まずはデータベースのストレッチの有効化ウィザードを実行するGet started by running the Enable Database for Stretch Wizard

適用対象: ○SQL Server (2016 以降で Windows のみ)×Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server (Windows only starting with 2016) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

Stretch Database のデータベースを構成するには、データベースのストレッチの有効化ウィザードを実行します。To configure a database for Stretch Database, run the Enable Database for Stretch Wizard. この記事では、入力する必要がある情報と、ウィザードで必要な選択について説明します。This article describes the info that you have to enter and the choices that you have to make in the wizard.

Stretch Database の詳細については、「 Stretch Database」を参照してください。To learn more about Stretch Database, see Stretch Database.

注意

後で、Stretch Database を無効にする場合は、テーブルまたはデータベースで Stretch Database を無効にしてもリモート オブジェクトは削除されないことに注意してください。Later, if you disable Stretch Database, remember that disabling Stretch Database for a table or for a database does not delete the remote object. リモート テーブルまたはリモート データベースを削除する場合は、Azure 管理ポータルを使用して削除する必要があります。If you want to delete the remote table or the remote database, you have to drop it by using the Azure management portal. リモート オブジェクトを手動で削除するまで、引き続き Azure ストレージのコストが発生します。The remote objects continue to incur Azure costs until you delete them manually.

ウィザードを起動するLaunch the wizard

  1. SQL Server Management Studio のオブジェクト エクスプローラーで、ストレッチを有効にするデータベースを選択します。In SQL Server Management Studio, in Object Explorer, select the database on which you want to enable Stretch.

  2. [タスク] を右クリックし、 [Stretch] (ストレッチ) を選択してから [有効化] を選択して、ウィザードを起動します。Right-click and select Tasks, and then select Stretch, and then select Enable to launch the wizard.

概要Introduction

ウィザードの目的と前提条件を確認します。Review the purpose of the wizard and the prerequisites.

次に重要な前提条件を示します。The important prerequisites include the following.

  • データベース設定の変更が可能な管理者である必要があります。You have to be an administrator to change database settings.
  • Microsoft Azure のサブスクリプションが必要です。You have to have a Microsoft Azure subscription.
  • SQL Server がリモートの Azure サーバーと通信できる必要があります。Your SQL Server has to be able to communicate with the remote Azure server.

Stretch Database ウィザードの [概要] ページIntroduction page of Stretch Database wizard

[テーブルの選択]Select tables

ストレッチを有効にするテーブルを選択します。Select the tables that you want to enable for Stretch.

多数の行があるテーブルが、並べ替え済み一覧の上部に表示されます。Tables with lots of rows appear at the top of the sorted list. ウィザードでは、テーブルの一覧を表示する前に、Stretch Database で現在サポートされていないデータ型を分析します。Before the Wizard displays the list of tables, it analyzes them for data types that are not currently supported by Stretch Database.

Stretch Database ウィザードの [テーブルの選択] ページSelect tables page of Stretch Database wizard

[列]Column [説明]Description
(タイトルなし)(no title) 選択したテーブルのストレッチを有効にするには、この列のチェック ボックスを選択します。Check the check box in this column to enable the selected table for Stretch.
[名前]Name データベースのテーブル名を指します。Specifies the name of the table in the database.
(タイトルなし)(no title) この列には、選択したテーブルで Stretch を無効にはしない警告記号が表示される場合があります。A symbol in this column may represent a warning that doesn't prevent you from enabling the selected table for Stretch. また、たとえば、テーブルでサポートされていないデータ型が使用されているなど、選択したテーブルで Stretch を有効化しないブロックの問題が表示される場合もあります。It may also represent a blocking issue that prevents you from enabling the selected table for Stretch - for example, because the table uses an unsupported data type. ツールヒントの詳細な情報を表示するには、記号の上にマウス ポインターを移動します。Hover over the symbol to display more info in a tooltip. 詳細については、「 Stretch Database の制限事項」を参照してください。For more info, see Limitations for Stretch Database.
ストレッチ済みStretched テーブルが既に Stretch 用に有効であるかどうかを示します。Indicates whether the table is already enabled for Stretch.
移行Migrate テーブル全体を移行 ( [テーブル全体] ) することも、表の既存の列にフィルターを指定することもできます。You can migrate an entire table (Entire Table) or you can specify a filter on an existing column in the table. 移行する行を選択するのに、別のフィルター関数を使用する場合、ウィザードを終了した後、ALTER TABLE ステートメントを実行してフィルター関数を指定します。If you want to use a different filter function to select rows to migrate, run the ALTER TABLE statement to specify the filter function after you exit the wizard. フィルター関数の詳細については、「フィルター関数を使用して、移行する行を選択する」を参照してください。For more info about the filter function, see Select rows to migrate by using a filter function. この関数の適用方法の詳細については、「テーブルに対して Stretch Database を有効にする」または「ALTER TABLE (Transact-SQL)」を参照してください。For more info about how to apply the function, see Enable Stretch Database for a table or ALTER TABLE (Transact-SQL).
行数Rows テーブル内の行数を指定します。Specifies the number of rows in the table.
[サイズ (KB)]Size (KB) テーブルのサイズを KB で指定します。Specifies the size of the table in KB.

