SQL Server Management Studio (SSMS) のリリース ノートRelease notes for SQL Server Management Studio (SSMS)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

この記事では、SSMS の現在と以前のバージョンの更新、機能強化、およびバグの修正に関する詳細を提供します。This article provides details about updates, improvements, and bug fixes for the current and previous versions of SSMS.

SSMS 18.3.1SSMS 18.3.1

ダウンロード:SSMS 18.3.1 のダウンロードDownload: Download SSMS 18.3.1
ビルド番号:15.0.18183.0Build number: 15.0.18183.0
リリース日:2019 年 10 月 2 日Release date: October 02, 2019

SSMS 18.3.1 は SSMS の最新の一般提供 (GA) リリースです。SSMS 18.3.1 is the latest general availability (GA) release of SSMS. SSMS の以前のバージョンが必要な場合は、以前のリリースの SSMS を参照してください。If you need a previous version of SSMS, see previous SSMS releases.

18.3.1 は、18.2 に次の新しい項目とバグ修正を加えた更新プログラムです。18.3.1 is an update to 18.2 with the following new items and bug fixes.

18.3.1 の新機能What's new in 18.3.1

[新しい項目]New item 詳細Details
データ分類Data Classification データ分類情報が列のプロパティ UI に追加されます ("情報の種類"、"情報の種類 ID"、"機密ラベル"、および "機密ラベル ID" は SSMS UI では公開されません)。Add Data Classification information to column properties UI (Information Type, Information Type ID, Sensitivity Label, and Sensitivity Label ID are not exposed in the SSMS UI).
Intellisense/エディターIntellisense/Editor SQL Server 2019 に最近追加された機能のサポートを更新しました (たとえば、"ALTER SERVER CONFIGURATION")。Updated support for features recently added to SQL Server 2019 (for example, "ALTER SERVER CONFIGURATION").
Integration ServicesIntegration Services 新しい選択メニュー項目 Tools > Migrate to Azure > Configure Azure-enabled DTExec が追加されます。これにより、Azure-SSIS Integration Runtime 上で SSIS パッケージ実行が ADF パイプラインでの SSIS パッケージの実行アクティビティとして呼び出されます。Add a new selection menu item Tools > Migrate to Azure > Configure Azure-enabled DTExec that will invoke SSIS package executions on Azure-SSIS Integration Runtime as Execute SSIS Package activities in ADF pipelines.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting Azure SQL DW 固有の制約のスクリプト作成サポートに対するサポートを追加しました。Added support for Support scripting of Azure SQL DW unique constraint.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting データ分類Data Classification
- SQL バージョン 10 (SQL 2008) 以降のサポートを追加しました。- Added support for SQL version 10 (SQL 2008) and higher.
- SQL バージョン 15 (SQL 2019) 以降および Azure SQL DB に新しい機密属性 ' rank' を追加しました。- Added new sensitivity attribute 'rank' for SQL version 15 (SQL 2019) and higher and Azure SQL DB.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL Assessment API - ルールセットの形式にバージョン管理を追加しました。SQL Assessment API - Added versioning to ruleset format.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL Assessment API - 新しいチェックを追加しました。SQL Assessment API - Added new checks.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL Assessment API - Azure SQL Database Managed Instance のサポートを追加しました。SQL Assessment API - Added support for Azure SQL Database Managed Instance.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL Assessment API - 結果を表で表示するようコマンドレットの既定のビューを更新しました。SQL Assessment API - Updated default view of cmdlets to display results as a table.

18.3.1 でのバグの修正Bug fixes in 18.3.1

新しい項目New Item 詳細Details
Analysis ServicesAnalysis Services MDX クエリ エディターの拡大縮小の問題を修正します。Fix scaling issue in MDX Query Editor.
Analysis ServicesAnalysis Services ユーザーが新しいセッションを作成できない原因である XEvent UI の問題を修正しました。Fixed an issue in XEvent UI that prevents the users from being able to create a new session.
SQL Azure へのデータベースの配置Database Deployment to SQL Azure この機能が動作しない原因となっていた (DacFx の) 問題を修正しました。Fixed an issue (in DacFx) which was causing this feature not to work.
SSMS 全般General SSMS XEvent ビューアーの並べ替え機能を使用すると SSMS がクラッシュする原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing SSMS to crash when using the sorting feature in the XEvent viewer.
SSMS 全般General SSMS SSMS のデータベース復元が無期限にハングする可能性があるという、長い間未解決だった問題を修正しました。Fixed long outstanding issues where SSMS Restore database may hang indefinitely.
詳細については、UserVoice 項目を参照してください:See UserVoice items for more details:
データベースの復元 - [バックアップ デバイスの選択] で読み込み処理が遅いRestore Database - Select Backup Devices Slow to Load.
SSMS 2016 のデータベース復元ダイアログでの処理が遅いSSMS 2016 very slow in the database restore dialogs.
データベースの復元処理が遅いRestoring database is slow.
デバイスからのデータベース復元で "..." をクリックするとハングするRestore Database from Device HANGS on clicking "...".
SSMS 全般General SSMS すべてのログインの既定の言語がアラビア語として表示される問題を修正しました。Fixed an issue where the default language for all logins was shown as Arabic.
詳細については、UserVoice 項目を参照してください: SSMS 18.2 の既定言語の表示に関するバグSee UserVoice item for more details: SSMS 18.2 default language display bug.
SSMS 全般General SSMS (ユーザーが T-SQL エディター ウィンドウを右クリックしたときに) " [クエリ オプション] " のダイアログが適切に表示されない問題を、サイズを変更可能にすることによって修正しました。Fixed the hard to see the dialog for Query Options (when the user right-clicks on the T-SQL editor window) by making it resizable.
SSMS 全般General SSMS 結果グリッド/ファイル (SSMS 18.2 で導入) に表示される " [完了時刻] " メッセージが、[ツール] > [オプション] > [クエリ実行] > [SQL Server] > [詳細] > [完了時刻の表示] で構成できるようになりました。The Completion time message visible in the Result Grid/File (introduced in SSMS 18.2) is now configurable under Tools > Options > Query Execution > SQL Server > Advanced > Show completion time.
SSMS 全般General SSMS 接続ダイアログで、" [Active Directory - パスワード] " と " [Active Directory - 統合] " を、" [Azure Active Directory - パスワード] " と " [Azure Active Directory - 統合] " にそれぞれ置き換えました。In the connection dialog, replaced Active Directory - Password and Active Directory - Integrated with Azure Active Directory - Password and Azure Active Directory - Integrated, respectively.
SSMS 全般General SSMS 負の UTC オフセットの TZ にいるユーザーが SSMS を使用して SQL Azure マネージド インスタンスに対する監査を構成できない原因である問題を修正しました。Fixed an issue that prevents users from being able to use SSMS to configure auditing on SQL Azure-Managed Instances when located in a TZ with negative UTC offset.
SSMS 全般General SSMS XEvent UI で、グリッド上にカーソルを置いたときに行が選択されていた問題を修正しています。Fixing an issue in XEvent UI where hovering over the grid was causing rows to be selected.
詳細については、UserVoice 項目を参照してください: SSMS 拡張イベント UI でのカーソルを置いたときの選択アクションSee UserVoice item for more details: SSMS Extended Events UI Selects Actions on Hover.
フラット ファイルのインポートImport flat file 単純または豊富なデータ型の検出をユーザーが選択できるようにすることで、フラット ファイルのインポートですべてのデータがインポートされない問題を修正しました。Fixed the issue where Import Flat File was not importing all data by letting the user choose between a simple or rich data type detection.
詳細については、UserVoice 項目を参照してください: SSMS のフラット ファイルのインポートですべてのデータがインポートされないSee UserVoice item for more details: SSMS Import Flat File fails to import all data.
Integration ServicesIntegration Services 新しい操作の種類 StartNonCatalogExecution が SSIS 操作レポートに追加されます。Add new operation type StartNonCatalogExecution for SSIS Operation report.
Integration ServicesIntegration Services Azure 対応の DTExec ユーティリティによって生成される Azure Data Factory パイプラインの問題を修正して、適切なパラメーターの型が使用されるようにしました。Fixed an issue in the Azure Data Factory pipelines generated by Azure-enabled DTExec utility to use the correct parameter type. (18.3.1 の場合は明示的)(explicit for 18.3.1)
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SMO.Server.SetDefaultInitFields(true) が使用されているときにプロパティをフェッチすると SMO からエラーがスローされる原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing SMO to throw errors when fetching properties when SMO.Server.SetDefaultInitFields(true) was being used.
クエリ ストア UIQuery Store UI " [追跡対象クエリ] " ビューで " [実行回数] " メトリックが選択されている場合に Y 軸がスケーリングされない問題を修正しました。Fixed an issue where the Y-axis did not scales when Execution Count Metric was selected in Tracked Query View.
脆弱性評価Vulnerability Assessment Azure SQL DB のベースラインのクリアと承認が無効になりました。Disabled clearing and approving baseline for Azure SQL DBs.

既知の問題 (18.3.1)Known issues (18.3.1)

  • マシン A 上で実行されている SSMS から作成されたデータベース ダイアグラムは、マシン B からは変更できません (SSMS がクラッシュします)。Database Diagram created from SSMS running on machine A cannot be modified from machine B (SSMS crashes). 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.

  • 複数のクエリ ウィンドウを切り替えると再描画の問題が発生します。There are redraw issues when switching between multiple query windows. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details. この問題を回避するには、[ツール] > [オプション] でハードウェア アクセラレータを無効にします。A workaround for this issue is to disable hardware acceleration under Tools > Options.

他の既知の問題と製品チームへのフィードバックの提供については、「UserVoice」を参照してください。You can reference UserVoice for other known issues and to provide feedback to the product team.

以前のリリースの SSMSPrevious SSMS releases

以前のバージョンの SSMS をダウンロードするには、次のセクションのタイトル リンクをクリックします。Download previous SSMS versions by clicking the title links in the following sections:

SSMS 18.2 のダウンロードdownload SSMS 18.2

リリース番号:18.2Release number: 18.2
ビルド番号:15.0.18142.0Build number: 15.0.18142.0
リリース日:2019 年 7 月 25 日Release date: July 25, 2019

18.2 は、18.1 に次の新しい項目とバグ修正を加えた更新プログラムです。18.2 is an update to 18.1 with the following new items and bug fixes.

18.2 の新機能What's new in 18.2

新しい項目New Item 詳細Details
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) Azure の SSIS パッケージ スケジューラに対するパフォーマンスの最適化。Perf optimization for SSIS package scheduler in Azure.
Intellisense/エディターIntellisense/Editor データ分類に対するサポートを追加しました。Added support for Data Classification.
OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEYOPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY Intellisense サポートを追加しました。Added Intellisense support.
OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEYOPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY インデックスへの高コンカレンシーの挿入のスループット向上に役立つ、データベース エンジン内での最適化を有効にします。Turns on an optimization within the database engine that helps improve throughput for high-concurrency inserts into the index. このオプションは、最終ページ挿入の競合が起きやすいインデックスを対象としています。これは、一般に、ID 列、シーケンス、または日付/時刻列などの連続したキーを持つインデックスでよく見られます。This option is intended for indexes that are prone to last-page insert contention, typically seen with indexes that have a sequential key such as an identity column, sequence, or date/time column. 詳細については、「CREATE INDEX」を参照してください。See CREATE INDEX for more details.
クエリの実行または結果Query Execution or Results 指定したクエリによってその実行が完了したときを指す "完了時刻" を、追跡するメッセージに追加しました。Added a Completion time in the messages to track when a given query completed its execution.
クエリの実行または結果Query Execution or Results より多くのデータを表示し (結果をテキストで表示)、セルに格納することを許可します (結果をグリッドに表示)。Allow more data to be displayed (Result to Text) and stored in cells (Result to Grid). SSMS では、どちらも最大 200 万文字まで許可されるようになりました (それぞれ 256 および 64,000 から増加)。SSMS now allows up to 2M characters for both (up from 256 and 64 K, respectively). これにより、ユーザーがグリッドのセルから 43,680 文字を超えて取得できないという問題にも対処しました。This also addressed the issue of users not able to grab more than 43680 chars from the cells of the grid.
プラン表示ShowPlan インライン スカラー UDF 機能が有効な場合、QueryPlan に新しい属性を追加しました (ContainsInlineScalarTsqludfs)。Added a new attribute in QueryPlan when inline scalar UDF feature is enabled (ContainsInlineScalarTsqludfs).
SMOSMO SQL Assessment API のサポートが追加されました。Added support for SQL Assessment API. 詳細については、「SQL Assessment API」を参照してください。For more information, see SQL Assessment API.

