WinDbg を使用した UWP アプリのデバッグDebugging a UWP app using WinDbg

WinDbg を使用してユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリをデバッグできます。You can debug Universal Windows Platform (UWP) app using WinDbg. この方法は、通常、組み込みの Visual Studio デバッガーを使用してデバッグタスクを完了できない高度なシナリオに使用されます。This approach would typically be used for advanced scenarios, where it is not possible to complete the debugging task using the built in Visual Studio debugger. Visual Studio でのデバッグの詳細については、「 Visual studio でのデバッグ」を参照してください。For more information about debugging in Visual Studio, see Debugging in Visual Studio.

UWP アプリへのアタッチAttaching to a UWP app

UWP プロセスへのアタッチは、ユーザーモードプロセスへのアタッチと同じです。Attaching to UWP process is the same as attaching to a user mode process. たとえば、WinDbg では、[ファイル] メニュー の [プロセスにアタッチ ] をクリックするか、F6 キーを押して、実行中のプロセスにアタッチできます。For example, in WinDbg you can attach to a running process by choosing Attach to a Process from the File menu or by pressing F6. 詳細については、「 WinDbg を使用した User-Mode プロセスのデバッグ」を参照してください。For more information, see Debugging a User-Mode Process Using WinDbg.

UWP アプリは、デバッグされていない場合と同じ方法で中断されることはありません。A UWP app will not be suspended in the same ways that it does when not being debugged. UWP アプリを明示的に中断/再開するには、. suspendpackage および resumepackage コマンド (以下の詳細) を使用できます。To explicitly suspend/resume a UWP app, you can use the .suspendpackage and .resumepackage commands (details below). UWP アプリで使用されるプロセスライフサイクル管理 (PLM) に関する一般的な情報については、「 アプリのライフサイクル 」と「 起動、再開、およびバックグラウンドタスク」を参照してください。For general information on Process Lifecycle Management (PLM) used by UWP apps, see App lifecycle and Launching, resuming, and background tasks.

UWP アプリの起動とデバッグLaunching and debugging a UWP app

-PlmPackage コマンドラインパラメーターと-Plmpackage コマンドラインパラメーターは、デバッガーでアプリを起動するように指示します。The -plmPackage and -plmApp command line parameters instruct the debugger to launch an app under the debugger.

windbg.exe -plmPackage <PLMPackageName> -plmApp <ApplicationId> [<parameters>]

1つのパッケージ内に複数のアプリを含めることができるため、 < plmpackage と ApplicationId の両方の > < > パラメーターが必要です。Since multiple apps can be contained within a single package, both <PLMPackage> and <ApplicationId> parameters are required. これは、パラメーターの概要です。This is a summary of the parameters.

パラメーターParameter 説明Description
<PLMPackageName><PLMPackageName> アプリケーションパッケージの名前。The name of the application package. Querypackages コマンドを使用して、すべての UWP アプリケーションを一覧表示します。Use the .querypackages command to lists all UWP applications. パッケージの場所へのパスを指定せずに、パッケージ名だけを指定してください。Do not provide a path to the location of the package, provide just the package name.
<ApplicationId><ApplicationId>

ApplicationId はアプリケーションマニフェストファイルに格納されており、このトピックで説明されているように、querypackage または querypackages コマンドを使用して表示できます。The ApplicationId is located in the application manifest file and can be viewed using the .querypackage or .querypackages command as discussed in this topic.

アプリケーションマニフェストファイルの詳細については、「アプリケーション パッケージマニフェスト」を参照してください。For more information about the application manifest file, see App package manifest.

[ < parameters > ][<parameters>]

アプリに渡される省略可能なパラメーター。Optional parameters passed to the App. すべてのアプリでパラメーターを使用したり、要求したりすることはできません。Not all apps use or require parameters.

HelloWorld サンプルHelloWorld Sample

UWP のデバッグを示すために、このトピックでは、 「Hello, world "アプリの作成 (XAML)」で説明されている HelloWorld の例を使用します。To demonstrate UWP debugging, this topic uses the HelloWorld example described in Create a "Hello, world" app (XAML).

実行可能なテストアプリを作成するには、ラボの手順 3. まで完了するだけで済みます。To create a workable test app, it is only necessary to complete up to step three of the lab.

