Service Manager Authoring Tool の Woodgrove bank のカスタマイズサンプルシナリオWoodgrove Bank customization sample scenario for the Service Manager Authoring Tool

重要

このバージョンの Service Manager はサポート終了に達したため、 Service Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Service Manager 2019.

Service Manager Authoring Tool のステップバイステップの手順に実際のコンテキストを提供するために、Woodgrove bank という - - 架空の企業によって行わ - れる架空のシナリオを作成しました。To provide real-world context to the step-by-step procedures for the Service Manager Authoring Tool, we have created a fictitious scenario that takes place at a fictitious company, Woodgrove Bank.

この Woodgrove Bank のカスタマイズ事例では、組織で必要とされる新しいコンプライアンス変更要求プロセスを導入するために、Woodgrove Bank のサーバー アプリケーション開発者である Ken Myer が既定の変更管理プロセスを簡単に拡張する過程を紹介します。The Woodgrove Bank customization scenario illustrates how Ken Myer, a server application developer for Woodgrove Bank, can easily extend the default change management process to support a new compliance change request process that the organization needs. 新しいコンプライアンス変更要求プロセスは、新しいコンピューターを Active Directory Domain Services AD DS 内のグループに自動的に追加して、 (   ) グループソフトウェアポリシーが新しいコンピューターに適用されるようにします。The new compliance change request process will automatically add new computers to groups in Active Directory Domain Services (AD DS) so that the group software policies apply to the new computers.

注意

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例の一部の手順は、Service Manager の Service Manager コンソールの標準使用に依存しています。Some procedures in the Woodgrove Bank customization scenario rely on standard usage of the Service Manager console in Service Manager. これらの一般的な手順の詳細は、このガイドでは省略しています。This guide does not provide details for these common procedures.

変更管理プロセスの拡張は多数の段階を踏みますが、Ken が検討する必要がある主要事項は次の 4 点です。以降では、この 4 点について説明します。Although there are many steps in extending the change management process, Ken has to think about four main things, which are described in the following sections.

新しいカスタムアクティビティの作成Create new custom activity

標準の変更要求は、既定のレビュー活動と既定の手作業の活動の 2 つの活動で構成されています。A standard change request consists of two activities, a default review activity, and a default manual activity. 新しいコンプライアンス変更要求プロセスでは、最初に既定のレビュー活動を実行しますが、2 番目はカスタムの活動を実行する必要があります。In the new compliance change request process, Ken will perform the default review activity first, but the second activity is customized. Ken は、Windows Workflow Foundation WF ワークフローを使用して ( ) コンピューターを Active Directory グループに自動的に追加する新しい変更要求活動を作成し   ます。Ken will create a new custom change request activity that uses a Windows Workflow Foundation (WF) workflow to automatically add a computer to an Active Directory group. この変更要求プロセスを自動化すると、変更が承認された後はユーザーの関与なしで変更が完了します。Automating this change request process means that after the change is approved, the change will be completed without further user interaction. このカスタム活動項目が、新しいコンプライアンス変更要求プロセスの中核になります。The custom activity is at the core of the new compliance change request process.

追加のカスタムオブジェクトの作成Create additional custom objects

さらに、Ken は、新しい種類の活動をサポートする新しいカスタム オブジェクト (テンプレート、キュー、ビューなど) を作成します。Additionally, Ken will create new custom objects, such as a template, a queue, and a view to support working with the new type of activity. 電子メールによる通知を使用できる環境では、事例の最後で、活動が完了したことを知らせる電子メールを送信する電子メール通知を構成することもできます。If email notifications are configured in the environment, in the final steps of the scenario, Ken can configure email notifications to send confirmation email messages after the activity is complete.

管理パックにカスタムオブジェクトを保存するSave custom objects in a management pack

Ken は、カスタムオブジェクトを [自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] 管理パックに保存します。これにより、これらのオブジェクトを Service Manager コンソールと Service Manager Authoring Tool の間で転送できるようになります。Ken saves the custom objects to the Automated Activity: Add Computer to AD Group management pack so that he can transfer these objects between the Service Manager console and the Service Manager Authoring Tool.

カスタマイズしたプロセスを使用するUse the customized process

Ken がカスタム管理パックを Service Manager にインポートして、必要なすべてのカスタム オブジェクトを作成すると、コンプライアンス変更要求で新しいプロセスを使用できるようになります。Eventually, after Ken imports the custom management pack into Service Manager and completes the creation of all the necessary custom objects, he can use the new process for compliance change requests. 新しいコンプライアンス変更要求を作成して、ADComputer1 コンピューターを GP _ authapps AD DS グループに追加します。He creates a new compliance change request to add the ADComputer1 computer to the GP_AUTHAPPS AD DS group. 後は、このプロセスを監視して、新しいコンピューターがグループに正常に追加されたことを確認します。He can then monitor the process to confirm that the new computer is successfully added to the group.

カスタマイズシナリオの前提条件Prerequisites for the customization scenario

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例の手順を行うには、次の条件を満たしている必要があります。The Woodgrove Bank customization scenario has the following prerequisites:

  • System Center-Service Manager が環境にインストールされている必要があります。System Center - Service Manager must be installed in your environment.
  • System Center-Service Manager Authoring Tool が環境にインストールされている必要があります。The System Center - Service Manager Authoring Tool must be installed in your environment.
  • このシナリオでは、Active   Directory ドメインサービス AD DS 内のグループにコンピューターを追加するワークフローを作成するため、Service Manager のワークフローアカウントは Domain Administrators グループのメンバーである必要があり (   ) ます。The Workflow Account in Service Manager must be a member of the Domain Administrators group because this scenario involves creating a workflow that adds a computer to a group in Active Directory Domain Services (AD DS). ワークフローアカウントは、Service Manager Server セットアップウィザードで指定します。You specify the Workflow Account in the Service Manager Server Setup Wizard.

Authoring Tool のインストールフォルダーには、Woodgrove Bank のカスタマイズ事例に必要な次のファイルを含む Samples サブフォルダーが含まれています。The Authoring Tool's installation folder includes a Samples subfolder that contains the following files, which are required for the Woodgrove Bank customization scenario.