18.2 でのバグの修正Bug fixes in 18.2

新しい項目New Item 詳細Details
ユーザー補助Accessibility F3 キーを押して並べ替えられるように XEvent UI (グリッド) を更新しました。Updated the XEvent UI (the grid) to be sortable by pressing F3.
Always OnAlways On 可用性グループ (AG) を削除しようとすると、SSMS からエラーがスローされる問題を修正しましたFixed an issue where SSMS was throwing an error when trying to delete an Availability Group (AG)
Always OnAlways On 読み取りスケール AG (クラスターの種類 = NONE) を使用しているときにレプリカを Synchronous と構成すると、SSMS で不適切なフェールオーバー ウィザードが表示されていた問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was presenting the wrong failover wizard when replicas are configured as Synchronous when using read scale AGs (cluster type=NONE). SSMS では、Force_Failover_Allow_Data_Loss オプションのウィザードが表示されるようになりました。これは、クラスターの種類 NONE Availability に対して許可されている唯一のオプションです。Now, SSMS presents the wizard for Force_Failover_Allow_Data_Loss option, which is the only one allowed for cluster-type NONE Availability
Always OnAlways On ウィザードで、許可される同期数が 3 に制限されていた問題を修正しましたFixed an issue where the wizard was restricting the number of allowed synchronizations to three
データ分類Data Classification CompatLevel が 150 未満のデータベース上でデータ分類レポートを表示しようとすると、SSMS から "インデックス (ゼロベース) は 0 以上でなければなりません" のエラーがスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was throwing an Index (zero-based) must be greater than or equal to zero error when trying to view data classification reports on databases with CompatLevel less than 150.
SSMS 全般General SSMS ユーザーがマウス ホイールを使って結果ウィンドウを水平方向にスクロールできなかった問題を修正しました。Fixed an issue where the user was unable to horizontal scroll Results pane via mouse wheel. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SSMS 全般General SSMS 無害な待機の種類 SQLTRACE_WAIT_ENTRIES を無視するように "利用状況モニター" を更新しましたUpdated Activity Monitor to ignore benign wait types SQLTRACE_WAIT_ENTRIES
SSMS 全般General SSMS 一部の色オプション ([テキスト エディター] > [エディターのタブとステータス バー]) が保存されない問題を修正しました。Fixed an issue where some color options (Text Editor > Editor Tab and Status Bar) weren't persisted. UserVoice」を参照してくださいSee UserVoice
SSMS 全般General SSMS 接続ダイアログで、 [Azure Active Directory - Universal with MFA のサポート][Azure Active Directory - Universal with MFA] に置き換えました (機能は同じですが、混乱を軽減するため)。In the connection dialog, replaced Azure Active Directory - Universal with MFA support with Azure Active Directory - Universal with MFA (functionality is the same, but hopefully it's less confusing).
SSMS 全般General SSMS Azure SQL Database を作成するときに正しい既定値を使用するように SSMS を更新しました。Updated SSMS to use correct defaults values when creating an Azure SQL Database.
SSMS 全般General SSMS サーバーが SQL Linux コンテナーの場合に [サーバーの登録] のノードからユーザーが "PowerShell を起動" できなかった問題を修正しました。Fixed an issue where the user was not able to Start PowerShell from a node in Register Servers when the server is a SQL Linux container.
フラット ファイルのインポートImport Flat File SSMS 18.0 から 18.1 にアップグレードした後に [フラット ファイルのインポート] が機能しなかった問題を修正しました。Fixed an issue where Import Flat File was not working after upgrading from SSMS 18.0 to 18.1. UserVoice」を参照してくださいSee UserVoice
フラット ファイルのインポートImport Flat File Unicode 文字のヘッダーを持つ .csv ファイルの場合に "フラット ファイルのインポート ウィザードで重複または無効な列" が報告されていた問題を修正しました。Fixed an issue where Import Flat File Wizard was reporting a duplicate or invalid column on a .csv file with headers with Unicode characters.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer SQL Express に接続したときに一部のメニュー項目 (たとえば、SQL サーバーの "インポートおよびエクスポート ウィザード") が見つからないか無効になる問題を修正しました。Fixed an issue where some menu items (for example, SQL server Import and Export Wizard) were missing or disabled when connected to SQL Express. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer オブジェクトをオブジェクト エクスプローラーからエディターにドラッグすると、SSMS がクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing SSMS to crash when an object is dragged from Object Explorer to the editor. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer データベースの名前を変更すると、正しくないデータベース名がオブジェクト エクスプローラーに表示される問題を修正しました。Fixed an issue where renaming databases was causing incorrect database names to show up in Object Explorer. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer Windows でサポートされなくなった照合順序を使用するように設定されているデータベースに対して、オブジェクト エクスプローラーで Tables ノードを展開しようとするとエラーがトリガーされる (また、ユーザーは自分のテーブルを展開できない) という長い間未解決だった問題を修正しました。Fixed a long outstanding issue where trying to expand the Tables node in Object Explorer for a database, which is set to use a collation that isn't supported by Windows anymore triggers an error (and the user can't expand their tables). そのような照合順序の例は、Korean_Wansung_Unicode_CI_AS です。An example of such collation would be Korean_Wansung_Unicode_CI_AS.
サーバーの登録Register Servers [登録済みサーバー] で [Active Directory - 統合] または [Azure Active Directory - Universal with MFA] のいずれかが使用されている場合に、複数のサーバーに対して ([登録済みサーバー] の [グループ] ) クエリを発行しようとしても、SSMS 接続の失敗のために機能しない問題を修正しました。Fixed an issue where trying to issue a query against multiple servers (under a Group in Registered Servers) when the Registered Server uses either Active Directory - Integrated or Azure Active Directory - Universal with MFA did not work because SSMS failed to connect.
サーバーの登録Register Servers 登録済みサーバーで [Active Directory - パスワード] または [SQL Auth](SQL 認証) のいずれかが使用され、ユーザーがパスワードを記憶しないことを選択している場合に、複数のサーバーに対して ([登録済みサーバー] の [グループ] で) クエリを発行しようとしても、SSMS がクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue where trying to issue a query against multiple servers (under a Group in Registered Servers) when the registered server uses either Active Directory - Password or SQL Auth and the user chose not to remember the password would cause SSMS to crash.
[レポート]Reports データ ファイルのエクステント数が膨大な場合にレポートが失敗する "ディスク使用量" レポートの問題を修正しました。Fixed an issue in Disk Usage reports where the report was failing to when data files had a vast number of extents.
レプリケーション ツールReplication Tools レプリケーション モニターが AG のパブリッシャー DB および AG のディストリビューターで機能しない問題を修正しました (これは以前に SSMS 17.x で修正済み)Fixed an issue where Replication Monitor was not working with publisher DB in AG and distributor in AG (this was previously fixed in SSMS 17.x
SQL エージェントSQL Agent ジョブ ステップの追加、挿入、編集、または削除時に、アクティブな行ではなく最初の行でフォーカスがリセットされる問題を修正しました。Fixed an issue that when Adding, inserting, editing, or removing job steps, was causing focus to be reset the first row instead of the active row. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting CREATE OR ALTER で拡張プロパティを持つオブジェクトがスクリプト化されない問題を修正しました。Fixed an issue where CREATE OR ALTER was not scripting objects that had extended properties on them. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SSMS が CREATE EXTERNAL LIBRARY を正しくスクリプト化できない問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS wasn't able to script CREATE EXTERNAL LIBRARY correctly. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting 数千のテーブルを持つデータベースに対して "スクリプトの生成" を実行しようとしたときの問題 (進行状況ダイアログが停止しているように見える) を修正しました。Fixed an issue where trying to run the Generate Scripts against a database with a few thousand tables (was causing the progress dialog to appear to be stuck.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL 2019 で "外部テーブル" のスクリプトが機能しない問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of External Table on SQL 2019 did not work.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting SQL 2019 で "外部データ ソース" のスクリプトが機能しない問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of External Data Source on SQL 2019 did not work. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting Azure SQL DB をターゲットにしているときに列の "拡張プロパティ" がスクリプト化されない問題を修正しました。Fixed an issue where * extended properties* on columns weren't scripted when targeting Azure SQL DB. 詳細については「stackoverflow」を参照してください。See stackoverflow for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/Scripting 最後のページ挿入:SMO - Add property Index.IsOptimizedForSequentialKeyLast-page insert: SMO - Add property Index.IsOptimizedForSequentialKey
SSMS セットアップSSMS Setup SSMS のセットアップで、言語の不一致を報告する SSMS のインストールが誤ってブロックされていた問題を軽減しました。これは、セットアップの中止や SSMS の以前のバージョンの誤ったアンインストールなど、一部の異常な状況で問題になる可能性がありました。詳細については、「UserVoice」を参照してください。Mitigated an issue where SSMS setup was incorrectly blocking the installation of SSMS reporting mismatching languages. This could have been an issue in some abnormal situations, like an aborted setup or an incorrect uninstall of a previous version of SSMS. See UserVoice for more details.
XEvent プロファイラーXEvent Profiler ビューアーが閉じられるときのクラッシュを修正しました。Fixed a crash when the viewer is being closed.

既知の問題 (18.2)Known issues (18.2)

  • マシン A 上で実行されている SSMS から作成されたデータベース ダイアグラムは、マシン B からは変更できません (SSMS がクラッシュします)。Database Diagram created from on an SSMS running on machine A cannot be modified from machine B (it would crash SSMS). 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.

  • 複数のクエリ ウィンドウを切り替えると再描画の問題が発生します。There are redraw issues when switching between multiple query windows. UserVoice」を参照してくださいSee UserVoice. この問題を回避するには、 [ツール] > [オプション] でハードウェア アクセラレータを無効にします。A workaround for this issue is to disable hardware acceleration under Tools > Options.

  • SSMS のグリッド、テキスト、またはファイルの結果のデータ サイズに制限があります。There's a limitation on the size of the data you see from SSMS results shown in grid, text, or file.

  • オブジェクト エクスプローラーで Azure SQL Database を削除した場合、実際には成功しているにもかかわらず、エラーが表示される問題があります。There's an issue with receiving an error when deleting an Azure SQL Database in Object Explorer, but it actually succeeds.

  • 実際のログイン用の既定の言語設定にかかわらず、[ログインのプロパティ] ダイアログにアラビア語が SQL ログインの既定の言語として表示される場合があります。Default language for SQL logins may display as Arabic in the Login Properties dialog, regardless of the actual default language set for the login. このログインの実際の既定の言語を表示するには、T-SQL を使用して master.sys.server_principles からログインの default_language_name を選択します。To view the actual default language for a given login, use T-SQL to select the login's default_language_name from master.sys.server_principles.

SSMS 18.1 のダウンロードdownload SSMS 18.1

  • リリース番号:18.1Release number: 18.1
  • ビルド番号:15.0.18131.0Build number: 15.0.18131.0
  • リリース日:2019 年 6 月 11 日Release date: June 11, 2019

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

18.1 は 18.0 に対する小規模な更新であり、次の新しい項目とバグ修正が含まれています。18.1 is a small update to 18.0 with the following new item and bug fixes.

18.1 の新機能What's new in 18.1

[新しい項目]New item 詳細Details
データベース ダイアグラムDatabase diagrams データベース ダイアグラムが SSMS に戻りましたDatabase diagrams were added back into SSMS.
SSBDIAGNOSE.EXESSBDIAGNOSE.EXE SQL Server Diagnose (コマンドライン ツール) が SSMS パッケージに戻りました。The SQL Server Diagnose (command-line tool) was added back into the SSMS package.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) Azure で、Azure またはファイル システムの SSIS カタログにある SSIS パッケージのスケジュールがサポートされます。Support for scheduling SSIS package, located in SSIS Catalog in Azure or File System, in Azure. [新しいスケジュール] ダイアログを起動するためのエントリが 3 つあります。Azure の SSIS カタログにある SSIS パッケージを右クリックしたときに表示される [新しいスケジュール] メニュー項目、There are three entries for launching the New Schedule dialog, New Schedule… [ツール] メニュー項目の [Azure への移行] メニュー項目にある [Azure での SSIS パッケージのスケジュール設定] メニュー項目、Azure SQL Database マネージド インスタンスの SQL Server エージェントの下で [ジョブ] フォルダーを右クリックしたときに表示される [Azure での SSIS のスケジュール設定] です。menu item is shown when right-clicking the SSIS package in SSIS Catalog in Azure, Schedule SSIS Package in Azure menu item under Migrate to Azure menu item under Tools menu item and "Schedule SSIS in Azure" shown when right-clicking Jobs folder under SQL Server agent of Azure SQL Database managed instance.