オプションで行フィルターを指定するOptionally provide a row filter

移行する行を選択するフィルター機能を指定する場合に、 [テーブルの選択] ページで次の処理を行います。If you want to provide a filter function to select rows to migrate, do the following things on the Select tables page.

  1. [拡張するテーブルを選択します。] リスト内のテーブルの行で、 [テーブル全体] をクリックします。In the Select the tables you want to stretch list, click Entire Table in the row for the table. [拡張する行の選択] ダイアログ ボックスが開きます。The Select rows to stretch dialog box opens.

    日付ベースのフィルター述語を定義Define a date-based filter predicate

  2. [拡張する行の選択] ダイアログ ボックスで [行の選択] を選択します。In the Select rows to stretch dialog box, select Choose Rows.

  3. [名前] フィールドに、フィルター関数の名前を指定します。In the Name field, provide a name for the filter function.

  4. Where 句には、テーブルから列、演算子を選択し、値を指定します。For the Where clause, pick a column from the table, pick an operator, and provide a value.

  5. [確認] をクリックして、関数をテストします。Click Check to test the function. 関数によって、テーブルから結果が返される場合、つまり、条件を満たす移行する行がある場合、テストによって [成功] がレポートされます。If the function returns results from the table - that is, if there are rows to migrate that satisfy the condition - the test reports Success.

注意

フィルター クエリを表示するテキストボックスは読み取り専用です。The textbox that displays the filter query is read-only. テキストボックスのクエリは編集できません。You can't edit the query in the textbox.

  1. [終了] をクリックして [テーブルの選択] 画面に戻ります。Click Done to return to the Select tables page.

フィルター関数は、ウィザードを終了した場合にのみ、SQL Server に作成されます。The filter function is created in SQL Server only when you finish the wizard. それまでは、 [テーブルの選択] ページに戻って、フィルター関数を変更したり、名前を変更したりすることができます。Until then, you can return to the Select tables page to change or rename the filter function.

フィルター述語を定義した後の [テーブルの選択] ページSelect Tables page after defining a filter predicate

移行する行を選択するために別の種類のフィルター関数を使用する場合、次のいずれかの操作を行います。If you want to use a different type of filter function to select rows to migrate, do one of the following things.

Azure を構成するConfigure Azure

  1. Microsoft アカウントを使用して Microsoft Azure にサインインします。Sign in to Microsoft Azure with a Microsoft account.

    Azure にサインイン- Stretch Database ウィザードSign in to Azure - Stretch Database wizard

  2. Stretch Database で使用する既存の Azure サブスクリプションを選択します。Select the existing Azure subscription to use for Stretch Database.

注意

データベース上で Stretch を有効にするには、使用しているサブスクリプションへの管理者権限が必要です。To enable Stretch on a database you must have administrator rights to the subscription you are using. Stretch Database ウィザードでは、ユーザーが管理者権限を持っているサブスクリプションのみが表示されます。Stretch Database wizard will only show subscriptions where the user has administrator rights.

  1. Stretch Database で使用する Azure リージョンを選択します。Select the Azure region to use for Stretch Database.

    • 新しいサーバーを作成すると、このリージョンに作成されます。If you create a new server, the server is created in this region.
    • 選択したリージョンに既にサーバーがある場合、 [既存のサーバー] を選択すると、それらがウィザードにリストされます。If you have existing servers in the selected region, the wizard lists them when you choose Existing server.

    待機時間を最小限に抑えるには、SQL Server が配置されている Azure リージョンを選択してください。To minimize latency, pick the Azure region in which your SQL Server is located. リージョンの詳細については、「 Azure のリージョン」を参照してください。For more info about regions, see Azure Regions.

  2. 既存のサーバーを使用するか新しい Azure サーバーを作成するかを指定します。Specify whether you want to use an existing server or create a new Azure server.

    SQL Server の Active Directory と Azure Active Directory をフェデレーションすると、リモートの Azure サーバーとの通信で、必要に応じて SQL Server のフェデレーション サービス アカウントを使用することができます。If the Active Directory on your SQL Server is federated with Azure Active Directory, you can optionally use a federated service account for SQL Server to communicate with the remote Azure server. このオプションの要件の詳細については、「ALTER DATABASE SET オプション(Transact-SQL)」を参照してください。For more info about the requirements for this option, see ALTER DATABASE SET Options (Transact-SQL).

    • 新しいサーバーを作成するCreate new server

      1. サーバー管理者のログイン名とパスワードを作成します。Create a login and password for the server administrator.

      2. 必要に応じて、SQL Server のフェデレーション サービス アカウントを使用して、リモートの Azure サーバーと通信することができます。Optionally, use a federated service account for SQL Server to communicate with the remote Azure server.

      新しい Azure サーバーを作成 - Stretch Database ウィザードCreate new Azure server - Stretch Database wizard

    • 既存のサーバーExisting server

      1. 既存の Azure サーバーを選択します。Select the existing Azure server.