完全なパッケージ名と AppId の検索Locating the Full Package Name and AppId

Querypackages コマンドを使用して、完全なパッケージ名と AppId を検索します。Use the .querypackages command to locate the full package name and the AppId. 「Querypackages」と入力します。次に、HelloWorld などのアプリケーション名の出力を検索します。Type .querypackages and then user CRTL+F to search up in the output for the application name, such as HelloWorld. CTRL + F キーを使用してエントリを配置すると、パッケージの完全な名前が表示されます。たとえば、 e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df _ 1.0.0.0 _ X86 _ _ 97ghe447vaan8アプリ の AppId です。When the entry is located using CTRL+F, it will show the package full name, for example e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8 and the AppId of App.

例:Example:

0:000>  .querypackages 
...
Package Full Name: e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8
Package Display Name: HelloWorld
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=user1
Publisher Display Name: user1
Install Folder: c:\users\user1\documents\visual studio 2015\Projects\HelloWorld\HelloWorld\bin\x86\Release\AppX
Package State: Unknown
AppId: App
...

マニフェスト内のでの基本パッケージ名の表示Viewing the Base Package Name in the in the Manifest

トラブルシューティングのために、Visual Studio で基本パッケージ名を表示することができます。For troubleshooting, you may want to view the base package name in Visual Studio.

Visual Studio で基本パッケージ名を検索するには、プロジェクトエクスプローラーで ApplicationManifest.xml ファイルをクリックします。To locate the base package name in Visual Studio, click on the ApplicationManifest.xml file in project explorer. 基本パッケージ名は、[パッケージ化] タブの下に "パッケージ名" として表示されます。The base package name will be displayed under the packaging tab as "Package name". 既定では、パッケージ名は e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df などの GUID になります。By default, the package name will be a GUID, for example e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df.

メモ帳を使用して基本パッケージ名を検索するには、ApplicationManifest.xml ファイルを開き、 Identity name タグを見つけます。To use notepad to locate the base package name, open the ApplicationManifest.xml file and locate the Identity Name tag.

  <Identity
    Name="e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df"
    Publisher="CN= User1"
    Version="1.0.0.0" />

マニフェストでのアプリケーション Id の検索Locating the Application Id in the Manifest

インストールされている UWP アプリのマニフェストファイルでアプリケーション Id を検索するには、 アプリケーション id のエントリを探します。To locate the Application Id in the manifest file for an installed UWP app, look for the Application Id entry.

たとえば、hello world アプリの場合、アプリケーション ID は app です。For example, for the hello world app the Application ID is App.

<Application Id="App"
      Executable="$targetnametoken$.exe"
      EntryPoint="HelloWorld.App">

WinDbg コマンドラインの例Example WinDbg Command Line

これは、完全なパッケージ名と AppId を使用して、デバッガーで HelloWorld アプリを読み込むコマンドラインの例です。This is an example command line loading the HelloWorld app under the debugger using the full package name and AppId.

windbg.exe -plmPackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8 -plmApp App

デバッガーでのバックグラウンドタスクの起動Launching a background task under the debugger

バックグラウンドタスクは、コマンドラインから TaskId を使用して、デバッガーで明示的に起動できます。A background task can be explicitly launched under the debugger from the command line using the TaskId. これを行うには、-plmPackage パラメーターと-plmBgTaskId コマンドラインパラメーターを使用します。To do this, use the -plmPackage and -plmBgTaskId command line parameters:

windbg.exe -plmPackage <PLMPackageName> -plmBgTaskId <BackgroundTaskId>
パラメーターParameter 説明Description
<PLMPackageName><PLMPackageName>

アプリケーションパッケージの名前。The name of the application package. Querypackages コマンドを使用して、すべての UWP アプリケーションを一覧表示します。Use the .querypackages command to lists all UWP applications. パッケージの場所へのパスを指定せずに、パッケージ名だけを指定してください。Do not provide a path to the location of the package, provide just the package name.

<BackgroundTaskId><BackgroundTaskId>

BackgroundTaskId は、以下で説明するように、querypackages コマンドを使用して見つけることができます。The BackgroundTaskId can be located using the .querypackages command as described below.

アプリケーションマニフェストファイルの詳細については、「アプリケーション パッケージマニフェスト」を参照してください。For more information about the application manifest file, see App package manifest.

