SQL Server 用の延長セキュリティ更新プログラムとは

適用対象:yes SQL Server 2008 yes SQL Server 2008 R2 yes SQL Server 2012 (11.x)

この記事では、Azure Arc を使用して、延長サポート対象外のバージョンの SQL Server の延長セキュリティ更新プログラム (ESU) を受け取るための情報を提供します。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure サービスに移行できます。 詳細については、「概要」を参照してください。

その他のオプションの詳細については、サポート終了オプションに関するページを参照してください。

概要

SQL Server のサポート ライフサイクルが終了したら、サーバーの延長セキュリティ更新プログラム (ESU) サブスクリプションにサインアップして、新しいバージョンの SQL Server にアップグレードまたは Azure SQL に移行する準備ができるまで、最大 3 年間保護された状態を維持することができます。

延長セキュリティ更新プログラムは、次のいくつかの方法で受け取ることができます。

  • Azure Arc。オンプレミスまたはホスト環境用に購入。 利用可能になったら、更新プログラムをダウンロードします。 Azure Arc を使用するには、次の 2 つの方法があります。

    • Connected. Azure に直接接続して Azure Connected Machine エージェントをインストールします。 Azure Arc 対応サーバーで提供されるフィーチャーを利用できます。

    • 登録済み。 非推奨の SQL Server レジストリと同様のプロセスを使用して、インスタンスを手動で追加します。 インスタンスは ''切断'' 状態で追加されます。

  • Azure サービス。 オンプレミス サーバーを次のいずれかの Azure サービスに移行する場合は無料であり、既定で有効になります。

Microsoft では、SQL Server インスタンスを保護された状態に保つために、ESU 修正プログラムが利用可能になったらすぐに適用することをお勧めします。 ESU の詳細については、ESU の FAQ のページを参照してください。

延長サポート日

以下の表のバージョンについては、この記事で説明されている延長セキュリティ更新プログラム、またはその他の移行オプションを使用することをご検討ください。 詳細については、サポート終了オプションに関するページを参照してください。

SQL Server のバージョン 延長サポートの終了日
SQL Server 2012 2022 年 7 月 12 日
SQL Server 2008 R2 2019 年 7 月 10 日
SQL Server 2008 2019 年 7 月 10 日

延長セキュリティ更新プログラムとは

延長セキュリティ更新プログラム (ESU) には、延長サポート更新プログラムのサブスクリプションをご購入いただいたお客様に対するセキュリティ更新プログラムが含まれています。これらは SQL Server 2012 (11.x) で使用できます。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure サービスに移行できます。 詳細については、「概要」を参照してください。

ESU は、セキュリティの脆弱性が検出され、Microsoft Security Response Center (MSRC) によってクリティカルと評価されると、必要に応じて利用可能になります。 そのため、SQL Server ESU に定期的なリリース周期はありません。

ESU には以下は含まれません。

  • 新機能
  • 機能強化
  • お客様のご要望による修正

サポート

ESU にテクニカル サポートは含まれていませんが、オンプレミスを維持することを選択した場合は、ソフトウェア アシュアランス、Premier または統合サポートなどのアクティブなサポート契約を使用して、ESU の対象となるワークロードのテクニカル サポートを受けることができます。 または、Azure でホスティングする場合は、Azure サポート プランを使用してテクニカル サポートを受けることができます。

Microsoft では、ESU サブスクリプションの対象になっていない SQL Server インスタンス (オンプレミスとホスティング環境の両方) に対してテクニカル サポートを提供することはできません。

ESU の可用性とデプロイ

ESU は、Azure、オンプレミス、またはホスト環境でワークロードを実行しているお客様にご利用いただけます。

Azure ワークロード

ワークロードを Azure サービスに移行する場合 (詳細については、「概要」を参照)、サポート終了後最大 3 年間、SQL Server 2012 (11.x) の ESU にアクセスできます。Azure サービスの実行コストを上回る追加料金はかかりません。 Azure で ESU を受け取るためにソフトウェア アシュアランスは必要ありません。

SQL Server を実行している Azure サービスでは、自動修正を使用するようにサービスが構成されている場合、既存の SQL Server 更新プログラム チャネルを通じて自動的に ESU を受け取ります。

