統合書き込みフィルター (UWF) 機能Unified Write Filter (UWF) feature

統合書き込みフィルター (UWF) は、仮想のオーバーレイをインターセプトして (アプリのインストール、設定の変更、保存されたデータを)、ドライブへの書き込みのリダイレクト、ドライブを保護する省略可能な Windows 10 機能です。Unified Write Filter (UWF) is an optional Windows 10 feature that helps to protect your drives by intercepting and redirecting any writes to the drive (app installations, settings changes, saved data) to a virtual overlay. 仮想のオーバーレイは、再起動中、またはゲスト ユーザーがログオフしたときに通常クリアが一時的な場所です。The virtual overlay is a temporary location that is usually cleared during a reboot or when a guest user logs off.

利点Benefits

  • シン クライアントと同じような学校、ライブラリまたはホテルのコンピューターの頻繁にゲストのワークスペースのクリーンなエクスペリエンスを提供します。Provides a clean experience for thin clients and workspaces that have frequent guests, like school, library or hotel computers. ゲストでは、作業、設定を変更、およびソフトウェアをインストールできます。Guests can work, change settings, and install software. デバイスが再起動すると、次のゲストはクリーンな経験を受け取ります。After the device reboots, the next guest receives a clean experience.

  • セキュリティ、キオスク、IoT に埋め込まれたデバイス、またはその他のデバイスで新しいアプリを頻繁に追加する必要はありません信頼性が向上します。Increases security and reliability for kiosks, IoT-embedded devices, or other devices where new apps are not expected to be frequently added.

  • ソリッドステート ドライブとその他の書き込みするメディアの劣化を削減するために使用します。Can be used to reduce wear on solid-state drives and other write-sensitive media.

UWF は、Windows 7 拡張書き込みフィルター (EWF) と、ファイル ベースの書き込みフィルター (FBWF) を置き換えます。UWF replaces the Windows 7 Enhanced Write Filter (EWF) and the File Based Write Filter (FBWF).

機能Features

  • UWF 物理ハード_ディスク、ソリッド ステート ドライブ、USB デバイスの内部、外部 SATA デバイスなど、ほとんどのサポートされている書き込み可能なストレージの種類を保護できます。UWF can protect most supported writable storage types, including physical hard disks, solid-state drives, internal USB devices, and external SATA devices. UWF を使用して、外部のリムーバブル ドライブ、USB デバイスまたはフラッシュ ドライブを保護することはできません。You cannot use UWF to protect external removable drives, USB devices or flash drives. マスター ブート レコード (MBR) と GUID パーティション テーブル (GPT) のボリュームの両方をサポートしています。Supports both master boot record (MBR) and GUID partition table (GPT) volumes.

  • UWF を使用すると、読み取り専用のメディアが書き込み可能なボリュームとして OS に表示されるようにします。You can use UWF to make read-only media appear to the OS as a writable volume.

  • UWF を管理するにを使用して Windows 10 デバイス上で直接uwfmgr.exe、またはリモートでを使用して Microsoft Intune などの MDM ツールを使用して、 UnifiedWriteFilter CSPまたはUWF WMI.You can manage UWF directly on a Windows 10 device using uwfmgr.exe, or remotely using MDM tools like Microsoft Intune using the UnifiedWriteFilter CSP or the UWF WMI.

  • できますUWF で保護されているデバイスの更新プログラムおよびサービス、UWF サービス モードを使用するか、特定のシステム領域へのファイルとレジストリの除外を追加することで。You can update and service UWF-protected devices, either by using UWF servicing mode or by adding file and registry exclusions to specific system areas.

  • Windows 10、バージョン 1803 で使用することができます、永続的なオーバーレイ再起動後に残す仮想オーバーレイに保存されたデータでも許可します。On Windows 10, version 1803, you can use a persistent overlay to allow data saved in the virtual overlay to remain even after a reboot.

  • ディスクのオーバーレイと、デバイスで使用できますfreespace パススルードライブの追加の空き領域にアクセスします。On devices with a disk overlay, you can use freespace passthrough to access your drive's additional free space.

  • UWF は、ページ ファイルが保護されていないボリュームに存在する場合に、仮想メモリを増やしてへのページングをサポートします。UWF supports paging to increase virtual memory, if the page file exists on an unprotected volume. ページングを RAM に基づくオーバーレイと共に使用する場合は、システムの稼働時間を大幅に増加します。When paging is used together with a RAM-based overlay, the uptime of the system can be significantly increased.

要件Requirements

Windows 10 IoT Core または Windows 10 IoT Enterprise。Windows 10 IoT Core or Windows 10 IoT Enterprise.

制限事項Limitations

  • ファイル システム:File systems:

    • FAT: 完全にサポートされています。FAT: fully supported.
    • NTFS: 完全にサポートされています。NTFS: fully supported. ただし、デバイスの起動中に NTFS ファイル システムのジャーナル UWF がボリュームの保護を開始する前に、ファイルが保護されたボリュームに書き込むことができます。However, during device startup, NTFS file system journal files can write to a protected volume before UWF has started protecting the volume.
    • 他のファイル システム (例: exFAT)。除外するファイルを作成することはできませんが、またはファイルのボリューム上のコミット操作を実行、ボリュームを保護することができます。Other file systems (example: exFAT): You can protect the volume, but cannot create file exclusions or do file commit operations on the volume. 除外するファイルへの書き込みでは、オーバーレイの成長も影響します。Writes to excluded files still influence the growth of the Overlay.
  • オーバーレイは、ボリューム全体をミラー化しませんが、リダイレクトされた書き込みを追跡するために動的に拡張します。The overlay does not mirror the entire volume, but dynamically grows to keep track of redirected writes.

  • UWF には、保護されるボリュームの最大 16 テラバイトがサポートされています。UWF supports up to 16 terabytes of protected volumes.

  • デバイスをシャット ダウンするときに、UWF による高速スタートアップの使用はできません。UWF does not support the use of fast startup when shutting down your device. 高速スタートアップを有効にする場合、デバイスをシャット ダウンしても、オーバーレイは消去されません。If fast startup is turned on, shutting down the device does not clear the overlay. 移動してコントロール パネルの 高速スタートアップを無効にできますコントロール パネルの ** > すべてのコントロール パネル項目 > 電源オプション >システム設定横にチェック ボックスをオフにしてオンにする (推奨)、高速スタートアップ**します。You can disable fast startup in Control Panel by navigating to Control Panel > All Control Panel Items > Power Options > System Settings and clearing the checkbox next to Turn on fast startup (recommended).

  • UWF はサポートしていません記憶域スペースします。UWF does not support Storage Spaces.

有効にして UWF の構成Turn on and configure UWF

UWF はオプションのコンポーネントし、は、Windows 10 で既定で有効になっていません。UWF is an optional component and is not enabled by default in Windows 10. 必要がありますUWF オン構成することができます。You must turn on UWF before you can configure it.

UWF オーバーレイUWF overlay

オーバーレイは、ストアド (RAM またはディスク)、場所を選択する領域の量が予約されている、再起動後に、オーバーレイが引き続き発生するかどうか。You can choose where the overlay is stored (RAM or disk), how much space is reserved, whether the overlay persists after a reboot.

稼働時間を向上させるのには、監視を設定、オーバーレイがいっぱいになっているかどうかを確認します。To increase uptime, set up monitoring to check if your overlay is filling up. 特定のレベルで、デバイスは、ユーザーに警告や、デバイスを再起動します。At certain levels, your device can warn users and/or reboot the device.

詳細についてを参照してください。 UWF オーバーレイの位置とサイズします。To learn more, see UWF Overlay location and size.

VolumesVolumes

ボリュームは、OS によって使用されるファイル システムに永続的なストレージの領域を表す論理単位です。A volume is a logical unit that represents an area of persistent storage to the file system that is used by the OS. ボリュームは、ハード_ディスクなどの 1 つの物理ストレージ デバイスに対応できますが、ボリュームが複数のパーティションで、物理記憶装置に 1 つのパーティションにも対応してまたは複数の物理記憶域デバイスにまたがることができます。A volume can correspond to a single physical storage device, such as a hard disk, but volumes can also correspond to a single partition on a physical storage device with multiple partitions, or can span across multiple physical storage devices. たとえば、RAID アレイでハード ディスクのコレクションは、OS に 1 つのボリュームとして表現できます。For example, a collection of hard disks in a RAID array can be represented as a single volume to the OS.

UWF ボリュームを保護するように構成する場合は、ドライブ文字またはボリュームのデバイス識別子を使用して、ボリュームを指定できます。When you configure UWF to protect a volume, you can specify the volume by using either a drive letter or the volume device identifier. ボリュームのデバイス識別子を確認するのには、クエリ、 DeviceIDプロパティ、 Win32_ボリュームWMI クラスです。To determine the device identifier for a volume, query the DeviceID property in the Win32_Volume WMI class.

UWF を使用して、ドライブ文字を使用してボリュームを指定する場合疎結合ボリュームを認識します。If you specify a volume using a drive letter, UWF uses loose binding to recognize the volume. 疎結合を使用するは、ハードウェアまたはボリュームの構成が変更された場合にドライブ文字の異なるボリュームに割り当てることができます。By using loose binding, drive letters can be assigned to different volumes if the hardware or volume configuration changes. UWF を使用してボリュームのデバイス識別子を使用してボリュームを指定する場合強力なバインディングボリュームを認識します。If you specify a volume using the volume device identifier, UWF uses tight binding to recognize the volume. 強力なバインディングを使用するは、デバイスの識別子は、記憶域ボリュームに一意しは、ファイル システムで、ボリュームに割り当てられたドライブ文字から独立しています。By using tight binding, the device identifier is unique to the storage volume and is independent from the drive letter assigned to the volume by the file system.

除外Exclusions

UWF によってフィルター処理されてから、特定のファイル、フォルダー、またはレジストリ キーを除く UWF ボリュームを保護する場合を追加、書き込みフィルターの除外一覧。If you want to protect a volume with UWF while excluding specific files, folders, or registry keys from being filtered by UWF, you can add them to a write filter exclusion list.

UWF でサービス モードUWF servicing mode

UWF では、デバイスが保護される、UWF サービス モードのコマンドを使用して、デバイスのサービスし、イメージに更新プログラムを適用する必要があります。When a device is protected with UWF, you must use UWF servicing mode commands to service the device and apply updates to an image. UWF でサービス モードを使用して、Windows 更新プログラム、マルウェア対策シグネチャ ファイルの更新、およびカスタム ソフトウェアまたはサード パーティ製のソフトウェア更新プログラムを適用することができます。You can use UWF servicing mode to apply Windows updates, antimalware signature file updates, and custom software or third-party software updates.

UWF サービス モードを使用して、デバイスにソフトウェア更新プログラムを適用する方法の詳細については、次を参照してください。サービス UWF で保護されているデバイスします。For more information about how to use UWF servicing mode to apply software updates to your device, see Service UWF-protected devices.

UWF のトラブルシューティングTroubleshooting UWF

UWF では、Windows イベント ログを使用して、イベント、エラー、オーバーレイの消費量、構成の変更、およびサービスに関連するメッセージを記録します。UWF uses Windows Event Log to log events, errors and messages related to overlay consumption, configuration changes, and servicing.

詳細と Unified Write Filter (UWF) の問題のトラブルシューティングのイベント ログ情報を検索する方法については、次を参照してください。トラブルシューティング Unified Write Filter (UWF)します。For more information about how to find event log information for troubleshooting problems with Unified Write Filter (UWF), see Troubleshooting Unified Write Filter (UWF).

ブランドではないブートUnbranded Boot

カスタム ログオンCustom Logon

シェル ランチャーShell Launcher