ファイルFile 説明Description
Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xmlWoodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml Woodgrove Bank のカスタマイズ サンプル事例で使用するクラス定義を含む管理パック。A management pack that contains class definitions that are used in the Woodgrove Bank customization sample scenario.
AddComputerToGroupFormAssembly.dllAddComputerToGroupFormAssembly.dll Woodgrove Bank のカスタマイズ サンプル事例で使用する自動活動フォームの実装。The implementation of an automated activity form that is used in the Woodgrove Bank customization sample scenario.
Woodgrovebank.jpgWoodgrovebank.jpg Woodgrove Bank のカスタマイズ サンプル事例のフォームのカスタマイズで使用するイメージ。An image that is used for form customization in the Woodgrove Bank customization sample scenario.
新しい -mpbfile.ps1New-mpbfile.ps1 関連するリソースファイルと共に管理パックを Service Manager にインポートできる mpb ファイルにバンドルするために使用される Windows PowerShell スクリプト。A Windows PowerShell script that is used to bundle a management pack with its associated resource files into an .mpb file that can then be imported into Service Manager. リソース ファイルには、イメージやフォームなどのアイテムを含めることができます。Resource files can include items such as images and forms.

手順 1-管理パックを開くStep 1 - Open the management pack

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例の主な目的は、 ( ) Active   Directory ドメインサービス ( AD DS 内のグループにコンピューターを自動的に追加する Windows Workflow Foundation WF ワークフローを   トリガーする新しいカスタム活動項目を作成することです ) 。The primary goal of the Woodgrove Bank customization scenario is to create a new custom activity that triggers a Windows Workflow Foundation (WF) workflow that automatically adds a computer to a group in Active Directory Domain Services (AD DS).

この新しいアクティビティを作成するには、Ken は、基本 アクティビティ クラスから派生した新しいアクティビティクラスを追加することによって、Service Manager クラスライブラリを拡張する必要があります。To create this new activity, in this step of the scenario Ken must extend the Service Manager class library by adding a new activity class that is derived from the base Activity class. このカスタムクラスには、基本アクティビティクラスのすべてのプロパティと、 ComputerNameGroupNameという2つの新しいプロパティが含まれています。This custom class includes all of the properties of the base activity class and two new properties, ComputerName and GroupName. これらの新しいプロパティは、追加するコンピューターと、コンピューターを追加する Active   Directory グループを識別します。These new properties identify the computer you are adding and the Active Directory group to which you are adding the computer. Ken は、新しい [自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] 活動を表すSystem. addcomputerformフォームを定義する必要もあります。Ken also needs to define the System.AddComputerForm form that will represent the new Automated Activity: Add Computer to AD Group activity.

必要なクラスアクティビティとそれに関連付けられているフォームは、既に Woodgrove... AddComputerToADGroupMP 管理パックで定義されています。The necessary class activity and its associated form are already defined in the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP management pack. そのため、Woodgrove Bank のカスタマイズ事例を開始するために、Ken は Service Manager Authoring Tool で woodgrove. AddComputerToADGroupMP 管理パックを開きます。Therefore, to start the Woodgrove Bank customization scenario, Ken opens the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP management pack in the Service Manager Authoring Tool. 次に、Ken は、[クラスブラウザー ] ウィンドウの [自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] クラスを調べます。Then, Ken explores the Automated Activity: Add Computer to AD Group class in the Class Browser pane.

Ken は Authoring Tool を使用して、次の手順を実行して、[自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] 活動とそれに関連付けられているフォームを定義する、 AddComputerToADGroupMP管理パックを開きます。Ken uses the Authoring Tool to complete the following procedure to open the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP management pack that defines the Automated Activity: Add Computer to AD Group activity and its associated form.

管理パックを開くにはTo open the management pack

  1. Authoring Tool を開始します。Start the Authoring Tool.
  2. [ ファイル]、[ 開く] の順にポイントし、[ ファイル] をクリックします。Click File, point to Open, and then click File.
  3. [ ファイルを開く ] ダイアログボックスで、 Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml ファイルをクリックして管理パックを開きます。In the Open File dialog box, click the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml file to open the management pack.

"自動活動: コンピューターの AD グループへの追加" クラスを展開するにはTo explore the "Automated Activity: Add Computer to AD Group" class

  1. Authoring Tool で、 クラスブラウザー が表示されていない場合は、[ 表示] をクリックし、[ クラスブラウザー] をクリックします。In the Authoring Tool, if the Class Browser is not visible, click View, and then click Class Browser.
  2. [ 自動活動: コンピューターの AD グループへの追加 ] クラスを探して展開し、[ ComputerName ] や [ GroupName] などのクラスプロパティを表示します。Locate and expand the Automated Activity: Add Computer to AD Group class, and then view the class properties, such as ComputerName and GroupName.

手順 2-既定の変更要求フォームをカスタマイズするStep 2 - Customize the default change request form

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例の 2 番目のステップは、既定の変更要求フォーム (Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Forms.ChangeRequestForm) をカスタマイズすることです。The second step in the Woodgrove Bank customization scenario is to customize the default Change Request form, which is Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Forms.ChangeRequestForm. Ken は、フォームのいくつかのフィールドの配置を変更して、Woodgrove Bank のロゴを追加することを検討しています。Ken wants to rearrange some fields on the form and then add the Woodgrove Bank logo. 開始する前に、Ken は、フォームのフィールドを表示して、選択したプロパティに応じて値がどのように変化するかを確認します。Before Ken starts, he views the fields in the form to see how the values change according to the properties that are selected.

次に、Ken は、Service Manager Authoring Tool で ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp 管理パックファイルを開き、フォームをカスタマイズして、管理パックファイルを保存します。Next, Ken opens the ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp management pack file in the Service Manager Authoring Tool, he customizes the form, and then saves the management pack file. その後、カスタマイズした管理パックを Service Manager コンソールにインポートする必要があります。Later, he must import the customized management pack into the Service Manager console.

