Field 要素 (フィールド)Field element (Field)

適用対象: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint Online |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

サイト列を定義します。Defines a site column.

定義Definition

<Field
  Aggregation="sum" | "count" | "average" | "min" | "max" | "merge" | "plaintext" | "first" | "last"
  AllowDeletion="TRUE" | "FALSE"
  AllowDuplicateValues="TRUE" | "FALSE"
  AllowHyperlink="TRUE" | "FALSE"
  AllowMultiVote="TRUE" | "FALSE"
  AppendOnly="TRUE" | "FALSE"
  AuthoringInfo="Text"
  BaseType="Integer" | "Text"
  CalType="Integer"
  CanToggleHidden="TRUE" | "FALSE"
  ClassInfo="Text"
  ColName="Text"
  Commas="TRUE" | "FALSE"
  Customization=Text
  Decimals="Integer"
  DefaultListField="TRUE" | "FALSE"
  Description="Text"
  Dir="Text"
  DisplaceOnUpgrade="TRUE" | "FALSE"
  DisplayImage="Text"
  DisplayName="Text"
  DisplayNameSrcField="Text"
  DisplaySize=Integer
  Div="Number"
  EnableLookup="TRUE" | "FALSE"
  ExceptionImage="Text"
  FieldRef="Text"
  FillInChoice="TRUE" | "FALSE"
  Filterable="TRUE" | "FALSE"
  FilterableNoRecurrence="TRUE" | "FALSE"
  ForcedDisplay="Text"
  Format="DateOnly | DateTime | TimeOnly | EventList | ISO8601 | MonthDayOnly | MonthYearOnly | ISO8601Basic | ISO8601Gregorian | ISO8601BasicDateOnly | DropDown | RadioButtons | HyperLink | Image | TRUE | FALSE"
  FromBaseType="TRUE" | "FALSE"
  Group="Text"
  HeaderImage="Text"
  Height="Integer"
  Hidden="TRUE" | "FALSE"
  HTMLEncode="TRUE" | "FALSE"
  ID="Text"
  IMEMode="active | inactive"
  Indexed="TRUE" | "FALSE"
  IsolateStyles="TRUE" | "FALSE"
  IsRelationship="TRUE" | "FALSE"
  JoinColName="Text"
  JoinRowOrdinal="Integer"
  JoinType="INNER" | "LEFT OUTER" | "RIGHT OUTER"
  LCID="Integer"
  LinkToItem="TRUE" | "FALSE"
  List="Text"
  Max="Number"
  MaxLength="Integer"
  Min="Number" 
  Mult="TRUE" | "FALSE"
  Name="Text"
  NegativeFormat="MinusSign" | "Parens"
  Node="Text"
  NoEditFormBreak="TRUE" | "FALSE"
  NumLines="Integer"
  Overwrite="TRUE" | "FALSE"
  OverwriteInChildScopes="TRUE" | "FALSE"
  Percentage="TRUE" | "FALSE"
  PIAttribute="Text"
  PITarget="Text"
  PrependId="TRUE" | "FALSE"
  Presence="TRUE" | "FALSE"
  PrimaryKey="TRUE" | "FALSE"
  PrimaryPIAttribute="Text"
  PrimaryPITarget="Text"
  ReadOnly="TRUE" | "FALSE"
  ReadOnlyEnforced="TRUE" | "FALSE"
  RelationshipDeleteBehavior="Restrict | Cascade | None"
  RenderXMLUsingPattern="TRUE" | "FALSE"
  Required="TRUE" | "FALSE"
  RestrictedMode="TRUE" | "FALSE"
  ResultType="Text"
  RichText="TRUE" | "FALSE"
  RichTextMode="Text"
  RowOrdinal="Integer"
  Sealed="TRUE" | "FALSE"
  SeperateLine="TRUE" | "FALSE"
  SetAs="Text"
  ShowAddressBookButton="TRUE" | "FALSE"
  ShowField="Text" | "Choice" | "Counter"
  ShowInDisplayForm="TRUE" | "FALSE"
  ShowInEditForm="TRUE" | "FALSE"
  ShowInFileDlg="TRUE" | "FALSE"
  ShowInListSettings="TRUE" | "FALSE"
  ShowInNewForm="TRUE" | "FALSE"
  ShowInVersionHistory="TRUE" | "FALSE"
  ShowInViewForms="TRUE" | "FALSE"
  Sortable="TRUE" | "FALSE"
  SourceID="Text"
  StaticName="Text"
  StorageTZ="UTC" | "Abstract"
  StripWS="TRUE" | "FALSE"
  SuppressNameDisplay="TRUE" | "FALSE"
  TextOnly="TRUE" | "FALSE"
  Title="Text" 
  Type="Data_Type"
  UniqueId="Text"
  UnlimitedLengthInDocumentLibrary="TRUE" | "FALSE"
  URLEncode="TRUE" | "FALSE"
  URLEncodeAsUrl="TRUE" | "FALSE"
  UserSelectionMode="Text"
  UserSelectionScope="Integer"
  Viewable="TRUE" | "FALSE"
  Width="Integer"
  WikiLinking="TRUE" | "FALSE"
  XName="Text">
</Field>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
AggregationAggregation オプションの TextOptional Text. XPath 式によって返される値または要素のコレクションに適用する関数を指定するために、XML フォームの集計フィールドで使用されます。Used in an aggregate field on an XML form to specify the function to apply to a collection of values or elements returned by an XPath expression. Node 属性を使用して、値のコレクションを返す XPath 式を指定する場合は、返された値セットに対するアクションを指定する Aggregation 属性も含めることができます。If you use the Node attribute to specify an XPath expression that returns a collection of values, you can also include an Aggregation attribute that specifies the action to take on the value set that is returned. このアクションには、集計関数またはコレクション内の特定の要素の表示を指定できます。This action can be either an aggregation function or an indication of the particular element within the collection.

以下のいずれかの値を使用できます。Possible values include the following:

  • sum: 値を追加します。sum: Add the values.
  • count: 数値の個数をカウントします。count: Count the number of values.
  • 平均: 値の平均を求めます。average: Find the average of the values.
  • min: 最小値を検索します。min: Find the minimum value.
  • max: 最大値を検索します。max: Find the maximum value.
  • merge: 値をマージします。merge: Merge the values.
  • plaintext: ノードテキストの内容をプレーンテキストに変換します。plaintext: Converts node text content into plain text.
  • 最初: プロパティの昇格と降格をコレクション内の最初の要素に適用します。first: Apply property promotion and demotion to the first element in the collection.
  • last: プロパティの昇格と降格をコレクション内の最後の要素に適用します。last: Apply property promotion and demotion to the last element in the collection.

XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格に、 NodepiattributePITargetnodenodepiattributepiattributepitargetpitargetprimaryprimarypiattributepiattributeprimarypitargetprimarypitarget、およびPrimaryPITarget属性を使用する方法の詳細については、「 Using Content Types」を参照してください。XML ドキュメントプロパティを指定するFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, PrimaryPIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.