デバッガーで SDKSamples タスクコードを読み込む例を次に示します。This is an example of loading the SDKSamples.BackgroundTask code under the debugger.

windbg.exe -plmPackage Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x64__8wekyb3d8bbwe -plmBgTaskId {ee4438ee-22db-4cdd-85e4-8ad8a1063523}

バックグラウンドタスクのサンプルコードを試して、UWP デバッグに慣れることができます。You can experiment with the Background task sample code to become familiar with UWP debugging. バックグラウンドタスクのサンプルでダウンロードできます。It can be downloaded at Background task sample.

Querypackages コマンドを使用して、BackgroundTaskId を検索します。Use the .querypackages command to locate the BackgroundTaskId. CTRL + F キーを使用してアプリを検索し、[ バックグラウンドタスク Id ] フィールドを探します。Use CTRL-F to locate the app and then locate the Background Task Id field. バックグラウンドタスクは、関連付けられているバックグラウンドタスク名とタスク Id を表示するために実行されている必要があります。The background task must be running to display the associated background task name and task Id.

0:000> .querypackages
...
Package Full Name: Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x86__8wekyb3d8bbwe
Package Display Name: BackgroundTask C++ sample
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US
Publisher Display Name: Microsoft Corporation
Install Folder: C:\Users\user1\Documents\Visual Studio 2015\Projects\Background_task_sample\C++\Debug\BackgroundTask.Windows\AppX
Package State: Running
AppId: BackgroundTask.App
Background Task Name: SampleBackgroundTask
Background Task Id: {ee4438ee-22db-4cdd-85e4-8ad8a1063523}
...

完全なパッケージ名がわかっている場合は、. querypackage を使用して [ バックグラウンドタスク Id ] フィールドを表示できます。If you know the full package name you can use .querypackage to display the Background Task Id field.

PLMDebug の enumerateBgTasks オプションを使用して、BackgroundTaskId を検索することもできます。You can also locate the BackgroundTaskId by using the enumerateBgTasks option of the PLMDebug. PMLDebug utiltity の詳細については、「 Plmdebug」を参照してください。For more information about the PMLDebug utiltity, see PLMDebug.

C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x64)>PLMDebug /enumerateBgTasks Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x64__8wekyb3d8bbwe
Package full name is Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x64__8wekyb3d8bbwe.
Background Tasks:
SampleBackgroundTask : {C05806B1-9647-4765-9A0F-97182CEA5AAD}

SUCCEEDED

プロセスサーバー (DbgSrv) を使用したリモートでの UWP プロセスのデバッグDebugging a UWP process remotely using a Process Server (DbgSrv)

-Plm コマンドはすべて、 * dbgsrv で正常に動作します。All of the -plm* commands work correctly with dbgsrv. Dbgsrv を使用してデバッグするには、-premote スイッチと dbgsrv の接続文字列を使用します。To debug using dbgsrv, use the -premote switch with the connection string for dbgsrv:

windbg.exe -premote npipe:pipe=fdsa,server=localhost -plmPackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8 -plmApp App

-Premote オプションの詳細については、「 プロセスサーバー (ユーザーモード) 」および「 プロセスサーバーの例」を参照してください。For more information about the -premote options, see Process Servers (User Mode) and Process Server Examples.

UWP アプリのコマンドの概要Summary of UWP app commands

このセクションでは、UWP アプリデバッガーコマンドの概要について説明します。This section provides a summary of UWP app debugger commands

パッケージ情報を収集していますGathering Package Information

.querypackage.querypackage

Querypackage は、UWP アプリケーションの状態を表示します。The .querypackage displays the state of a UWP application. たとえば、アプリが実行されている場合は、 アクティブな 状態になることがあります。For example, if the app is running, it can be in the Active state.

.querypackage <PLMPackageName>

例:Example:

0:000> .querypackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8
Package Full Name: e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8
Package Display Name: HelloWorld
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=user1
Publisher Display Name: user1
Install Folder: c:\users\user1\documents\visual studio 2015\Projects\HelloWorld\HelloWorld\bin\x86\Release\AppX
Package State: Running
AppId: App
Executable: HelloWorld.exe

.querypackages.querypackages

Querypackages コマンドは、インストールされているすべての UWP アプリケーションとその現在の状態を一覧表示します。The .querypackages command lists all the installed UWP applications and their current state.

