SharePoint にアクセスする Windows Phone アプリを構築するBuild Windows Phone apps that access SharePoint

SharePoint を使用すると開発者は、ユーザーがいつでも持ち歩いて必要なときにいつでもどこからでも操作できる、インタラクティブで魅力的なモバイル アプリを構築することができます。SharePoint provides an exciting opportunity for developers to build mobile apps that travel with users, are interactive and attractive, and are available whenever and wherever users want to work with them. Windows Phone 8 および Windows Phone 7 アプリケーションを社内設置型 SharePoint サービスやアプリケーション、またはクラウドで実行するリモートの SharePoint サービスやアプリケーション (SharePoint Online を使用するものなど) と組み合わせることで、従来のデスクトップやノート PC を越えて機能を拡張する強力なアプリケーションを作成し、ポータブルでよりアクセスしやすい環境にすることができます。You can combine Windows Phone 8 and Windows Phone 7 applications with on-premises SharePoint services and applications, or with remote SharePoint services and applications that run in the cloud (such as those that use SharePoint Online) to create powerful applications that extend the functionality beyond the traditional desktop or laptop and into a truly portable and much more accessible environment.

SharePoint が提供する新しいモビリティ機能は、SharePoint、Windows Phone、Visual Studio、Silverlight などといった Microsoft の既存のツールとテクノロジに基づいて構築されています。The new mobility features offered by SharePoint are built on existing Microsoft tools and technologies, such as SharePoint, Windows Phone, Visual Studio, and Silverlight. これらの技術やその技術に関連するツールに精通している開発者は、SharePoint ベースの Windows Phone 用モバイル アプリを簡単に作成することができます。Developers who are already familiar with those technologies and their related tools will be able to create SharePoint-powered mobile apps for Windows Phone without a steep learning curve. このセクションでは、Windows Phone 8 と Windows Phone 7 用に作成できる SharePoint ベースのモバイル アプリの種類について、またそれらのアプリケーションをカスタマイズする最も一般的な方法について説明します。In this section, we explore some of the types of SharePoint-powered mobile apps you can build for Windows Phone 8 and Windows Phone 7 and the most common ways to customize those applications. SharePoint が開発者に提供する Visual Studio 2010 プロジェクト テンプレートなどのフレームワークとツールを使用すると、SharePoint Online を利用する社内インストールとクラウドの両方において、SharePoint データと対話するモバイル ソリューションを作成することができます。SharePoint provides a framework and tools for developers, including Visual Studio 2010 project templates, to create mobile solutions that interact with SharePoint data both in on-premises SharePoint installations and in the cloud by using SharePoint Online. 図 1 は、Windows Phone に表示される簡単なリスト アプリケーションの例を示しています。Figure 1 shows how a simple list application could look on Windows Phone.

図 1. Windows Phone アプリに表示される SharePoint のリスト項目Figure 1. SharePoint list items in a Windows Phone app

Windows Phone アプリ内の SharePoint リスト アイテム

モバイル アプリ作成に必要なスキルWhat skills do you need to create mobile apps?

このセクションは、読者が SharePoint, .NET Framework、Visual Studio 開発システム、そして Visual C# に精通していることを前提にしています。Silverlight を使用した Windows Phone 8 または Windows Phone 7 アプリケーションの経験があることも望ましく、XAML、Windows Phone 用の StackPanel と pivot コントロール、トゥームストーンや Sliverlight のデータ バインディングなどをよく理解していることも役に立ちます。Sliverlight を使用した Windows Phone アプリケーション開発が初めての場合は、次のリソースを参照することをお勧めします。In this section, we assume that you're familiar with SharePoint, the .NET Framework, the Visual Studio development system, and Visual C#. It's also good to have some experience with Windows Phone 8 or Windows Phone 7 application development using Silverlight, and it helps to be familiar with XAML, the StackPanel and Pivot controls for Windows Phone, and concepts such as tombstoning, Silverlight data binding, and so on. If you are new to Windows Phone application development using Silverlight, we recommend that you check out the following resources.

SharePoint を使用したモバイル アプリ開発の概要Development overview for mobile apps using SharePoint

SharePoint を使用してバラエティーに富むモバイル アプリを作成できます。このセクションでは、開発者が簡単にモバイル アプリを開発できるようになる SharePoint のリリースでの新機能と変更項目を説明します。You can build a wide variety of mobile apps using SharePoint. This section describes what's new or changed in the SharePoint release that makes mobile app development simple for developers.