18.1 でのバグの修正Bug fixes in 18.1

新しい項目New Item 詳細Details
ユーザー補助Accessibility エージェント ジョブ UI のユーザー補助が改善されました。Improved accessibility of the Agent Job UI.
ユーザー補助Accessibility [Stretch Monitor](ストレッチ モニター) ページに [自動更新] ボタンのアクセス可能な名前が追加され、どのボタンがオンの状態であるかだけでなく、そのボタンを押すことによる影響がユーザーにわかるインテリジェントなアクセス可能な名前も追加され、ユーザー補助が改善されました。Improved accessibility on Stretch Monitor page by adding an accessible name for Auto Refresh button and also adding an intelligent Accessible Name that helps users know not only what button they're on but the impact of pressing it.
ADS 統合ADS integration ADS 登録サーバーの使用にあたり発生する恐れのある SSMS のクラッシュを修正しました。Fixed a possible crash in SSMS when trying to use the ADS registered servers.
データベース デザイナーDatabase designer Latin1_General_100_BIN2_UTF8 照合順序に対するサポートが追加されました (SQL Server 2019 CTP3.0 で使用できます)。Added support for Latin1_General_100_BIN2_UTF8 collation (available in SQL Server 2019 CTP3.0)
データ分類Data classification 履歴テーブルの列への機密ラベルの追加はサポートされていないため、これが阻止されます。Prevent adding sensitivity labels to columns in the history table, which isn't supported.
データ分類Data classification 互換性レベル (サーバーとデータベース) の不適切な処理に関する問題に対処しました。Addressed issue related to incorrect handling of compatibility level (server vs. database).
データベース デザイナーDatabase designer Latin1_General_100_BIN2_UTF8 照合順序に対するサポートが追加されました (SQL 2019 CTP3.0 で使用できます)。Added support for Latin1_General_100_BIN2_UTF8 collation (available in SQL2019 CTP3.0).
SSMS 全般General SSMS インデックス内の疑似列のスクリプト作成が正しく行われない問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of pseudo columns in an index was incorrect.
SSMS 全般General SSMS [資格情報の追加] ボタンをクリックすると null 参照の例外がスローされることがあるという、[ログインのプロパティ] ページの問題を修正しました。Fixed an issue in Login properties page where clicking on the Add Credential button could throw a Null Reference Exception.
SSMS 全般General SSMS [インデックスのプロパティ] ページの money 列サイズ表示を修正しました。Fixed money column size display in the index properties page.
SSMS 全般General SSMS [SQL エディター] ウィンドウの [ツール] メニューの [オプション] の [Intellisense] 設定が SSMS で適用されない問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS wasn't honoring the Intellisense settings from Tools/Options in the SQL editor window.
SSMS 全般General SSMS [ヘルプ] 設定 (オンラインとオフライン) が SSMS で適用されない問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS wasn't honoring the Help settings (online vs. offline).
高 DPIHigh DPI サポート対象外のクエリ オプションに関するエラー ダイアログ内のコントロールのレイアウトを修正しました。Fixed layout of controls in error dialogs for unsupported query options.
高 DPIHigh DPI SSMS のローカライズ版の一部にある、 [新しい可用性グループ] ページ内のコントロールのレイアウトを修正しました。Fixed layout of controls in New Availability Group page which is on some localized version of SSMS.
高 DPIHigh DPI [新しいジョブ スケジュール] ページのレイアウトを修正しました。Fixed layout of New Job Schedule page. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
フラット ファイルのインポートImport flat file インポート中に通知なく行が失われる場合がある問題を修正しました。Fixed in an issue where rows could be silently lost during the import.
Intellisense/エディターIntellisense/editor IntelliSense の Azure SQL データベースに対する SMO ベースのクエリ トラフィックを減らしました。Reduced SMO-based query traffic to Azure SQL databases for IntelliSense.
Intellisense/エディターIntellisense/editor ユーザー作成のために T-SQL を入力しているときに表示されるヒントの文法エラーを修正しました。Fixed grammatical error in the tooltip displayed when typing T-SQL to create a user. また、ユーザーとログインの間を明確に区別するためのエラー メッセージを修正しました。Also, fixed the error message to disambiguate between users and logins.
ログ ビューアーLog Viewer オブジェクト エクスプローラーで古いアーカイブ サインインをダブルクリックしたときであっても、SSMS で常に現在のサーバー (またはエージェント) のログが開かれる問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS always opens the current server (or agent) log, even if double-clicking an older archive sign in the Object Explorer. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SSMS セットアップSSMS setup セットアップ ログのパスにスペースが含まれている場合 SSMS セットアップが失敗する原因となっていた問題を修正しました。Fixed the issue that was causing SSMS setup to fail when the setup log path contained spaces. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SSMS セットアップSSMS setup スプラッシュ スクリーンの表示後すぐに SSMS が終了する問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was exiting immediately after showing the splash screen.
詳細については、次のサイトを参照してください。UserVoice、「SSMS Refuses to Start」 (SSMS が開始を拒否する)、「Database Administrators」 (データベース管理者) のページ。See these sites for more details: UserVoice, SSMS Refuses to Start, and Database Administrators.
オブジェクト エクスプローラーObject explorer Linux 上で SQL に接続したときに [PowerShell の起動] を有効にするための制限を解除しました。Lifted restriction on enabling start PowerShell when connected to SQL on Linux.
オブジェクト エクスプローラーObject explorer Polybase/スケールアウト グループ ノード (計算ノードに接続されている場合) を展開しようとしたときに SSMS がクラッシュする原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue that was causing SSMS to crash when trying to expand the Polybase/Scale-out Group node (when connected to a compute node).
オブジェクト エクスプローラーObject explorer 指定のインデックスを無効にした後であっても、 [無効] メニュー項目が依然として有効な状態である問題を修正しました。Fixed an issue where the Disabled menu item was still enabled, even after disabling a given Index. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
[レポート]Reports レポートで GrantedQueryMemory を KB 単位で表示するように修正しました (SQL パフォーマンス ダッシュボード レポート)。Correcting report to display GrantedQueryMemory in KB (SQL Performance Dashboard report). 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
[レポート]Reports Always-On シナリオでのログ ブロックのトレースが改善されました。Improved the tracing of the log block in Always-On scenarios.
プラン表示ShowPlan 新しいプラン表示要素 SpillOccurred をプラン表示スキーマに追加しました。Added new showplan element SpillOccurred to showplan schema.
プラン表示ShowPlan リモートの読み取り (ActualPageServerReadsActualPageServerReadAheadsActualLobPageServerReadsActualLobPageServerReadAheads) をプラン表示スキーマに追加しました。Added remote reads (ActualPageServerReads, ActualPageServerReadAheads ActualLobPageServerReads, ActualLobPageServerReadAheads) to showplan schema.
SMO/スクリプト作成SMO/scripting グラフではないテーブルのスクリプト作成中のエッジ制約のクエリを回避します。Avoid querying edge constraints during scripting for non-graph tables.
SMO/スクリプト作成SMO/scripting データ分類を使用した列のスクリプト作成時の機密分類に関する制約を削除しました。Removed constraint on sensitivity classification when scripting columns with Data classification.
SMO/スクリプト作成SMO/scripting データ生成時にグラフ テーブルでの "スクリプトの生成" が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where "Generate Script" on a graph table fails when generating data. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SMO/スクリプト作成SMO/scripting EnumObjects() メソッドでシノニムのスキーマ名が取り込まれない問題を修正しました。Fixed an issue where the EnumObjects() method wasn't fetching schema name for a Synonym.
SMO/スクリプト作成SMO/scripting UIConnectionInfo.LoadFromStream() で (パスワードが指定されていない場合に) AdvancedOptions セクションが読み込まれない問題を修正しました。Fixed an issue in UIConnectionInfo.LoadFromStream() where the AdvancedOptions section wasn't read (when a password wasn't specified).
SQL エージェントSQL Agent [ジョブのプロパティ] ウィンドウでの作業中に SSMS がクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue that was causing SSMS to crash while working with a Job Properties window. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.
SQL エージェントSQL Agent [ジョブ ステップのプロパティ] 上の [表示] ボタンが常に有効ではないため、指定のジョブ ステップの出力を表示できなかった問題を修正しました。Fixed an issue where the "View" button on the Job-Step Properties wasn't always enabled, thus preventing viewing the output of a given job step.
XEvent の UIXEvent UI 同じ名前のイベントと明確に区別するために、[パッケージ] 列を XEvent のリストに追加しました。Added "Package" column to XEvents list to disambiguate events with identical names.
XEvent の UIXEvent UI これまでなかった "EXTERNAL LIBRARY" クラス型マッピングを XEvent の UI に追加しました。Added missing "EXTERNAL LIBRARY" class type mapping to XEventUI.

既知の問題 (18.1)Known issues (18.1)

  • オブジェクト エクスプローラーからクエリ エディターにテーブル オブジェクトをドラッグすると、エラーが表示される場合があります。Users may see an error when dragging a table object from the Object Explorer into the Query Editor. Microsoft ではこの問題を認識しており、次のリリースで修正される予定です。We are aware of the issue, and the fix is planned for the next release.

  • [オプション]、[テキスト エディター]、[エディターのタブとステータス バー]、[ステータス バーのレイアウトと色] にある、 [グループ接続][単一のサーバー接続] の色オプションが、SSMS 18.1 を閉じた後に保持されません。The Group connections and Single-server connections color options under the Options -> Text Editor -> Editor Tab and Status Bar -> Status Bar Layout and Colors do not persist after closing SSMS 18.1. SSMS を再度開くと、[ステータス バーのレイアウトと色] のオプションは既定 (白) に戻ります。After you reopen SSMS, the Status Bar Layout and Colors option revert to default (white).

  • SSMS の結果から表示されるデータのサイズには、グリッド、テキスト、またはファイルに制限があります。There is a limitation on the size of the data you see from SSMS results shown in grid, text, or file.

  • マシン A 上で実行されている SSMS から作成されたデータベース ダイアグラムは、マシン B からは変更できません (SSMS がクラッシュします)。Database Diagram created from SSMS running on machine A cannot be modified from machine B (SSMS crashes). 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details.

ダウンロード SSMS 18.0download SSMS 18.0

  • リリース番号:18.0Release number: 18.0
  • ビルド番号:15.0.18118.0Build number: 15.0.18118.0
  • リリース日:2019 年 4 月 24 日Release date: April 24, 2019

中国語 (簡体字)| 中国語 (繁体字)| 英語 (米国)| フランス語| ドイツ語| イタリア語| 日本語| 韓国語| ポルトガル語 (ブラジル)| ロシア語| スペイン語Chinese (Simplified)| Chinese (Traditional)| English (United States)| French| German| Italian| Japanese| Korean| Portuguese (Brazil)| Russian| Spanish

