default trace enabled サーバー構成オプションdefault trace enabled Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

default trace enabled オプションは、既定のトレース ログ ファイルを有効または無効にする場合に使用します。Use the default trace enabled option to enable or disable the default trace log files. 既定のトレース機能では、主に構成オプションに関連する操作および変更の詳しい永続的なログが提供されます。The default trace functionality provides a rich, persistent log of activity and changes primarily related to the configuration options.

警告

この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature. 代わりに拡張イベントを使用します。 Use Extended Events instead.

用途Purpose

既定のトレース機能は、問題が初めて発生したときに、その問題を診断するために必要なログ データを提供することによって、データベース管理者によるトラブルシューティングを支援します。Default trace provides troubleshooting assistance to database administrators by ensuring that they have the log data necessary to diagnose problems the first time they occur.

表示Viewing

既定のトレース ログは、 SQL Server ProfilerSQL Server Profiler で開いて確認するか、 Transact-SQLTransact-SQL システム関数を使用して fn_trace_gettable でクエリできます。The default trace logs can be opened and examined by SQL Server ProfilerSQL Server Profiler or queried with Transact-SQLTransact-SQL by using the fn_trace_gettable system function. SQL Server ProfilerSQL Server Profiler では、通常のトレース出力ファイルを開く場合と同様に、既定のトレース ログ ファイルを開くことができます。 can open the default trace log files just as it does normal trace output files. 既定のトレース ログは、ロールオーバー トレース ファイルを使用して、既定により \MSSQL\LOG ディレクトリに保存されます。The default trace log is stored by default in the \MSSQL\LOG directory using a rollover trace file. 既定のトレース ログ ファイルのベース ファイル名は log.trcです。The base file name for the default trace log file is log.trc. SQL ServerSQL Serverの標準インストールの場合、既定のトレースが有効になっているため、TraceID 1 になります。In a typical installation of SQL ServerSQL Server, the default trace is enabled and thus becomes TraceID 1. インストール後や他のトレースの作成後に有効にした場合、TraceID の数値が大きくなることがあります。If enabled after installation and after creating other traces, the TraceID can become a larger number.

SQL ServerSQL Server Profiler を使用してこのトレース ファイルを表示する方法については、「トレース ファイルを開く(SQL Server Profiler)」をご覧ください。For more information about using SQL ServerSQL Server Profiler to view this trace file, see Open a Trace File (SQL Server Profiler)

例:Example:

次のステートメントは、既定の場所にある既定のトレース ログを開きます。The following statement opens the default trace log in the default location:

SELECT *   
FROM fn_trace_gettable  
('C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\LOG\log.trc', default);  
GO  

構成Configuring

default trace enabled オプションを 1 に設定すると、 既定のトレースが有効になります。When set to 1, the default trace enabled option enables Default Trace. このオプションの既定値は 1 (ON) です。The default setting for this option is 1 (ON). 0 に設定すると、トレースがオフになります。A value of 0 turns off the trace.

default trace enabled オプションは拡張オプションです。The default trace enabled option is an advanced option. sp_configure システム ストアド プロシージャを使用して default trace enabled オプションの設定を変更するには、 show advanced options を 1 に設定する必要があります。If you are using the sp_configure system stored procedure to change the setting, you can change the default trace enabled option only when show advanced options is set to 1. 新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without a server restart.

参照See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)