UDF を有効化するEnable UDFs

共有サービス プロバイダー (SSP) にある Excel Services の信頼できる場所のそれぞれに、AllowUdfs フラグがあります。Each Excel Services trusted location in the Shared Services Provider (SSP) has an AllowUdfs flag.

注意

AllowUdfs フラグは、[Excel Services: 信頼できるファイル保存場所] ページにある [許可されたユーザー定義関数] オプションによって示されます。The AllowUdfs flag is denoted by the User-defined functions allowed option on the Excel Services Trusted File Locations page.

AllowUdfs の既定値は false です。特定の信頼できる場所で AllowUdfs の値を false に設定すると、その信頼された場所にあるブックは UDF の呼び出しを許可されません。The default AllowUdfs value is false. If the AllowUdfs value is set to false in a particular trusted location, the workbooks in that trusted location are not allowed to call UDFs.

特定の信頼できる場所からの UDF の呼び出しを許可するには、 AllowUdfs の値を true に設定します。この信頼できる場所にある UDF の呼び出しを持つブックでセッションを開始したときに AllowUdfs の値が false である場合、UDF の呼び出しは失敗します。セッションの開始後に AllowUdfs の値を true に変更しても、UDF の呼び出しは失敗します。これは、 AllowUdfs フラグの変更は、構成データベースが更新された後、次回のセッションで有効になるためです。これを回避するには、たとえば Excel Web Access で [ ブックの再読み込み] を選択するなどして、セッションを再起動します。In order to allow UDFs to be called from a specific trusted location, you set the AllowUdfs value to true.If the AllowUdfs value is false when a session is started on a workbook that has UDF calls in this trusted location, the UDF calls will fail. If you change the AllowUdfs value to true after a session has started, the UDF calls will also fail. This is because changes in the AllowUdfs flag take effect on the next session, after the configuration database has been updated.You can get around this by restarting the session—for example, by selecting Reload Workbook in Excel Web Access.

注意: 代わりに Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) のリセットを選択すると、現在のセッションがすべて終了します。Caution: If you choose to reset Microsoft Internet Information Services (IIS) instead, it will end all current sessions.

UDF の有効化Enabling UDFs

次の手順を実行するには、Microsoft SharePoint Server 2010 がインストールされたコンピューターが必要です。To do the following steps, you need a computer that has Microsoft SharePoint Server 2010 installed.

UDF を有効にするにはTo enable UDFs

  1. [ スタート] メニューで [ すべてのプログラム] をクリックします。On the Start menu, click All Programs.

  2. [ Microsoft Office Server] をポイントしてから、[ SharePoint サーバーの全体管理] をクリックします。Point to Microsoft Office Server and click SharePoint Central Administration.

  3. クイック起動で、共有サービス プロバイダー (SSP) のリンク (例: 「SharedServices1」) をクリックして、特定の SSP の共有サービス ホーム ページを表示します。On the Quick Launch, click your Shared Services Provider (SSP) link—for example, "SharedServices1"—to view the Shared Services home page for that particular SSP.

  4. [ Excel Services の設定] の下で、[ ユーザー定義関数] をクリックします。Under Excel Services Settings, click User-defined functions.

  5. [Excel Services ユーザー定義関数] ページで、[ ユーザー定義関数の追加] をクリックして、[Excel Services ユーザー定義関数アセンブリの追加] ページを開きます。On the Excel Services User-Defined Functions page, click Add User-Defined Function to open the Excel Services Add User-Defined Function Assembly page.

  6. [ アセンブリ] ボックスで、UDF アセンブリのパス (例: C:\MyUdfFolder\MyUdf.dll) を入力します。In the Assembly box, type the path to the UDF assembly. For example,C:\MyUdfFolder\MyUdf.dll.

  7. [アセンブリの場所] で、[ローカル ファイル] をクリックします。Under Assembly Location, click Local file.

    注意

    Excel Services の今後のリリースでは、[ローカル ファイル] オプションは [ファイル パス] に置き換えられます。Note: The Local file option will be replaced with File path in future releases of Excel Services. [ファイル パス] が表示された場合は、代わりにそちらを選択してください。If you see File path, select that instead.

  8. [アセンブリの有効化] では、既定で [アセンブリが使用可能] チェック ボックスが選択されています。Under Enable Assembly, the Assembly enabled check box should be selected by default.

  9. [OK] をクリックします。Click OK.

UDF 呼び出しの許可Allowing UDF Calls

ブックからの UDF の呼び出しを許可するには、To allow UDFs to be called from a workbook

  1. [Excel Services 信頼できるファイル保存場所の追加] ページ (新しい信頼できるファイルの場所を追加する場合) または [Excel Services 信頼できるファイル保存場所の編集] ページ (既存の信頼できる場所を編集する場合) を開きます。Open the Excel Services Add Trusted File Location page (if you are adding a new trusted location) or Excel Services Edit Trusted File Location page (if you are editing an existing trusted location).

    注意

    場所の信頼について、詳細は「方法: 場所を信頼する」を参照してください。For more information about trusting a location, see How to: Trust a Location.

  2. [ユーザー定義関数の許可][ユーザー定義関数が使用可能] を選択すると、この信頼できる場所に格納されたブックから UDF を呼び出せるようになります。Under Allow User-Defined Functions, select User-defined functions allowed to allow UDFs to be called from workbooks stored in this trusted location.

  3. [OK] をクリックします。Click OK.

関連項目See also