Windows Phone SharePoint Application テンプレートWindows Phone SharePoint Application template

これは、通常のリストを電話に表示するために作成できる、最もシンプルな種類のモバイル アプリです。This is the simplest type of mobile app you can build to bring a regular list to the phone. SharePoint が提供する Visual Studio テンプレートを使用すると、すばやく簡単に Windows Phone 用の SharePoint リスト アプリケーションを作成できます。SharePoint offers a Visual Studio template to enable you to quickly and easily create SharePoint list applications for the Windows Phone. たとえば、外出先で SharePoint のタスク リストを Windows Phone に表示し、電話を使ってタスクの状態を更新できる、「To Do リスト」タイプの Windows Phone アプリケーションを作成できます。For example, you can build a "To Do List"-type Windows Phone application that brings your task list from SharePoint into the Windows Phone and enables the you to use your phone to update the status of a task on the go. 別の例として、販売担当者が電話で表示する製品カタログに、SharePoint 内の在庫リストを表示させることも可能です。Another example is having the product catalog for an inventory list in SharePoint available on the phone for the sales people.

Windows Phone SharePoint SDK をインストールすると、Visual Studio 2010 または Visual Studio 2010 Express for Windows Phone で Windows Phone SharePoint Application テンプレートを 2 つ使用できるようになります (「[方法]: SharePoint 用モバイル アプリの開発環境をセットアップする」を参照)。Installing the Windows Phone SharePoint SDK makes two Windows Phone SharePoint Application templates available to you in Visual Studio 2010 or Visual Studio 2010 Express for Windows Phone (see How to: Set up an environment for developing mobile apps for SharePoint).

Windows Phone SharePoint List Application テンプレートを使用する場合、SharePoint リスト内のデータにアクセスして操作できる機能的な Windows Phone アプリを、ウィザードの手順に従って作成することができます。Using the Windows Phone SharePoint List Application template, you can follow the steps of a wizard to create a functional Windows Phone app that can access and manipulate data in a SharePoint list.

SharePoint の新規および強化されたモビリティ オブジェクト モデルNew and enhanced mobility object model in SharePoint

SharePoint でサーバー オブジェクト モデルとクライアント オブジェクト モデルに追加された新しいクラスにより、この記事で前述した SharePoint のモビリティ シナリオが有効になります。SharePoint adds several new classes to both the server and client object models to enable the SharePoint mobility scenarios that we described earlier in this article.

位置認識ができるアプリケーションを可能にするため、位置フィールドの値を構造化してレンダリングする新規ネイティブ フィールド型クラス SPFieldGeoLocation が関連クラスと共に提供されます。To enable location-aware apps, there is a new native field type class, SPFieldGeoLocation, along with several associated classes for structuring the value of location fields and rendering them. これらのクラスは Silverlight の SharePoint クライアント オブジェクト モデルで呼び出すこともできます。These classes are also callable in the SharePoint client object model for Silverlight. また、新しいフィールド型には、標準的な SharePoint の fldtypes.xml ファイルに追加される定義と、Display、Edit、New フォーム上のフィールドのレンダリングに使われる新しいユーザー コントロールがあります。The new field type also has a definition added to the standard SharePoint fldtypes.xml file and new user controls for rendering the field on the Display, Edit, and New forms. 概要については、「SharePoint 2013 でロケーションとマップ機能を組み込む」を参照してください。For an overview, see Integrating location and map functionality in SharePoint.

Windows Phone ユーザーの SharePoint 認証を有効にするには、新規 Authenticator クラスと関連するクラスをクライアント オブジェクト モデルに含めます。概要については、「 SharePoint モバイル クライアント認証オブジェクト モデルの概要」を参照してください。To enable SharePoint authentication for Windows Phone users, the client object model includes a new Authenticator class and several associated classes. For an overview, see Overview of the SharePoint mobile client authentication object model.

SharePoint ファームで Windows Phone ユーザーへのイベント自動通知を有効にするために、サーバー オブジェクト モデルには複数の新しいクラスが含まれています。これらの各クラスを、クライアント オブジェクト モデルから呼び出すこともできます。To enable automatic notifications to Windows Phone users of events on a SharePoint farm, the server object model includes several new classes, each of which is also callable from the client object model. これらのクラスには、携帯電話アプリが SharePoint サーバー アプリを使用して、特定の種類のイベントについての通知を登録できるようにするためのメソッドが含まれます。These classes include methods that enable phone apps to register with SharePoint server apps for notifications about specified types of events. また、サーバー アプリが登録済みサブスクライバーに通知を送信するためのメソッドもあります。There are also methods that the server apps use to send notifications to registered subscribers. 概要については、「プッシュ通知を受信する Windows Phone SharePoint リスト アプリの作成」を参照してください。For an overview, see Create a Windows Phone SharePoint list app to receive push notifications.

SharePoint を使用すると、Windows Phone 8 および Windows Phone 7 専用のモバイル アプリ開発に制限されなくなります。JavaScript プログラミング インターフェイスや、SharePoint が提供する新しい Representational State Transfer (REST) プログラミング インターフェイスにより、Windows Phone 以外のモバイル機器用のアプリケーションを作成できます。つまり、ブラウザーでスクリプトとして実行したり、標準の REST 機能をサポートする任意のテクノロジを使用してリモートで実行したりする JavaScript を使用して、SharePoint サイトと通信できます。次のセクションでは、REST と JavaScript の各プログラミング インターフェイスの概要を説明します。With SharePoint, you're not limited to mobile app development just for Windows Phone 8 and Windows Phone 7. With the JavaScript programming interface and the new Representational State Transfer (REST) programming interface provided by SharePoint, you can create applications for non-Windows Phone mobile devices; you can interact with SharePoint sites by using JavaScript that executes as scripts in the browser, or remotely by using any technology that supports standard REST capabilities. The following section provides an overview of the REST and JavaScript programming interfaces.