System.AddComputerForm フォームを表示するにはTo view the System.AddComputerForm form

  1. 作成ツールの [管理パックエクスプローラー ] ウィンドウで、[フォーム] を展開します。In the Authoring Tool, expand Forms in the Management Pack Explorer pane. [System.servicemodel] フォーム - フォームを右クリックし、 System.AddComputerForm [カスタマイズ] をクリックして、作成ウィンドウでフォームを開きます。Right-click the System.AddComputerForm form, and then click Customize to open the form in the authoring pane.
  2. [作成] ウィンドウで、[ 詳細 ] ウィンドウが表示されていることを確認します。In the authoring pane, ensure that the Details pane is visible. 表示されていない場合は、[ 表示] をクリックし、[ 詳細ウィンドウ] をクリックします。If it is not visible, click View, and then click Details Window.
  3. フォーム上のフィールドを選択します。Select a field on the form. [ 詳細 ] ウィンドウのプロパティは、選択したフィールドにバインドされている [クラス] プロパティに従って更新されることに注意してください。Note that the properties in the Details pane are updated according to the class property that is bound to the field that you selected. 詳細ウィンドウの [バインドパス] エントリに注意してください。Note the Binding Path entry in the Details pane. フォームのフィールドが表すプロパティを示します。This entry indicates the property that the field in the form represents.

既定の変更要求フォームをカスタマイズするにはTo customize the default Change Request form

  1. Authoring Tool で、[ ファイル] をクリックし、[ 開く] をポイントして、[ ファイル] をクリックします。In the Authoring Tool, click File, point to Open, and then click File. [ ファイルを開く ] ダイアログボックスで、 ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp 管理パックを見つけます。In the Open File dialog box, locate the ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp management pack. たとえば、次の場所にあります。For example, the path to the management pack might be as follows:
    D: \ Program Files ( X86 ) \ Microsoft System Center \ Service Manager <version> Authoring \ Library \ ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp。D:\Program Files (x86)\Microsoft System Center\Service Manager <version> Authoring\Library\ServiceManager.ChangeManagement.Library.mp.
    管理パックを選択し、[ 開く] をクリックします。Select the management pack, and then click Open.
  2. [管理パックエクスプローラー] で、 **Service Manager 変更管理ライブラリの ( 封印 ) **された管理パックをクリックし、[フォーム] を展開します。In the Management Pack Explorer, click the Service Manager Change Management Library (sealed) management pack, and then expand Forms. - ChangeRequestFormで終わるフォームを右クリックし、[カスタマイズ] をクリックします。Right-click the form that ends with ChangeRequestForm, and then click Customize.
  3. [ ターゲット管理パック ] ダイアログボックスで、[ WoodGrove 自動活動の - コンピューターの AD グループへの追加 ] 管理パックを選択し、[ OK] をクリックします。In the Target Management Pack dialog box, select the WoodGrove Automated Activity - Add Computer To AD Group management pack, and then click OK.
    新しいフォーム項目が [ ** - コンピューターの AD グループへの追加]** 管理パックに表示されるようになりました。A new form item now appears in the Automated Activity - Add Computer To AD Group management pack. 新しいフォームの名前は、EnterpriseManagement. ServiceManager. ChangeManagement によって** ( カスタマイズ ) **されます。The name of the new form is Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Forms.ChangeRequestForm (Customized).
  4. -新しいフォームアイテムを右クリックし、[カスタマイズ] をクリックして [作成] ウィンドウで開きます。Right-click the new form item, and then click Customize to open it in the authoring pane.
  5. 作成ウィンドウで、フィールドをドラッグしてフォーム上の位置を変更し、フォームの外観をカスタマイズします。In the authoring pane, customize the look of the form by dragging fields and rearranging their location on the form.
  6. [ 表示] をクリックし、[ フォームカスタマイズツールボックス] をクリックします。Click View, and then click Form Customization Toolbox.
  7. [フォームカスタマイズツールボックス] の [イメージ] アイコンをフォームにドラッグします。Drag the Image icon from the Form Customization Toolbox to the form.
  8. [ イメージの挿入 ] ダイアログボックスで、 Woodgrovebank.jpg ファイルのパスを指定します。In the Insert Image dialog box, specify the path of the Woodgrovebank.jpg file.
  9. [ ファイル] をクリックし、[ すべて保存 ] をクリックしてカスタム管理パックを保存します。Click File, and then click Save All to save the custom management pack.

手順 3-WF ワークフローを作成するStep 3 - Create the WF workflow

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの手順では、Ken が、変更要求のカスタム活動をサポートするワークフローを作成します。In this step of the Woodgrove Bank customization scenario, Ken creates the workflow that supports the custom activity for change requests. Windows Workflow Foundation WF ワークフローを設計するために ( ) 、Ken は次の要素を考慮します。To design the Windows Workflow Foundation (WF) workflow, Ken considers the following factors:

  • ワークフローはいつ実行するべきか。When should the workflow run? ワークフローは、該当する変更要求が承認されたときに開始する必要があります。The workflow should start when the applicable change request is approved.

  • ワークフローで何の処理を行うか。What does the workflow need to do? ワークフローは Active Directory Domain Services AD DS 内のグループにコンピューターを追加 (   ) してから、自動活動の状態を "完了" に変更する必要があります。The workflow needs to add a computer to a group in Active Directory Domain Services (AD DS), and then change the status of the automated activity to "Complete."

  • ワークフローに必要な情報は何か。What information does the workflow need? 変更要求は、使用する特定のコンピューターおよびグループに関する情報を提供します。The change request provides information about the specific computer and group to use. ワークフローアクティビティのプロパティは、変更要求に関連付けられている Service Manager アクティビティから変更要求情報を取得できます。Properties of the workflow activities can retrieve the change request information from the Service Manager activity that is associated with the change request.

    Ken が新しいワークフローを作成して実装するには、以下の手順に従います。To create and implement his new workflow, Ken follows the steps in the rest of this section. 彼は、「手順 1: woodgrove.......... AddComputerToADGroupMP 管理パックを開く」で説明されているように、 Woodgrove. AddComputerToGroupMP管理パックを使用します。He uses the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP management pack, as described in Step 1: Open the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP Management Pack. 以下の手順では、この管理パックが Service Manager Authoring Tool で開いていることを想定しています。These procedures assume that this management pack is still open in the Service Manager Authoring Tool.

新しいワークフローの作成Create a New Workflow

Ken は、この手順を使用して、" Addcomputertoadgroupwf " という名前のワークフローを Woodgrove. Addcomputertoadgroupwf 管理パックに作成します。Ken uses this procedure to create a workflow named AddComputerToADGroupWF in the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP management pack.