AllowDeletionAllowDeletion オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドを削除できる場合は TRUETRUE if the field can be deleted.
AllowDuplicateValuesAllowDuplicateValues オプションの BooleanOptional Boolean. 指定したリスト フィールドで値の重複を許可するかどうかを指定します。Specifies whether duplicate values are allowed in a given list field. この値を false に設定すると、重複した値を入力できなくなり、このフィールドを主キーのように効果的に動作させることができます。Setting this value to false, which prevents entering duplicate values, effectively makes this field behave like a primary key. フィールドで重複した値が許可されている場合は True、それ以外の場合は false です。True if duplicate values are allowed in the field; otherwise false. 既定値は true です。The default value is true.
AllowHyperlinkAllowHyperlink オプションの BooleanOptional Boolean. フィールド内でハイパーリンクを使用できる場合は TRUETRUE if hyperlinks can be used in the field.
AllowMultiVoteAllowMultiVote オプションの BooleanOptional Boolean. アンケートで複数の回答を許可する場合は TRUETRUE if multiple responses are allowed in a survey.
AppendOnlyAppendOnly オプションの BooleanOptional Boolean. リストでバージョン管理が有効になっているときに、Note フィールドの既存のテキストにテキストを追加できるだけである場合は TRUEWhen versioning is enabled in the list, TRUE if text can only be appended to existing text in the Note field.
AuthoringInfoAuthoringInfo オプションの TextOptional Text. フィールドおよびその目的を識別するためにフィールド編集ページに表示される説明の文字列。たとえば、 Linktitleフィールドには、作成情報 "(アイテムへのリンク)" が含まれています。A descriptive string that is displayed in the field editing pages to identify the field and its purpose; for example, the LinkTitle field has the authoring info "(link to item)". この属性は、通常、別の目的に同じ名前のフィールドが存在する場合に使用されます。This attribute is usually used if a field of the same name exists for another purpose.
BaseTypeBaseType 省略可能。Optional. BaseType 属性を Integer に設定すると値は整数として保存され、Text (既定) に設定すると値はテキストとして保存されます。The BaseType attribute can be set to Integer, which stores values as integers, or to Text (default), which stores values as text. 基本データ型が整数型の選択フィールドは作成できません。You cannot create integer base-type choice fields.
CalTypeCalType オプションの IntegerOptional Integer. カレンダーの種類を指定します。Specifies the calendar type. 指定できる値は次のとおりです。Possible values include the following:
  • 16: サカ暦16: Saka Era
  • 15: 簡体字中国語の太陰暦15: Chinese lunar
  • 14: 韓国語と日本語の太陰暦14: Korean and Japanese lunar
  • 12: グレゴリオ暦 (フランス語音訳)12: Gregorian transliterated French
  • 11: グレゴリオ暦 (英語音訳)11: Gregorian transliterated English
  • 10: グレゴリオ暦 (アラビア語)10: Gregorian Arabic
  • 9: グレゴリオ暦 (中東フランス語)9: Gregorian Middle East French
  • 8: ヘブライ語 (太陰暦)8: Hebrew (lunar)
  • 7: タイ語7: Thai
  • 6: イスラム暦 (アラビア太陰暦)6: Hijri (Arabic lunar)
  • 5: 韓国語檀君時代5: Korean Tangun Era
  • 4: 台湾時代4: Taiwan Era
  • 3: 日本語皇帝時代3: Japanese Emperor Era
  • 1: グレゴリオ暦1: Gregorian
  • 0: 型が指定されていません0: No type specified
CanToggleHiddenCanToggleHidden オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドをユーザー インターフェイスで非表示にすることができる場合は TRUETRUE if the field can be hidden through the user interface.
ClassInfoClassInfo オプションの TextOptional Text. 標準のテーブル ビューのフィールドで使用するカスケード スタイル シート (CSS) クラスを指定します。Specifies a cascading style sheet (CSS) class to use for the field in the standard table view. 設定した場合、標準の ms-vb2 クラスの代わりに指定したクラスが使用されます。If set, the specified class is used instead of the standard ms-vb2 class.
ColNameColName オプションの TextOptional Text. フィールドとこのフィールドの物理ストレージ名のマッピングを定義する内部属性。An internal attribute that defines the mapping of the field to the physical storage name for this field. この属性は基になるデータベース内の有効な名前である必要があり、データベース テーブルで使用されている名前と同じである必要があります。This must be a valid name in the underlying database and must be identical to the name used in the database table. 指定しなかった場合、サーバーは、既存の列名と競合せず、Microsoft SQL Server で許容される文字のみを含む列名を生成します。If not specified, the server generates a column name that does not collide with any existing column names and that contains only characters that are allowed by Microsoft SQL Server.
コンマ (,)Commas オプションの BooleanOptional Boolean. カンマが千の位の区切りとして使用される場合は TRUETRUE if commas are used to separate thousands.
カスタマイズCustomization オプションの TextOptional Text. カスタム プロパティをユーザー設定フィールド型に追加できるようにします。Provides the ability to add custom properties to custom field types.
進数Decimals オプションの IntegerOptional Integer. 表示する小数点以下の桁数を指定します。Determines the number of decimals to display. 表示される値は、表示の精度まで切り上げられます。たとえば、1.05 は、1つの小数点位置に丸められる場合は1.1 と表示されます。The value displayed is rounded up to the display precision; for example, 1.05 is displayed as 1.1 when rounded to one decimal place.
DefaultListFieldDefaultListField オプションの BooleanOptional Boolean. ファイルがドキュメント ライブラリにアップロードされるときに、そのファイルに対して [プロパティの編集] フォームを表示するかどうかを指定する値を取得します。Gets a value that specifies whether to show the Edit Properties form for a file when that file is uploaded to a document library. ライブラリに追加するフィールドに [プロパティの編集] フォームが表示されていない場合は True、それ以外の場合は false です。True if the field that is being added to a library does not have a visible Edit Properties form; otherwise, false. 既定値は false です。The default is false.
説明Description オプションの TextOptional Text. フィールドの説明が指定されている場合に、リストの編集フォームに表示される説明を提供します。Provides the description that is shown in the edit form for a list if a field description is specified. 既定では、Microsoft SharePoint Foundation のフィールドには説明がありません。By default, fields in Microsoft SharePoint Foundation do not have descriptions.
DirDir オプションの TextOptional Text. 双方向読み取り順序をサポートするフィードについてテキストの方向を指定します。Specifies the direction of text for a field that supports bidirectional reading order. LTR (左から右)、RTL (右から左)、none のどちらかの値を使用できます。The possible values are LTR (left-to-right), RTL (right-to-left), and none.
DisplaceOnUpgradeDisplaceOnUpgrade オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドのフィールド定義が既に存在する場合、そのフィールド定義で指定されている値でフィールドのプロパティを強制的に更新するには、TRUE に設定します。If a field definition already exists for the field, TRUE to force updates to field properties with the values that are specified in this field definition.
DisplayImageDisplayImage オプションの TextOptional Text. 列に表示されるアイコンの名前を指定します。Specifies the name of an icon that is displayed for the column.
DisplayNameDisplayName オプションの TextOptional Text. フィールドの表示名です。The displayed name for a field. スペースの使用に制限はありません。There is no restriction on use of spaces. 最大の長さは 255 文字です。Maximum length is 255 characters. 値は、$Resources:String の形式でリソースへの参照にすることができます。The value can be a reference to a resource in the format $Resources:String. 詳細については、「 SharePoint ソリューションをローカライズする」を参照してください。For more information, see Localizing SharePoint Solutions.

表示名は、ユーザーが編集でき、最初にフィールドを作成した後に変更できます。フィールドがテーブル ビューに表示される場合には、この名前は列見出しとして使用され、フィールドがフォームに表示される場合には、フォーム ラベルとして使用されます。The display name can be edited by the user and can change after initial field creation. This name is used as a column heading when the field is displayed in a table view and as a form label when the field is displayed in a form.

DisplayNameSrcFieldDisplayNameSrcField オプションの TextOptional Text. 一般的に、別のフィールドと同じ名前である必要がある計算フィールドで使用されます。Generally used for a computed field that needs the same name as another field. ソース フィールドが変更され、表示名がユーザーによって変更された場合、このフィールドの表示名も変更されます。If the source field is modified and the display name is changed by a user, then the display name of this field will also change. この文字列は、他のフィールドの名前を参照します。This string refers to the name of the other field.
DisplaySizeDisplaySize オプションの IntegerOptional Integer.
DivDiv オプションの NumberOptional Number. 数値を表示する前に除算で使用される倍率。A scale factor used in division before displaying a number. 表示数値は N * Mult / Div です (Decimals で指定された桁数に切り上げられます)。The display number is N * Mult / Div (rounded up to the number specified by Decimals).
EnableLookupEnableLookup オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドで参照値を有効にする場合は TRUETRUE to enable lookup values in the field.
ExceptionImageExceptionImage オプションの TextOptional Text. 例外に使用するイメージ ファイルの名前を指定するために、Recurrence フィールド型で使用されます。Used in a Recurrence field type to specify the name of the image file to use for exceptions.
FieldRefFieldRef オプションの TextOptional Text. セカンダリ ルックアップ フィールドでは、依存するプライマリ ルックアップ フィールドの ID を指定します。For a secondary lookup field, specifies the ID of the primary lookup field on which it depends. 値は、中かっこなしで、GUID の文字列表記にする必要があります。The value should be the string representation of a GUID without braces.
FillInChoiceFillInChoice オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドでユーザーが列の値を入力することが許可されている場合は TRUETRUE if the field allows users to fill in values for the column.
フィルター可能なFilterable オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドをフィルタ処理できる場合は TRUETRUE if the field can be filtered.
FilterableNoRecurrenceFilterableNoRecurrence オプションの BooleanOptional Boolean. 定期的なイベントを展開しないビューでフィールドに対してフィルタを作成できる場合は TRUETRUE if a filter can be created on the field in a view that does not expand recurring events. FilterableTRUE である場合は、FilterableNoRecurrence の設定に関係なく、すべてのビューでフィールドをフィルタ処理することができます。If Filterable contains TRUE, the field can be filtered in all views regardless of how FilterableNoRecurrence is set.
ForcedDisplayForcedDisplay オプションの TextOptional Text. 実際のフィールド値の代わりに表示するテキストを指定します。Specifies text to display in place of the actual field value. この属性は、アンケートでユーザー名が表示されることを防止するために使用されます。This attribute is used in surveys to prevent the user name from being displayed.
形式Format オプションの TextOptional Text. 数値について使用する表示形式を指定します。Specifies the formatting to use for numerical values.