自動修正が構成されて ''いない'' Azure サービスの場合、「オンプレミスまたはホスト環境」セクションの説明に従って ESU 修正プログラムを手動でダウンロードしてデプロイする必要があります。

オンプレミスまたはホスト環境

ソフトウェア アシュアランスをご利用の場合は、Enterprise Agreement (EA)、エンタープライズ サブスクリプション契約 (EAS)、サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE)、または教育ソリューション加入契約 (EES) のもとで、サポート終了日から最大 3 年間の延長セキュリティ更新プログラム (ESU) サブスクリプションをご購入いただけます。 ESU は、対象にする必要があるサーバー用にのみご購入いただけます。 ESU は、Microsoft または Microsoft のライセンス パートナーから直接お買い求めいただけます。

ESU 契約の対象となるお客様は、これらの手順に従って ESU 修正プログラムをダウンロードしてデプロイする必要があります。 自動更新プログラムを受け取るように構成されていない Azure Stack および Azure Virtual Machines についてもプロセスは同じです。

  • 対象のインスタンスを登録します
  • 登録が完了すると、ESU 修正プログラムがリリースされるたびに、パッケージをダウンロードするためのダウンロード リンクが Azure portal に表示されます。
  • ダウンロードしたパッケージは、手動で、または組織内で使用している Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新プログラム オーケストレーション ソリューションを介して、オンプレミスまたはホスト環境にデプロイできます。

詳細については、「拡張セキュリティ更新プログラムのよくある質問 (FAQ)」を参照してください。

ESU 用に切断された SQL Server インスタンスを登録する

この例では、切断された状態の SQL Server インスタンスを Azure Arc に手動で追加する方法を示します。Connected Machine エージェントを実行している Azure Arc 対応サーバーとして、ご自分のサーバーを追加する場合は、代わりに「Azure Arc 対応サーバーにハイブリッド マシンを接続する」を参照してください。

前提条件

  1. Azure Connected SQL Server Onboarding ロールを割り当てます。 詳細については、「Azure portal を使用して Azure ロールを割り当てる」を参照してください。

  2. 以下のように、Azure サブスクリプションに Microsoft.AzureArcData 名前空間を割り当てます。

    • Azure portal にサインインします。

    • 自分のサブスクリプションに移動し、[リソース プロバイダー] を選択します。

    • リスト内に Microsoft.AzureArcData リソース プロバイダーがない場合は、[登録] オプションを使用してサブスクリプションに追加できます。

単一の SQL Server インスタンスを登録するか、CSV ファイルをアップロードして複数の SQL Server インスタンスを一括で登録できます。

1 つの SQL Server インスタンス

  1. Azure Portal にサインインします。

  2. Azure Arc に移動し、[インフラストラクチャ]>[SQL Server] を選択します。

  3. 切断されたマシンを登録するには、画面の上部にあるメニューから [追加] を選択します。

    Screenshot of an empty list of SQL Servers list on the Azure Arc portal.

  4. [サーバーの登録] を選択して、切断された SQL Server インスタンスを追加します。

    Screenshot of the two options for adding connected or registered servers.

  5. 次の画面では、単一または複数の SQL Server インスタンスを追加することを選択できます。 [単一 SQL インスタンス] のオプションは、既定で選択されています。

    Screenshot of the Add SQL Registrations options.

  6. 登録済みの SQL Server インスタンスの [サブスクリプション][リソース グループ] を選びます。

  7. この表で詳しく説明されているように必要な情報を入力し、[次へ] を選択します。

    説明 関連情報
    [インスタンス名] コマンド SELECT @@SERVERNAME の出力 (MyServer\Instance01 など) を入力します。 名前付きインスタンスがある場合は、円記号 (\) をハイフン (-) に置き換える必要があります。 たとえば、MyServer\Instance01MyServer-Instance01 になります。
    SQL Server のバージョン ドロップダウンからバージョンを選択します。
    のエディション ドロップダウンから該当するエディションを選択します: Datacenter、Developer (ESU をご購入いただいた場合は無料でデプロイすることができます)、Enterprise、Standard、Web、Workgroup。
    コア このインスタンスのコア数を入力します
    ホストの種類 ドロップダウンから該当するホストの種類を選択します: 仮想マシン (オンプレミス)、物理サーバー (オンプレミス)、Azure Virtual Machine、Amazon EC2、Google Compute Engine、その他。
  8. 表示されるチェックボックスを使用して、延長セキュリティ更新プログラムを受け取る権限があることを確認する必要があります。

