リモート PowerShell を使用した Exchange サーバーへの接続Connect to Exchange servers using remote PowerShell

Exchange 管理ツールをローカルコンピューターにインストールしていない場合は、Windows PowerShell を使用して、Exchange サーバーへのリモート PowerShell セッションを作成できます。If you don't have the Exchange management tools installed on your local computer, you can use Windows PowerShell to create a remote PowerShell session to an Exchange server. これは簡単な3つの手順で構成されており、資格情報を入力し、必要な接続設定を指定した後、Exchange コマンドレットをローカルの Windows PowerShell セッションにインポートして、それらを使用できるようにします。It's a simple three-step process, where you enter your credentials, provide the required connection settings, and then import the Exchange cmdlets into your local Windows PowerShell session so that you can use them.

Note

Exchange サーバーを広範囲に管理するために使用するコンピューターでは、Exchange 管理シェルを使用することをお勧めします。We recommend that you use the Exchange Management Shell on any computer that you use to extensively administer Exchange servers. Exchange 管理ツールをインストールすることにより、Exchange 管理シェルを利用できるようになります。You'll get the Exchange Management Shell by installing the Exchange management tools. 詳細については、「 Exchange Server 管理ツールをインストールする」および「 exchange 管理シェルを開く」を参照してください。For more information, see Install the Exchange Server Management Tools and Open the Exchange Management Shell. Exchange 管理シェルの詳細については、「 Exchange Server PowerShell (Exchange Management shell)」を参照してください。For more information about the Exchange Management Shell, see Exchange Server PowerShell (Exchange Management Shell).

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分未満Estimated time to complete: less than 5 minutes

  • 次の Windows のバージョンを使用できます。You can use the following versions of Windows:

  • スクリプトを実行するように Windows PowerShell を構成する必要があります。既定では、そのように構成されていないため、接続を試行すると、次に示すエラーが発生します。Windows PowerShell needs to be configured to run scripts, and by default, it isn't. You'll get the following error when you try to connect:

    Files cannot be loaded because running scripts is disabled on this system. Provide a valid certificate with which to sign the files.

    インターネットからダウンロードしたすべてのスクリプトが信頼できる発行元によって署名されていることを要求するには、管理者特権の Windows PowerShell ウィンドウで次のコマンドを実行します ([管理者として実行] を選択して開く windows powershell ウィンドウ)。To require all scripts that you download from the internet are signed by a trusted publisher, run the following command in an elevated Windows PowerShell window (a Windows PowerShell window you open by selecting Run as administrator):

    Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
    

    この設定は、コンピューターで一度だけ構成すれば、接続ごとに行う必要はありません。You need to configure this setting only once on your computer, not every time you connect.

Tip

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

リモート Exchange サーバーに接続するConnect to a remote Exchange server

  1. ローカルコンピューターで、Windows PowerShell を開き、次のコマンドを実行します。On your local computer, open Windows PowerShell, and run the following command:

    $UserCredential = Get-Credential
    

    [ Windows PowerShell 資格情報の要求] ダイアログボックスが表示されたら、ユーザープリンシパル名 (UPN) ( chris@contoso.com例:) とパスワードを入力し、[ OK] をクリックします。In the Windows PowerShell Credential Request dialog box that opens, enter your user principal name (UPN) (for example, chris@contoso.com) and password, and then click OK.

  2. <ServerFQDN> mailbox01.contoso.comExchange サーバーの完全修飾ドメイン名 (例:) に置き換えて、次のコマンドを実行します。Replace <ServerFQDN> with the fully qualified domain name of your Exchange server (for example, mailbox01.contoso.com) and run the following command:

    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://<ServerFQDN>/PowerShell/ -Authentication Kerberos -Credential $UserCredential
    

    : _connectionuri_の値はhttpではhttpsありません。Note: The ConnectionUri value is http, not https.

  3. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Import-PSSession $Session -DisableNameChecking
    

Note

完了した時点でリモート PowerShell セッションを切断してください。Be sure to disconnect the remote PowerShell session when you're finished. セッションを切断せずに Windows PowerShell ウィンドウを閉じると、使用可能なリモート PowerShell セッションがすべて消費される可能性があるため、セッションの有効期限が切れるまで待つ必要があります。If you close the Windows PowerShell window without disconnecting the session, you could use up all the remote PowerShell sessions available to you, and you'll need to wait for the sessions to expire. リモート PowerShell セッションを切断するには、次のコマンドを実行します。To disconnect the remote PowerShell session, run the following command:

Remove-PSSession $Session

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

ステップ3の後、Exchange コマンドレットはローカルの Windows PowerShell セッションにインポートされ、進行状況バーによって追跡されます。After Step 3, the Exchange cmdlets are imported into your local Windows PowerShell session and tracked by a progress bar. 何もエラーが表示されなければ、正常に接続されています。If you don't receive any errors, you connected successfully. クイックテストでは、Exchange コマンドレット (たとえば、メールボックス) を実行し、結果を確認します。A quick test is to run an Exchange cmdlet (for example, Get-Mailbox) and review the results.

エラーが表示された場合は、次の要件を確認します。If you receive errors, check the following requirements:

  • よくある問題は、間違ったパスワードです。A common problem is an incorrect password. 3つの手順を再度実行し、手順1で入力したユーザー名とパスワードに注意してください。Run the three steps again, and pay close attention to the user name and password you enter in Step 1.

  • Exchange サーバーへの接続に使用するアカウントには、リモート PowerShell へのアクセスを有効にする必要があります。The account you use to connect to the Exchange server needs to be enabled for remote PowerShell access. 詳細については、「 Exchange サーバーへのリモート PowerShell アクセスの制御」を参照してください。For more information, see Control remote PowerShell access to Exchange servers.

  • ローカル コンピューターと Exchange サーバーの間で TCP ポート 80 トラフィックを開く必要があります。TCP port 80 traffic needs to be open between your local computer and the Exchange server. おそらく、組織に制限されたネットワークアクセスポリシーがある場合は、そのようにすることを検討する必要があります。It's probably open, but it's something to consider if your organization has a restrictive network access policy.

関連項目See also

このトピックで使用するコマンドレットは Windows PowerShell コマンドレットです。The cmdlets that you use in this topic are Windows PowerShell cmdlets. これらのコマンドレットの詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information about these cmdlets, see the following topics.