日付/時刻フィールドの場合は、以下の値を指定できます。For date/time fields, the following values are possible:

  • Dateonly: 日付部分のみを表示し (編集を許可) します (時間部分は午前12:00 に設定されます)。DateOnly: Display (and allow edits to) only the date portion (the time portion is set to 12:00 A.M. 編集されたすべての値)。for all edited values).
  • DateTime: 日付と時刻の両方を表示および編集します (既定値)。DateTime: Display and edit both date and time of day (default).
  • ****[日付]: 標準時 (UTC) 形式に変換された日付と時刻の形式で表示します。 YYYY MM-YYYY-MM-DDTHH: MM: ssz。ISO8601: Display date and time in ISO8601 time format converted to Coordinated Universal Time (UTC) format: YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ. これは、2007 Microsoft Office system のドキュメントプロパティと、新規および編集フォームとサーバーの間の SharePoint Foundation で使用される標準のインターチェンジ形式に使用される形式です。This is the format used for document properties in 2007 Microsoft Office system as well as for the standard interchange format used in SharePoint Foundation between New and Edit forms and the server.
  • ISO8601Basic: YYYYMMDDTHHMMSSZ のように、日付/時刻の形式が8601の省略形を使用します。ISO8601Basic: Use the abbreviated form of 8601 date/time formats: YYYYMMDDTHHMMSSZ. これは、vCard/iCal で使用される形式です。This is the format used for vCard/iCal.

選択肢フィールドの場合は、この属性をDropdown (既定値) に設定すると、ドロップダウン選択によって編集オプションを指定できます。または、ラジオボタンのグループを使用してオプションを提供するradiobuttonに設定できます。For Choice fields, this attribute can be set to Dropdown (default), which provides editing options through a drop-down selection, or to RadioButtons, which provides options through a group of radio buttons.

URL フィールドの場合、この属性はHyperlink (既定値) に設定できます。これにより、 <a> url が通常のタグとして表示される<img src="url" alt="Description" />か、イメージに設定されます。これにより、url がとして表示されます。For URL fields, this attribute can be set to Hyperlink (default), which displays the URL as a normal <a> tag, or to Image, which displays the URL as <img src="url" alt="Description" />.

FromBaseTypeFromBaseType オプションの BooleanOptional Boolean. この属性は、シール属性のために推奨されていません。This attribute is deprecated in favor of the Sealed attribute.
GroupGroup オプションの TextOptional Text. フィールドが属する列グループを指定します。Specifies the column group to which the field belongs.
HeaderImageHeaderImage オプションの TextOptional Text. フィールドのヘッダーとして使用する画像ファイルの名前を指定します。Specifies the name of an image file to use as a header in the field.
HeightHeight オプションの IntegerOptional Integer. ユーザー情報リストのユーザー用に表示されるイメージの高さをピクセル単位で指定します。Specifies the height in pixels of the images that are displayed for users in the User Information list.
HiddenHidden オプションの BooleanOptional Boolean. TRUE の場合、フィールドはユーザー インターフェイスにまったく表示されません。If TRUE, the field is completely hidden from the user interface. ReadOnlyTRUE に設定した場合は、フィールドは新規作成フォームや編集フォームに表示されませんが、ビューには含めることができます。Setting ReadOnly to TRUE means the field is not displayed in New or Edit forms but can still be included in views.
HTMLEncodeHTMLEncode オプションの BooleanOptional Boolean. TRUE の場合、埋め込み文字をブラウザーでテキストとして表示されるように変換します。HTML タグと混同してしまう可能性がある文字は、エンティティに変換されます。TRUE to convert embedded characters so that they are displayed as text in the browser; characters that could be confused with HTML tags are converted to entities.
IDID 必須の TextRequired Text. フィールドを一意に識別します。Uniquely identifies the field. この値は、中かっこ ({}) 内に含まれる GUID の文字列表現である必要があります。The value should be the string representation of a GUID contained within braces ({}).
IMEModeIMEMode オプションの TextOptional Text. フィールドに対して使用する入力システム (IME) のモード バイアスを指定します。Specifies the Input Method Editor (IME) mode bias to use for the field. IME を使用すると、ある文章入力システムで使用する文字数が特定のキーボードでエンコードできる文字数よりも多い場合に、言語に応じてキーストロークを変換することができます。The IME allows for conversion of keystrokes between languages when one writing system has more characters than can be encoded for the given keyboard.

以下のいずれかの値を使用できます。Possible values include the following:

  • auto: 使用されません。auto: Not used. この IME モードを指定するには、IMEMode プロパティの値を空の文字列 ("") に設定します。To specify this IME mode, set the IMEMode property value to an empty string ("").
  • active: すべての文字が ime で入力されますが、ユーザーは ime を非アクティブにすることができます。active: All characters are typed through the IME, but users can still deactivate the IME.
  • 非アクティブ: ime を使用せずに文字を入力します。ただし、ユーザーは ime をアクティブにできます。inactive: Characters are typed without the IME, although users can still activate the IME.
IndexedIndexed オプションの BooleanOptional Boolean. ビューのフィルターで使用するために列にインデックスを付ける場合は TRUETRUE if the column is indexed for use in view filters.

: ルックアップ列のインデックスを作成してパフォーマンスを向上させることはできますが、リストビューのしきい値を超えないようにインデックス化されたルックアップ列を使用しても機能しません。Note: Although you can index a Lookup column to improve performance, using an indexed Lookup column to prevent exceeding the list view threshold does not work. リスト ビューのしきい値を超えないようにするためには、プライマリまたはセカンダリ インデックスとして別の種類の列を使用します。To avoid exceeding the list view threshold, use another type of column as the primary or secondary index.

IsolateStylesIsolateStyles オプションの BooleanOptional Boolean. RichText 属性が TRUE であり、RichTextMode 属性が FullHtml である Text フィールドの場合、この属性は、フィールドが含まれているページのレンダリングの妨げとならないように、サーバーがフィールドの HTML を書き換えることを指定します。For a Text field whose RichText attribute is TRUE and whose RichTextMode attribute is FullHtml, this attribute specifies that a server will rewrite the HTML of the field to ensure that it will not interfere with the rendering of the surrounding page.
IsRelationshipIsRelationship オプションの BooleanOptional Boolean. このフィールドが別のリストからGetruleaction fields () メソッドによって返される場合はTRUETRUE if this field is returned by the GetRelatedFields() method from another list.
JoinColNameJoinColName オプションの TextOptional Text. この属性は、参照フィールドについてのみ定義されます。This attribute is defined only for Lookup fields. ColName によく似ていますが、この属性は、ローカル リストと外部リストとの SQL JOIN で使用される列の名前を示す点が異なります。It is very similar to ColName, except it denotes the name of the column that is used in the SQL JOIN between the local and external lists. 通常、この値をカスタマイズしないでください。Ordinarily, this value should not be customized. 現在は、特定の組み込みおよび基本データ型フィールドのフィールド スキーマで、UrlID 列に結合される URLs (DocMd) テーブルへの参照を示すためにのみ使用されます。It is currently used only in the Field schema of certain built-in and base type fields to denote lookups into the URLs (DocMd) table, which is joined on the UrlID column.
JoinRowOrdinalJoinRowOrdinal オプションの IntegerOptional Integer. コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
JoinTypeJoinType オプションの TextOptional Text. フィールドに対して使用される JOIN の種類を指定します。Specifies the type of JOIN used on the field. 使用可能な値には、 INNERLEFTOUTER、およびアウター外部があります。Possible values include INNER, LEFTOUTER, and RIGHTOUTER.
LCIDLCID オプションの IntegerOptional Integer. LCID属性を使用すると、通貨形式が使用されている国/地域を指定できます。たとえば、米国の場合は1033です。The LCID attribute can be used to specify the country/region whose currency format is being used, for example, 1033 for the United States.