18.0 の新機能What's new in 18.0

[新しい項目]New item 詳細Details
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 SSMS 18.0 は、SQL Server 2019 (compatLevel 150). を完全に認識する最初のリリースです。SSMS 18.0 is the first release that is fully aware of SQL Server 2019 (compatLevel 150).
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 SQL Server 2019 および SQL マネージド インスタンスでの "BATCH_STARTED_GROUP" と "BATCH_COMPLETED_GROUP" のサポート。Support for "BATCH_STARTED_GROUP" and "BATCH_COMPLETED_GROUP" in SQL Server 2019 and SQL managed instance.
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 SMO:UDF のインライン化のサポートが追加されました。SMO: Added support for UDF Inlining.
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 GraphDB:Graph TC Sequence のプラン表示にフラグが追加されます。GraphDB: Add a flag in showplan for Graph TC Sequence.
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 Always Encrypted: AEv2 / エンクレーブのサポートが追加されました。Always Encrypted: added support for AEv2 / Enclave.
SQL Server 2019 のサポートSupport for SQL Server 2019 Always Encrypted: ユーザーがエンクレーブのサポートを有効にする/構成する [オプション] ボタンをクリックすると、新しいタブの [Always Encrypted] が表示されます。Always Encrypted: connection dialog has a new tab "Always Encrypted" when the user clicks on the "Options" button to enable/configure Enclave support.
SSMS のダウンロード サイズの縮小Smaller SSMS download size 現在のサイズは 500 MB 以下で、SSMS 17.x バンドルの約半分です。The current size is ~500 MB, approximately half of the SSMS 17.x bundle.
SSMS は Visual Studio 2017 Isolated Shell に基づきますSSMS is based on the Visual Studio 2017 Isolated Shell 新しいシェル (SSMS は Visual Studio 2017 15.9.11 に基づく) で、SSMS と Visual Studio の両方に行われたアクセシビリティに関するすべての修正のロックが解除され、最新のセキュリティ修正プログラムが含まれます。The new shell (SSMS is based on Visual Studio 2017 15.9.11) unlocks all the accessibility fixes that went into both SSMS and Visual Studio, and includes the latest security fixes.
SSMS アクセシビリティの機能強化SSMS accessibility improvements すべてのツール (SSMS、DTA、Profiler) のアクセシビリティの問題を解決するためにさまざまな作業が行われましたMuch work went in to address accessibility issues in all the tools (SSMS, DTA, and Profiler)
SSMS をカスタム フォルダーにインストールできるようになりましたSSMS can now be installed in a custom folder このオプションは、コマンドライン (無人インストールに便利です) と、セットアップ UI の両方から利用できます。This option is available from both the command line (useful for unattended installation) and the setup UI. コマンド ラインから、この追加の引数を SSMS-Setup-ENU.exe に渡します。 SSMSInstallRoot=C:\MySSMS18 既定では、SSMS の新しいインストール場所は %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SQL Server Management Studio 18\Common7\IDE\ssms.exe です。From the command line, pass this extra argument to the SSMS-Setup-ENU.exe: SSMSInstallRoot=C:\MySSMS18 By default, the new install location for SSMS is: %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SQL Server Management Studio 18\Common7\IDE\ssms.exe. これは、SSMS がマルチインスタンスであるという意味ではありません。This does not mean that SSMS is multi-instance.
SSMS を OS の言語以外の言語でインストールできますSSMS allows installing in a language other than the OS language 言語が混在するセットアップに関するブロックが解除されました。The block on mixed languages setup has been lifted. たとえば、フランス語の Windows にドイツ語の SSMS をインストールすることができます。You can, for example, install SSMS German on a French Windows. OS の言語が SSMS の言語と異なる場合、ユーザーは [ツール] > [オプション] > [国際対応の設定] の下で言語を変更する必要があります。変更しないと、SSMS の UI が英語で表示されます。If the OS language does not match the SSMS language, the user needs to change the language under Tools > Options > International Settings, otherwise SSMS shows the English UI.
SSMS と SQL エンジンでコンポーネントは共有されなくなりましたSSMS no longer shares components with the SQL Engine SQL エンジンとコンポーネントを共有しないようにさまざまな作業が行われました。このような共有によって、保守性の問題 (他のコンポーネントによってインストールされたファイルが上書きされる) がたびたび発生していました。Much effort went in to avoid sharing components with SQL Engine, which often resulted in serviceability issues (one clobbering the files installed by the other).
SSMS には NetFx 4.7.2 以降が必要ですSSMS requires NetFx 4.7.2 or greater 最小要件を NetFx4.6.1 から NetFx4.7.2 にアップグレードしました。その結果、新しいフレームワークで公開されている新しい機能を利用できるようになりました。We upgraded our minimum requirement from NetFx4.6.1 to NetFx4.7.2: this allows us to take advantage of the new functionality exposed by the new framework.
SSMS 設定の移行機能Ability to migrate SSMS settings SSMS 18 を最初に起動したときに、17.x 設定を移行するように求めるメッセージがユーザーに表示されます。When SSMS 18 is started for the first time, the user is prompted to migrate the 17.x settings. ユーザーの設定ファイルはプレーン XML ファイルとして格納されるようになりました。そのため移植性が向上し、編集も場合によって可能となります。The user setting files are now stored as a plain XML file, thus improving portability and possibly allowing editing.
高 DPI のサポートSupport for High DPI 高 DPI は既定で有効となりました。High DPI is now enabled by default.
SSMS には Microsoft OLE DB ドライバーが付属していますSSMS ships with the Microsoft OLE DB driver 詳細については、「Microsoft OLE DB Driver for SQL Server のダウンロード」を参照してください。For details, see Download Microsoft OLE DB Driver for SQL Server.
SSMS は Windows 8 ではサポートされていません。SSMS isn't supported on Windows 8. Windows 10 と Windows Server 2016 にはバージョン 1607 (10.0.14393) 以降が必要になりましたWindows 10 and Windows Server 2016 require version 1607 (10.0.14393) or later NetFx 4.7.2 への新しい依存関係があるので、SSMS 18.0 は、Windows 8、Windows 10 の旧バージョン、および Windows Server 2016 にはインストールされません。Due to the new dependency on NetFx 4.7.2, SSMS 18.0 does not install on Windows 8 and older versions of Windows 10 and Windows Server 2016. SSMS の設定では、これらのシステムはブロックされます。SSMS setup blocks those systems. Windows 8.1 はまだサポートされています。Windows 8.1 is still supported.
SSMS は PATH 環境変数に追加されなくなりましたSSMS is no longer added to the PATH environment variable SSMS.EXE (および一般的なツール) のパスは、パスに追加されなくなりました。Path to SSMS.EXE (and tools in general) isn't added to the path anymore. ユーザーは手動で追加するか、最新の Windows コンピューターの場合は [スタート] メニューを使用することができます。Users can either manually add it, or if on a modern Windows computer, use on the Start menu.
SSMS 拡張機能を開発するためのパッケージ ID が不要になりましたPackage IDs are no longer needed to develop SSMS Extensions これまで、SSMS では既知のパッケージのみが選択されて読み込まれていたので、開発者は自分のパッケージを登録する必要がありました。In the past, SSMS was selectively loading only well-known packages, thus requiring developers to register their own package. この点は変更されました。This is no longer the case.
SSMS 全般General SSMS SSMS の Filegroups に関する AUTOGROW_ALL_FILES 構成オプションを公開しています。Exposing AUTOGROW_ALL_FILES config option for Filegroups in SSMS.
SSMS 全般General SSMS SSMS GUI から、危険な 'lightweight pooling' と 'priority boost' オプションを削除しました。Removed risky 'lightweight pooling' and 'priority boost' options from SSMS GUI. 詳細については、「Priority boost details – and why it’s not recommended」 (priority boost の詳細 - 推奨されない理由) を参照してください。For details, see Priority boost details – and why it’s not recommended.
SSMS 全般General SSMS ファイルを作成するための新しいメニューとキー バインド:CTRL+ALT+NNew menu and key bindings to creates files: CTRL+ALT+N. CTRL + N でも引き続き新しいクエリを作成できます。CTRL+N continues to create a new query.
SSMS 全般General SSMS [新しいファイアウォール規則] ダイアログで、自動的に生成される規則名ではなく、ユーザーが規則名を指定できるようになりました。New Firewall Rule dialog now allows the user to specify a rule name, instead of automatically generating one on behalf of the user.
SSMS 全般General SSMS 特に v140+ T-SQL に合わせてエディターの IntelliSense が改善されました。Improved IntelliSense in Editor especially for v140+ T-SQL.
SSMS 全般General SSMS SSMS UI の照合順序ダイアログに UTF-8 のサポートが追加されました。Added support in SSMS UI for UTF-8 on collation dialog.
SSMS 全般General SSMS 接続ダイアログの MRU パスワードの場合に [Windows Credential Manager] に切り替わりました。Switched to "Windows Credential Manager" for connection dialog MRU passwords. これで、パスワードの持続性が信頼できない場合があった長時間保留の問題が解決されます。This addresses a long outstanding issue where persistence of passwords wasn't always reliable.
SSMS 全般General SSMS 目的のモニター上にダイアログとウィンドウのポップアップがより多く表示されるように、マルチモニター システムのサポートが改善されました。Improved support for multi-monitor systems by making sure that more and more dialogs and windows pop up on the expected monitor.
SSMS 全般General SSMS [サーバーのプロパティ] ダイアログの新しい [データベースの設定] ページで、'バックアップ チェックサムの既定値' サーバー構成を公開しました。Exposed the 'backup checksum default' server configuration in the new Database Settings page of the Server Properties Dialog. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/08035-sql-server/suggestions/34634974 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/08035-sql-server/suggestions/34634974.
SSMS 全般General SSMS [SQL Server エラー ログの構成] の下に "エラー ログ ファイルの最大サイズ" を公開しました。Exposed "maximum size for error log files" under "Configure SQL Server Error Logs". 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/33624115を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/33624115.
SSMS 全般General SSMS [ツール] メニューに [Azure への移行] が追加されました。Data Migration Assistant と Azure Database Migration Service を統合することで、すばやく簡単にアクセスして Azure により迅速に移行できるようにしました。Added "Migrate to Azure" under Tools menu – We have integrated Database Migration Assistant and Azure Database Migration Service to provide quick and easy access to help accelerate your migrations to Azure.
SSMS 全般General SSMS "接続の変更" が使用されている場合に、ユーザーに開いているトランザクションをコミットするよう求めるロジックが追加されました。Added logic to prompt the user to commit open transactions when "Change connection" is used.
Azure Data Studio との統合Azure Data Studio integration Azure Data Studio を起動またはダウンロードするためのメニュー項目が追加されました。Added menu item to start/download Azure Data Studio.
Azure Data Studio との統合Azure Data Studio integration オブジェクト エクスプローラーに [Azure Data Studio の起動] メニュー項目が追加されました。Added "Start Azure Data Studio" menu item to Object Explorer.
Azure Data Studio との統合Azure Data Studio integration OE でデータベース ノードを右クリックすると、Azure Data Studio でクエリを実行するか新しいノートブックを作成するためのコンテキスト メニューがユーザーに表示されます。When right-clicking on a database node in OE, the user is presented with context menus to either run a query or create a new notebook in Azure Data Studio.
Azure SQL サポートAzure SQL support SLO/Edition/MaxSize データベース プロパティにカスタム名を使用できるようになり、今後の Azure SQL データベースのエディションのサポートが簡単になりました。SLO/Edition/MaxSize database properties now accept custom names, making it easier to support future editions of Azure SQL databases.
Azure SQL サポートAzure SQL support 最近追加された仮想コア SKU (General Purpose および Business Critical) のサポートの追加:Gen4_24 およびすべての Gen5Added support for vCore SKUs (General Purpose and Business Critical): Gen4_24 and all the Gen5.
Azure SQL マネージド インスタンスAzure SQL managed instance SMO と SSMS で、Azure SQL マネージド インスタンスに接続した場合の新しいログインの種類として、新しい "AAD ログイン" が追加されました。Added new "AAD logins" as a new login type in SMO and SSMS when connected to an Azure SQL managed instance.
Always OnAlways On SSMS の Always on ダッシュボードで RTO (推定復旧時間) と RPO (推定データ損失) を再ハッシュします。Rehash RTO (estimated recovery time) and RPO (estimated data loss) in SSMS Always on Dashboard. https://docs.microsoft.com/sql/database-engine/availability-groups/windows/monitor-performance-for-always-on-availability-groups の更新されたドキュメントを参照してください。See the updated documentation at https://docs.microsoft.com/sql/database-engine/availability-groups/windows/monitor-performance-for-always-on-availability-groups.
Always EncryptedAlways Encrypted [サーバーに接続] ダイアログの新しい [Always Encrypted] タブにある [Always Encrypted を有効にする] チェックボックスで、データベース接続での Always Encrypted の有効化/無効化を簡単に切り替えられるようになりました。The Enable Always Encrypted checkbox in the new Always Encrypted tab in the Connect to Server dialog now provides an easy way to enable/disable Always Encrypted for a database connection.