新しいワークフローを作成するにはTo create the new workflow

  1. Authoring Tool が開いていない場合は、作成ツールを起動します。デスクトップで [ スタート] をクリックし、[ Service Manager Authoring Tool] をクリックして、authoring tool が開くまで待ちます。If the Authoring Tool is not open, start the Authoring Tool: On your desktop, click Start, click Service Manager Authoring Tool, and wait for the Authoring Tool to open.
  2. Woodgrove. AddComputerToADGroupMP管理パックが開いていない場合は、[ファイル] メニューの [開く] をポイントし、[ファイル] をクリックします。If the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToADGroupMP management pack is not open, open it: On the File menu, point to Open, and then click File. [ ファイルを開く ] ダイアログボックスで、[ Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml] をクリックし、[ 開く] をクリックします。In the Open File dialog box, click Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml, and then click Open.
  3. [管理パックエクスプローラー] で、[ワークフロー] を右クリックし、 - [作成] をクリックします。 WorkflowsIn the Management Pack Explorer, right-click Workflows, and then click Create.
  4. ワークフローの作成ウィザードの [全般 ] ページで、[ 名前 ] ボックスに「 Addcomputertoadgroupwf」と入力し、[ 次へ] をクリックします。On the General page of the Create Workflow Wizard, in the Name box, type AddComputerToADGroupWF, and then click Next.
  5. [ トリガーの条件 ] ページで [ データベース オブジェクトが指定された条件を満たす場合のみ実行する] をクリックして、[ 次へ] をクリックします。On the Trigger Condition page, click Run only when a database object meets specified conditions, and then click Next.
  6. [ トリガーの条件 ] ページで、[ クラス名] の [ 参照] をクリックします。On the Trigger Criteria page, under Class name, click Browse.
  7. [ クラスのプロパティ ] ダイアログボックスで、[ 自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] をクリックし、[ OK ] をクリックして [ トリガーの条件 ] ページに戻ります。In the Class Property dialog box, click Automated Activity: Add Computer To AD Group, and then click OK to return to the Trigger Criteria page.
  8. [ 変更イベント] の一覧で、[ クラスのインスタンスが更新されたとき] を選択し、[ 追加条件] をクリックします。Under Change event, in the list, select When an instance of the class is updated, and then click Additional Criteria.
  9. [追加条件の選択] ダイアログボックスで、[変更] タブをクリックし、[自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] クラスの [状態] プロパティを選択して、[追加] をクリックします。In the Pick additional criteria dialog box, click the Change To tab, select the Status property of Automated Activity: Add Computer To AD Group class, and then click Add.
  10. [条件] で、[ ** [ アクティビティの ] 状態が次の**値と等しい] を選択し、[**追加条件の選択**] ダイアログボックスで [ OK] をクリックします。Under Criteria, select [Activity] Status equals In Progress, and then, in the Pick additional criteria dialog box, click OK.
  11. ワークフローの作成ウィザードの [ トリガーの条件 ] ページで、[ 次へ] をクリックします。On the Trigger Criteria page of the Create Workflow Wizard, click Next.
  12. [ 概要 ] ページで新しいワークフローの設定を確認して、[ 作成] をクリックします。On the Summary page, review the settings for the new workflow, and then click Create. ウィザードが完了したら、[ 閉じる] をクリックします。After the wizard has completed, click Close.
  13. [ 管理パックエクスプローラー] で、 - 管理パックを右クリックし、[ 保存] をクリックします。In the Management Pack Explorer, right-click the management pack, and then click Save.

これらの手順に関する一般的な情報については、「 新しいワークフローを作成する方法 」および「 ワークフローを保存してビルドする方法」を参照してください。For general information about these steps, see How to Create a New Workflow and How to Save and Build a Workflow.

ワークフローの活動の追加Add the Workflow Activities

Ken は、次の手順を使用して、WF 活動を追加します。 AD DS コンピューターをグループに追加 し、 活動状態を完了に設定 して、ワークフローにします。Ken uses this procedure to add the WF activities Add AD DS Computer to Group and Set Activity Status to Completed to his workflow.

WF 活動をワークフローに追加するにはTo add WF activities to the workflow

  1. [ 管理パックエクスプローラー] で、[ ワークフロー] を展開し、[ - addcomputertoadgroupwf] を右クリックして、[ 編集] をクリックします。In the Management Pack Explorer, expand Workflows, right-click AddComputerToADGroupWF, and then click Edit.
  2. [ 活動ツールボックス ] ウィンドウで、[ Active Directory 活動 ] グループを見つけます。In the Activities Toolbox pane, locate the Active Directory Activities group.
  3. [ AD DS コンピューターをグループに追加 ] を作成ウィンドウにドラッグし、ワークフローの [開始] アイコンと [終了] アイコンの間にドロップします。Drag Add AD DS Computer to Group to the authoring pane, and drop it between the Workflow Start and End icons.
  4. [ 活動状態を完了に設定] をドラッグして、前の活動と [終了] アイコンの間にドロップします。Drag Set Activity Status to Completed, and drop it between the previous activity and the End icon.
    これらの手順に関する一般的な情報については、「 ワークフローにアクティビティを追加する方法」を参照してください。For general information about these steps, see How to Add an Activity to a Workflow.

活動プロパティの構成Configure the Activity Properties

Ken は、この手順を使用して AD DS、[コンピューターのグループへの追加] 活動の [コンピューター] プロパティと [グループ名] プロパティを設定し、[自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] プロパティの [コンピューター名]、[グループ名]、および [アクティビティ ID ] を変更要求から取得します。Ken uses this procedure to set the Computer Name and Group Name properties of the Add AD DS Computer to Group activity to retrieve the values of the Automated Activity: Add Computer To AD Group properties Computer Name, Group Name, and Activity ID from the change request. さらに、[ AD DS コンピューターをグループに追加] 活動の [コンピューターのドメイン名] プロパティを定数値に設定します。In addition, he sets the Computer Domain name property of the Add AD DS Computer to Group activity to a constant value.

活動プロパティを構成するにはTo configure the activity properties

  1. 詳細ウィンドウで、[コンピューター名] をクリックし、省略記号ボタンをクリックします。次に、 ( ... ) [クラスのプロパティを使用]、[ ComputerName]、[ OK] の順にクリックします。In the Details pane, click Computer Name, click the ellipsis button (...), click Use a class property, click ComputerName, and then click OK.
  2. [グループへのコンピューターの AD DS 追加] 活動の [詳細] ウィンドウで、[グループ名] をクリックし、省略記号ボタンをクリックして、 ( ... ) [クラスのプロパティを使用]、[ GroupName]、[ OK] の順にクリックします。In the Details pane for the Add AD DS Computer to Group activity, click Group Name, click the ellipsis button (...), click Use a class property, click GroupName, and then click OK.
  3. 詳細ウィンドウで、[コンピューターのドメイン名] をクリックし、テキストボックスに「 woodgrove.com」と入力します。In the Details pane, click Computer Domain name, and in the text box, type woodgrove.com.
  4. [作成] ウィンドウで、[ 活動状態を完了に設定 ] 活動をクリックします。In the authoring pane, click the Set Activity Status to Completed activity.
  5. [アクティビティ ID] をクリックし、 ( プロパティの横に表示される省略記号ボタン ([.. . ]) をクリックします。 )Click Activity ID, and click the ellipsis button (...) that appears next to the property. ダイアログボックスの左側にある [クラスプロパティを使用する] をクリックし、[プロパティ] の一覧で [ **ID ( Internal ) **] をクリックします。On the left side of the dialog box, click Use a class property, and then, in the property list, click ID (Internal). [OK] をクリックします。Click OK.
  6. [ 管理パックエクスプローラー] で、 - 管理パックを右クリックし、[ 保存] をクリックします。In the Management Pack Explorer, right-click the management pack, and then click Save.

これらの手順に関する一般的な情報については、「 トリガークラスの値を使用するように活動プロパティを設定する方法 」および「 アクティビティプロパティを定数値に設定する方法」を参照してください。For general information about these steps, see How to Set an Activity Property to Use a Value from the Trigger Class and How to Set an Activity Property to a Constant Value.

手順 4-Service Manager コンソールにアセンブリファイルを移動するStep 4 - Move the assembly files to the Service Manager console

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの手順では、System Center-Service Manager Ken は、ワークフローアセンブリファイルとフォームアセンブリファイルを Service Manager プログラムディレクトリに移動して、Service Manager コンソールでワークフローを使用する必要があります。In this step of the Woodgrove Bank customization scenario, in System Center - Service Manager Ken must move the workflow assembly file and the form assembly file to the Service Manager program directory to use the workflow with the Service Manager console.

ワークフローを Service Manager に配置する方法に関する一般的な情報については、「 Service Manager にワークフローを配置する方法」を参照してください。For general information about deploying a workflow to Service Manager, see How to Deploy a Workflow to Service Manager.

アセンブリ ファイルを移動するにはTo move the assembly files

  1. Windows エクスプローラーで、管理パックを保存したフォルダーを開き、 AddComputerToADGroupWF.dllAddComputerToGroupFormAssembly.dll ファイルをコピーします。In Windows Explorer, open the folder in which you saved the management pack, and copy the AddComputerToADGroupWF.dll and AddComputerToGroupFormAssembly.dll files.
  2. Service Manager インストールフォルダー ( (C: \ Program Files Microsoft System Center Service Manager など) を開き、 \ \ コピーし <version> ) たファイルをそのフォルダーに貼り付けます。Open the Service Manager installation folder (for example, C:\Program Files\Microsoft System Center\Service Manager <version>), and paste the copied files in that folder.

手順 5-カスタム管理パックをバンドルして Service Manager にインポートするStep 5 - Bundle and import the custom management pack to Service Manager

Woodgrove Bank カスタマイズ事例のこの手順では、管理パック ファイルを必要なすべてのリソース ファイルとバンドルし、バンドルしたファイルを Service Manager にインポートする必要があります。In this of the Woodgrove Bank customization scenario, Ken needs to bundle the management pack file with all the necessary resource files and then import the bundled file into Service Manager. Service Manager は、管理パックのインポート時に管理パック ファイルの XML コードを検証し、XML コードが有効な場合にのみ管理パックをインポートします。When Service Manager imports a management pack, it validates the XML code in the management pack file and then imports the management pack only if it is valid.

管理パック ファイルとそれに関連付けられているリソース ファイルをバンドルするにはTo bundle the management pack file with its associated resource files

  1. Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml ファイルとそれに関連付けられているリソース ファイル (Woodgrovebank.jpg イメージ ファイルや AddComputerToGroupFormAssembly.dll ファイルなど) が同じフォルダー内にあることを確認します。Ensure that the Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml file and its associated resource files, such as the Woodgrovebank.jpg image file and the AddComputerToGroupFormAssembly.dll file, are in the same folder. たとえば、すべてのファイルを AuthoringSample フォルダーに格納しておきます。For example, put all the files in the AuthoringSample folder.

  2. ファイルが格納されているフォルダーを Service Manager 管理サーバーにコピーします。Copy the folder that contains the files to the Service Manager management server.

  3. Windows   PowerShell コマンドレットの 新しい - scsmmanagementpackbundleを使用して、ファイルをバンドルします。Bundle the files using the Windows PowerShell cmdlet New-SCSMManagementPackBundle. 次に例を示します。For example:

    New-SCSMManagementPackBundle -Name AddComputerToGroup.mpb -ManagementPack Woodgrove.AutomatedActivity.AddComputerToGroupMP.xml   
    

管理パックを Service Manager にインポートするにはTo import the management pack into Service Manager

  1. Service Manager コンソールで、[管理] をクリックします。In the Service Manager console, click Administration.
  2. [ 管理 ] ウィンドウで [ 管理] を展開して、[ 管理パック] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, and then click Management Packs.
  3. [ タスク ] ウィンドウの [ 管理パック] の下にある [ 管理パックのインポート] をクリックします。In the Tasks pane, under Management Packs, click Import Management Pack.
  4. [ インポートする管理パックの選択 ] ダイアログボックスで、[ Addcomputertogroup. mpb] を選択します。In the Select Management Packs to Import dialog box, select AddComputerToGroup.mpb.
  5. [ 管理パックのインポート ] ダイアログボックスで [ 追加] をクリックし、[ インポート] をクリックして、[ OK] をクリックします。In the Import Management Packs dialog box, click Add, click Import, and then click OK.

手順 6-変更領域の列挙リストを拡張するStep 6 - Extend the change area enumeration list

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの手順では、Ken は、新しい変更要求の種類を表す新しいコンプライアンスリスト項目を追加することによって、変更領域の列挙リストを拡張します。In this step of the Woodgrove Bank customization scenario, Ken extends the Change Area Enumeration list by adding a new Compliance list item that represents the new change request type.

次の手順では、 - Service Manager コンソールで新しいリストアイテムを作成する手順について説明します。The following procedure provides only the high-level steps for creating a new list item in the Service Manager console. 新しいリスト項目を作成する手順の詳細については、「 リスト項目を追加する方法」を参照してください。For the complete procedure for creating a new list item, see How to Add a List Item.

新しいリスト アイテムを作成するにはTo create a new list item

  1. Service Manager コンソールで、編集するリストとして [ 領域の列挙を変更 する] を選択します。In the Service Manager console, select Change Area Enumeration as the list to edit.
  2. この一覧に追加する新しい値として コンプライアンス を指定します。Specify Compliance as the new value to add to this list.

手順 7-新しいタスクを作成するStep 7 - Create a new task

Ken がコンプライアンス変更要求を使用するときは、[Active Directory ユーザーとコンピューター] 管理ツールに簡単にアクセスできなければなりません。When Ken works with a compliance change request, he needs to easily access the Active Directory Users and Computers administrative tool.

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの手順では、このツールに簡単にアクセスできるように、Ken は新しいタスクを作成し、 ユーザーとコンピューターを Active Directory 開始します。In this step of the Woodgrove Bank customization scenario, to make it easy to access the tool, Ken creates a new task, Start Active Directory Users and Computers. このタスクを [ Woodgrove 自動活動-コンピューターのグループへの追加] 管理パックに保存します。He saves this task to the Woodgrove Automated Activity - Add Computer To Group management pack. これで Ken は、後で新しいタスクを使用してツールを開始できます。He can later use the new task to start the tool.

次の手順では、 - Service Manager コンソールで新しいタスクを作成する手順について説明します。The following procedure provides only the high-level steps for creating a new task in the Service Manager console. 新しいタスクを作成する手順の詳細については、「 タスクの作成方法」を参照してください。For the complete procedure for creating a new task, see How to Create a Task.

新しいタスクを作成するにはTo create a new task

  1. Service Manager コンソールで、[タスク名: ユーザーとコンピューターの起動 Active Directoryを指定します。In the Service Manager console, specify the task name: Start Active Directory Users and Computers.
  2. ターゲットクラス: 変更要求を指定します。Specify the target class: Change Request.
  3. このカスタマイズを保存する管理パックを指定します。 Service Manager 変更管理構成ライブラリSpecify the management pack in which to save this customization: Service Manager Change Management Configuration Library.
  4. タスクの表示カテゴリとして [ 変更管理フォルダータスク] を指定します。Specify the display category for the task: Change Management Folder Tasks.
  5. 次のコマンドを指定してください: % systemroot% \ system32 \mmc.exeSpecify the command: %systemroot%\system32\mmc.exe.
  6. [ このタスクが実行されたときに出力を表示 する] チェックボックスをオフにします。Clear the Show output when this task is run check box.

手順 8-新しいビューを作成するStep 8 - Create a new view

Woodgrove Bank のシナリオでカスタマイズを続行するために、Ken は 、コンプライアンスの種類の変更要求のみを表示するコンプライアンス変更要求ビューを作成します。To continue with the customizations in the Woodgrove Bank scenario, in this step Ken creates the Compliance Change Requests view that will display only change requests of the Compliance type. Ken は、新しいビューを Service Manager 変更管理構成ライブラリ 管理パックに保存します。Ken saves the new view to the Service Manager Change Management Configuration Library management pack. ユーザーは、Service Manager コンソールでこれらの変更要求を監視できます。Users can monitor these change requests in the Service Manager console.

新しいビューを作成するCreate a new view

  1. Service Manager コンソールで、[ 作業アイテム] をクリックします。In the Service Manager console, click Work Items.
  2. [ 作業アイテム ] ウィンドウで、[ 変更管理] を展開します。In the Work Items pane, expand Change Management.
  3. [ タスク ] ウィンドウで [ ビューの作成] をクリックします。In the Tasks pane, click Create View.
  4. [ビューの作成] ダイアログボックスの [全般] セクションで、[名前] ボックスに「コンプライアンス変更要求」と入力します。In the General section of the Create View dialog box, type Compliance Change Requests in the Name box.
  5. [ 条件 ] セクションを選択します。Select the Criteria section.
  6. [特定の クラスのオブジェクトを検索 する] の一覧の横にある [ 参照] をクリックします。Next to the Search for objects of a specific class list, click Browse.
  7. [ クラスの選択 ] ダイアログボックスの [ 名前] で、[ 変更要求] を選択します。In the Select a Class dialog box, under Name, select Change Request. [ 使用可能なプロパティ ] ボックスの一覧で [ 区分] を選択し、[ 追加] をクリックします。In the Available Properties list select Area, and then click Add.
  8. [ 条件 ] セクションの最後にある [ 条件 の定義] 領域で、[ 領域 ] 条件を選択し、[空] ボックスで値を [ 対応] に設定します。At the end of the Criteria section, in the Criteria definition area, select the Area criterion, and in the empty box, set the value to Compliance. 条件が完了すると、 ** [ 変更要求領域は ] コンプライアンス**に似ています。When the criterion is complete, it resembles [Change Request] Area equals Compliance.
  9. [ 表示] をクリックし、[ 表示する列 ] の一覧で [ 状態]、[ 分類カテゴリ]、および [ 説明] を選択します。Click Display, and in the Columns to display list, select Status, Classification Category, and Description. 次に、 [OK] をクリックしますThen, click OK.

手順 9-新しい変更要求テンプレートを作成するStep 9 - Create a new change request template

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの手順では、Ken は、新しいコンプライアンス変更要求の種類のテンプレートを作成します。このテンプレートの名前は、「 コンピューターに AppLocker ソフトウェアポリシーを適用」という名前です。In this step of the Woodgrove Bank customization scenario, Ken creates a template for the new compliance change request type; the template is named Apply AppLocker Software Policy to Computer. 新しいテンプレートは、ワークフローが正しく動作するように、この種類の変更要求をすべて一貫して処理することを目的としています。The new template helps ensure consistency among all the change requests of this type, and it helps ensure the correct workflow behavior.

次の手順では、 - Service Manager コンソールで新しいテンプレートを作成する手順について説明します。The following procedure provides only the high-level steps for creating a new template in the Service Manager console. 新しいテンプレートを作成する手順の詳細については、「 変更要求テンプレートを作成する方法」を参照してください。For the complete procedure for creating a new template, see How to Create Change Request Templates.

新しいテンプレートを作成するにはTo create a new template

  1. Service Manager コンソールで、[ AppLocker ソフトウェアポリシーをコンピューターに適用する] テンプレートの名前として、次のように指定します。In the Service Manager console, specify the following as the name of the template: Apply AppLocker Software Policy to Computer.
  2. クラスを 変更要求に設定します。Set the class to Change Request.
  3. 管理パックを [ WoodGrove 自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] に設定します。Set the management pack to WoodGrove Automated Activity: Add Computer to AD Group.
  4. 変更要求フォームが表示されたら、以前に追加したイメージや、フィールドの新しい配置など、フォームの変更点を確認します。When the change request form is displayed, note the customizations in the form, such as the image that was previously added and the new layout of the fields.
  5. フォームの [ 全般 ] タブで、[ 領域 ] を [ 対応] に設定します。On the General tab on the form, set Area to Compliance.
  6. [ 活動 ] タブで、[確認] というレビュー活動を追加し、[ コンピューターのグループへの追加を承認する] を選択し、レビュー担当者を適切なユーザーに設定します。On the Activities tab, add a review activity named Review and Approve Adding Computer to Group, and then set the reviewer to an appropriate user.
  7. 新しい活動 [ 自動活動: コンピューターの AD グループの追加] を追加します。Add the new activity Automated Activity: Add Computer AD Group.
  8. グループGP _ authappsに設定します。Set Group to GP_AUTHAPPS.
  9. テンプレートを保存します。Save the template.

手順 10-必要に応じて通知テンプレートとサブスクリプションを作成するStep 10 - Optionally create a notification template and subscription

Woodgrove Bank のカスタマイズ事例の一部として System Center-Service Manager が簡易メール転送プロトコル SMTP サーバーで構成されている場合 ( ) 、Ken は、コンプライアンスグループに新しいコンピューターが追加されたときに送信される電子メール通知を構成できます。If System Center - Service Manager is configured with a Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) server, as part of the Woodgrove Bank customization scenario, Ken can configure an email notification that will be sent to him when a new computer is added to the compliance group. これは省略可能な手順です。This is an optional step.

次の手順では、 - Service Manager コンソールで AppLocker ポリシー通知テンプレートの電子メール通知テンプレートとサブスクリプション に追加されたコンピューター を作成する手順について説明します。The following procedure provides only the high-level steps for creating the Computer Added to AppLocker Policy Notification Template email notification template and subscription in the Service Manager console. 通知テンプレートを作成する手順の詳細については、「 通知テンプレートを作成する方法」を参照してください。For the complete procedure for creating a notification template, see How to Create Notification Templates.

電子メール通知テンプレートおよびサブスクリプションを作成するにはTo create an email notification template and subscription

  1. Service Manager コンソールで、新しい通知電子メールテンプレートを作成します。In the Service Manager console, create a new notification email template. [ 管理 ] ウィンドウで、[ 通知] をクリックし、[ テンプレート] をクリックします。In the Administration pane, click Notifications, and then click Templates. [ タスク ] ウィンドウで [ 電子 - メールテンプレートの作成] を選択し、電子 - メール通知テンプレートの作成ウィザードを完了します。In the Tasks pane, select Create E-mail Template, and then complete the Create E-Mail Notification Template Wizard.
  2. [ 全般 ] ページで、[ 名前 ] を「 AppLocker ポリシー通知テンプレート」と指定し、 クラス を [ 自動活動: コンピューターの AD グループへの追加] として指定します。On the General page, specify the Name to be AppLocker Policy Notification Template, and specify the Class as Automated Activity: Add Computer to AD Group. Woodgrove 自動活動の 管理パック を指定します -コンピューターをグループに追加します。Specify Management pack to be Woodgrove Automated Activity - Add Computer To Group.
  3. [ テンプレートのデザイン ] ページの [ 件名 ] ボックスに「 Computer」と入力し、[ 挿入] をクリックします。On the Template Design page, in the Subject box, type Computer, and then click Insert. [ プロパティピッカー ] ダイアログボックスで、[ ComputerName] を選択します。In the Property Picker dialog box, select ComputerName. [ 件名 ] ボックスに次のテキストを追加します。 [ AppLocker ポリシー] グループに追加されましたAdd the following text to the Subject box: was added to the AppLocker Policy Group. [ Messagebody ] ボックスに任意のテキストを追加し、テンプレートを保存します。Add any text in the MessageBody box, and save the template.
  4. [ 管理 ] ウィンドウで、[ 通知] をクリックし、[ サブスクリプション] をクリックします。In the Administration pane, click Notifications, and then click Subscriptions. [ タスク ] ウィンドウで [ サブスクリプションの作成] をクリックし、電子 - メール通知配信登録の作成ウィザードを完了します。In the Tasks pane, click Create Subscription, and then complete the Create E-Mail Notification Subscription Wizard.
  5. [ 名前 ] ボックスに「 AppLocker ポリシー通知に追加されたコンピューター」と入力します。In the Name box, type Computer Added to AppLocker Policy Notification.
  6. [ クラス ] ボックスに「 自動活動: コンピューターの AD グループへの追加」と入力します。In the Class box, type Automated Activity: Add Computer to AD Group.
  7. 選択した種類のオブジェクトが更新されたときの****通知条件を指定します。Specify Notification condition to be When an object of the selected type is updated.
  8. Woodgrove 自動活動の 管理パック を指定します -コンピューターをグループに追加します。Specify Management pack to be Woodgrove Automated Activity - Add Computer To Group.
  9. [ 追加条件 ] ページで、[ 状態 ] が [ 完了] になる条件を追加します。On the Additional Criteria page, add criteria in which Status equals Completed.
  10. [テンプレート] ページで、以前に作成したテンプレートに「コンピューターをAppLocker ポリシー通知に追加する」という電子 - メールテンプレートを指定します。On the Template page, specify E-mail template to be the previously created template, Computer added to AppLocker Policy Notification.
  11. [ 受信者 ] ページで、組織の受信者を追加します。On the Recipient page, add recipients from your organization.

手順 11-新しいコンプライアンス変更要求プロセスを使用するStep 11 - Use the new compliance change request process

System Center-Service Manager の Woodgrove Bank のカスタマイズ事例のこの最後の手順では、Ken が新しい変更要求プロセスをテストし、それに関連するすべてのカスタマイズされたオブジェクトを使用します。In this final step of the Woodgrove Bank customization scenario for System Center - Service Manager, Ken tests the new change request process and uses all its related customized objects. Ken は、 _ Active   Directory ドメインサービス AD DS の GP authapps グループに新しい ADComputer1 コンピューターを追加するために、コンプライアンス変更要求を作成し (   ) ます。Ken creates a compliance change request to add the new ADComputer1 computer to the GP_AUTHAPPS group in Active Directory Domain Services (AD DS). Ken は Service Manager コンソールで、最初の活動から次のアクティビティまでの進行中に状態を変更するので、プロセスに従います。Ken follows the process in the Service Manager console as it changes status while progressing from the first activity to the next.

コンプライアンス変更要求を作成するにはTo create a compliance change request

  1. [ユーザー とコンピューターの Active Directory 起動 ] タスクを使用して Active Directory ユーザーとグループ] ツールを起動します。Start the Active Directory Users and Groups tool by using the Start Active Directory Users and Computers task. 追加しようとしている ADComputer1 コンピューターが含まれていないことに注意してください。Note that it does not contain the ADComputer1 computer that you are about to add.
  2. Service Manager コンソールで、[ 作業アイテム] をクリックし、[ 作業アイテム ] ウィンドウで [ 変更管理] を展開します。In the Service Manager console, click Work Items, and then in the Work Items pane, expand Change Management.
  3. [ タスク ] ウィンドウで [ 変更要求の作成] をクリックし、[ コンピューターに AppLocker ソフトウェアポリシーを適用する] を選択します。In the Tasks pane, click Create Change Request, and then select Apply AppLocker Software Policy to Computer. 前の手順で追加したアイコンが変更要求フォームに表示されていることを確認します。In the Change Request form, note the icon that was previously added.
  4. [ 全般 ] タブの [ 名前 ] ボックスに「 新しいコンプライアンス変更要求」と入力し、[ 領域 ] を [ 対応] に設定します。On the General tab, in the Name box, type New Compliance Change Request, and then set Area to Compliance.
  5. [ 活動 ] タブをクリックし、[ 処理活動 ] 領域で、[ コンピューターのグループへの追加 ] 活動を開きます。Click the Activities tab, and in the Process activities area, open the Add Computer to Group activity.
  6. [ アクティビティフォーム ] ページで、[ コンピューター名 ] ボックスに「 ADComputer1」と入力します。On the Activity Form page, in the Computer name box, type ADComputer1. 活動フォームで [ ok ] をクリックし、変更フォームで [ ok ] をクリックします。Click OK on the Activity form, and then click OK on the Change form.
  7. [ 変更管理 ] ウィンドウで [ 変更管理] を展開し、[ コンプライアンス変更要求] をクリックします。In the Change Management pane, expand Change Management, and then click Compliance Change Requests. [ 対応変更要求] ビュー ウィンドウに新しい変更要求が表示されるまで、約 10 ~ 20 秒待機します。Wait approximately 10 to 20 seconds until the new change request appears in the Compliance Change Requests View pane. (ビューの更新が必要になる場合があり ) ます。(You might have to refresh the view).
  8. [ AD ユーザーとコンピューターの起動 ] タスクを使用して、Active Directory ユーザーとコンピューター] ツールを起動します。Use the Start AD Users and Computers task to start the Active Directory Users and Computers tool. ツールで、 GP _ authapps グループを作成します。In the tool, create the GP_AUTHAPPS group. (このシナリオの前の手順では、このグループにコンピューターを追加するように変更要求プロセスを構成しました。 ) 変更要求の状態が [進行中] に変わったら、それを開き、[ レビュー活動: 変更要求の承認 ] 活動を選択して承認します。(In the previous steps in the scenario, you configured the change request process to add computers to this group.) When the state of the change request changes to In Progress, open it, select the Review Activity: Approve Change Request activity, and approve it. 次に、[ 送信して閉じる] をクリックします。Then, click Submit and Close.
  9. 約 5 ~ 10 秒待機し、アクティビティの状態が " 完了" に変更されたことを確認します。Wait approximately 5 to 10 seconds, and notice that the status of the activity changed to Completed. また、次の活動の状態が " 進行中" に変更されていることに注意してください。これは、2番目の活動が実行を開始したことを意味します。Also, notice that the status of the next activity has changed to In Progress, which means that the second activity has started to run. 活動ルールがトリガーされ、カスタム ワークフローが開始します。The activity rule has been triggered, and the custom workflow has started.
    Addcomputertoadgroupwfワークフローの状態を確認するには、[管理] を選択します。To check the status of the AddComputerToADGroupWF workflow, select Administration. [ 管理 ] ウィンドウで [ ワークフロー] を展開し、[ 状態] を選択します。In the Administration pane, expand Workflows, and then select Status. [ 状態 ] ウィンドウで、[ Addcomputertoadgroupwf] をクリックします。In the Status pane, click AddComputerToADGroupWF.
  10. [ AD ユーザーとコンピューターの起動 ] タスクを使用して Active Directory ユーザーとコンピューター] ツールを起動し、 GP _ authapps Active   Directory グループに新しい ADComputer1 コンピューターが含まれていることを確認します。Use the Start AD Users and Computers task to start the Active Directory Users and Computers tool, and notice that the GP_AUTHAPPS Active Directory group now contains the new ADComputer1 computer. この時点で、この Active Directory グループ内のコンピューターに適用するように構成されているすべてのポリシーが、   追加されたコンピューターに適用されます。At this point, any policies that are configured to be applied to computers in this Active Directory group apply to the computer that was added.
    Addcomputertoadgroupwfワークフローの最後の手順により、自動活動の状態も "完了" に変更されていることに注意してください。Notice that the status of the automated activity has now also changed to Completed, due to the last step in the AddComputerToADGroupWF workflow.
  11. Microsoft Outlook を起動し、Active Directory グループに追加された新しいコンピューターについて、プロセスマネージャーに送信された電子メール通知を探し   ます。Start Microsoft Outlook and locate the email notification that was sent to the process manager about the new computer that was added to the Active Directory group.

次のステップNext steps