ユーロ記号の形式には 2 つの特殊なケースがあります。Two special cases involve the euro symbol format. LCID = -1 (0xFFFFFFF) の場合、ユーロ記号は数値のプレフィックスとして追加されます。If LCID=-1 (0xFFFFFFF), the euro symbol is added as a prefix to the number. LCID = -2 (0xFFFFFFE) の場合、ユーロ記号は数値のサフィックスとして追加されます。If LCID=-2 (0xFFFFFFE), the euro symbol is added as a suffix to the number. 小数点以下の桁数は 2 ですが、これはフィールドの Decimals 属性によって無効にされます。The number of decimal digits is 2, although this can be overridden by the Decimals attribute of the field. ユーロ通貨記号は UCS-2 では 0x20AC です。The euro currency symbol is equal to 0x20AC in UCS-2.

ListList オプションの TextOptional Text. ルックアップ フィールドのターゲットであるリストを識別するために使用します (Type="Lookup")。Used to identify the list that is the target of a lookup field (Type="Lookup").

ターゲット リストが既に存在する場合、List 属性の値は、ターゲット リストを識別する GUID (中かっこを含む) の文字列表記にする必要があります。If the target list already exists, the value of the List attribute should be the string representation of the GUID (including braces) that identifies the target list. ターゲットが、フィールドが属するリストと同じである場合は、"Self" を指定できます。If the target is the same list as the one that the field belongs to, you can specify "Self".

ターゲットリストが存在しない場合、リスト属性の値は、参照フィールドを作成するものと同じフィーチャーでターゲットリストが作成されている場合にのみ、"Lists/My list" などの WEB 相対 URL になります。If the target list does not yet exist, the value of the List attribute can be a web-relative URL such as "Lists/My List" but only if the target list is created in the same feature as the one that creates the lookup field. この場合、 Field要素のList属性の値は、ターゲットリストを作成するlistinstance要素のUrl属性の値と同一である必要があります。In this case, the value of the List attribute on the Field element must be identical to the value of the Url attribute on the ListInstance element that creates the target list.

MaxMax オプションの NumberOptional Number. フィールドで許容される最大値を指定します。Specifies the maximum value allowed for the field.
MaxLengthMaxLength オプションの IntegerOptional Integer. フィールド値で許可されている、最大文字数を指定します。Specifies the maximum number of characters allowed in a field value. この値はクライアント側で検証され、編集フォームはこの値に合わせて調整されます。Edit forms are adjusted to enforce this value, which is validated on the client. ユーザーが MaxLength で設定された文字数を超えて入力しようとすると、エラー メッセージが表示されます。If the user attempts to enter more than the number of characters set by MaxLength, an error message appears.
MinMin オプションの NumberOptional Number. フィールドで許容される最小値を指定します。Specifies the minimum value allowed for the field.
MultMult オプションの BooleanOptional Boolean. ルックアップ フィールドに複数の値を含める場合は TRUE です。TRUE to allow a lookup field to contain multiple values. 既定値はFALSEです。The default is FALSE.
名前Name 必須の TextRequired Text. フィールドの内部名。The internal name of the field. この名前は、リストまたは web サイト内のフィールドのセットに対して一意である必要があります。The name must be unique with respect to the set of fields in a list or website. SharePoint Foundation は、一意性を保証するために必要に応じて値を修正します。それ以外の場合は、フィールド定義の有効期間中は変更されません。SharePoint Foundation will amend the value if necessary to guarantee its uniqueness; otherwise it does not change for the lifetime of the field definition.
NegativeFormatNegativeFormat オプションの TextOptional Text. 負の値を示す方法を指定します。Specifies how to indicate negative values. 以下のいずれかの値に設定できます。Can be set to one of the following values:
  • MinusSign: マイナス記号をプレフィックスとして使用します。MinusSign: Use minus sign as prefix.
  • Parens: かっこで囲まれています。Parens: Surround with parentheses.
ノードNode オプションの TextOptional Text. XML フォームで使用された場合、この属性は処理命令 (PI) リンクを除くすべてのフィールドで必須であり、昇格されるノードの XPath 式を指定します。Used in XML forms, this attribute is required for all fields except processing instruction (PI) links, and it specifies the XPath expression for a node that is promoted.
NoEditFormBreakNoEditFormBreak オプションの BooleanOptional Boolean. アイテム作成フォームやアイテム編集フォームのフィールド間に改行が追加されないようにする場合は TRUETRUE to prevent a line break from being added between fields in the new item form or edit item form. リッチ テキスト フィールドなどの一部のフィールド型では既定で間隔が追加され、この属性によって余分な間隔を制御できます。Some field types, such as a rich-text field, provide spacing by default, and this attribute allows control over the extra spacing that results.
NumLinesNumLines オプションの IntegerOptional Integer. 編集中に TEXTAREA ブロックに行数を表示することを推奨します。Recommends the number of lines (rows) to display in a TEXTAREA block during editing. これはクライアント UI のヒントであり、編集できるテキストの行数に制限は適用されません。This is merely a client UI hint—there is no enforced limitation on the number of lines of text that can be edited.
OverwriteOverwrite オプションの BooleanOptional Boolean. サイト (SPWeb) 上でアクティブ化された新しいフィールドのフィールド ID が既存のフィールドのフィールド ID と同じ場合に、新しいフィールドのフィールド定義で既存のフィールドのフィールド定義を上書きするかどうかを指定します。Specifies whether the field definition for a new field that is activated on a site (SPWeb) overwrites the field definition for an existing field, in cases where the new field has the same field ID as the existing field. 新しいフィールドと同じフィールド ID を持つ既存のフィールドを、新しいフィールドで上書きする場合は True、それ以外の場合は false です。True if the new field overwrites the existing field with the same field ID; otherwise false. 既定値は false です。The default is false.

: 既存のフィールドが読み取り専用の場合、またはシールされている場合は、この属性がtrueに設定されていても、アクティブ化されているフィールドによって上書きされることはありません。Note: If the existing field is read-only, or if it is sealed, it will not be overwritten by the field that is being activated, even if this attribute is set to true.

OverwriteInChildScopesOverwriteInChildScopes オプションの BooleanOptional Boolean. サイト コレクションでフィールドを準備中、指定したフィールド定義がそのサイト コレクションの子 Web に既に存在している場合に、そのフィールド定義を上書きするかどうかを示します。Indicates whether a specified field definition should be overwritten when you are provisioning the field in a site collection and that field definition already exists in the child Web of that site collection. フィールド定義を上書きする場合は True、それ以外の場合は false です。True if the field definition should be overwritten; otherwise false. 既定値は false です。The default value is false.
PercentagePercentage オプションの BooleanOptional Boolean. 値をパーセント値として表示する場合、つまり数値を 100 倍してパーセント記号 (%) を追加して表示する場合は TRUETRUE if the value is displayed as a percentage; that is, a number multiplied by 100 with a percent sign (%) appended.
PIAttributePIAttribute オプションの TextOptional Text. PITarget 属性で指定されたドキュメント処理命令で列の値として使用する属性を指定します。Specifies the attribute in the document processing instruction (specified by the PITarget attribute) to use as the column value. XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。Used for property promotion and demotion in XML documents. PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。If you specify the PIAttribute attribute, you must also specify the PITarget attribute.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.

PITargetPITarget オプションの TextOptional Text. 列の値をこのコンテンツ タイプのドキュメントに格納するドキュメント処理命令を指定します。Specifies the document processing instruction in which the column value is stored in documents of this content type. XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。Used for property promotion and demotion in XML documents. PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。If you specify the PIAttribute attribute, you must also specify the PITarget attribute.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.

PrependIdPrependId オプションの BooleanOptional Boolean. 複数の値を持つことができるルックアップ フィールドで使用します。Used by lookup fields that can have multiple values. TRUE を指定して、ターゲット アイテムのアイテム ID と、編集フォームと新しいアイテムのフォームのターゲット フィールドの値を表示します。Specify TRUE to display the item ID of a target item as well as the value of the target field in Edit and New item forms.
プレゼンスPresence オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドのユーザー情報が存在する場合は TRUETRUE if user information is present for the field.
PrimaryKeyPrimaryKey オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドがリストと別のリストとのリレーションシップの主キーである場合は TRUETRUE if the field is the primary key in the relationship between the list and another list.
NodenodepiattributepiattributepitargetpitargetprimaryprimarypiattributepiattributeprimarypitargetprimarypitargetPrimaryPIAttribute オプションの TextOptional Text. XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。Used for property promotion and demotion in XML documents. PrimaryPITarget 属性で指定されたドキュメント処理命令で列の値として使用する代替属性を指定します。Specifies an alternate attribute in the document processing instruction, specified by the PrimaryPITarget, to use as the column value. PrimaryPIAttribute 属性を指定する場合、PrimaryPITarget 属性も指定する必要があります。If you specify the PrimaryPIAttribute attribute, you must also specify the PrimaryPITarget attribute. 指定した場合、SharePoint Foundation は、 PITarget 属性と piattribute属性で指定された値の前にこれらの値を使用します。If specified, SharePoint Foundation uses these values before those specified in the PITarget and PIAttribute attributes.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.