セキュア エンクレーブを使用する Always EncryptedAlways Encrypted with secure enclaves SQL Server 2019 プレビューでは、セキュリティで保護されたエンクレーブが設定された Always Encrypted をサポートするためにいくつかの機能強化が加えられました。[サーバーに接続] ダイアログ (新しい [Always Encrypted] タブ) にエンクレーブの構成証明の URL を指定するテキスト フィールド。Several enhancements have been made to support Always Encrypted with secure enclaves in SQL Server 2019 preview: A text field for specifying enclave attestation URL in the Connect to Server dialog (the new Always Encrypted tab). [新しい列マスター キー] ダイアログに、新しい列マスターキーでエンクレーブ計算を許可するかどうかを制御する新しいチェックボックスが追加されました。The new checkbox in the New Column Master Key dialog to control whether a new column master key allows enclave computations. 他の Always Encrypted キー管理ダイアログに、エンクレーブ計算を許可する列マスター キーの情報が表示されるようになりました。Other Always Encrypted key management dialogs now expose the information on which column master keys allow enclave computations.
監査ファイルAudit Files 認証方法をストレージ アカウント キー ベースから Azure AD ベースの認証に変更しました。Changed authentication method from Storage Account Key based to Azure AD-based authentication.
データ分類Data Classification データ分類タスク メニューを再構成しました。データベース タスク メニューにサブメニューが追加され、最初に分類データ ウィンドウを開かなくても、メニューからレポートを開くためのオプションが追加されました。Reorganized data classification task menu: added sub menu to the database tasks menu and added an option to open the report from the menu without opening the classify data window first.
データ分類Data Classification SMO に新機能 'データ分類' が追加されました。Added new feature 'Data classification' to SMO. Column オブジェクトで新たに公開されたプロパティ:SensitivityLabelName、SensitivityLabelId、SensitivityInformationTypeName、SensitivityInformationTypeId、IsClassified (読み取り専用)。Column object exposes new properties: SensitivityLabelName, SensitivityLabelId, SensitivityInformationTypeName, SensitivityInformationTypeId, and IsClassified (read-only). 詳細については、「ADD SENSITIVITY CLASSIFICATION (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ADD SENSITIVITY CLASSIFICATION (Transact-SQL)
データ分類Data Classification [データ分類] ポップアップに新しい [Classification Report](分類レポート) メニュー項目が追加されました。Added new "Classification Report" menu item to the "Data Classification" flyout.
データ分類Data Classification 推奨事項が更新されました。Updated recommendations.
データベース互換性レベルのアップグレードDatabase Compatibility Level Upgrade [データベース名] > [タスク] > [データベースのアップグレード] に新しいオプションを追加しました。Added a new option under Database name > Tasks > Database Upgrade. これにより、ユーザーに次のプロセスをガイドする、新しいクエリ調整アシスタント (QTA) が開始されます。データベースの互換性レベルをアップグレードする前にパフォーマンスのベースラインを収集する。This starts the new Query Tuning Assistant (QTA) to guide the user through the process of: Collecting a performance baseline before upgrading the database compatibility level. 目的のデータベース互換性レベルにアップグレードする。Upgrading to the desired database compatibility level. 同じワークロードを介してパフォーマンス データの 2 番目の受け渡しを収集する。Collecting a second pass of performance data over the same workload. ワークロードの低下を検出し、ワークロードのパフォーマンスを改善するためのテスト済みのレコメンデーションを提供する。Detect workload regressions, and provide tested recommendations to improve workload performance. これは、「クエリ ストアの使用シナリオ」に記載されているデータベースのアップグレード プロセスに似ていますが、最後の手順 (QTA はレコメンデーションを生成するために以前の正常起動時の状態に依存しない) が異なります。This is close to the database upgrade process documented in query store usage scenarios, except for the last step where QTA does not rely on a previously known good state to generate recommendations.
データ層アプリケーションのウィザードData-tier Application Wizard グラフ テーブルを使用したデータ層アプリケーションのインポート/エクスポートのサポートが追加されました。Added support to import/export data-tier application with graph tables.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard インポートで列の名前が変更された可能性があることをユーザーに通知するロジックが追加されました。Added logic to notify the user that an import may have resulted in a renaming of the columns.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) 顧客が Azure Government クラウド内にある Azure-SSIS IR で SSIS パッケージをスケジュールできるようにするためのサポートが追加されました。Added support to allow customers to schedule SSIS packages on Azure-SSIS IRs that are in Azure Government cloud.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) Azure SQL マネージド インスタンスの SQL エージェントを SSMS を介して使用するときに、SSIS エージェント ジョブ ステップでパラメーターと接続マネージャーを構成できます。When you use SQL Agent of Azure SQL managed instance via SSMS, you can configure parameter and connection manager in SSIS agent job step.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) Azure SQL DB/マネージド インスタンスに接続するときに、既定を初期データベースとして使用して接続できます。When connecting to Azure SQL DB/managed instance, you can connect to it with default as initial db.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) [Integration Services カタログ] の下に新しい項目 [Try SSIS in Azure Data Factory](Azure Data Factory で SSIS を試す) が追加されました。これは、統合ランタイムの作成ウィザードを起動して Azure-SSIS Integration Runtime をすばやく作成するのに使用できます。Added a new entry item Try SSIS in Azure Data Factory under "Integration Services Catalogs" node, which can be used to launch the "Integration Runtime Creation Wizard" and create "Azure-SSIS Integration Runtime" quickly.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) カタログ作成ウィザードに [Create SSIS IR](SSIS IR の作成) ボタンが追加されました。これは、統合ランタイムの作成ウィザードを起動して Azure-SSIS Integration Runtime をすばやく作成するのに使用できます。Added Create SSIS IR button in "Catalog Creation Wizard," which can be used to launch the "Integration Runtime Creation Wizard" and create "Azure-SSIS Integration Runtime" quickly.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) ISDeploymentWizard で、SQL 認証、Azure Active Directory 統合認証、および Azure Active Directory パスワード認証がコマンド ライン モードでサポートされるようになりました。ISDeploymentWizard now supports SQL Auth, Azure Active Directory Integrated Auth, and Azure Active Directory Password Auth in command-line mode.
Integration Services (SSIS)Integration Services (SSIS) 配置ウィザードで、Azure Data Factory SSIS Integration Runtime の作成とこれに対する配置がサポートされるようになりました。Deployment Wizard now supports creating and deploying to Azure Data Factory SSIS Integration Runtime.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting オブジェクト スクリプト作成時に、"CREATE OR ALTER" の新しいメニュー項目が追加されます。Add new menu items for "CREATE OR ALTER" when scripting objects.
クエリ ストアQuery Store グラフの Y 軸に表示される数字に桁区切り記号を追加することで、一部のレポート (全体的なリソースの消費) の使いやすさを改善しました。Improved usability of some reports (Overall Resource Consumptions) by adding thousands of separators to numbers displayed on the Y-axis of the charts.
クエリ ストアQuery Store 新しいクエリ待機統計レポートが追加されました。Added a new Query Wait Statistics report.
クエリ ストアQuery Store [Tracked Query](追跡対象クエリ) ビューに [実行回数] メトリックが追加されました。Added "Execution Count" metric to "Tracked Query" View.
レプリケーション ツールReplication Tools レプリケーション モニターと SSMS に既定以外のポート指定機能のサポートが追加されました。Added support for non-default port specification feature in Replication Monitor and SSMS.
プラン表示ShowPlan 使用できる場合、ShowPlan 演算子ノードに実際の経過時間、実際の行と推定の行が追加されました。Added actual time elapsed, actual vs. estimated rows under ShowPlan operator node if they're available. これにより、実際のプランが、ライブ クエリの統計プランと一貫した外観になります。This makes the actual plan look consistent with Live Query Stats plan.
プラン表示ShowPlan クエリが 4,000 文字を超える場合に、SQL エンジンによって ShowPlan が切り捨てられる可能性があることをユーザーに示すために、ShowPlan の [クエリの編集] ボタンをクリックしたときのツールヒントが変更され、コメントが追加されました。Modified tooltip and added comment when clicking on Edit Query Button for a ShowPlan, to indicate to user that the ShowPlan might be truncated by the SQL engine if the query is over 4000 characters.
プラン表示ShowPlan "Materializer Operator (External Select)" を表示するロジックを追加しました。Added logic to display the "Materializer Operator (External Select)".
プラン表示ShowPlan "行ストアに対するバッチモード スキャン" 機能を使用しているクエリを簡単に識別できるように、新しい showplan 属性 BatchModeOnRowStoreUsed を追加します。Add new showplan attribute BatchModeOnRowStoreUsed to easily identify queries that are using the " batch-mode scan on rowstores" feature. クエリが行ストアでバッチモード スキャンを実行するたびに、新しい属性 (BatchModeOnRowStoreUsed="true") が StmtSimple 要素に追加されます。Anytime a query performs batch-mode scan on rowstores, a new attribute (BatchModeOnRowStoreUsed="true") gets added to StmtSimple element.
プラン表示ShowPlan DW ROLLUP および CUBE の LocalCube RelOp にプラン表示のサポートが追加されました。Added Showplan Support to LocalCube RelOp for DW ROLLUP and CUBE.
プラン表示ShowPlan Azure SQL Data Warehouse の新しい ROLLUP および CUBE 集計の機能用の、新しい LocalCube 演算子。New LocalCube operator for the new ROLLUP and CUBE aggregation feature in Azure SQL Data Warehouse.
SMOSMO 再開可能なインデックス作成の SMO サポートを拡張します。Extend SMO Support for Resumable Index Creation.
SMOSMO アプリケーション作成者が SMO のパフォーマンスの問題を早期に検出できるように、SMO オブジェクト ("PropertyMissing") に対する新しいイベントを追加しました。Added new event on SMO objects ("PropertyMissing") to help application authors to detect SMO performance issues sooner.
SMOSMO "バックアップ チェックサムの既定" サーバー構成にマップされる、Configuration オブジェクトに対する新しい DefaultBackupChecksum プロパティを公開しました。Exposed new DefaultBackupChecksum property on the Configuration object, which maps to the "backup checksum default" server configuration.
SMOSMO 使用中の SQL のバージョンのサービス レベル (CU12、RTM など) にマップする、新しい ProductUpdateLevel プロパティをサーバー オブジェクト上に公開しました。Exposed new ProductUpdateLevel property on the Server object, which maps to the servicing level for the version of SQL in use (for example, CU12, RTM).
SMOSMO "lastgoodcheckdbtime" データベース プロパティにマップする、新しい LastGoodCheckDbTime プロパティをデータベース オブジェクト上に公開しました。Exposed new LastGoodCheckDbTime property on Database object, which maps to "lastgoodcheckdbtime" database property. これらのプロパティが使用できない場合、既定値の 1/1/1900 12:00:00 AM が返されます。If such property isn't available, a default value of 1/1/1900 12:00:00 AM will be returned.
SMOSMO RegSrvr.xml ファイル (登録済みサーバーの構成ファイル) の場所を "%AppData%\Microsoft\SQL Server Management Studio" に移動しました (バージョン管理されないため、SSMS のバージョン間で共有できます)。Moved location for RegSrvr.xml file (Registered Server configuration file) to "%AppData%\Microsoft\SQL Server Management Studio" (unversioned, so it can be shared across versions of SSMS).
SMOSMO 新しいクォーラムの種類および新しいリソースの種類として "クラウド監視" が追加されました。Added "Cloud Witness" as a new quorum type and as a new resource type.
SMOSMO SMO と SSMS の両方で "エッジ制約" のサポートが追加されました。Added support for "Edge Constraints" in both SMO and SSMS.
SMOSMO SMO と SSMS の両方に "エッジ制約" の連鎖削除のサポートを追加しました。Added cascade delete support to "Edge Constraints" in both SMO and SSMS.
SMOSMO データ分類の "読み書き" のアクセス許可のサポートを追加しました。Added support for data classification "read-write" permissions.
脆弱性評価Vulnerability Assessment Azure SQL DW で脆弱性評価タスク メニューが有効化されました。Enabled Vulnerability Assessment tasks menu on Azure SQL DW.
脆弱性評価Vulnerability Assessment 脆弱性評価スキャンの結果が Azure SQL DB での結果と一致するように、Azure SQL マネージド インスタンス サーバーで実行される一連の脆弱性評価規則を変更しました。Change the set of vulnerability assessment rules that are run on Azure SQL managed instance servers, so that "Vulnerability Assessment" scan results will be consistent with the ones in Azure SQL DB.
脆弱性評価Vulnerability Assessment "脆弱性評価" で Azure SQL DW がサポートされるようになりました。"Vulnerability Assessment" now supports Azure SQL DW.
脆弱性評価Vulnerability Assessment 脆弱性評価スキャンの結果を Excel にエクスポートする、新しいエクスポート機能が追加されました。Added a new exporting feature to export the vulnerability assessment scan results to Excel.
XEvent ビューアーXEvent Viewer XEvent ビューアー: より多くの XEvent のプラン表示のウィンドウが有効化されました。XEvent Viewer: enabled showplan window for more XEvents.