これで、[確認] セクションに進むことができます。

一括での複数の SQL Server インスタンス

.CSV ファイルをアップロードすることによって、複数の SQL Server インスタンスを一括で登録できます。 .CSV ファイルの形式を正しく設定したら、これらの手順に従って、SQL Server インスタンスを Azure Arc に一括登録できます。

  1. Azure Portal にサインインします。

  2. Azure Arc に移動し、[インフラストラクチャ]>[SQL Server] を選択します。

  3. 切断されたマシンを登録するには、画面の上部にあるメニューから [追加] を選択します。

    Screenshot of an empty list of SQL Servers list on the Azure Arc portal.

  4. [サーバーの登録] を選択して、切断された SQL Server インスタンスを追加します。

    Screenshot of the two options for adding connected or registered servers.

  5. この画面では、単一または複数の SQL Server インスタンスを追加することを選択できます。 [複数の SQL インスタンス] のオプションを選択します。

    Screenshot of the Multiple SQL Instances option.

  6. [参照] アイコンを選択して、切断された複数の SQL Server インスタンスを含む CSV ファイルをアップロードします。

  7. 表示されるチェックボックスを使用して、延長セキュリティ更新プログラムを受け取る権限があることを確認する必要があります。

これで、[確認] セクションに進むことができます。

確認

  1. 簡単に参照できるように、Year1OrderID タグを使用して SQL Server インスタンスを ESU 請求書番号にリンクすることをお勧めします。 Year1EntitlementConfirmed タグは自動的に入力されます。

    Screenshot of confirmation tags.

  2. SQL Server インスタンスを追加する前に、使用条件とプライバシー ポリシーに同意する必要があります。

    Screenshot of the terms of use.

  3. SQL Server インスタンスを追加すると、数分後にポータルに表示されます。 これらは手動で追加されたため、常に [登録済] という説明と共に切断状態で表示されます。

    Screenshot of two registered SQL Server instances on the Azure Arc portal.

ESU 請求書を Azure Arc SQL Server インスタンスにリンクして、延長更新プログラムにアクセスするには、これらの手順に従います。 この例には、接続済み登録済みの両方のサーバーが含まれます。

  1. Azure Portal にサインインします。

  2. Azure Arc に移動し、[インフラストラクチャ]>[SQL Server] を選択します。

  3. 各サーバーの横にあるチェックボックスを使用して、リンクするマシンを選択し、[ESU 請求書のリンク] を選択します。

    Screenshot of all SQL Server instances on the Azure Arc section.

  4. [請求書 ID] セクションに ESU 請求書番号を入力し、[請求書のリンク] を選択します。

    Screenshot of the invoice ID on the Link ESU invoice page.

  5. ESU 請求書にリンクしたサーバーに、有効な ESU 有効期限が表示されるようになりました。

    Screenshot of SQL Server instances with a valid ESU expiration value.

CSV ファイルの形式設定の要件

  • 値がコンマで区切られている

  • 値が一重または二重引用符で囲まれていない

  • 値には、文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を含めることができます。 その他の特殊文字は使用できません。 名前付きインスタンスがある場合は、円記号 (\) をハイフン (-) に置き換える必要があります。 たとえば、MyServer\Instance01MyServer-Instance01 になります。

  • 列名は大文字と小文字が区別されませんが、次のように名前を付ける必要があります。

    • name
    • version
    • edition
    • cores
    • hostType

CSV ファイルの例

CSV ファイルはこのようになるはずです。

name,version,edition,cores,hostType
Server1-SQL2012,SQL Server 2012,Enterprise,12,Other Physical Server
Server2-SQL2012,SQL Server 2012,Enterprise,24,Other Physical Server
Server3-SQL2012,SQL Server 2012,Enterprise,12,Azure Virtual Machine
Server4-SQL2012,SQL Server 2012,Standard,8,Azure VMWare Solutions

ESU のダウンロード

SQL Server インスタンスが Azure Arc に登録されたら、Azure portal に示されているリンクを使用して、延長セキュリティ更新プログラム パッケージが利用可能な場合に、利用可能になった時点でダウンロードできます。

ESU をダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. Azure Portal にサインインします。

  2. Azure Arc に移動し、[インフラストラクチャ]>[SQL Server] を選択します。

  3. 一覧からサーバーを選択します。

    Screenshot of a list of servers, with one server highlighted.