PrimaryPITargetPrimaryPITarget オプションの TextOptional Text. 列の値をこのコンテンツ タイプのドキュメントに格納する代替のドキュメント処理命令を指定します。Specifies an alternative document processing instruction in which the column value is stored for documents of this content type. PrimaryPIAttribute 属性を指定する場合、PrimaryPITarget 属性も指定する必要があります。If you specify the PrimaryPIAttribute attribute, you must also specify the PrimaryPITarget attribute. 指定した場合、SharePoint Foundation は、 PITarget 属性と piattribute属性で指定された値の前にこれらの値を使用します。If specified, SharePoint Foundation uses these values before those specified in the PITarget and PIAttribute attributes.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.

ReadOnlyReadOnly オプションの BooleanOptional Boolean. TRUE の場合は、フィールドは新規作成フォームや編集フォームに表示されませんが、ビューには含めることができます。If TRUE, the field is not displayed in New or Edit forms but can be included in views. さらに、ReadOnlyTRUE に設定すると、フィールドはサイト列とコンテンツ タイプを管理する [サイトの設定] ページで非表示になります。In addition, setting ReadOnly to TRUE hides the field from Site Settings pages for managing site columns and content types. Hidden 属性を TRUE に設定すると、フィールドは UI で完全に非表示になります。Setting the Hidden attribute to TRUE completely hides the field from the UI. この属性を含めない場合、SharePoint Foundation は、この属性がFalseに設定されている場合と同じように列を処理します。If you do not include this attribute, SharePoint Foundation treats the column as if this attribute is set to False.
ReadOnlyEnforcedReadOnlyEnforced オプションの BooleanOptional Boolean. ユーザーはフィールドの値を一切変更できず、システムだけが値を変更できることを指定する場合は TRUETRUE to specify that the user cannot change the field by any means and that it can only be changed by the system.
RelationshipDeleteBehaviorRelationshipDeleteBehavior オプションの TextOptional Text. 参照フィールドの削除の制約を指定します。Specifies a deletion constraint for a lookup field. 詳細については、 Sprelationshipdeletebehavior列挙を参照してください。For more information, see the SPRelationshipDeleteBehavior enumeration.

サイト列では、値に CascadeRestrict を指定できません。For a site column, the value must not be Cascade or Restrict. None (既定) を指定するか、属性を省略することができます。It can be None (the default), or the attribute can be omitted.

None 以外の値を指定する場合は、さらに、Indexed 属性に TRUE を指定し、Mult 属性に FALSE を指定する必要があります。If you specify any value other than None, you must also specify TRUE for the Indexed attribute and FALSE for the Mult attribute.

Renderxmlif パターンRenderXMLUsingPattern オプションの BooleanOptional Boolean. 表示形式を指定するために計算フィールドで使用されます。Used for computed fields to determine the display format. TRUE の場合、値は、計算フィールドの基になる最初の非計算フィールドの参照の列値ではなく、計算フィールドの表示パターンに基づいてレンダリングされます。If TRUE, values are rendered based on the display pattern of the computed field, rather than on the column value of the first noncomputed field reference upon which the computed field is based. たとえば、画像ライブラリで、画像サイズ列が x 高さで表される場合、この属性が TRUE に設定されていない場合は、最初のフィールド参照であるだけが表示されます。For example, in a picture library, the Picture Size column is represented by width x height, but if this attribute is not set to TRUE, only the first field reference, width, is displayed. TRUE に設定されている場合は、 x 高さの形式で表示されます。If it is set to TRUE, the format of width x height is displayed.
RequiredRequired 必須のブール値です。Required Boolean. TRUEの場合、フィールドに空の値を割り当てることはできません。If TRUE, the field must not have an empty value assigned to it. フォームの post で空でないフィールド値が指定されていない場合は、標準の必須フィールドテキストまたは明示的に指定<ErrorText>されたメッセージ (つまり、タグ経由) がエラーフォームに表示されます。If a nonempty field value is not given in a form post, either the standard required-field text or an explicitly specified message (that is, via <ErrorText> tags) is displayed in the error form. この検証はクライアントによってのみ処理されます (データベースでは、すべてのユーザー定義フィールドに対して常にNULLが許可されます)。This validation is handled only by the client (the database always allows NULL for all user-defined fields).
RestrictedModeRestrictedMode オプションの BooleanOptional Boolean. Note フィールドで拡張リッチ テキスト形式 (画像、表、ハイパーリンクなど) を使用できないようにし、書式設定されたテキストをこのフィールドに貼り付けることもできないようにする場合は TRUETRUE to not allow the Note field to contain enhanced rich text formatting, such as pictures, tables, or hyperlinks, nor to allow pasting formatted text into the field.
ResultTypeResultType オプションの TextOptional Text. フィールドから返される値のデータ型を指定します。Specifies the data type of values that are returned from the field.
RichTextRichText オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドがリッチ テキスト書式を表示する場合は TRUETRUE if the field displays rich text formatting.
RichTextModeRichTextMode オプションの TextOptional Text. RichTextMode 列挙のオプションの1つ。One of the options from the RichTextMode enum.
RowOrdinalRowOrdinal オプションの IntegerOptional Integer. フィールドにデータベースの場所を指定します。Specifies the database location for the field.
シールSealed オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドのこの属性をTRUEに設定すると、フィールドは irremovable としてマークされます。Setting this attribute to TRUE for a field marks the field as irremovable. [列の変更] ページには [削除] ボタンがありません。The Change Column page has no Delete button. ユーザーはフィールドを削除できません。Users cannot delete the field.
SeparateLineSeparateLine オプションの BooleanOptional Boolean. フィールド (メモ、コメントなど) を別の行にレンダリングする目的で内部的に使用されます。Used internally to support rendering a field (for example, Notes or Comments) in a separate line. この属性は、一般的に使用することを目的としていません。This attribute is not intended for public use.
SetAsSetAs コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
ShowAddressBookButtonShowAddressBookButton コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
ShowFieldShowField オプションの TextOptional Text. Type 属性が "Lookup" の場合、ShowField 属性の値は、確認するターゲット フィールドの内部名を指定します。When the Type attribute is "Lookup" the value of the ShowField attribute specifies the internal name of the target field to look up. 値が指定されていない場合は、ターゲット リスト内のレコードの [タイトル] フィールドからハイパーリンク テキストが表示されます。If no value is specified, the hyperlinked text from the Title field of the record in the target list is displayed.

次のフィールドの種類は、ルックアップ フィールドのターゲットとして使用します: CounterDateTimeNumberTextThe following field types are allowed as the target of a lookup field: Counter, DateTime, Number, and Text. ルックアップが有効な場合、Computed フィールドの種類をターゲットにできます。The Computed field type can be a target if lookups are enabled. 詳細については、 Spfieldcomputedクラスのenablelookupプロパティを参照してください。For more information, see the EnableLookup property of the SPFieldComputed class. 出力がテキストである場合、Calculated フィールドの種類をターゲットにできます。The Calculated field type can be a target if the output is text. 詳細については、* * SPFieldCalculated * * * * クラスのOutputTypeプロパティを参照してください。For more information, see the OutputType property of the **SPFieldCalculated**** class.