18.0 でのバグの修正Bug fixes in 18.0

[新しい項目]New item 詳細Details
クラッシュとフリーズCrashes and freezes GDI オブジェクトに関連する一般的な SSMS クラッシュの原因を修正しました。Fixed a source of common SSMS crashes related to GDI objects.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes [Script as Create/Update/Drop](作成/更新/ドロップとしてスクリプト化) を選択したときの停止とパフォーマンス低下の一般的な原因を修正しました (SMO オブジェクトの不要なフェッチを削除しました)。Fixed a common source of hangs and poor performance when selecting "Script as Create/Update/Drop" (removed unnecessary fetches of SMO objects).
クラッシュとフリーズCrashes and freezes ADAL トレースが有効なときに MFA を使用して Azure SQL DB に接続するとハングする問題を修正しました。Fixed a hang when connecting to an Azure SQL DB using MFA while ADAL traces are enabled.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes アクティビティ モニターから呼び出されたときにライブ クエリの統計情報のハングを修正しました ([セキュリティ情報を保持する] を設定せずに SQL Server 認証を使用するときにマニフェストに含まれる問題)。Fixed a hang (or perceived hang) in Live Query Statistics when invoked from Activity Monitor (the issue manifested when using SQL Server authentication with no "Persist Security Info" set).
クラッシュとフリーズCrashes and freezes オブジェクト エクスプローラーで [レポート] を選択したときのハングを修正しました。この問題で、長い接続の待機時またはリソースの一時的にアクセス不能に関するマニフェストが含まれる可能性があります。Fixed a hang when selecting "Reports" in Object Explorer, which could manifest on high latency connections or temporary non-accessibility of the resources.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes 中央管理サーバーと Azure SQL サーバーの使用にあたり発生する SSSM のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in SSSM when trying to use Central Management Server and Azure SQL servers. 詳細については、「SMSS 17.5 application error and crash when using Central Management Server」 (中央管理サーバーを使用するときの SMSS 17.5 アプリケーションのエラーとクラッシュ) を参照してください。For details, see SMSS 17.5 application error and crash when using Central Management Server.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes IsFullTextEnabled プロパティを取得する方法を最適化することによって、オブジェクト エクスプローラーでのハングを修正しました。Fixed a hang in Object Explorer by optimizing the way IsFullTextEnabled property is retrieved.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes データベース プロパティを取得する不要なクエリの作成を回避することで、"データベース コピー ウィザード" でのハングを修正しました。Fixed a hang in "Copy Database Wizard" by avoiding to build unnecessary queries to retrieve Database properties.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes T-SQL の編集中に SSMS がハングまたはクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue that was causing SSMS to hang/crash while editing T-SQL.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes 大規模な T-SQL スクリプトを編集しているときに SSMS が応答しなくなる問題を軽減しました。Mitigated an issue where SSMS was becoming unresponsive when editing large T-SQL scripts.
クラッシュとフリーズCrashes and freezes SSMS でクエリから返された大きなデータセットを処理しているときにメモリ不足となる原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue that was causing SSMS to run out of memory when handling the large datasets returned by queries.
SSMS 全般General SSMS "登録済みサーバー" での接続で "ApplicationIntent" が渡されないという問題を修正しました。Fixed an issue there the "ApplicationIntent" wasn't passed along in connections in "Registered Servers".
SSMS 全般General SSMS 高 DPI モニターで "新しい XEvent セッション ウィザードの UI" フォームが正しくレンダリングされない問題を修正しました。Fixed an issue where the "New XEvent Session Wizard UI" form wasn't rendered properly on High DPI monitors.
SSMS 全般General SSMS bacpac ファイルをインポートしようとする問題を修正しました。Fixed an issue where trying to import a bacpac file.
SSMS 全般General SSMS データベース (FILEGROWTH > 2048 GB) のプロパティを表示しようとすると、算術オーバーフロー エラーがスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where trying to display the properties of a database (with FILEGROWTH > 2048 GB) was throwing an arithmetic overflow error.
SSMS 全般General SSMS パフォーマンス ダッシュボード レポートに、サブレポートにはない PAGELATCH および PAGEIOLATCH による待機がレポートされる問題を修正しました。Fixed an issue where the Perf Dashboard Report was reporting PAGELATCH and PAGEIOLATCH waits that could not found in subreports.
SSMS 全般General SSMS 正しいモニターでダイアログを開くことで SSMS のマルチモニター対応を高度化させるよう、再度修正を行いました。Another round of fixes to make SSMS more multi-monitor aware by having it open dialog in the correct monitor.
Analysis Services (AS)Analysis Services (AS) AS XEvent UI に対する [詳細設定] がクリップされてしまう問題を修正しました。Fixed an issue where the "Advanced Settings" to the AS XEvent UI was clipped.
Analysis Services (AS)Analysis Services (AS) DAX の解析でファイルが見つからないことを示す例外がスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where DAX parsing throws file not found exception.
Azure SQL データベースAzure SQL Database Azure SQL Database でマスター データベースではなくユーザー データベースに接続したときに、Azure SQL DB クエリ ウィンドウにデータベース リストが正しく入力されない問題を修正しました。Fixed an issue where the database list wasn't populated correctly for Azure SQL Database query window when connected to a user database in Azure SQL DB instead of to master.
Azure SQL データベースAzure SQL Database Azure SQL データベースに "テンポラル テーブル" を追加できない問題を修正しました。Fixed an issue where it wasn't possible to add a "Temporal Table" to an Azure SQL database.
Azure SQL データベースAzure SQL Database Azure の [統計] メニューの下にある統計プロパティのサブメニュー オプションを有効にしました。これは、もうだいぶ前から完全にサポートされていたためです。Enabled the Statistics properties sub menu option under menu Statistics in Azure, since it has been fully supported for quite some time now.
Azure SQL - 一般的なサポートAzure SQL - General Support (50 を超える場合に) Azure サブスクリプションを表示できない一般的な Azure UI コントロールの問題を修正しました。Fixed issues in common Azure UI control that was preventing the user from displaying Azure subscriptions (if there were more than 50). また、サブスクリプション ID ではなく名前による並べ替えに変更されました。Also, the sorting has been changed to be by name rather by Subscription ID. たとえば、URL からバックアップを復元するときに、ユーザーはこれを実行できます。The user could run into this one when trying to restore a backup from URL, for example.
Azure SQL - 一般的なサポートAzure SQL - General Support サブスクリプションを列挙するときに発生する一般的な Azure UI コントロールの問題を修正しました。この問題で "インデックスが範囲を超えています。Fixed an issue in common Azure UI control when enumerating subscriptions, which could yield an "Index was out of range. 負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません"Must be non-negative and less than the size of the collection." エラーがユーザーが一部のテナントについてサブスクリプションがない場合に表示されることがあります。error when the user had no subscriptions in some tenants. たとえば、URL からバックアップを復元するときに、ユーザーはこれを実行できます。The user could run into this one when trying to restore a backup from URL, for example.
Azure SQL - 一般的なサポートAzure SQL - General Support SSMS による新しい Azure SQL SLO のサポートを困難にしていた、サービス レベルの目標のハードコードの問題を修正しました。Fixed issue where Service Level Objectives were hardcoded, thus making it harder for SSMS to support newer Azure SQL SLOs. これでユーザーは Azure にサインインし、SSMS では該当するすべての SLO データ (エディションおよび最大サイズ) を取得できるようになりました。Now, the user can sign in to Azure and allow SSMS to retrieve all the applicable SLO data (Edition and Max Size)
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support マネージド インスタンスのサポートの改善/調整: UI でサポートされていないオプションが無効になり、URL 監査ターゲットを処理するために [監査ログの表示] オプションが修正されました。Improved/polished the support for managed instances: disabled unsupported options in UI and a fix to the View Audit Logs option to handle URL audit target.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support [スクリプトの生成とパブリッシュ] ウィザードでサポートされていない CREATE DATABASE 句のスクリプトが生成されます。"Generate and Publish scripts" wizard scripts unsupported CREATE DATABASE clauses.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support マネージド インスタンスのライブ クエリ統計が有効になりました。Enable Live Query Statistics for managed instances.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support [データベースのプロパティ] -> [ファイル] で ALTER DB ADD FILE が誤ってスクリプトされていました。Database properties->Files was incorrectly scripting ALTER DB ADD FILE.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support 他のスケジュールの種類が選択されている場合でも、ONIDLE スケジュールが選択される SQL エージェント スケジューラによる回帰を修正しました。Fixed regression with SQL Agent scheduler where ONIDLE scheduling was chosen even when some other scheduling type was chosen.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support Azure Storage でバックアップを行う MAXTRANSFERRATE、MAXBLOCKSIZE の調整。Adjusting MAXTRANSFERRATE, MAXBLOCKSIZE for doing backups on Azure Storage.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support RESTORE 操作の前にテール ログ バックアップがスクリプト化される問題 (これは CL ではサポートされていません)。The issue where tail log backup is scripted before RESTORE operation (this isn't supported on CL).
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support [データベースの作成] ウィザードで CREATE DATABASE ステートメントが正しくスクリプト化されない。Create database wizard not scripting correctly CREATE DATABASE statement.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support マネージド インスタンスに接続しているときの SSMS 内の SSIS パッケージの特殊処理。Special handling of SSIS packages within SSMS when connected to managed instances.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support マネージド インスタンスに接続するときに "利用状況モニター" を使用しようとしたときにエラーが表示される問題を修正しました。Fixed an issue where an error was displayed while trying to use "Activity Monitor" when connected to managed instances.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support (SSMS エクスプローラーでの) AAD ログインのサポートの強化。Improved support for AAD Logins (in SSMS Explorer).
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support SMO ファイル グループ オブジェクトのスクリプト作成の改善。Improved scripting of SMO Filegroups objects.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support 資格情報のための UI が改善されました。Improved UI for credentials.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support 論理レプリケーションのサポートが追加されました。Added support for Logical Replication.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support データベースを右クリックして [データ層アプリケーションのインポート] を選択するとエラーになる問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing right-clicking on a database and choosing 'Import data-tier application' to fail.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support "TempDB" を右クリックするとエラーが表示される問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing right-clicking on a "TempDB" to show errors.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support SMO で ALTER DB ADD FILE ステートメントをスクリプト作成しようとすると、生成された T-SQL スクリプトが空になる問題を修正しました。Fixed an issue where trying to scripting ALTER DB ADD FILE statement in SMO was causing the generated T-SQL script to be empty.
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support マネージド インスタンスのサーバー固有のプロパティ (ハードウェア生成、Service レベル、使用および予約されているストレージ) の表示を改善しました。Improved display of managed instances server-specific properties (hardware generation, service tier, storage used and reserved).
Azure SQL DB マネージド インスタンスのサポートAzure SQL DB managed instance support データベースのスクリプト作成 ("作成としてスクリプト...") で、追加のファイル グループとファイルがスクリプト作成されない問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of a database ("Script as Create...") wasn't scripting extra filegroups and files. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37326799 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37326799.
DB のバックアップ/復元/アタッチ/デタッチBackup/Restore/Attach/Detach DB .mdf ファイルの物理ファイル名が元のファイル名と一致しない場合に、ユーザーがデータベースをアタッチできない問題を修正しました。Fixed an issue where the user was unable to attach a database when physical filename of .mdf file does not match the original filename.
DB のバックアップ/復元/アタッチ/デタッチBackup/Restore/Attach/Detach DB SSMS で有効な復元プランを見つけられない問題、または最適ではない復元プランが見つかることがある問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS might not find a valid restore plan or might find one, which is suboptimal. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897752 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897752.
DB のバックアップ/復元/アタッチ/デタッチBackup/Restore/Attach/Detach DB "データベースのアタッチ" ウィザードで名前が変更されたセカンダリ ファイルが表示されない問題を修正しました。Fixed issue where the "Attach Database" wizard wasn't displaying secondary files that were renamed. 現在は、ファイルが表示され、そのファイルについてのコメント ("見つかりません" など) が追加されています。Now, the file is displayed, and a comment about it is added (for example "Not Found"). 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32897434 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32897434.
データベース コピー ウィザードCopy Database Wizard スクリプトの生成/転送/データベース コピー ウィザードでインメモリ テーブルを使用してテーブルを作成しようとすると、ansi_padding on が強制されません。Generate scripts/Transfer/Copy Database Wizard try to create a table with an in memory table doesn't force ansi_padding on.
データベース コピー ウィザードCopy Database Wizard SQL Server 2017 および SQL Server 2019 のデータベース転送タスク/データベース コピー ウィザードは壊れています。Transfer Database task/Copy Database Wizard broken on SQL Server 2017 and SQL Server 2019.
データベース コピー ウィザードCopy Database Wizard スクリプトの生成/転送/データベース コピー ウィザードでは、関連付けられている外部データ ソースが作成される前に、テーブルの作成がスクリプト化されます。Generate scripts/Transfer/Copy Database Wizard script table creation before creation of associated external data source.
接続ダイアログConnection dialog Del キーを押して、以前のユーザー名リストからユーザー名を削除できるようになりました。Enabled the removal of usernames from previous username list by pressing the DEL key. 詳細については、「Allow deletion of users from SSMS login window」 (SSMS ログイン ウィンドウからのユーザーの削除を許可する) を参照してください。For details, see Allow deletion of users from SSMS login window.
DAC インポート ウィザードDAC Import Wizard AAD を使用して接続すると、DAC インポート ウィザードが動作しない問題を修正しました。Fixed an issue DAC Import Wizard wasn't working when connected using AAD.
データ分類Data Classification データ分類ウィンドウで分類を保存するときに、他のデータベースで別のデータ分類ウィンドウが開いている問題が修正されました。Fixed an issue when saving classifications in the data classification pane while there are another data classification panes open on other databases.
データ層アプリケーションのウィザードData-tier Application Wizard サーバーへのアクセス制限のために、ユーザーがデータ層アプリケーション (.dacpac) をインポートできない問題を修正しました (たとえば、同じサーバーにおいてすべてのデータベースへのアクセスがないなど)。Fixed an issue where the user wasn't able to import a Data-tier Application (.dacpac) due to limited access to the server (for example, no access to all the databases on the same server).
データ層アプリケーションのウィザードData-tier Application Wizard 多数のデータベースが同じ Azure の SQL server にホストされている場合に、インポートが非常に遅くなる問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing the import to be extremely slow when many databases happened to be hosted on the same Azure SQL server.
外部テーブルExternal Tables テンプレート、SMO、IntelliSense、プロパティ グリッドに Rejected_Row_Location のサポートが追加されました。Added support for Rejected_Row_Location in template, SMO, intellisense, and property grid.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard [フラット ファイルのインポート ウィザード] が二重引用符を正しく処理しない (エスケープしない) 問題を修正しました。Fixed an issue where the "Import Flat File Wizard" wasn't handling double quotes correctly (escaping). 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32897998 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32897998.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard (浮動小数点の異なる区切り文字を使用するロケールに対する) 浮動小数点型の不適切な処理に関する問題を修正しました。Fixed an issue where related to incorrect handling of floating-point types (on locales that use a different delimiter for floating points).
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard 値が 0 または 1 のときのビットのインポートに関する問題を修正しました。Fixed an issue related to importing of bits when values are 0 or 1. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898535 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898535.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard 浮動小数点null として入力された問題を修正しました。Fixed an issue where floats were entered as nulls.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard インポート ウィザードが負の 10 進値を処理できない問題を修正しました。Fixed an issue where the import wizard wasn't able to process negative decimal values.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard ウィザードが 1 列の CSV ファイルからインポートできない問題を修正しました。Fixed an issue where the wizard wasn't able to import from single column CSV files.
フラット ファイルのインポート ウィザードFlat File Import Wizard SSMS 17.9 で対応予定] テーブルが既に存在する場合、フラット ファイルのインポートでターゲット テーブルを変更できない問題を修正しました。will be in SSMS 17.9] Fixed issue where Flat File Import does not allow changing destination table when table is already existing. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896186 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896186.
ヘルプ ビューアーHelp Viewer オンライン/オフライン モードの準拠に関するロジックを改善しました (対処が必要な問題がまだいくつかある可能性があります)。Improved logic around honoring the online/offline modes (there may still be a few issues that need to be addressed).
ヘルプ ビューアーHelp Viewer オンライン/オフライン設定に従うように [ヘルプの表示] を修正しました。Fixed the "View Help" to honor the online/offline settings. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897791 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897791.
高可用性ディザスター リカバリー (HADR)High Availability Disaster Recovery (HADR)
可用性グループ (AG)Availability Groups (AG)
"可用性グループのフェールオーバー" ウィザードでロールが常に "解決中" と表示される問題を修正しました。Fixed an issue where roles in "Fail Over Availability Groups" wizard was always displayed as "Resolving".
高可用性ディザスター リカバリー (HADR)High Availability Disaster Recovery (HADR)
可用性グループ (AG)Availability Groups (AG)
"AG ダッシュ ボード" で SSMS が切り捨ての警告を示していた問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was showing truncated warnings in "AG Dashboard".
Integration Services (IS)Integration Services (IS) SQL Server 2019 と SSMS 18.0 が同じコンピューターにインストールされている場合、配置ウィザードで SQL Server への接続に失敗する、SxS の問題を修正しました。Fixed a SxS issue that deployment wizard will fail to connect to sql server when SQL Server 2019 and SSMS 18.0 are installed on the same machine.
Integration Services (IS)Integration Services (IS) メンテナンス プランの作成時に、メンテナンス プランのタスクを編集できない問題を修正しました。Fixed an issue that maintenance plan task can’t be edited when designing the maintenance plan.
Integration Services (IS)Integration Services (IS) 配置中のプロジェクトの名前が変更されると、配置ウィザードが停止する問題を修正しました。Fixed an issue that the deployment wizard gets stuck if the project under deployment is renamed.
Integration Services (IS)Integration Services (IS) Azure SSIS IR のスケジュール機能での環境設定を有効にしました。Enabled environment setting in Azure-SSIS IR schedule feature.
Integration Services (IS)Integration Services (IS) 顧客アカウントが複数のテナントに属している場合、SSIS Integration Runtime の作成ウィザードが応答を停止する問題を修正しました。Fixed an issue that SSIS Integration Runtime Creation Wizard stops responding when the customer account belongs to more than 1 tenant.
[ジョブの利用状況モニター]Job Activity Monitor ジョブの利用状況モニター (フィルターあり) の使用中にクラッシュする問題を修正しました。Fixed crash while using Job Activity Monitor (with filters).