  4. セキュリティ更新プログラムが利用可能な場合、利用可能になった時点で、こちらからダウンロードしてください。

    Screenshot of available security updates.

サポートされているリージョン

次の一覧には、このサービスでサポートされているリージョンが示されています。

  • オーストラリア東部
  • カナダ中部
  • 米国中部
  • 東アジア
  • 米国東部
  • 米国東部 2
  • フランス中部
  • 東日本
  • 韓国中部
  • 米国中北部
  • 北ヨーロッパ
  • 米国中南部
  • 東南アジア
  • 英国南部
  • 西ヨーロッパ
  • 米国西部
  • 米国西部 2
  • 米国西部 3

よく寄せられる質問

延長セキュリティ更新プログラムに関してよく寄せられる一般的な質問については、「拡張セキュリティ更新プログラムのよくある質問 (FAQ)」を参照してください。 SQL Server に特定のよく寄せられる質問を以下に示します。

SQL Server 2012 のサポート終了はいつですか?

SQL Server 2012 (11.x) のサポート終了日は 2022 年 7 月 12 日です。

サポート終了とは何を意味しますか?

Microsoft ライフサイクル ポリシーでは、ビジネスおよび開発者向け製品 (SQL Server や Windows Server など) に対して 10 年間のサポート (5 年間のメインストリーム サポートと 5 年間の延長サポート) が提示されます。 延長サポート期間が終了した後は、パッチやセキュリティ更新プログラムは提供されません。これにより、セキュリティとコンプライアンスの問題が発生する可能性があり、アプリケーションやビジネスを重大なセキュリティ リスクにさらすことになりかねません。

SQL Server のどのエディションが延長セキュリティ更新プログラムの対象になりますか?

SQL Server 2012 (11.x) の Enterprise、Datacenter、Standard、Web、Workgroup の各エディション (x86 バージョンと x64 バージョンの両方) が、ESU の対象になります。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure サービスに移行できます。 詳細については、「概要」を参照してください。

延長セキュリティ更新プログラムはいつ提供されますか?

ESU をご購入いただけるようになりました。Microsoft または Microsoft ライセンス パートナーにご注文いただけます。 ESU の配信は、サポート終了日を過ぎてから、利用可能な場合に、利用可能になった時点で開始されます。 Azure への移行に関心があるお客様は、すぐに移行することができます。

延長セキュリティ更新プログラムには何が含まれていますか?

ESU では、延長サポートが終了してから最大 3 年間、Microsoft Security Response Center (MSRC) によって緊急と評価されたセキュリティ更新プログラムとセキュリティ情報が提供されます。

  • SQL Server 2012 (11.x) の場合、ESU は 2025 年 7 月 8 日までご利用いただけます。

  • SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 の場合、ワークロードを Azure サービスに移行したお客様は 2023 年 7 月 12 日まで ESU をご利用いただけます。 詳細については、「概要」を参照してください。

ESU は、利用可能な場合に利用可能になった時点で配信されます。 ESU にはテクニカル サポートは含まれていませんが、他の Microsoft サポート プランを使用して、ESU の対象となるワークロードに関する SQL Server 2012 (11.x) の質問についてサポートを受けることができます。 ESU には、新機能、機能強化、お客様のご要望による修正プログラムは含まれません。 ただし、Microsoft には、必要と見なされたセキュリティ以外の修正プログラムが含まれる場合があります。

延長セキュリティ更新プログラムで "緊急" 更新プログラムのみが提供されるのはなぜですか?