ShowInDisplayFormShowInDisplayForm オプションの BooleanOptional Boolean. フォームにアイテムを表示するためのフィールドを表示する場合は TRUETRUE to display the field in the form for viewing the item.
ShowInEditFormShowInEditForm オプションの BooleanOptional Boolean. フォームにアイテムを編集するためのフィールドを表示する場合は TRUETRUE to display the field in the form for editing the item.
ShowInFileDlgShowInFileDlg オプションの BooleanOptional Boolean. この属性は、ドキュメント ライブラリ スキーマ内のフィールドについてのみ有効です。This attribute is valid only for fields within document library schemas. FALSE の場合、クライアント アプリケーションから保存するときに表示されるフォームを保存するためのプロパティ ダイアログ ボックスに、このフィールドは表示されません。If FALSE, the field does not show up in the property dialog box for saving forms that appears when saving from client applications. たとえば、Title フィールドは、ドキュメント ライブラリに保存されるドキュメント内で直接設定されるので、この属性があります。For example, the Title field has this attribute because this is set directly in the document being saved to the document library.
ShowInListSettingsShowInListSettings オプションの BooleanOptional Boolean. リストの設定をカスタマイズするためのページに列を表示する場合は TRUETRUE to display the column on the page for customizing list settings.
ShowInNewFormShowInNewForm オプションの BooleanOptional Boolean. FALSE の場合、表示モードが New に設定されているときは、フィールドが Fields 列挙に表示されません。If FALSE, the field does not show up in a Fields enumeration when the display mode is set to New. この設定のフィールドは、リストの既定の [新しいアイテム] ページに表示されません。Fields with this setting do not show up in the default New Item page for a given list. この属性は、特に、ドキュメントをドキュメント ライブラリにアップロードするためのページでフィールドを非表示にするために使用されます。In particular, this is used to hide fields on the page for uploading documents to the document library.
ShowInVersionHistoryShowInVersionHistory オプションの BooleanOptional Boolean. リスト アイテムのバージョンを表示するためのページに列を表示する場合は TRUETRUE to display the column on the page for viewing list item versions.
ShowInViewFormsShowInViewForms オプションの BooleanOptional Boolean. リスト データの表示に使用されるページにフィールドを表示することを指定する場合は TRUETRUE to specify that the field is displayed in pages that are used to view list data.
並べ替え可能かSortable オプションの BooleanOptional Boolean. フィールドの値を並べ替えることができる場合は TRUETRUE if values in the field can be sorted.
SourceIDSourceID オプションの TextOptional Text. フィールドを定義する名前空間 ( http://schemas.microsoft.com/sharepoint/v3または、ユーザー設定フィールドが作成されたリストの GUID など) を格納します。Contains the namespace that defines the field, such as http://schemas.microsoft.com/sharepoint/v3 or the GUID of the list in which the custom field was created.
StaticNameStaticName オプションの TextOptional Text. フィールド コレクション内で一意でない可能性がある、フィールドの内部名が含まれています。Contains an internal name of the field that might not be unique within a field collection. しかし、一意になるように修正される可能性のある Name 属性とは異なり、StaticName 属性の値は、定義したとおりにフィールドに代入されます。However, unlike the Name attribute, which might be amended to ensure its uniqueness, the value of the StaticName attribute is assigned to the field exactly as you have defined it. 後でこの値をコードで使用して、 Trygetfieldbystaticnameメソッドを呼び出してフィールドへの参照を取得することができます。You can later use this value in code to get a reference to the field by calling the TryGetFieldByStaticName method.
StorageTZStorageTZ 日付/時刻の値を格納する方法を指定します。Specifies how date/time values are stored. StoragetzUTCに設定されている場合、日付/時刻は協定世界時 (UTC) として処理されます。When StorageTZ is set to UTC, the date/time is handled as Coordinated Universal Time (UTC). 日付/時刻型の値が "abstract" time を参照していることを示すために、日付/時刻がユーザーによって入力されたとおりに、ローカルタイムゾーンの変換または保存を行わずにデータベースに格納されることを意味する場合は、 Storagetz属性を省略します。To denote that a date/time value refers to "abstract" time, meaning that the date/time is stored in the database as entered by the user without conversion or storage of the local time zone, omit the StorageTZ attribute.
ストライプ PwsStripWS オプションの BooleanOptional Boolean. フィールド値の先頭または末尾から空白が削除される場合は TRUETRUE if white space is removed from the beginning and end of field values.
SuppressNameDisplaySuppressNameDisplay オプションの BooleanOptional Boolean. User フィールドにユーザーの名前を表示する場合は TRUETRUE to not display the name of the user in a User field.
TextOnlyTextOnly オプションの BooleanOptional Boolean. TRUE の場合、フィールドには Text 値のみを格納できます。If TRUE, the field can contain only Text values.
TitleTitle オプションの TextOptional Text. ユーザー インターフェイスに表示されるフィールドのタイトルを格納します。Contains the title of the field that is displayed in the user interface.
TypeType 必須の TextRequired Text. フィールドのデータ型 (Field 要素が ProjectedFields の子ではない場合)。The data type of the field (unless the Field element is a child of ProjectedFields).

: Microsoft SharePoint Foundation 2010 のテクノロジプレビューリリースでは、 Type属性には異なる意味があります。また、可能な値は1つだけです ("Lookup")。これは、"参照"フィールドの子になります。Note: In the Technology Preview release of Microsoft SharePoint Foundation 2010, the Type attribute has a different meaning and only one possible value ("Lookup") when it is a child of ProjectedFields. このの使用法の詳細については、「[参照]」を参照してください。For more information about this use of Type, see ProjectedFields Element (View).

SharePoint Foundation には、既定で次のデータ型が含まれています。SharePoint Foundation includes the following data types by default:

  • Alldayevent: 終日イベントを指定します。AllDayEvent: Specifies an all day event. ビットSQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.
  • 添付ファイル: 添付ファイルの url を格納します。Attachments: Stores the URLs for attachments. ビットSQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.
  • Boolean: TRUE/FALSE値 (データベースに0または1として格納される) を格納するために使用します。Boolean: Used to store a TRUE/FALSE value (stored in the database as 0 or 1). 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. Bit SQL データ型に対応し、 spfieldbooleanクラスで表されます。Corresponds to the bit SQL data type and represented by the SPFieldBoolean class.
  • 計算: 他の列に基づいて値が計算されるフィールドを指定します。Calculated: Specifies a field whose value is calculated based on other columns. Sql_variant sql データ型に対応しており、spfieldcalculated 演算 * * クラスで表されます。Corresponds to the sql_variant SQL data type and represented by the SPFieldCalculated** class.
  • 選択肢: ユーザーが、フィールドにデータを入力するために使用できる、事前に定義された値のセットを指定できるようにします。Choice: Allows the user to specify a predetermined set of values that can be used to enter data into the field. 選択肢フィールドでは、BaseType 属性と Format 属性を使用できます。The Choice and Lookup types are the most important fields for sorting and grouping. BaseTypeおよびFormat属性は、選択肢フィールドに使用できます。The BaseType and Format attributes can be used for choice fields. 選択オプションの値を指定すると、その値がフィールドの送信される選択値として使用されます。This field is sortable and groupable. 値を指定しない場合は、その選択肢が選択肢のテキスト値として送信されます。When a value is given for a choice option, then that value is used as the submitted value for the field selection. いずれの場合も、選択肢のテキスト値が UI に表示されます (ドロップダウン リストやラジオ ボタンのテキスト)。When no value is given, that choice is submitted as the text value of the choice. 編集用の UI に選択肢が表示される順序は、常に、CHOICES 要素内でアイテムを指定した順序です。In all cases, the text value of the choice is what is displayed in the UI (drop-down list or radio button text). 編集 UI に選択肢が表示される順序は、常に、選択肢要素内に項目が指定されている順序です。The order in which choices appear in the editing UI is always the order that items are specified within the CHOICES element. MultiChoice type を使用して、チェックボックスを実装する選択肢フィールドを指定し、ユーザーが複数の値を選択できるようにします。Use the MultiChoice type to specify a Choice field that implements check boxes and allows the user to select multiple values. Nvarchar SQL データ型に対応し、 spfieldchoiceクラスを表します。Corresponds to the nvarchar SQL data type and represented the SPFieldChoice class.
  • 計算済み: 別のフィールドに依存するフィールドの内容を指定します。Computed: Specifies a field that depends on another field for its contents. たとえば、 LinkTitleNoMenuフィールドでは、タイトルフィールドの値をハイパーリンクで囲むことができます。For example, a LinkTitleNoMenu field amounts to surrounding a Title field value with a hyperlink. Spfieldcomputedクラスで表されます。Represented by the SPFieldComputed class.
  • Contenttypeid: コンテンツタイプ ID が含まれています。ContentTypeId: Contains a content type ID. コンテンツ タイプ ID の形式の詳細については、「Content Type IDs」を参照してください。For information about the format of content type IDs, see Content Type IDs. Varbinary SQL データ型に対応しています。Corresponds to the varbinary SQL data type.
  • Counter: 一般に、internal ID フィールドにのみ使用されます。Counter: Generally used only for the internal ID field. Counter 型は常に読み取り専用であり、フォーム ポストを通じて設定することはできません。Its integer value is set automatically to be unique with respect to every other item in the current list. カウンターの種類は常に読み取り専用であり、フォームの post を使用して設定することはできません。The Counter type is always read-only and cannot be set through a form post. intThis field is sortable but not groupable. Int SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.
  • クロスバー Projectlink: SharePoint リスト内のイベントを会議ワークスペースサイトに接続するために使用されます。具体的には、アイテムの会議ワークスペースサイトを作成するために [新規作成] および [アイテムの編集] フォームで使用されるチェックボックスのフィールド型を表します。CrossProjectLink: Used to connect an event in a SharePoint list with a Meeting Workspace site; refers specifically to the field type of the checkbox used in New and Edit Item forms to create a Meeting Workspace site for the item. は、 bit SQL データ型に対応し、 Spfieldクロスバー projectlinkクラスで表されます。Corresponds to the bit SQL data type and represented by the SPFieldCrossProjectLink class.
  • Currency: 通貨の値を入力できます。Currency: Allows for a currency value to be entered. 各通貨フィールドは、特定のロケールの通貨に関連付けられています。Each currency field is tied to a specific locale's currency. 特定のロケールの通貨を指定するには、LCID 属性を使用します。In all other respects, it is treated like the Number field type. LCID属性を使用して、特定のロケールの通貨を指定します。Use the LCID attribute to indicate a currency of a specific locale. 通貨の種類には、 decimalMax、およびMin属性を使用できます。The Decimals, Max, and Min attributes can be used for currency types. 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. Float SQL データ型に対応し、 spfieldcurrencyクラスで表されます。Corresponds to the float SQL data type and represented by the SPFieldCurrency class.
  • DateTime: 完全修飾日付または時刻の保存を許可します。DateTime: Allows for storage of a fully qualified date or time of day. Format属性を使用して日付の形式を指定し、 storagetz属性を使用して、日付/時刻の値を格納する方法を決定します。Use the Format attribute to specify date formatting, and use the StorageTZ attribute to determine how date/time values are stored. 表示モードでは、日付の形式の順序は地域の設定から継承されます ("M/D/Y" または "D/M/Y")。This field is sortable and groupable. 編集モード (または Default 要素の値の新規モード) では、日付と時刻はユニバーサル形式 M/D/Y hh:mm am/pm でレンダリングされます。For Display mode, the order of date formatting derives from the regional settings ("M/D/Y" or "D/M/Y"). datetimeIn Edit mode (or in New mode for Default element value), date/times are rendered in universal format: M/D/Y hh:mm am/pm. Datetime SQL データ型に対応し、 spfielddatetimeクラスを表します。Corresponds to the datetime SQL data type and represented the SPFieldDateTime class.
  • ファイル: ファイルが保存されています。File: Contains a file. Uniqueidentifier SQL データ型に対応しています。Corresponds to the uniqueidentifier SQL data type.
  • Gridchoice: アンケートの段階評価が含まれています。GridChoice: Contains a rating scale for surveys. Ntext SQL データ型に対応し、 SPFieldRatingScaleクラスによって表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and represented by the SPFieldRatingScale class.
  • Guid: グローバル一意識別子 (guid) を許可します。Guid: Allows for globally unique identifiers (GUIDs). Uniqueidentifier SQL データ型に対応しています。Corresponds to the uniqueidentifier SQL data type.
  • Integer: 正または負の整数値を使用できます。Integer: Allows for positive or negative integer values. コンマおよびNegativeFormat属性は、整数の書式設定を指定するために使用されます。The Commas and NegativeFormat attributes are used to specify integer formatting. Int SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.
  • Lookup:選択フィールドと同様に動作しますが、使用可能なオプションは、ハードコードされた値の選択ではなく、別のリストから取得します。Lookup: Behaves very similarly to a Choice field, except that the available options come from another list rather than being a hard-coded selection of values. Lookup フィールドには、 List属性とshowfield属性を使用できます。The List and ShowField attributes can be used for Lookup fields. 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. intFor sorting and grouping, use the DisplayField value (Title, by default) rather than the foreign key stored in the list. Int SQL データ型に対応し、 spfieldlookupクラスで表されます。Corresponds to the int SQL data type and represented by the SPFieldLookup class.
  • Lookupmulti: 複数の値を含むことができる参照フィールド。LookupMulti: A Lookup field that can contain more than one value. 親の種類: LookupParent type: Lookup.
  • Modstat: コンテンツの承認状態が含まれています。ModStat: Contains content approval status. 指定可能な値には、承認済み(既定)、拒否、および保留(それぞれデータベースに0、1、または2として保存されています) があります。Possible values include Approved (default), Rejected, and Pending (stored in the database as 0, 1, or 2, respectively). Int SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.
  • MultiChoice: チェックボックスを実装する選択肢フィールドを指定し、ユーザーが複数の値を選択できるようにします。MultiChoice: Specifies a Choice field that implements check boxes and allows the user to select multiple values. Ntext SQL データ型に対応し、 SPFieldMultiChoiceクラスによって表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and represented by the SPFieldMultiChoice class.
  • **** 複数の値を含むフィールドをエミュレートするメモフィールド。MultiColumn: A Note field that emulates a field containing multiple values. 複数列フィールド型の例については、「 Custom Field Type Definition」を参照してください。For an example of a multicolumn field type, see Custom Field Type Definition. 複数列フィールドの詳細については、「ユーザー設定の複数列フィールドクラス」を参照してください。For information on multicolumn fields, see Custom Multicolumn Field Classes. 親の種類:Parent type: Note.
  • : ユーザーが複数行のテキストを入力できるようにします。Note: Allows users to enter multiple lines of text. すべてのテキストは、HTML マークアップを含まない標準の ASCII 文字として定義されます。This field is not sortable or groupable. HTML マークアップや URL のように見えるものはすべて、標準テキストに見えるように引用符で囲まれます (たとえば、Server.HTMLEncode)。All text is defined to be straight ASCII characters without HTML markup. この形式を編集するためのコントロールは、単純な TEXTAREA ブロックです。Anything that looks like HTML markup or a URL is simply quoted (for example, Server.HTMLEncode) to look like straight text. 表示する行数を指定するには、NumLines 属性を使用します。The control for editing this format is a simple TEXTAREA block. ntextUse the NumLines attribute to specify the number of lines to display. Ntext SQL データ型に対応し、 Spfieldmultilinetextクラスで表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and represented by the SPFieldMultiLineText class.
  • 数値: 浮動小数点数を入力できるようにします。Number: Allows for a floating point number to be entered. 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. 入力した番号は、現在のロケール設定 (小数点と桁区切り記号) に従って解析されます。Numbers entered are parsed according to the current locale settings for decimal points and thousand separators. 負の数は、かっこで囲むか負の記号を使用して指定できます。Negative numbers can be indicated by wrapping them in parentheses or by using a negative symbol. 次の属性をnumber属性と組み合わせて使用すると、数値の書式 ( DecimalsDivMaxMinMult、およびパーセンテージ) を指定できます。The following attributes can be used in conjunction with the Number attribute to specify number formatting: Decimals, Div, Max, Min, Mult, and Percentage. Float SQL データ型に対応し、 spfieldnumberクラスで表されます。Corresponds to the float SQL data type and represented by the SPFieldNumber class.
  • Pageseparator: アンケートリストに改ページを挿入します。PageSeparator: Inserts a page break in a survey list. Spfieldpageseparatorクラスで表されます。Represented by the SPFieldPageSeparator class.
  • 頻度: イベントリストのアイテムの定期的なパターンを編集および定義するために使用します。Recurrence: Used to edit and define the recurrence pattern for an item in an events list. ビットSQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.
  • Text: 編集ボックスに入力する1行のテキスト。Text: A single line of text entered in an edit box. 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. nvarcharUse the MaxLength attribute to set a maximum number of characters allowed. は、 nvarchar SQL データ型に対応し、 spfieldtextクラスで表されます。Corresponds to the nvarchar SQL data type and represented by the SPFieldText class.
  • Threadindex: 会話スレッド内のメッセージの相対位置を示す ID を格納します。ThreadIndex: Contains the ID that indicates the relative position of a message within a conversation thread. Varbinary SQL データ型に対応しています。Corresponds to the varbinary SQL data type.
  • スレッド処理フィールド**** 型は、スレッド化されたディスカッションのようなビューを作成して表示するときに使用します。Threading: The Threading field type is used in the creation and display of threaded discussion-like views. フォーム内の標準の編集可能フィールドとしても、ビュー内の通常の列としても表示されません。Any list can contain a threading column, but a special UI is generated when it is used. (フォームまたはビューの標準列として、標準の編集可能なフィールドとして表示されることはありません)。スレッドフィールドに対して並べ替えを実行すると、親子関係にあるすべてのレコードの前方向の走査が返されます。(It is never displayed as a standard editable field in a form nor as a normal column in a view.) If a sort is performed on a threading field, a pre-order traversal of all the records in a parent-child relationship is returned. varcharThis is accomplished by saving the concatenation of the creation date and ID number of all the parent records of a particular record. Varchar SQL データ型に対応しています。Corresponds to the varchar SQL data type.
  • URL: フリーフォームのハイパーリンクを作成するために使用します。URL: Used to create a freeform hyperlink. URL フィールドは説明として表示されます。A URL field is displayed as Description. 説明が指定されていない場合は、 URLとして表示されます。If no description is given, it is displayed as URL. これは、リンク先が移動したときにリンクを修正することによって、サーバー上でローカルであるすべての URL を更新できるようにするためです。The URL text is itself stored in the URLs (DocMd) table, which stores all the URLs in SharePoint databases on the server. URL フィールドを含むレコードが削除された場合、対応する参照先レコードも URL テーブルから削除されます。This is done so that any URLs that are local on the server can be updated through link fixup when their destination moves. このフィールドは、並べ替えおよびグループ化を行うことができます (並べ替えは、URL の内容ではなく、テキストの説明に従って定義されます。When a record with a URL field contained within it is deleted, the corresponding referenced record from the URL table is also deleted. 説明が指定されていない場合は、空白の場合と同様に並べ替えが行われます)。This field is sortable and groupable. (並べ替えは、URL のコンテンツではなく、テキストの説明に従って定義されます。説明が指定されていない場合は、空白と同じ並べ替えを行います。)TypeURLの場合、 LinkType属性を使用してリンクの種類を指定できます。(The sort is defined according to the textual description rather than the contents of the URL; if no description is given, it sorts the same as blank.) When Type is URL, the LinkType attribute can be used to specify the type of link. SPFieldUrlクラスによって表される、 nvarchar SQL データ型に対応しています。Corresponds to the nvarchar SQL data type and represented by the SPFieldUrl class.
  • User: UserInfo データベーステーブルを参照する参照フィールド。User: A Lookup field that references the UserInfo database table. Int SQL データ型に対応し、 spfielduserクラスで表されます。Corresponds to the int SQL data type and represented by the SPFieldUser class.
  • Usermulti: 複数の値を含むことができるユーザーフィールド。UserMulti: A User field that can contain more than one value. 親の種類: LookupmultiParent type: LookupMulti.
  • Workfloweventtype:SPWorkflowHistoryEventType列挙で表されるワークフローイベントの種類を指定します。WorkflowEventType: Specifies a workflow event type as represented by theSPWorkflowHistoryEventType enumeration. 親の種類: IntegerParent type: Integer.
  • Workflowstatus: SPWorkflowStatus列挙で表されるワークフローの状態を指定します。WorkflowStatus: Specifies workflow status as represented by the SPWorkflowStatus enumeration. Nvarchar SQL データ型に対応します。Corresponds to the nvarchar SQL data type.
UniqueIdUniqueId オプションの TextOptional Text. コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
UnlimitedLengthInDocumentLibraryUnlimitedLengthInDocumentLibrary オプションの BooleanOptional Boolean. ドキュメント ライブラリ内でフィールド長を無制限にする場合は TRUETRUE to allow unlimited field length in document libraries.
URLEncodeURLEncode オプションの BooleanOptional Boolean. スペースなどの特殊文字を引用符で囲まれた UTF-8 形式に変換する場合は TRUE 、たとえば、文字ëの場合は% c3% ab。TRUE to convert special characters, such as spaces, to quoted UTF-8 format, for example, %c3%ab for character ë.
URLEncodeAsURLURLEncodeAsURL オプションの BooleanOptional Boolean. URLEncode と似ていますが、TRUE を指定すると、エンコードされる文字列は URL のパス コンポーネントとして扱われ、スラッシュ ("/") はエンコードされません。Like URLEncode, but TRUE to specify that the string to encode is a path component of a URL so that forward slashes ("/") are not encoded.
UserSelectionModeUserSelectionMode オプションの TextOptional Text. アイテム フォームのユーザー フィールドで、各ユーザーの名前だけを選択できるようにするか、各ユーザーとグループの両方の名前を選択できるようにするかを指定します。Specifies whether only the names of individual users can be selected in a user field on an item form, or whether the names of both individuals and groups can be selected. 以下のいずれかの値を使用できます。The following values are possible:
  • 0: 個人の名前のみ選択できます。0: Only the names of individuals can be selected.
  • 1: 個人とグループの両方の名前を選択できます。1: The names of both individuals and groups can be selected.
UserSelectionScopeUserSelectionScope オプションの IntegerOptional Integer. アイテム フォームのユーザー フィールドでユーザー名を選択する際の範囲を指定します。Specifies a scope for selecting user names in a user field on an item form. 値が 0 の場合、SharePoint グループに対する制限はありません。If the value is 0, there is no restriction to a SharePoint group. 値が 0 以上の場合、ユーザーの選択は、指定した値と同じ ID を持つ SharePoint グループのメンバーに制限されます。If the value is greater than 0, user selection is restricted to members of the SharePoint group whose ID equals the value that is specified.
ビューViewable オプションの BooleanOptional Boolean. 既定のビューにフィールドを追加することを指定する場合は TRUETRUE to specify that the field is added to the default view. 既定値は TRUE です。The default value is TRUE.
WidthWidth オプションの IntegerOptional Integer. ユーザー情報リストのユーザー用に表示される画像の幅をピクセル単位で指定します。Specifies the width in pixels of the images that are displayed for users in the User Information list.
WikiLinkingWikiLinking オプションの BooleanOptional Boolean. 2角かっこ ([[...]]) の形式で表示される wiki リンクが、 <a>タグを使用する HTML リンクに変換されるように指定するには、 TRUEを指定します。TRUE to specify that wiki links, which appear in the form of double brackets ([[…]]), become translated into HTML links, which use the <a> tag.
XNameXName オプションの TextOptional Text. 追加、削除、または変更されたフィールドを識別するために XML フォーム内部で使用されます。Used internally in XML forms to identify fields that have been added, deleted, or modified. この属性は、一般的に使用することを目的としていません。This attribute is not intended for public use.