      2. 認証方法を選択します。Select the authentication method.

        • [SQL Server 認証] を選択した場合は、管理者のログインとパスワードを入力します。If you select SQL Server Authentication, provide the administrator login and password.

        • SQL Server のフェデレーション サービス アカウントを使用してリモートの Azure サーバーと通信するには、 [Active Directory 統合認証] を選択します。Select Active Directory Integrated Authentication to use a federated service account for SQL Server to communicate with the remote Azure server. 選択したサーバーが Azure Active Directory と統合されていない場合、このオプションは表示されません。If the selected server is not integrated with Azure Active Directory, this option doesn't appear.

      既存の Azure サーバーを選択 - Stretch Database ウィザードSelect existing Azure server - Stretch Database wizard

セキュリティで保護された資格情報Secure credentials

Stretch Database がリモート データベースへの接続に使用する資格情報をセキュリティで保護するためのデータベース マスター キーが必要です。You have to have a database master key to secure the credentials that Stretch Database uses to connect to the remote database.

データベースにマスター キーが既に存在する場合は、そのパスワードを入力します。If a database master key already exists, enter the password for it.

Stretch Database ウィザードの [セキュリティで保護された資格情報] ページSecure credentials page of the Stretch Database wizard

データベースにマスター キーがない場合は、強力なパスワードを入力してデータベース マスター キーを作成します。If the database does not have an existing master key, enter a strong password to create a database master key.

Stretch Database ウィザードの [セキュリティで保護された資格情報] ページSecure credentials page of the Stretch Database wizard

データベースのマスター キーを作成する方法については、「CREATE MASTER KEY (Transact-SQL)」と「データベース マスター キーの作成」をご覧ください。For more info about the database master key, see CREATE MASTER KEY (Transact-SQL) and Create a Database Master Key. ウィザードが作成する資格情報の詳細については、「データベース スコープ ベースの資格情報を作成する (Transact-SQL)」を参照してください。For more info about the credential that the wizard creates, see CREATE DATABASE SCOPED CREDENTIAL (Transact-SQL).

IP アドレスを選択するSelect IP address

サブネットの IP アドレスの範囲を使用するか (推奨)、SQL Server のパブリック IP アドレスを使用して SQL Server がリモートの Azure サーバーと通信するためのファイアウォール ルールを Azure に作成します。Use the subnet IP address range (recommended), or the public IP address of your SQL Server, to create a firewall rule on Azure that lets SQL Server communicate with the remote Azure server.

このページで指定した IP アドレスは、 SQL Server で開始された受信データ、クエリ、管理操作が Azure ファイアウォールを通過できるように Azure サーバーに伝えます。The IP address or addresses that you provide on this page tell the Azure server to allow incoming data, queries, and management operations initiated by SQL Server to pass through the Azure firewall. このウィザードで SQL Server のファイアウォール設定が変わることはありません。The wizard doesn't change anything in the firewall settings on the SQL Server.

Stretch Database ウィザードの [IP アドレスの選択] ページSelect IP address page of the Stretch Database wizard

概要Summary

入力した値、ウィザードで選択したオプション、Azure の推定コストを確認します。Review the values that you entered and the options that you selected in the wizard and the estimated costs on Azure. 次に、 [完了] を選択してストレッチを有効にします。Then select Finish to enable Stretch.

Stretch Database ウィザードの [概要] ページSummary page of the Stretch Database wizard

[結果]Results

結果を確認します。Review the results.

データの移行状況を監視する方法の詳細については、「データ移行の監視とトラブルシューティング (Stretch Database)」を参照してください。To monitor the status of data migration, see Monitor and troubleshoot data migration (Stretch Database).

Stretch Database ウィザードの [結果] ページResults page of the Stretch Database wizard

ウィザードのトラブルシューティングTroubleshooting the wizard

Stretch Database ウィザードにエラーが発生しました。The Stretch Database wizard failed.
Stretch Database がサーバー レベルでまだ有効になっていなく、システム管理者に有効にする権限がないウィザードを実行すると、ウィザードでエラーが発生します。If Stretch Database is not yet enabled at the server level, and you run the wizard without the system administrator permissions to enable it, the wizard fails. システム管理者にローカル サーバー インスタンスの Stretch Database を有効にするように依頼し、ウィザードを再度実行します。Ask the system administrator to enable Stretch Database on the local server instance, and then run the wizard again. 詳しくは、「前提条件:サーバーで Stretch Database を有効にするためのアクセス許可」をご覧ください。For more info, see Prerequisite: Permission to enable Stretch Database on the server.

次の手順Next steps

Stretch Database の追加のテーブルを有効にします。Enable additional tables for Stretch Database. データの移行を監視し、ストレッチが有効なデータベースとテーブルを管理します。Monitor data migration and manage Stretch-enabled databases and tables.

参照See Also

データベースに対して Stretch Database を有効にする Enable Stretch Database for a database
テーブルに対して Stretch Database を有効にするEnable Stretch Database for a table