これまでのサポート終了時には、エンタープライズのお客様のコンプライアンス基準を満たす、重要なセキュリティ更新プログラムのみを SQL Server で提供してきました。 SQL Server では、一般的な月単位のセキュリティ更新プログラムは提供されません。 Microsoft では、MSRC の情報で SQL Server が影響を受ける製品として特定されている場合に、対応するオンデマンドの SQL Server セキュリティ更新プログラム (GDR) のみを提供しています。 新しい SQL Server の重要な更新プログラムが提供されず、お客様は緊急と判断するが、MSRC では緊急としない状況が発生した場合は、ケースバイケースでお客様と相談のうえ、適切な軽減処置をご提案します。

どのライセンス プログラムが延長セキュリティ更新プログラムの対象となりますか?

ソフトウェア アシュアランスをご利用のお客様は、Enterprise Agreement (EA)、エンタープライズ サブスクリプション契約 (EAS)、サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE)、または教育ソリューション加入契約 (EES) のもとで、オンプレミスの ESU をご購入いただけます。 ソフトウェア アシュアランスと同じ加入契約である必要はありません。

SQL Server ユーザーが延長セキュリティ更新プログラムのメリットを活用するためには、最新の Service Pack を実行している必要がありますか?

はい。お客様は ESU を適用するために、最新の Service Pack を使用して SQL Server を実行する必要があります。 Microsoft では、最新の Service Pack に適用可能な更新プログラムのみを作成します。

ソフトウェア アシュアランスを利用していない SQL Server ユーザーの場合、どのようなオプションがありますか?

ソフトウェア アシュアランスをご利用でないお客様の場合、ESU にアクセスするための代替オプションとして、Azure に移行することができます。 変動するワークロードの場合、お客様にお勧めするのは従量課金制で Azure に移行することです。これにより、いつでもスケールアップまたはスケールダウンできます。 予測可能なワークロードの場合、お客様はサーバー サブスクリプションと予約インスタンスを使用して Azure に移行する必要があります。

このオファーは古いバージョンの SQL Server に適用されますか?

いいえ。 SQL Server 2012 (11.x) より前のバージョンでは、サポートされている最新バージョンにアップグレードすることをお勧めしますが、お客様はこのオファーを利用するために SQL Server 2012 (11.x) にアップグレードできます。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure サービスに移行できます。 詳細については、「概要」を参照してください。

新しい SQL Server 2012 インスタンスを Azure にデプロイした場合も、延長セキュリティ更新プログラムを入手できますか?

はい。お客様は、Azure SQL Server 仮想マシンで新しい SQL Server 2012 (11.x) インスタンスを開始し、ESU にアクセスできます。

延長セキュリティ更新プログラムを購入せずに、サポート終了日後に SQL Server 用のオンプレミスのテクニカル サポートを受けることはできますか?

いいえ。 SQL Server 2012 (11.x) をご利用のお客様が、ESU をご購入いただかず、移行中にオンプレミスのままにすることを選択した場合、サポート プランをお持ちでもサポート チケットを作成することができません。 ただし、Azure に移行する場合は、Azure サポート プランを使用してサポートを受けることができます。

お客様が自分の SQL Server ライセンスを持ち込む (BYOL) 必要がある場合、ソフトウェア アシュアランスを保有している必要がありますか?

はい。お客様がライセンス モビリティ プログラムの一部として Azure Virtual Machines 上の SQL Server で BYOL プログラムを活用するためには、ソフトウェア アシュアランスをご利用いただく必要があります。 ソフトウェア アシュアランスをお持ちでないお客様には、SQL Server 環境を対象に Azure SQL Managed Instance への移行をお勧めします。

お客様は、従量課金制の Azure Virtual Machines に移行することもできます。 SQL をコア単位でライセンスするソフトウェア アシュアランスのお客様は、Azure ハイブリッド特典 (AHB) を使用して Azure に移行することもできます。

Azure SQL Managed Instance は、オンプレミス SQL Server とのほぼ 100% の互換性を提供する Azure のサービスです。 SQL Managed Instance には、組み込みの高可用性とディザスター リカバリー機能に加え、インテリジェントなパフォーマンス フィーチャーと、即座にスケーリングする機能が用意されています。 また SQL Managed Instance では、手動でのセキュリティ更新プログラムの適用やアップグレードの必要性を解消する、バージョンに関係しないエクスペリエンスが提供されます。 BYOL プログラムの詳細については、「Azure SQL Managed Instance の価格」を参照してください。

Azure で SQL Server を実行するには、どのようなオプションがありますか?