子要素Child elements

親要素Parent elements

解説Remarks

重要

ユーザー設定フィールドを定義するときは、Microsoft SharePoint Foundation でフィールドを正しく表示するために、ID、Type、Name、DisplayName、および Group 属性を指定する必要があります。When defining a custom field, you must specify the ID, Type, Name, DisplayName, and Group attributes for the field to appear correctly in Microsoft SharePoint Foundation. Microsoft Visual Studio でのステートメントの入力が誤って表示されます。実際には5つすべてが必要な場合は、これらの属性の最初の3つのみが必要です。Statement completion in Microsoft Visual Studio erroneously indicates that you need only the first three of these attributes when in fact all five are required.

Example

次の例は、サイト内の列を 3 つ作成する機能の要素マニフェストを示しています。The following example shows an element manifest for a Feature that creates three site columns.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Elements xmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/">
  <Field ID="{060E50AC-E9C1-4D3C-B1F9-DE0BCAC300F6}"
          Name="Amount"
          DisplayName="Amount"
          Type="Currency"
          Decimals="2"
          Min="0"
          Required="FALSE"
          Group="Financial Columns" />

  <Field ID="{943E7530-5E2B-4C02-8259-CCD93A9ECB18}"
          Name="CostCenter"
          DisplayName="Cost Center"
          Type="Choice"
          Required="FALSE"
          Group="Financial Columns">
    <CHOICES>
      <CHOICE>Administration</CHOICE>
      <CHOICE>Information</CHOICE>
      <CHOICE>Facilities</CHOICE>
      <CHOICE>Operations</CHOICE>
      <CHOICE>Sales</CHOICE>
      <CHOICE>Marketing</CHOICE>
    </CHOICES>
  </Field>

  <Field ID="{1511BF28-A787-4061-B2E1-71F64CC93FD5}"
          Name="DateOpened"
          DisplayName="Date Opened"
          Type="DateTime"
          Format="DateOnly"
          Required="FALSE"
          Group="Financial Columns">
    <Default>[today]</Default>
  </Field>
</Elements>

関連項目See also