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer OE (誤って構成された DataCollector) の [管理] ノードを展開しようとすると、SSMS から "オブジェクトを DBNull から他のタイプにキャストすることはできません" のような例外がスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was throwing an "Object cannot be cast from DBNull to other types" exception when trying to expand "Management" node in OE (misconfigured DataCollector).
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer [上位 N の編集] を呼び出す前に OE で引用符がエスケープ処理されず、混乱を引き起こしている問題を修正しましたFixed an issue where OE wasn't escaping quotes before invoking the "Edit Top N..." causing the designer to get confused.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer [データ層アプリケーションのインポート] ウィザードが Azure Storage ツリーから起動できない問題を修正しました。Fixed an issue where the "Import Data-Tier application" wizard was failing to launch from the Azure Storage tree.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer SSL チェックボックスの状態が保持されない [データベース メール構成] の問題を修正しました。Fixed an issue in "Database Mail Configuration" where the status of the SSL checkbox wasn't persisted. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32895541 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32895541.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer SSMS で is_auto_update_stats_async_on を使用してデータベースを復元しようとすると、既存の接続を閉じるオプションが淡色表示される問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS grayed out option to close existing connections when trying to restore database with is_auto_update_stats_async_on.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer OE でノードを右クリックした場合の問題を修正しました (たとえば、"Tables" を右クリックして、[フィルター] > [フィルターの設定] に移動してテーブルをフィルター処理するなどの操作を実行したい場合、[フィルターの設定] フォームが、SSMS が現在アクティブではない画面に表示される可能性があります)。Fixed an issue where right-clicking on nodes in OE the (for example "Tables" and wanting to perform an action such as filtering tables by going to Filter > Filter Settings, the filter settings form can appear on the other screen than where SSMS is currently active). 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/34284106 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/34284106.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer オブジェクトの名前を変更しようとすると、OE で Del キーが機能しないという、長い間未解決の問題が修正されました。Fixed a long outstanding issue where the DELETE key wasn't working in OE while trying to rename an object. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33073510https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32910247、およびその他の同じような記事を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33073510, https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32910247 and other duplicates.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer 既存のデータベース ファイルのプロパティを表示すると、新しいデータベースの作成時に表示される [初期サイズ (MB)] ではなく [サイズ (MB)] 列にサイズが表示されます。When displaying the properties of existing database files, the size appears under a column "Size (MB)" instead of "Initial Size (MB)" which is what is displayed when creating a new database. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32629024 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32629024.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer 現在のバージョンの SSMS ではこのようなテーブルをサポートしていないため、[グラフ テーブル] の [デザイン] コンテキスト メニュー項目を無効にしました。Disabled the "Design" context-menu item on "Graph Tables" since there is no support for those tables in the current version of SSMS.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer [新しいジョブ スケジュール] ダイアログが高 DPI モニターで正しくレンダリングされない問題を修正しました。Fixed an issue where the "New Job Schedule" dialog wasn't rendering properly on High DPI monitors. 詳細については、https://feedback.azure.com/admin/v3/suggestions/35541262 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/admin/v3/suggestions/35541262.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer オブジェクト エクスプローラーでのデータベース サイズ ([サイズ (MB)]) の表示方法を修正/改善しました。つまり、小数点以下を 2 桁のみにし、桁区切り記号を使用して書式設定しました。Fixed/improved the way an issue where a database size ("Size (MB)") is displayed in Object Explorer details: only 2 decimal digits and formatted using the thousands separator. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/34379308 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/34379308.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer "空間インデックス" の作成が "このアクションを完了するには、プロパティ PartitionScheme を設定してください" のようなエラーで失敗する原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue that was causing the creation of a "Spatial Index" to fail with an error like "To accomplish this action, set property PartitionScheme".
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer オブジェクト エクスプローラーのパフォーマンスを若干改善して、可能な場合には、余分なクエリの発行を回避するようにしました。Minor performance improvements in Object Explorer to avoid issuing extra queries, when possible.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer データベースの名前を変更するときに、すべてのスキーマ オブジェクトに対して確認を要求するためのロジックが拡張されました (この設定は構成可能です)。Extended logic to request confirmation when renaming a database to all the schema objects (the setting can be configured).
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer オブジェクト エクスプローラーのフィルター処理に適切なエスケープを追加しました。Added proper escaping in Object Explorer filtering. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/36678803 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/36678803.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer [オブジェクト エクスプローラーの詳細] のビューで数字が適切な区切り記号で表示されるよう、修正/改善しました。Fixed/improved the view in Object Explorer Details to show numbers with proper separators. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32900944 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32900944.
オブジェクト エクスプローラーObject Explorer SQL Express に接続しているときの [テーブル] ノードのコンテキスト メニューを修正しました。ここには、[新規] ポップアップが表示されず、[グラフ] テーブルが誤って一覧表示され、[システム バージョン管理] テーブルが表示されていませんでした。Fixed context menu on "Tables" node when connected to SQL Express, where the "New" fly-out was missing, Graph tables were incorrectly listed, and System-Versioned table was missing. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37245529 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37245529.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting 全体的なパフォーマンスの改善: WideWorldImporters のスクリプト生成にかかる時間が SSMS 17.7 と比べて半分になりました。Overall perf improvements - Generate Scripts of WideWorldImporters takes half the time compared to SSMS 17.7.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting オブジェクトのスクリプト作成時に、既定値がある DB のスコープ設定の構成は省略されています。When scripting objects, DB Scoped configuration, which has default values are omitted.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting スクリプト作成時に動的 T-SQL を生成しないでください。Don't generate dynamic T-SQL when scripting. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898391 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898391.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting SQL Server 2016 以前のテーブルをスクリプト化するときに、"エッジとして" および "ノードとして" のグラフ構文を省略します。Omit the graph syntax "as edge" and "as node" when scripting a table on SQL Server 2016 and earlier.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting MFA で AAD を使用して Azure SQL DB に接続している場合、データベース オブジェクトのスクリプト作成が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of database objects was failing when connecting to an Azure SQL DB using AAD with MFA.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting Azure SQL DB で GEOMETRY_AUTO_GRID/GEOGRAPHY_AUTO_GRID を使用して、空間インデックスのスクリプトを作成しようとするとエラーがスローされていた問題を修正しました。Fixed an issue where trying to script a spatial index with GEOMETRY_AUTO_GRID/GEOGRAPHY_AUTO_GRID on an Azure SQL DB was throwing an error.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting "オブジェクト エクスプローラー" のスクリプト設定がソースと一致するように設定されている場合でも、(Azure SQL データベースの) データベース スクリプトが常にオンプレミスの SQL をターゲットとする問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing the database scripting (of an Azure SQL database) to always target an on-prem SQL, even if the "Object Explorer" scripting settings were set to match the source.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting 不適切な T-SQL ステートメントを生成する、クラスター化されたインデックスおよびクラスター化されていないインデックスを含む SQL DW データベース内にテーブルをスクリプト作成しようとする問題を修正しました。Fixed an issue where trying to script a table in a SQL DW database involving clustered and nonclustered indexes was generating incorrect T-SQL statements.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting 不適切な T-SQL ステートメント (重複したステートメント) を生成する、"クラスター化された列ストア インデックス" と "クラスター化されたインデックス" の両方を持つ SQL DW データベース内にテーブルをスクリプト作成しようとする問題を修正しました。Fixed an issue where trying to script a table in a SQL DW database with both "Clustered Columnstore Indexes" and "Clustered Indexes" was generating incorrect T-SQL (duplicate statements).
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting 範囲値なしでのパーティション テーブルのスクリプト作成を修正しました (SQL DW データベース)。Fixed Partitioned table scripting with no range values (SQL DW databases).
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting ユーザーが監査/監査仕様 SERVER_PERMISSION_CHANGE_GROUP をスクリプト作成できなくなる問題を修正しました。Fixed an issue where the user would be unable to script an audit/audit specification SERVER_PERMISSION_CHANGE_GROUP.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting ユーザーが SQL DW からの統計をスクリプト作成できない問題を修正しました。Fix and issue where the user is unable to script statistics from SQL DW. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897296 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897296.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting [エラー発生時にスクリプトを続行] が false に設定されている場合に、スクリプト作成エラーが含まれている誤ったテーブルが "スクリプトの生成ウィザード" に表示される問題を修正しました。Fixed an issue where the "Generate script wizard" shows incorrect table having scripting error when "Continue scripting on Error" is set to false.
オブジェクト スクリプト作成Object Scripting SQL Server 2019 上のスクリプト生成を改善しました。Improved script generation on SQL Server 2019.
プロファイラーProfiler Profiler イベントに "Aggregate Table Rewrite Query" イベントが追加されました。Added "Aggregate Table Rewrite Query" event to Profiler events.
クエリ データ ストアQuery Data Store "DocumentFrame (SQLEditors)" 例外がスローされる可能性がある問題が修正されました。Fixed an issue where a "DocumentFrame (SQLEditors)" exception could be thrown.
クエリ データ ストアQuery Data Store 組み込みのクエリ ストア レポートでカスタム時間間隔を設定しようとしたときに、ユーザーが開始/終了間隔で AM や PM を選択できなかった問題が修正されました。Fixed an issue when trying to set a custom time interval in the build-in Query Store reports the user wasn't able to select AM or PM on the start/end interval.
結果グリッドResults Grid 高コントラスト モードの (選択された行番号が表示されない) 問題を修正しました。Fixed an issue that was causing the in High Contrast mode (selected line numbers not visible).
結果グリッドResults Grid グリッドをクリックすると "インデックスが範囲外です" となる問題を修正しました。Fixed an issue, which resulted in an "Index out of range" exception when clicking on the grid.
結果グリッドResults Grid グリッド結果の背景色が無視される問題を修正しました。Fixed an issue where the grid result background color was being ignored. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32895916 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32895916.
プラン表示ShowPlan 複数のスレッドが存在する場合、新しい memory grant 演算子プロパティが正しく表示されません。New memory grant operator properties display incorrectly when there is more than one thread.
プラン表示ShowPlan 実際の実行プラン xml の RunTimeCountersPerThread に、次の 4 つの属性を追加しました。HpcRowCount (hpc デバイスが処理した行数)、HpcKernelElapsedUs (使用中のカーネルの実行待機の経過時間)、HpcHostToDeviceBytes (ホストからデバイスに転送されたバイト数)、および HpcDeviceToHostBytes (デバイスからホストに転送されたバイト数)。Add the following 4 attributes in RunTimeCountersPerThread of actual execution xml plan: HpcRowCount (Number of rows processed by hpc device), HpcKernelElapsedUs (elapsed time wait for kernel execution in use), HpcHostToDeviceBytes (bytes transferred from host to device), and HpcDeviceToHostBytes (bytes transferred from device to host).
プラン表示ShowPlan 類似するプラン ノードが誤った位置で強調表示される問題を修正しました。Fixed an issue where the similar plan nodes are highlighted in the wrong position.
SMOSMO SMO/ServerConnection で SqlCredential ベースの接続が正しく行われない問題を修正しました。Fixed an issue where SMO/ServerConnection did not SqlCredential-based connections correctly. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33698941 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33698941.
SMOSMO SMO を使用して作成されたアプリケーションで、複数のスレッドで同じサーバーのデータベースを列挙しようとした場合に、各スレッドで別の SqlConnection インスタンスを使用していてもエラーが発生していた問題が修正されました。Fixed an issue where an application written using SMO would encounter an error if it tried to enumerate databases from the same server on multiple threads even though it uses separate SqlConnection instances on each thread.
SMOSMO 外部テーブルからの転送でのパフォーマンスの低下を修正しました。Fixed performance regression in Transfer from External Tables.
SMOSMO Azure をターゲットとする場合に、SMO で SqlConnection インスタンスのリークを引き起こしていた ServerConnection スレッド セーフでの問題を修正しました。Fixed issue in ServerConnection thread-safety, which was causing SMO to leak SqlConnection instances when targeting Azure.
SMOSMO 名前に中かっこが入っているデータベースを復元しようとすると、StringBuilder.FormatError を引き起こしていた問題を修正しました。Fixed an issue, which was causing a StringBuilder.FormatError when trying to restore a database, which had curly braces in its name.
SMOSMO SMO の Azure データベースが、文字列のすべての比較で、データベースに指定された照合順序を使用する代わりに、大文字と小文字が区別される照合順序を既定としていた問題を修正しました。Fixed an issue where Azure databases in SMO were defaulting to Case-Insensitive collation for all string comparisons instead of using the specified collation for the database.
SSMS エディターSSMS Editor "SQL システム テーブル" の問題を修正しました。この問題で、既定の色を復元すると、既定の緑色ではなく、ライム グリーン色に変わり、白い背景では読みにくくなります。Fixed an issue where "SQL System Table" where restoring the default colors was chancing the color to lime green, rather than the default green, making it hard to read on a white background. 詳細については、「Restoring wrong default color for SQL System Table」 (SQL システム テーブルの不適切な既定の色を復元する) を参照してください。For details, see Restoring wrong default color for SQL System Table. この問題は、英語以外のバージョンの SSMS では引き続き発生します。The issue still persists on non-English versions of SSMS.
SSMS エディターSSMS Editor AAD 認証を使用して Azure SQLDW に接続したときに IntelliSense が動作しない問題を修正しました。Fixed issue where intellisense wasn't working when connected to Azure SQLDW using AAD authentication.
SSMS エディターSSMS Editor ユーザーがマスター データベースへのアクセス権を持たない場合の Azure の IntelliSense が修正されました。Fixed intellisense in Azure when user lacks access to master database.
SSMS エディターSSMS Editor ターゲット データベースの照合順序で大文字と小文字が区別されているときに破損した "テンポラル テーブル" が作成されるコード スニペットを修正しました。Fixed code snippets to create "temporal tables", which were broken when the collation of the target database was case-sensitive.
SSMS エディターSSMS Editor 新しい TRANSLATE 関数が、Intellisense によって認識されるようになりました。New TRANSLATE function now recognized by intellisense. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898430 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898430.
SSMS エディターSSMS Editor 組み込み関数 FORMAT の Intellisense が改善されました。Improved intellisense on FORMAT built-in function. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898676 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898676.
SSMS エディターSSMS Editor LAG と LEAD が組み込み関数として認識されるようになりました。LAG and LEAD are now recognized as built-in functions. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898757 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898757.
SSMS エディターSSMS Editor "ALTER TABLE...ADD CONSTRAINT...WITH(ONLINE=ON)" の使用時に IntelliSense で警告が表示されていた問題を修正しました。Fixed an issue where intellisense was giving a warning when using "ALTER TABLE...ADD CONSTRAINT...WITH(ONLINE=ON)".
SSMS エディターSSMS Editor いくつかのシステム ビューおよびテーブル値関数が正しく色付けされない問題を修正しました。Fixed an issue where several system views and table values functions weren't properly colorized.
SSMS エディターSSMS Editor エディターのタブをクリックすると、タブにフォーカスが移る代わりに閉じてしまうことがある問題を修正しました。Fixed an issue where clicking on editor tabs could cause the tab to be closed instead of getting the focus. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37291114 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/37291114.
SSMS のオプションSSMS Options [ツール] > [オプション] > [SQL Server オブジェクト エクスプローラー] > [コマンド] ページのサイズが正しく調整されない問題を修正しました。Fixed an issue where Tools > Options > SQL Server Object Explorer > Commands page wasn't resizing properly.
SSMS のオプションSSMS Options SSMS では既定で、XMLA エディターでの DTD の自動ダウンロードが無効化されるようになります。(xml 言語サービスを使用する) XMLA スクリプト エディターでは既定で、悪意がある可能性のある xmla ファイルの DTD が自動的にダウンロードされないようになります。SSMS will now by default disable automatic download of DTD in XMLA editor -- XMLA script editor (which uses the xml language service) will by default now prevent automatically downloading the DTD for potentially malicious xmla files. これは、 [ツール] > [オプション] > [環境] > [テキスト エディター] > [XML] > [その他] で [DTD とスキーマを自動的にダウンロードする] 設定をオフにすることで制御されます。This is controlled by turning off the “Automatically download DTDs and Schemas” setting in Tools > Options > Environment > Text Editor > XML > Miscellaneous.
SSMS のオプションSSMS Options 以前のバージョンの SSMS にあった CTRL + D のショートカットを復元しました。Restored CTRL+D to be the shortcut as it used to be in older version of SSMS. 詳細については、https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/35544754 を参照してください。For details, see https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/35544754.
テーブル デザイナー (Table Designer)Table Designer "200 行の編集" 時のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in "Edit 200 rows".
テーブル デザイナー (Table Designer)Table Designer Azure SQL Database に接続したときにデザイナーがテーブルを追加できていた問題を修正しました。Fixed an issue where the designer was allowing to add a table when connected to an Azure SQL database.
脆弱性評価Vulnerability Assessment スキャン結果が適切に読み込まれない問題を修正しました。Fixed an issue where the scan results are not being loaded properly.
XEventXEvent 読み込みできる文字列としてアクション ID フィールドとクラスの型フィールドを示す 2 つの列 "action_name" と "class_type_desc" が追加されました。Added two columns "action_name" and "class_type_desc" that show action ID and class type fields as readable strings.
XEventXEvent 1,000,000 イベントのイベント XEvent Viewer 上限を削除しました。Removed the event XEvent Viewer cap of 1,000,000 events.
XEvent プロファイラーXEvent Profiler 96 コアの SQL Server に接続したときに XEvent Profiler が起動できなかった問題を修正しました。Fixed an issue where XEvent Profiler failed to launch when connected to a 96-core SQL Server.
XEvent ビューアーXEvent Viewer "拡張イベントのツールバー オプション" を使用してイベントをグループ化しようとすると、XEvent ビューアーがクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue where XEvent Viewer was crashing when trying to group the events using the "Extended Event Toolbar Options".