.querypackages

例:Example:

0:000> .querypackages
...
Package Full Name: Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection_3.9.5250.0_x64__8wekyb3d8bbwe
Package Display Name: Microsoft Solitaire Collection
Version: 3.9.5250.0
Processor Architecture: x64
Publisher: CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US
Publisher Display Name: Microsoft Studios
Install Folder: C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection_3.9.5250.0_x64__8wekyb3d8bbwe
Package State: Unknown
AppId: App

Package Full Name: e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8
Package Display Name: HelloWorld
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=user1
Publisher Display Name: user1
Install Folder: c:\users\user1\documents\visual studio 2015\Projects\HelloWorld\HelloWorld\bin\x86\Release\AppX
Package State: Running
AppId: App
Executable: HelloWorld.exe

Package Full Name: Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x86__8wekyb3d8bbwe
Package Display Name: BackgroundTask C++ sample
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US
Publisher Display Name: Microsoft Corporation
Install Folder: C:\Users\user1\Documents\Visual Studio 2015\Projects\Background_task_sample\C++\Debug\BackgroundTask.Windows\AppX
Package State: Unknown
AppId: BackgroundTask.App

...

デバッグ用のアプリの起動Launching an app for Debugging

. createpackageapp.createpackageapp

Createpackageapp コマンドは、デバッグを有効にし、UWP アプリケーションを起動します。The .createpackageapp command enables debugging and launches a UWP application.

.createpackageapp <PLMPackageName> <ApplicationId> [<parameters>] 

次の表に、createpackageapp のパラメーターの一覧を示します。This table lists the parameters for .createpackageapp.

パラメーターParameter 説明Description
<PLMPackageName><PLMPackageName> アプリケーションパッケージの名前。The name of the application package. Querypackages コマンドを使用して、すべての UWP アプリケーションを一覧表示します。Use the .querypackages command to lists all UWP applications. パッケージの場所へのパスを指定せずに、パッケージ名だけを指定してください。Do not provide a path to the location of the package, provide just the package name.
<ApplicationId><ApplicationId>

ApplicationId は、このトピックで既に説明したように、. querypackage または querypackages を使用して見つけることができます。The ApplicationId can be located using .querypackage or .querypackages as discussed earlier in this topic.

アプリケーションマニフェストファイルの詳細については、「アプリケーション パッケージマニフェスト」を参照してください。For more information about the application manifest file, see App package manifest.

[ < parameters > ][<parameters>] アプリケーションに渡される省略可能なパラメーター。Optional parameters that are passed to the application. これらの省略可能なパラメーターを必要としないアプリケーションもあります。Not all applications require or use these optional parameters.

例:Example:

.createpackageapp e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8 App

デバッグコマンドの使用を有効または無効にするEnabling and Disabling Use of Debug Commands

. enablepackagedebug.enablepackagedebug

. Enablepackagedebug コマンドは、UWP アプリケーションのデバッグを有効にします。The .enablepackagedebug command enables debugging for UWP application. Suspend、resume、または terminate 関数のいずれかを呼び出す前に、. enablepackagedebug を使用する必要があります。You must use .enablepackagedebug before you call any of the suspend, resume, or terminate functions.

Createpackageapp コマンドでは、アプリのデバッグも有効になっていることに注意してください。Note that the .createpackageapp command also enables debugging of the app.

.enablepackagedebug <PLMPackageName>

例:Example:

.enablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

. disablepackagedebug.disablepackagedebug

. Disablepackagedebug コマンドは、UWP アプリケーションのデバッグを無効にします。The .disablepackagedebug command disables debugging for UWP application.

.disablepackagedebug <PLMPackageName>

例:Example:

.disablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

アプリの開始と停止Starting and Stopping apps

中断、再開、および終了は、パッケージ内で現在実行中のすべてのアプリに影響します。Note that suspend, resume, and terminate affect all currently running apps in the package.

.suspendpackage.suspendpackage

Suspendpackage コマンドは、UWP アプリケーションを中断します。The .suspendpackage command, suspends a UWP application.

.suspendpackage <PLMPackageName> 

例:Example:

0:024> .suspendpackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

.resumepackage.resumepackage

Resumepackage コマンドは、UWP アプリケーションを再開します。The .resumepackage command resumes a UWP application.

.resumepackage <PLMPackageName> 

例:Example:

.resumepackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

.terminatepackageapp.terminatepackageapp

Terminatepackageapp コマンドは、パッケージ内のすべての UWP アプリケーションを終了します。The .terminatepackageapp command terminates the all of the UWP applications in the package.