ECMAScript (JavaScript、JScript) オブジェクト モデルのアーキテクチャECMAScript (JavaScript, JScript) object model architecture

SharePoint Foundation 2010 でクライアント オブジェクト モデルが導入され、開発者は, .NET Framework、Silverlight、JavaScript など、選択した Web プログラミング技術を使用して SharePoint とのリモート通信を実行できるようになりました。SharePoint Foundation 2010 introduced the client object models, which enabled developers to perform remote communication with SharePoint by using the web programming technology of their choice: the .NET Framework, Silverlight, or JavaScript.

SharePoint Foundation 2010 では、クライアント オブジェクト モデルが API を提供し、開発者はブラウザーで実行されるスクリプト, .NET Framework で管理されたアプリケーションで実行される (.NET Framework 3.5 以降に基づいた) コード、または Silverlight 2.0 アプリケーションで実行されるコードのいずれかから SharePoint サイトと通信できます。クライアント オブジェクト モデルを構成するプロキシ .js ファイルとマネージ .dll ファイルは、client.svc Web サービス上に作成され、効果的なバッチ処理、リクエストのシリアル化、返信の解析を処理します。図 2 に SharePoint クライアント オブジェクト モデルのアーキテクチャの概要を示します。In SharePoint Foundation 2010, the client object models provide APIs that enable developers to interact with SharePoint sites from script that executes in the browser, from code (based on the .NET Framework 3.5 or later) that executes in a .NET Framework-managed application, or from code that executes in a Silverlight 2.0 application. The proxy .js and managed .dll files that compose the client object models are built on the client.svc web service, and handle the effective batching, serialization of requests, and parsing of replies. Figure 2 shows a high-level view of the SharePoint client object model architecture.

図 2. SharePoint クライアント オブジェクト モデルのアーキテクチャFigure 2. SharePoint client object model architecture

SharePoint クライアント オブジェクト モデルのアーキテクチャ

SharePoint のデータに対して JavaScript クライアント オブジェクト モデルを使用する方法については、ビデオ「ECMAScript Client Object Model」を参照してください。To learn how to use the JavaScript client object model against SharePoint data, see the ECMAScript Client Object Model video.

SharePoint の REST エンドポイントREST endpoints in SharePoint

SharePoint に組み込まれている REST 機能を使用する場合は、必要なクライアント オブジェクト モデルの API に対応する Open Data Protocol (OData) 標準を使用して REST 対応の HTTP リクエストを構成します。client.svc Web サービスは HTTP リクエストを処理し、Atom または JavaScript Object Notation (JSON) の形式で適切な応答を返します。クライアント アプリケーションは、その応答を解析する必要があります。図 3 に SharePoint REST アーキテクチャの概要を示します。To use the REST capabilities that are built into SharePoint, you can construct a RESTful HTTP request using the Open Data Protocol (OData) standard that corresponds to the desired client object model API. The client.svc web service handles the HTTP request and serves the appropriate response, in either Atom or JavaScript Object Notation (JSON) format. The client application must then parse that response. Figure 3 shows a high-level view of the SharePoint REST architecture.

図 3. SharePoint REST のアーキテクチャFigure 3. SharePoint REST architecture

SharePoint REST のアーキテクチャ

現時点では、SharePoint の REST サービスは読み取り専用です。つまり、HTTP GET 操作を表す REST エンドポイントのみが使用できます。Currently, the REST service in SharePoint is read-only. That is, only REST endpoints that represent an HTTP GET operation are available

既定では、SharePoint REST サービスの応答は Atom プロトコルを使用し、OData 指定に従って書式設定されます。さらに、REST サービスは HTTP Accept ヘッダーをサポートするため、開発者は応答が JSON 形式で返却されたことを認識できます。SharePoint の REST サービスの詳細については、「 SharePoint REST サービスを使用したプログラミング」を参照してください。By default, the SharePoint REST service responses are formatted using the Atom protocol, according to the OData specification. In addition, the REST service supports HTTP Accept headers that enable developers to specify that the response is returned in JSON format. To learn more about REST services in SharePoint, see Use OData query operations in SharePoint REST requests.

SharePoint REST サービスは、次の OData クエリ操作をサポートします。The SharePoint REST service supports the following OData query operators:

  • フィルターFilter
  • TakeTake
  • 展開Expand

SharePoint のモバイル アプリ開発の開始Start developing mobile apps for SharePoint

次の説明と概要は、モバイル アプリ開発の開始に必要な特定の情報を示します。The following how-tos and overviews delve into the specific information you need to start your mobile app development:

関連項目See also