill through from the Power BI service.

  1. Power BI サービスで、ターゲット レポートとソース レポートが含まれているワークスペースを選択します。In Power BI service, select the workspace that contains your target and source reports.

  2. ワークスペースの一覧で、ソース レポート名の横にある [詳細オプション] 記号を選択し、 [設定] を選択します。Next to the source report name in the workspace list, select the More options symbol, and then select Settings.

  3. [設定] ペインの下部で、 [レポート間のドリル スルー] の下の、 [このレポートの視覚化で他のレポートからのドリルスルー ターゲットを使用することを許可します] をオンにして、 [保存] を選択します。Near the bottom of the Settings pane, under Cross-report drill through, select Allow visuals in this report to use drill-through targets from other reports, and then select Save.

    Power BI サービスでレポート間のドリル スルーを有効にする

レポート間のドリル スルー ターゲットを設定するSet up a cross-report drill-through target

レポート間のドリル スルーのターゲット ページの設定は、レポート内ドリル スルーの設定と似ています。Setting up a target page for cross-report drill through is similar to setting up drill through within a report. ターゲット ページでドリル スルーを有効にすると、他のビジュアルでそのページをドリル スルーのターゲットにすることができます。Enabling drill through on the target page allows other visuals to target the page for drill through. 1 つのレポート内でドリル スルーを作成する手順については、「Power BI Desktop でドリル スルーを使用する」を参照してください。To create drill through within a single report, see Use drill through in Power BI Desktop.

レポート間のドリル スルーのターゲットの設定は、Power BI Desktop または Power BI サービスで行うことができます。You can set up a target for cross-report drill through in Power BI Desktop or Power BI service.

  1. ターゲット ファイルを編集し、ターゲット レポートのターゲット ページで、 [視覚化] ペインの [フィールド] セクションを選択します。Edit the target file, and on the target page of the target report, select the Fields section of the Visualizations pane.

  2. [ドリル スルー] で、 [クロス レポート] トグルを [オン] に設定します。Under Drill through, set the Cross-report toggle to On.

  3. ドリルスルー ターゲットとして使用するフィールドを [ドリルスルーするフィールドをここに追加します] にドラッグします。Drag the fields you want to use as drill-through targets into Add drill-through fields here. フィールドごとに、フィールドがカテゴリとして使用されている場合、またはメジャーのように集計されている場合に、ドリル スルーを許可するかどうかを選択します。For each field, select whether you want to allow drill through when the field is used as a category, or when it's summarized like a measure.

  4. ビジュアルの [すべてのフィルターを保持する] かどうかを選択します。Select whether you want to Keep all filters for the visual. ソース ビジュアルに適用されているフィルターをターゲット ビジュアルに渡さない場合は、 [オフ] を選択します。If you don't want to pass filters applied to the source visual to your target visual, select Off.

    [ドリルスルー] オプションが強調表示されている [視覚化] ペイン

  5. ページをレポート間のドリル スルー用にのみ使用する場合は、キャンバスに自動的に追加される [戻る] ボタンを削除します。If you're using the page for cross-report drill through only, delete the Back button that's automatically added to the canvas. [戻る] ボタンは、レポート内のナビゲーションに対してのみ機能します。The Back button only works for navigation within a report.

  6. ターゲット ページを構成した後、Power BI サービスを使用している場合はレポートを保存し、Power BI Desktop を使用している場合はレポートを保存して発行します。After you configure the target page, save the report if you're using the Power BI service, or save and publish the report if you're using Power BI Desktop.

これで完了です。That's it. レポートでレポート間のドリル スルーを使用できるようになりました。Your reports are ready for cross-report drill through.

レポート間のドリルスルーの使用Use cross-report drill through

レポート間のドリル スルーを使用するには、Power BI サービスでソース レポートを選択し、ターゲット ページの設定時に指定した方法でドリルスルー フィールドを使用するビジュアルを選択します。To use cross-report drill through, select the source report in the Power BI service, and then select a visual that uses the drill-through field in the way you specified when you set up the target page. データ ポイントを右クリックしてビジュアルのコンテキスト メニューを開き、 [ドリル スルー] を選択して、ドリルスルー ターゲットを選択します。Right-click a data point to open the visual context menu, select Drill through, and then select the drill-through target. レポート間のドリルスルー ターゲットは、ページ名 [レポート名] という形式になっています。Cross-report drill-through targets are formatted as Page name [Report name].

Power BI のレポート間のドリル スルーのオプション

ターゲットを作成するときに設定したように、レポート間のドリルスルーのターゲット ページに結果が表示されます。You see the results in the target cross-report drill-through page, just as you set them up when you created the target. 結果は、ドリルスルーの設定に従ってフィルター処理されます。The results are filtered according to the drill-through settings.

Power BI Desktop のレポート間のドリルスルー ターゲット

重要

Power BI では、レポート間のドリルスルー ターゲットがキャッシュされます。Power BI caches cross-report drill-through targets. 変更を行って、ドリルスルー ターゲットが想定どおりに表示されない場合は、必ずブラウザーの表示を更新してください。If you make changes, be sure to refresh your browser if you don't see the drill-through targets as expected.

ターゲット ページを設定するときに、 [すべてのフィルターを保持する][オン] に設定した場合、ソース ビジュアルのフィルター コンテキストに次の内容を含めることができます。If you set Keep all filters to On when you set up the target page, filter context from the source visual can include the following:

  • ソース ビジュアルに影響を与えるレポート、ページ、ビジュアル レベルのフィルターReport, page, and visual level filters that affect the source visual
  • ソース ビジュアルに影響を与えるクロスフィルターとクロス強調表示Cross-filter and cross-highlighting that affect the source visual
  • ページ上のスライサーと同期スライサーSlicers and sync-slicers on the page
  • URL パラメーターURL parameters

ドリル スルーのターゲット レポートに移動すると、Power BI によって、フィールド名とテーブル名の文字列が正確に一致するフィールドに対してのみ、フィルターが適用されます。When you land on the target report for drill through, Power BI only applies filters for fields that have exact string matches for field name and table name.

Power BI では、ターゲット レポートの固定フィルターは適用されませんが、既定の個人用ブックマークが存在する場合は、それは適用されます。Power BI doesn't apply sticky filters from the target report, but it does apply your default personal bookmark if you have one. たとえば、既定の個人用ブックマークに Country = US のレポート レベル フィルターが含まれている場合、Power BI では、ソース ビジュアルからのフィルター コンテキストが適用される前に、そのフィルターが適用されます。For example, if your default personal bookmark includes a report-level filter for Country = US, Power BI applies that filter before applying the filter context from the source visual.

レポート間のドリル スルーの場合、Power BI では、ターゲット レポートの標準ページにフィルター コンテキストが渡されます。For cross-report drill through, Power BI passes the filter context to standard pages in the target report. ツールヒント ページはツールヒントを呼び出すソース ビジュアルに基づいてフィルター処理されるため、Power BI ではツールヒント ページにはフィルター コンテキストは渡されません。Power BI doesn't pass filter context for tooltip pages, because tooltip pages are filtered based on the source visual that invokes the tooltip.

レポート間のドリル スルー操作の後でソース レポートに戻る場合は、ブラウザーの [戻る] ボタンを使用します。If you want to return to the source report after the cross-report drill-through action, use the browser's Back button.

考慮事項と制限事項Considerations and limitations

レポート間のドリル スルーは、Power BI Report Server の Power BI レポートでは機能しません。Cross-report drill through doesn't work in Power BI reports in Power BI Report Server.

次のステップNext steps

次の記事にも興味をもたれるかもしれません。You might also be interested in the following articles: