タイムシートを設定するSet up timesheets

タイムシート期間 チームメンバーが ステップ 2: タイムシートを開始できるようにするには、管理者がいくつかの項目を設定する必要があります。Before your team members can start Step 2: Turn in a timesheet, an administrator needs to set up a few things. 必要なものがいくつかありますが、その他のオプションも基本事項を超えています。Some things are required, and other options are there in case you want to go beyond the basics.

最も簡単に設定できる方法The easiest way to set things up

タイムシートをすばやく稼働させるために大量の作業をしたくない場合は、タイムシートを有効にする頻度を設定するだけで 十分 です。If you don't want to do a whole lot of work to get timesheets up and running, the only one thing you really need to do is set up how often you want timesheets turned in.

設定を行うときに既定のオプションを使用 すると、チームメンバーが1週間に一度だけタイムシートを有効にするために必要なすべての情報が表示されます。If you go with the default options when you set things up, you'll end up with everything you need to have your team members turn in timesheets once a week for a year. もの!Simple! 定義する必要があるのは最初の週の開始日だけであり、Project Web App は残りを処理します。The only thing you need to define is the start date for the first week, and Project Web App will take care of the rest.

  1. [ PWA の設定] に移動します。Go to PWA Settings.
  • Project Web App で、[設定の ![ 設定] アイコン > PWA 設定] を選択します。In Project Web App, choose SettingsSettings icon > PWA Settings.

  • [ 時間およびタスクの管理] の下で、[ タイムシート期間] を選択します。Under Time and Task Management, choose Time Reporting Periods.

    タイムシート期間

  1. 開始日を設定します。Set a start date.

    タイムシートを週単位で有効にする場合、[ 一括期間パラメーターの定義 ] の下で変更する必要があるのは、 最初の期間が開始する日付のみです。If you want timesheets turned in weekly, the only thing you need to change under Define Bulk Period Parameters is Date the first period starts.

    最初の期間の開始日

    ヒント

    ここでのベストプラクティスは、 会計年度の最初の日を含む週の最初の曜日を開始するように最初の週を設定することです。A best practice here is to set your first week to start on the first day of the week containing the first day of your fiscal year. たとえば、組織の会計年度が7月1日火曜日に開始された場合、タイムシートの最初のバッチは、その前に日曜日または月曜日に開始することをお勧めします。For example, if your organization's fiscal year starts on Tuesday, July 1, it might make sense to have your first batch of timesheets start on the Sunday or Monday before that.

  2. 期間名の形式を設定します。Set the format for period names.

    [ バッチ命名規則の定義] の下で、必要に応じてそのままにしておき、すべてを適切に動作させることができます。Under Define Batch Naming Convention, you can leave things alone if you want and everything will work just fine. ただし、多くの組織では、各タイムシート期間の名前付け方法に何らかの構造を追加したいと考えています。However, a lot of organizations prefer to add some structure to how each time reporting period is named.

    プレフィックスまたはサフィックスを指定しない場合、タイムシート期間では単純な増分番号 (1、2、3など) が使用されます。Without a Prefix or a Suffix, your time reporting periods will use simple incremental numbers (1, 2, 3, and so on). チームメンバーは、この基本的な名前を使用して、ただタイムシートを有効にすることができます。Team members will be able to turn in timesheets just fine with this basic naming.

    何らかの構造を名前付けに追加すると、各レポート期間にコンテキストが与えられます。Adding some structure to the naming gives each reporting period some context. たとえば、"Week1_FY15"、"Week2_FY15" という名前のレポート期間を設定できます。For example, you can set up reporting periods that are named "Week1_FY15," "Week2_FY15," and so on. これは、古いタイムシートを参照する必要がある場合に役立ちます。This can be helpful if you need to refer to older timesheets.

    プレフィックスとサフィックスを追加すると、名前の例が表示されます。As you add a prefix and suffix, an example name is shown.

    プレフィックスとサフィックス

  3. 期間を作成して保存します。Create periods and save.

  • [ 一括作成] を選択します。Choose Create Bulk.

    一括作成

  • [保存] を選択します。Choose Save.

    保存

タイムシートの追加が必要な場合Need your timesheets to do more?

基本的なタイムシートでは十分な情報が得られないことが判明した場合は、さらに多くの情報を取得することができます。If you find that the basic timesheets aren't capturing enough information, you can make them a little more substantial.

以下にいくつかの方法を紹介します。Here are some ways you can take things a bit further:

  • 研究や開発などのさまざまな時間を記録したり、組織が複数のプロジェクトに投資している可能性がある大きな画像の作業をキャプチャしたりするために、作業のカテゴリを追加します。Add categories of work to capture different types of time, like research or development, or to capture bigger-picture efforts where your organization may be investing across multiple projects.

  • 他の作業 (トレーニング、出張など) に費やした時間について、プロジェクト以外のカテゴリを追加します。Add non-project categories for time spent on other aspects of work, like training or travel.

  • 財務プラン全体に対してプロジェクト作業をマップできるように、会計年度を設定します。Set up your fiscal year so that you can map project work against your overall financial plans.

また、組織で時間とタスクの進捗状況を取得して処理する方法に影響する 設定を変更 することもできます。There are also some settings you may want to change that affect how time and task progress is captured and handled in your organization.