お客様は、従来の SQL Server 環境をフル マネージドのデータ プラットフォーム サービス (PaaS) である Azure SQL Managed Instance (サポート終了日に関する懸念が解消される "バージョンに関係しない" オプションが提供されます) に移行するか、セキュリティ更新プログラムにアクセスできる Azure Virtual Machines に移行することができます。 移行したデータベースとレガシ システムとの互換性が維持されます。 詳細については、「Compatibility Certification」 (互換性証明書) を参照してください。

ESU は、2022 年 7 月 12 日のサポート終了日後の次の 3 年間、Azure Virtual Machines の SQL Server 2012 (11.x) でご利用いただけます。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure サービスに移行できます。 詳細については、「概要」を参照してください。

SQL Server 2012 (11.x) からアップグレードしようとしているお客様については、以降のすべてのバージョンの SQL Server がサポートされます。 SQL Server 2014 (12.x) および SQL Server 2016 (13.x) については、お客様はサポートされている最新の Service Pack を適用済みである必要があります。 SQL Server 2017 (14.x) 以降では、最新の累積更新プログラムを適用することが推奨されます。 SQL Server 2017 (14.x) 以降では、Service Pack を使用できず、累積更新プログラムと一般配布リリース (GDR) のみをご利用いただけます。

Azure SQL Managed Instance は、Azure SQL でのインスタンスをスコープとするデプロイ オプションで、SQL Server エンジンの互換性とネイティブ仮想ネットワーク (VNET) の最も幅広いサポートを提供するものです。そのため、アプリを変更することなく SQL Server データベースを SQL Managed Instance に移行できます。 充実した SQL Server のセキュリティと、インテリジェントなフル マネージド サービスの運用上および財務上の利点が組み合わされています。 新しい Azure Database Migration Service を使用すると、アプリケーション コードの変更をほとんどまたはまったく行わずに、SQL Server 2012 (11.x) を Azure SQL Managed Instance に移行できます。

お客様は SQL Server 2012 向け Azure ハイブリッド特典を使用できますか?

はい。アクティブなソフトウェア アシュアランスまたはそれに相当するサーバー サブスクリプションをお持ちのお客様は、Azure ハイブリッド特典をご利用いただけます。既存のオンプレミス ライセンスへの投資を利用して、Azure SQL および Azure VM で実行している SQL Server でコストを削減できます。

Azure Government リージョンで無料の延長セキュリティ更新プログラムを入手できますか?

現段階ではできません。 詳細については、「サポートされているリージョン」を参照してください。

Azure Stack では、無料の延長セキュリティ更新プログラムを入手できますか?

はい。お客様は SQL Server を Azure Stack に移行し、サポート終了日後に追加のコストなしで ESU を受け取ることができます。

共有ストレージを使用している SQL Server のお客様の場合、Azure に移行するためのガイダンスは何ですか?

Azure では現在、共有ストレージのクラスタリングはサポートされていません。 Azure で可用性が高い SQL Server インスタンスを構成する方法については、SQL Server 高可用性ガイドを参照してください。

お客様はサードパーティのホスティング プロバイダーを使用して SQL Server の延長セキュリティ更新プログラムを利用できますか?

SQL Server 2012 (11.x) 環境を他のクラウド プロバイダーの PaaS 実装に移行する場合、お客様は ESU を使用できません。 仮想マシン (IaaS) に移行しようとしている場合は、ソフトウェア アシュアランスを通じて SQL Server のライセンス モビリティを使用して移行し、Microsoft から ESU をご購入いただき、承認された SPLA ホスティング プロバイダー サーバーの VM (IaaS) で実行されている SQL Server 2012 (11.x) インスタンスにパッチを手動で適用することができます。 しかし、Azure の無料更新プログラムの方がより魅力的なオファーです。

Azure Virtual Machines で SQL Server のパフォーマンスを強化するためのベスト プラクティスは何ですか?

Azure Virtual Machines で SQL Server のパフォーマンスを最適化する方法については、SQL Server 最適化ガイドを参照してください。

関連項目