.terminatepackageapp <PLMPackageName> 

例:Example:

.terminatepackageapp e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

バックグラウンド タスクBackground Tasks

.activatepackagebgtask.activatepackagebgtask

Activatepackagebgtask コマンドは、デバッグを有効にし、UWP バックグラウンドタスクを起動します。The .activatepackagebgtask command enables debugging and launches a UWP background task.

 .activatepackagebgtask <PLMPackageName> <bgTaskId>

例:Example:

.activatepackagebgtask Microsoft.SDKSamples.BackgroundTask.CPP_1.0.0.0_x64__8wekyb3d8bbwe {C05806B1-9647-4765-9A0F-97182CEA5AAD}

使用例Usage Examples

アプリが起動されたときにデバッガーをアタッチするAttach a debugger when your app is launched

HelloWorld という名前のアプリがあり、e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df 1.0.0.0 x86 97ghe447vaan8 という名前のパッケージに含まれていると _ _ _ _ します。Suppose you have an app named HelloWorld that is in a package named e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8. 完全な名前を表示し、インストールされているすべてのパッケージを実行して、パッケージがインストールされていることを確認します。Verify that your package is installed by displaying the full names and running states all installed packages. コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを入力します。In a Command Prompt window, enter the following command. CTRL + F を使用して、コマンドの出力で HelloWorld のアプリ名を検索できます。You can use CTRL+F to search the command output for the app name of HelloWorld.

.querypackages 
...

Package Full Name: e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8
Package Display Name: HelloWorld
Version: 1.0.0.0
Processor Architecture: x86
Publisher: CN=user1
Publisher Display Name: user1
Install Folder: c:\users\user1\documents\visual studio 2015\Projects\HelloWorld\HelloWorld\bin\x86\Release\AppX
Package State: Unknown
AppId: App

...

Createpackageapp を使用してアプリを起動し、アプリにアタッチします。Use .createpackageapp to launch and attach to the app. また、createpackageapp コマンドを使用すると、アプリのデバッグも有効になります。The .createpackageapp command also enables debugging of the app.

.createpackageapp e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8 App

デバッグが完了したら、. disablepackagedebug コマンドを使用して、パッケージのデバッグ参照カウントをデクリメントします。When you have finished debugging, decrement the debug reference count for the package using the .disablepackagedebug command.

.disablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

既に実行中のアプリにデバッガーをアタッチするAttach a debugger to an app that is already running

既に実行されているである、MyApp に WinDbg をアタッチするとします。Suppose you want to attach WinDbg to MyApp, which is already running. [WinDbg] の [ ファイル ] メニューで、[ プロセスにアタッチ] を選択します。In WinDbg, on the File menu, choose Attach to a Process. MyApp のプロセス ID をメモしておきます。Note the process ID for MyApp. たとえば、プロセス ID が4816であるとします。Let's say the process ID is 4816. MyApp を含むパッケージのデバッグ参照カウントをインクリメントします。Increment the debug reference count for the package that contains MyApp.

.enablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

[WinDbg] の [ プロセスにアタッチ ] ダイアログボックスで、[プロセス 4816] を選択し、[OK] をクリックします。In WinDbg, in the Attach to Process dialog box, select process 4816, and click OK. WinDbg が MyApp にアタッチされます。WinDbg will attach to MyApp.

デバッグが完了したら、. disablepackagedebug コマンドを使用して、パッケージのデバッグ参照カウントをデクリメントします。When you have finished debugging, decrement the debug reference count for the package using the .disablepackagedebug command.

.disablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

アプリを手動で中断して再開するManually suspend and resume your app

アプリを手動で中断して再開するには、次の手順に従います。Follow these steps to manually suspend and resume your app. 最初に、アプリを含むパッケージのデバッグ参照カウントをインクリメントします。First, increment the debug reference count for the package that contains your app.

.enablepackagedebug  e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

パッケージを中断します。Suspend the package. アプリの中断ハンドラーが呼び出されます。これはデバッグに役立ちます。Your app's suspend handler is called, which can be helpful for debugging.

.suspendpackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

デバッグが完了したら、パッケージを再開します。When you have finished debugging, resume the package.

.resumepackage e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

最後に、パッケージのデバッグ参照カウントをデクリメントします。Finally, decrement the debug reference count for the package.

.disablepackagedebug e24caf14-8483-4743-b80c-ca46c28c75df_1.0.0.0_x86__97ghe447vaan8

関連トピックRelated topics

WinDbg を使用したデバッグDebugging Using WinDbg