18.0 で非推奨とされた、または削除された機能Deprecated and removed features in 18.0

非推奨とされた、または削除された機能Deprecated / Removed Features

  • T-SQL デバッガーT-SQL Debugger
  • データベース ダイアグラムDatabase Diagrams
  • 次のツールは、SSMS でインストールされなくなりました。The following tools are no longer installed with SSMS:
    • OSQL.EXEOSQL.EXE
    • DReplay.exeDReplay.exe
    • SQLdiag.exeSQLdiag.exe
    • SSBDiagnose.exeSSBDiagnose.exe
    • bcp.exebcp.exe
    • sqlcmd.exesqlcmd.exe
  • Configuration Manager ツール:Configuration Manager tools:
    • SQL Server Configuration Manager と Reporting Server Configuration Manager のどちらも SSMS セットアップに含まれなくなりました。Both SQL Server Configuration Manager and Reporting Server Configuration Manager are not part of SSMS setup anymore.
  • DMF の標準ポリシーDMF Standard Policies
    • SSMS でポリシーはインストールされなくなりました。The policies are not installed with SSMS anymore. これらは Git に移動されます。They will be moved to Git. ユーザーは必要に応じて投稿し、ダウンロード/インストールすることができるようになります。Users will be able to contribute and download/install them, if they want to.
  • SSMS コマンド ライン オプション -P が削除されましたSSMS command-line option -P removed
    • セキュリティに関する懸案事項であるため、コマンド ラインでクリア テキストのパスワードを指定するオプションが削除されました。Due to security concerns, the option to specify clear-text passwords on the command line was removed.
  • [スクリプトの生成] > [Web サービスにパブリッシュ] が削除されましたGenerate Scripts > Publish to Web Service removed
    • この非推奨の機能は SSMS UI から削除されました。This deprecated feature was removed from the SSMS UI.
  • オブジェクト エクスプローラーでノード [メンテナンス] > [レガシ] が削除されました。Removed node "Maintenance > Legacy" in Object Explorer.
    • 非常に古い ''データベース メンテナンス プラン'' と ''SQL メール'' ノードにはアクセスできなくなりました。The really old "Database Maintenance Plan" and "SQL Mail" nodes won't be accessible anymore. 新しい [データベース メール] と [メンテナンス プラン] ノードは、引き続き通常どおり動作します。The modern "Database Mail" and "Maintenance Plans" nodes will continue to work as usual.

既知の問題 (18.0)Known issues (18.0)

  • バージョン 18.0 のインストールでは、SQL Server Management Studio を実行できないため、問題が発生する可能性があります。You might encounter an issue installing version 18.0, where you cannot run SQL Server Management Studio. この問題が発生した場合は、「SSMS2018 - Installed, but will not run」 (SSMS2018 - インストールされたが起動しない) の記事の手順に従ってください。If you encounter this issue, please follow the steps from the SSMS2018 - Installed, but will not run article.

  • SSMS の結果から表示されるデータのサイズには、グリッド、テキスト、またはファイルに制限があります。There is a limitation on the size of the data you see from SSMS results shown in grid, text, or file

  • 複数のクエリ ウィンドウを切り替えると再描画の問題が発生します。There are redraw issues when switching between multiple query windows. 詳細については、「UserVoice」を参照してください。See UserVoice for more details. この問題を回避するには、[ツール] > [オプション] でハードウェア アクセラレータを無効にします。A workaround for this issue is to disable hardware acceleration under Tools > Options.

SSMS 17.9.1 のダウンロードdownload SSMS 17.9.1

  • リリース番号:17.9.1Release number: 17.9.1
  • ビルド番号:14.0.17289.0Build number: 14.0.17289.0
  • リリース日:2018 年 11 月 21 日Release date: November 21, 2018

17.9.1 は 17.9 に対する小規模な更新であり、次のバグが修正されています。17.9.1 is a small update to 17.9 with the following bug fixes:

  • "Azure Active Directory - Universal with MFA のサポート" 認証を SQL クエリ エディターと共に使用すると、クエリを呼び出すたびに接続が終了し、再び開かれることがある、という問題を修正しました。Fixed an issue where users may experience their connection being closed and reopened with each query invocation when using "Azure Active Directory - Universal with MFA support" authentication with the SQL query editor. 接続が終了する副作用として、グローバル一時テーブルが予期せず削除されること、また場合によって接続に新しい SPID が付与されることがあります。Side effects of the connection closing included global temporary tables being dropped unexpectedly, and sometimes a new SPID given to the connection.
  • 復元プランが復元プランを発見できない、または特定の条件下で非効率的な復元プランが生成されるという、長いあいだ未解決であった問題を修正しました。Fixed a long outstanding issue where restore plan would fail to find a restore plan, or would generate an inefficient restore plan under certain conditions.
  • Azure SQL データベースへの接続時にエラーが発生する原因であった "データ層アプリケーションのインポート" ウィザードでの問題を修正しました。Fixed an issue in the "Import Data-tier Application" wizard, which could result in an error when connected to an Azure SQL database.

注意

SSMS 17.x の英語以外のローカライズされたリリースでは、次のものにインストールする場合、KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージが必要です:Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2。Non-English localized releases of SSMS 17.x require the KB 2862966 security update package if installing on: Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

中国語 (簡体字)| 中国語 (繁体字)| 英語 (米国)| フランス語| ドイツ語| イタリア語| 日本語| 韓国語| ポルトガル語 (ブラジル)| ロシア語| スペイン語Chinese (Simplified)| Chinese (Traditional)| English (United States)| French| German| Italian| Japanese| Korean| Portuguese (Brazil)| Russian| Spanish

ダウンロード SSMS 16.5.3download SSMS 16.5.3

一般公開 | ビルド番号:13.0.16106.4Generally available| Build number: 13.0.16106.4

中国語 (簡体字)| 中国語 (繁体字)| 英語 (米国)| フランス語| ドイツ語| イタリア語| 日本語| 韓国語| ポルトガル語 (ブラジル)| ロシア語| スペイン語Chinese (Simplified)| Chinese (Traditional)| English (United States)| French| German| Italian| Japanese| Korean| Portuguese (Brazil)| Russian| Spanish

このリリースでは次の問題が修正されました。The following issues were fixed this release:

  • SSMS 16.5.2 で、テーブルに複数のスパース列がある場合に 'Table' ノードが拡張される原因となっていた問題が修正されました。Fixed an issue introduced in SSMS 16.5.2, which was causing the expansion of the 'Table' node when the table had more than one sparse column.

  • ユーザーは、SSIS カタログに、Microsoft Dynamics AX/CRM Online のリソースに接続される OData 接続マネージャーを含む SSIS パッケージを展開できます。Users can deploy SSIS packages containing OData Connection Manager, which connect to a Microsoft Dynamics AX/CRM Online resource to SSIS catalog. 詳細については、「OData 接続マネージャー」を参照してください。For more information, For details, see OData Connection Manager.

  • 関連付けられていないオブジェクトで既存のテーブルに対して Always Encrypted を構成すると、エラーが発生して実行できない (Configuring Always Encrypted on an existing table fails with errors on unrelated objects. Connect ID 3103181 を参照)。Connect ID 3103181

  • 複数のスキーマを持つ既存のデータベースに対して Always Encrypted を構成できない (Configuring Always Encrypted for an existing database with multiple schemas doesn't work. Connect ID 3109591 を参照)。Connect ID 3109591

  • データベースにシステム ビューを参照するビューが含まれているため、Always Encrypted の暗号化された列ウィザードでエラーが発生する (The Always Encrypted, Encrypted Column wizard fails due to the database containing views that reference system views. Connect ID 3111925 を参照)。Connect ID 3111925

  • Always Encrypted を使用して暗号化する場合、暗号化が正しく処理されていない状態でモジュールを更新するとエラーが発生する。When encrypting using Always Encrypted, errors from refreshing modules after encryption are incorrectly handled.

  • [最近使用した項目を開く] メニューに、最近保存したファイルが表示されない (Open recent menu doesn't show recently saved files. Connect ID 3113288 を参照)。Connect ID 3113288

  • テーブルのインデックスを右クリックすると SSMS の動作が遅くなる (リモート (インターネット) 接続経由の場合)。SSMS is slow when right-clicking an index for a table (over a remote (Internet) connection). Connect ID 3114074 を参照)。Connect ID 3114074

  • SQL デザイナーのスクロール バーの問題が修正されました (Fixed an issue with the SQL Designer scrollbar. Connect ID 3114856 を参照)。Connect ID 3114856

  • テーブルのコンテキスト メニューがすぐにハングする。Context menu for tables momentarily hangs

  • SSMS で利用状況モニターの例外がスローされ、クラッシュする場合がある (SSMS occasionally throws exceptions in Activity Monitor and crashes. Connect ID 697527 を参照)。Connect ID 697527

  • ".NET ランタイムの内部エラーにより、処理が中止されました。IP 71AF8579 (71AE0000)、終了コード 80131506" という内容のエラーで SSMS 2016 がクラッシュする。SSMS 2016 crashes with error "The process was terminated due to an internal error in the .NET Runtime at IP 71AF8579 (71AE0000) with exit code 80131506"

SSMS 17.x をアンインストールおよび再インストールするUninstall and reinstall SSMS 17.x

SSMS のインストールで問題があり、標準のアンインストールと再インストールでは解決されない場合、最初に Visual Studio 2015 IsoShell の修復をお試しください。If your SSMS installation is having problems, and a standard uninstall and reinstall doesn't resolve them, you can first try repairing the Visual Studio 2015 IsoShell. Visual Studio 2015 IsoShell の修復で問題が解決しない場合、多数のランダムな問題は次の手順で修正されることが確認されています。If repairing the Visual Studio 2015 IsoShell doesn't resolve the problem, the following steps have been found to fix many random issues:

  1. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、SSMS をアンインストールします (Windows のバージョンに応じて [アプリと機能][プログラムと機能] を使用する)。Uninstall SSMS the same way you uninstall any application (using Apps & features, Programs, and features, depending on your version of Windows).

  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell をアンインストールします。Uninstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /Uninstall /Force /PromptRestart

  3. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージをアンインストールします。Uninstall Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable the same way you uninstall any application. コンピューター上に x86 と x64 がある場合は、両方ともアンインストールします。Uninstall both x86 and x64 if they're on your computer.

  4. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell を再インストールします。Reinstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /PromptRestart

  5. SSMS を再インストールします。Reinstall SSMS.

  6. 最新バージョンでない場合は、最新バージョンの Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージにアップグレードします。Upgrade to the latest version of the Visual C++ 2015 Redistributable if you're not currently up-to-date.

追加のダウンロードAdditional Downloads

すべての SQL Server Management Studio ダウンロードの一覧については、「Microsoft ダウンロード センター」を検索してください。For a list of all SQL Server Management Studio downloads, search the Microsoft Download Center.

SQL Server Management Studio の最新リリースについては、「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」を参照してください。For the latest release of SQL Server Management Studio, For details, see Download SQL Server Management Studio (SSMS).