CacheSize プロパティ (ADO)CacheSize Property (ADO)

レコードの数を示す、 Recordsetメモリにローカルにキャッシュされたオブジェクト。Indicates the number of records from a Recordset object that are cached locally in memory.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を長い値 0 より大きい必要があります。Sets or returns a Long value that must be greater than 0. 既定値は 1 です。Default is 1.

コメントRemarks

使用して、 CacheSizeプロバイダーからのローカル メモリに一度に取得するレコードの数を制御するプロパティ。Use the CacheSize property to control how many records to retrieve at one time into local memory from the provider. たとえば場合、 CacheSize 10 が、最初に開く、レコード セットオブジェクト、プロバイダーがローカル メモリに最初の 10 個のレコードを取得します。For example, if the CacheSize is 10, after first opening the Recordset object, the provider retrieves the first 10 records into local memory. 間を移動し、 Recordsetオブジェクト、プロバイダーがローカル メモリ バッファーからデータを返します。As you move through the Recordset object, the provider returns the data from the local memory buffer. 過去のキャッシュの最後のレコードを移動するとすぐに、プロバイダーは、キャッシュにデータ ソースから、次の 10 個のレコードを取得します。As soon as you move past the last record in the cache, the provider retrieves the next 10 records from the data source into the cache.

注意

CacheSizeに基づいて、開ける行の最大プロバイダー固有のプロパティ (で、プロパティのコレクション、 Recordsetオブジェクト)。CacheSize is based on the Maximum Open Rows provider-specific property (in the Properties collection of the Recordset object). 設定することはできませんCacheSizeより大きい値に開ける行の最大します。You cannot set CacheSize to a value greater than Maximum Open Rows. 開くことができます、プロバイダーによって行の数を変更するには、次のように設定します。開ける行の最大します。To modify the number of rows which can be opened by the provider, set Maximum Open Rows.

CacheSizeの有効期間中に調整できる、レコード セットデータ ソースから次に、キャッシュ内のレコードの数にのみ影響、オブジェクトがこの値を変更します。The value of CacheSize can be adjusted during the life of the Recordset object, but changing this value only affects the number of records in the cache after subsequent retrievals from the data source. 単独でプロパティ値を変更する場合は、キャッシュの現在の内容は変更されません。Changing the property value alone will not change the current contents of the cache.

も取得するレコードが少ない場合CacheSizeを示す、プロバイダーは、残りのレコードを返し、エラーは発生しません。If there are fewer records to retrieve than CacheSize specifies, the provider returns the remaining records and no error occurs.

A CacheSizeゼロに設定は許可されていませんし、エラーが返されます。A CacheSize setting of zero is not allowed and returns an error.

キャッシュから取得したレコードには、他のユーザーがソース データに対する同時変更が反映されていません。Records retrieved from the cache don't reflect concurrent changes that other users made to the source data. キャッシュされたすべてのデータの更新プログラムを強制的には、使用、再同期メソッド。To force an update of all the cached data, use the Resync method.

場合CacheSize 1 ナビゲーション メソッドよりも大きい値に設定されます (移動MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious) へのナビゲーションで発生する可能性があります、レコードを取得した後、削除が発生した場合、レコードが削除されます。If CacheSize is set to a value greater than one, the navigation methods (Move, MoveFirst, MoveLast, MoveNext, and MovePrevious) may result in navigation to a deleted record, if deletion occurs after the records were retrieved. 最初のフェッチ後に以降の削除は反映されませんデータ キャッシュ内の削除された行のデータ値にアクセスを試みるまで。After the initial fetch, subsequent deletions will not be reflected in your data cache until you attempt to access a data value from a deleted row. ただし、設定CacheSizeいずれかに削除された行をフェッチできないために、この問題を排除します。However, setting CacheSize to one eliminates this issue since deleted rows cannot be fetched.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

関連項目See Also

CacheSize プロパティの例 (VB) CacheSize Property Example (VB)
CacheSize プロパティの例 (vc++) CacheSize Property Example (VC++)
CacheSize プロパティの例 (JScript)CacheSize Property Example (JScript)