backupmediafamily (Transact-sql)backupmediafamily (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

メディア ファミリごとに 1 行のデータを格納します。Contains one row for each media family. メディア ファミリがミラー化されたメディア セット内にある場合は、メディア セット内のミラーごとに個別の行が格納されます。If a media family resides in a mirrored media set, the family has a separate row for each mirror in the media set. このテーブルは、 msdbデータベースに格納されます。This table is stored in the msdb database.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
media_set_idmedia_set_id intint このファミリがメンバーとなっているメディアセットを識別する一意の識別番号。Unique identification number that identifies the media set of which this family is a member. Backupmediaset (media_set_id) を参照しますReferences backupmediaset(media_set_id)
family_sequence_numberfamily_sequence_number tinyinttinyint メディアセット内のこのメディアファミリの位置。Position of this media family in the media set.
media_family_idmedia_family_id UNIQUEIDENTIFIERuniqueidentifier メディアファミリを識別する一意の識別番号。Unique identification number that identifies the media family. NULL にすることができます。Can be NULL.
media_countmedia_count intint メディアファミリ内のメディアの数。Number of media in the media family. NULL にすることができます。Can be NULL.
logical_device_namelogical_device_name nvarchar(128nvarchar(128) このバックアップデバイスの名前を指定します。 backup_devicesName of this backup device in sys.backup_devices.name. これが ( sys. backup_devicesに存在するパーマネントバックアップデバイスではなく) 一時的なバックアップデバイスの場合、 logical_device_nameの値は NULL になります。If this is a temporary backup device (as opposed to a permanent backup device that exists in sys.backup_devices), the value of logical_device_name is NULL.
physical_device_namephysical_device_name nvarchar (260)nvarchar(260) バックアップデバイスの物理名。Physical name of the backup device. NULL にすることができます。Can be NULL. このフィールドは、バックアップと復元のプロセス間で共有されます。This field is shared between backup and restore process. 元のバックアップ先のパスまたは元の復元元のパスが含まれている場合があります。It may contain the original backup destination path or the original restore source path. データベースのサーバーでバックアップまたは復元が最初に実行されたかどうかによって異なります。Depending on whether backup or restore occurred first on a server for a database. 同じバックアップファイルからの連続した復元では、復元時の場所に関係なく、パスが更新されないことに注意してください。Note that consecutive restores from the same backup file will not update the path regardless of it's location at restore time. このため、使用されている復元パスを確認するためにphysical_device_nameフィールドを使用することはできません。Because of this, physical_device_name field cannot be used to see the restore path used.
device_typedevice_type tinyinttinyint バックアップ デバイスの種類。Type of backup device:

2 = ディスク2 = Disk

5 = テープ5 = Tape

7 = 仮想デバイス7 = Virtual device

9 = Azure Storage9 = Azure Storage

105 = パーマネントなバックアップ デバイス。105 = A permanent backup device.

NULL にすることができます。Can be NULL.

すべての永続的なデバイス名とデバイス番号は、 sys. backup_devicesにあります。All permanent device names and device numbers can be found in sys.backup_devices.
physical_block_sizephysical_block_size intint メディアファミリの書き込みに使用される物理ブロックサイズ。Physical block size used to write the media family. NULL にすることができます。Can be NULL.
イメージmirror tinyinttinyint ミラー数 (0 ~ 3)。Mirror number (0-3).

解説Remarks

LOADHISTORY を使用したbackup_deviceからの RESTORE verifyonly は、 backupmediasetテーブルの列に、メディアセットヘッダーからの適切な値を設定します。RESTORE VERIFYONLY FROM backup_device WITH LOADHISTORY populates the columns of the backupmediaset table with the appropriate values from the media-set header.

このテーブルおよびその他のバックアップテーブルと履歴テーブルの行の数を減らすには、 sp_delete_backuphistoryストアドプロシージャを実行します。To reduce the number of rows in this table and in other backup and history tables, execute the sp_delete_backuphistory stored procedure.

参照See Also

Transact-sql)(のテーブルのバックアップと復元 Backup and Restore Tables (Transact-SQL)
backupfile (Transact-sql) backupfile (Transact-SQL)
backupfilegroup (Transact-sql) backupfilegroup (Transact-SQL)
backupmediaset (Transact-sql) backupmediaset (Transact-SQL)
backupset (Transact-sql) backupset (Transact-SQL)
システムテーブル (Transact-sql)System Tables (Transact-SQL)