会計年度を設定するSet up your fiscal year

会計期間 ほとんどの組織には、年間の財務計算に使用される会計年度 (会計年度) があります。Most organizations have a fiscal year (FY) that is used to calculate finances on an annual basis. その会計年度では、通常、財務計画を均等に分配するために四半期、月、またはその他の期間を使用します。Within that fiscal year, there are typically quarters, months, or other periods used to evenly distribute financial plans. Project Web App で会計期間を設定することにより、全体的な財務計画に対してプロジェクト作業をマップすることができます。By setting up fiscal periods in Project Web App, you can map project work against your overall financial plans.

必要な作業What do I need to do?

  1. [ PWA の設定] に移動します。Go to PWA Settings.
  • Project Web App で、[設定の ![ 設定] アイコン > PWA 設定] を選択します。In Project Web App, choose SettingsSettings icon > PWA Settings.

  • [ 時間およびタスクの管理] の下で、[ 会計期間] を選択します。Under Time and Task Management, choose Fiscal Periods.

    会計期間

  1. 開始日を設定します。Set a start date.
  • [ 会計期間の管理] で、年を選択し、[ 定義] を選択します。Under Manage Fiscal Period, choose a year, and then choose Define.

    決定

  • [ 会計年度期間の開始日の定義] で、会計年度の最初の日付を入力または選択します。Under Define Fiscal Period Start Date, type or choose the first date of your fiscal year.

    会計期間の開始日

  1. 期間を設定する方法を選択します。Choose how you want periods set up.

    [ 会計年度作成モデルの設定] で、次の方法を選択します。Under Set Fiscal Year Creation Model, choose a method:

  • 四半期の使用Using quarters? 番号付きの方法のいずれか ( 4、5、44、4、5、または 5、 4、4) を選択します。Choose one of the numbered methods ( 4,5,4, 4,4,5, or 5,4,4).

    これらのメソッドの数値は、各四半期における各会計年度期間の週数に対して行う必要があります。The numbers in these methods have to do with how many weeks you want in each fiscal period during each quarter. たとえば、4、5、4の各メソッドでは、次のような四半期があるとします。For example, here's what one quarter in the 4,5,4 Method looks like:

    4、5、4メソッド

    4、5、4のいずれかの方法を選択した場合は、四半期ごとに3つの会計期間を設定して4つの四半期を構成します。If you choose the 4,5,4 Method, it will configure four quarters, with three fiscal periods in each quarter. 最初の期間は4週間、2番目は5週間、3週目は4週間になります。The first period will be 4 weeks long, the second will be 5 weeks, and the third 4 weeks.

    これらの番号付きメソッドには、合計12個の会計期間が設定されます。A total of 12 fiscal periods will be set up for any of these numbered methods.

  • 月の使用Using months? [ 標準のカレンダー年 ] を選択して、各月の最初の日から各月の最終日までの12期間を作成します。Choose Standard calendar year to create 12 periods that go from the first day of each month through the last day of each month.

    または、月を4週間刻みで検討している場合は、[ 13 か月] を選択します。Or, if you're thinking of months as 4-week increments, choose 13 Months. このオプションを使用すると、合計13個の会計期間が設定されます。With this option, a total of 13 fiscal periods will be set up.

  • これらの機能はありません。None of these work for me. 組織のしくみに最も近いものを選択し、保存した後に、前に戻って調整することができます。Choose whichever one is closest to how your organization works, and you can go back and refine things after you've saved.

  1. 期間名の形式を設定します。Set the format for period names.

    [ 期間命名規則の定義] で、必要に応じてそのままにしておき、すべてを適切に動作させることができます。Under Define Period Naming Convention, you can leave things alone if you want and everything will work just fine. ただし、多くの組織では、各会計期間の名前付け方法に何らかの構造を追加することをお勧めします。However, a lot of organizations prefer to add some structure to how each fiscal period is named.

    プレフィックスまたはサフィックスを指定しない場合、会計期間は単純な増分番号 (1、2、3など) を使用します。Without a Prefix or a Suffix, your fiscal periods will use simple incremental numbers (1, 2, 3, and so on).

    何らかの構造を名前付けに追加すると、各期間にコンテキストが与えられます。Adding some structure to the naming gives each period some context. たとえば、"Sprint1_FY15"、"Sprint2_FY15" という名前の会計期間を設定できます。For example, you can set up fiscal periods that are named "Sprint1_FY15," "Sprint2_FY15," and so on. これは、取得されている内容についての詳細情報を提供するため、レポート作成に役立ちます。This can be helpful for reporting because it provides a little more information about what's being captured.

    プレフィックスとサフィックスを追加すると、名前の例が表示されます。As you add a prefix and suffix, an example name is shown.

    プレフィックスとサフィックス

  2. [ 作成して保存] を選択します。Choose Create and Save.

    作成して保存

    保存した後、テーブル内の情報を変更したり行を削除したりして、会計年度を絞り込むことができます。After saving, you can change the information or delete rows in the table to refine your fiscal year.

    会計期間を調整する

他にどのような方法がありますか?What else can I do?

セットアップが完了している間に、次のような他の作業を行うことができます。While you're getting set up, here are some other things you might want to do:

  • チームメンバーがタスクの作業に費やした実際の時間をキャプチャするようにタイムシートを設定します。Set up timesheets to capture the actual time that team members spend working on tasks.

  • 研究や開発などのさまざまな時間を記録したり、組織が複数のプロジェクトに投資している可能性がある大きな画像の作業をキャプチャしたりするために、作業のカテゴリを追加します。Add categories of work to capture different types of time, like research or development, or to capture bigger-picture efforts where your organization may be investing across multiple projects.

  • 他の作業 (トレーニング、出張など) に費やした時間について、プロジェクト以外のカテゴリを追加します。Add non-project categories for time spent on other aspects of work, like training or travel.

  • 組織で時間とタスクの進捗状況を取得して処理する方法に影響を与えるその他の設定を変更します。Change other settings that affect how time and task progress is captured and handled in your organization.