Visual Studio でのネットワーク ケーブル経由のカーネル モード デバッグの設定

重要

この機能では、Windows 10 バージョン 1507 およびそれ以降のバージョンの WDK で使用できません。

Microsoft Visual Studio を使用して、セットアップして、イーサネット ネットワーク経由でのカーネル モード デバッグを実行することができます。 カーネル モード デバッグ用の Visual Studio を使用するには、Windows Driver Kit (WDK) Visual Studio と統合が必要です。 統合された環境をインストールする方法について詳しくは、 Windows ドライバーの開発をご覧ください。

Visual Studio を使用してイーサネット デバッグをセットアップする代わりに、セットアップを自動的にすることができます。 詳しくは、設定を KDNET ネットワーク カーネル デバッグを自動的に参照してください。

イーサネット ネットワーク経由でのデバッグと、他の種類のケーブル経由でのデバッグと比較して次の利点があります。

  • ホスト コンピューターとターゲット コンピューターは、ローカル ネットワーク上任意の場所にことができます。
  • 1 つのホスト コンピューターから複数のターゲット コンピューターをデバッグするやすくなります。
  • ネットワーク ケーブルは費用がすぐに利用します。
  • 2 台のコンピューターを指定するは両方があることのイーサネット アダプター可能性があります。 これら両方がシリアル ポートこと、また 1394 ポートを持つ小さい可能性があります。

デバッガーを実行するコンピューターは、ホスト コンピューターと呼ばれ、コンピューターは、デバッグ対象のコンピューターと呼びます。 Windows XP、ホスト コンピューターを実行する必要がありますまたはそれ以降と 8 以降、対象のコンピューターで Windows が実行する必要があります。

サポートされているネットワーク アダプター

ホスト コンピューターは、ワイヤード (有線) またはワイヤレス ネットワーク アダプターを使用できますが、対象のコンピューターは、Debugging Tools for Windows でサポートされているネットワーク アダプターを使用する必要があります。 サポートされているネットワーク アダプターの一覧、イーサネット Nic をネットワーク Windows 8.1 でのカーネル デバッグのサポートWindows 10 でネットワーク カーネル デバッグするためのイーサネット Nic のサポートされているをご覧ください。

ホストとターゲット コンピューターの構成

  1. ネットワーク ハブに、ターゲット コンピューターのネットワーク アダプターを接続するか、ネットワーク ケーブルを使用して、適切なを切り替えます。 ホスト コンピューターのネットワーク アダプターを接続するネットワーク ハブや、標準的なケーブルまたはワイヤレス接続を使用して切り替えます。
  2. ドライバーの展開およびテスト (WDK 8.1) 用のコンピューターのプロビジョニングで説明したように、ホスト コンピューターとターゲット コンピューターを構成を開始します。
  3. ホスト コンピューターで Visual Studio で、コンピューターの構成] ダイアログ ボックスに到達するとコンピューターのプロビジョニングと選択デバッガーの設定を選択します。
  4. 接続の種類ネットワークを選択します。

    デバッガーの例の次のフィールドの値を設定を示すスクリーン ショット: 接続の種類、ターゲット名、およびバス パラメーター

    ポート番号の既定値または好みの値を入力します。 65535 49152 から任意の数を選択できます。 ホスト コンピューターで実行されているデバッガーの排他的アクセス、選択したポートが開かれます。 ホスト コンピューター上で実行されるその他のアプリケーションで使用されていないポート番号を選択する行われます。

    注: ネットワーク デバッグするために使用できるポート番号の範囲は、会社のネットワーク ポリシーによって制限される可能性があります。 制限事項は、ホスト コンピューターから確認する方法はありません。 会社のポリシーがネットワークのデバッグに使用できるポートの範囲を制限するかどうかを確認するのには、ネットワーク管理者と確認します。

**キー**に強くお勧めします自動的に生成される既定値を使用することです。 ただし、希望する場合は、独自のキーを入力できます。 詳しくは、このトピックで後で[、独自のキーを作成する](#creating-your-own-key)を参照してください。 **ホストの IP**は、既定値を受け入れます。 これは、ホスト コンピューターの IP アドレスです。

ターゲット コンピューターのネットワーク アダプターが 1 つだけの場合、空**バス パラメーター**が省略できます。 ターゲット コンピューターでは、複数のネットワーク アダプターがある場合は、PCI バス、デバイス、およびデバッグするために使用するアダプターの関数の番号を判断するターゲット コンピューターで、デバイス マネージャーを使用します。 **バス パラメーター**、 *b*を入力します。*d*します。*f* 、 *b* *d*、 *f*はバス番号、デバイスの数、およびアダプターの関数の数。
  1. 構成プロセスは数分かかり、対象のコンピューターを 1 回か 2 回再起動ことが自動的に可能性があります。 プロセスが完了したら、完了] をクリックします。

注意: ターゲット コンピューターが、ドッキング ステーションにいて、ネットワーク デバッグ ドッキング ステーションの一部となっているネットワーク アダプターに対して有効にある場合は、ドッキング ステーションからコンピューターの情報を削除できません。 ドッキング ステーションから対象のコンピューターを削除する必要がある場合は、カーネルの最初のデバッグを無効にします。 カーネルのデバッグ ターゲット コンピューターを無効にするには、管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開き、オフ bcdedit/debugコマンドを入力します。 ターゲット コンピューターを再起動します。

注: ターゲット コンピューターで HYPER-V の役割をインストールする場合は、ネットワーク デバッグの設定の仮想マシンのホストを参照してください。

ターゲット コンピューターで dbgsettings を確認します。

重要

BCDEdit を使ってブート情報を変更する前に、BitLocker、セキュア ブートなど、テスト用の PC での Windows セキュリティ機能を一時的に中断する必要があります。 テストが完了したときに、これらのセキュリティ機能を再度有効にし、適切なセキュリティ機能が無効にした場合、テスト用の PC を管理します。

ターゲット コンピューターで、管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開き次のコマンドを入力します。

bcdedit/dbgsettings

bcdedit/enum

...
key                     RF8...KNE
debugtype               NET
hostip                  10.125.5.10
port                    50001
dhcp                    Yes
...
busparams               0.29.7
...

Debugtypeは NET とポートは、ホスト コンピューター上の Visual Studio で指定したポート番号のことを確認します。 Visual Studio では、そのキーが自動的に生成されたキー (または指定した) を確認も。

Visual Studio でバス パラメーターを入力した場合は、そのbusparams一致バス パラメーターを指定することを確認します。

バス パラメーターに指定した値がない場合は、次のコマンドを入力します。

bcdedit/set"{dbgsettings}"busparamsb ***.** d . f*

b d、およびfがバス、デバイス、およびデバッグに使用している対象のコンピューター上のネットワーク アダプターの関数の番号。

以下に例を示します。

bcdedit/set"{dbgsettings}"busparams 0.29.7

デバッグ セッションの開始

  1. ホスト コンピューター上の Visual Studio で、[ツール] メニューで、プロセスにアタッチを選択します。
  2. トランスポートでは、 Windows カーネル モード デバッガーを選択します。
  3. 修飾子であるため、以前構成した対象のコンピューターの名前を選択します。
  4. アタッチ] をクリックします。

デバッガーがファイアウォールを通過を許可します。

最初にしようとすると、ネットワーク接続をデバッグを確立するためは、ファイアウォール経由のデバッグ アプリケーション (Microsoft Visual Studio) を許可するように求め可能性があります。 クライアントのバージョンの Windows のプロンプトを表示するが、サーバー バージョンの Windows には、プロンプトは表示しません。 チェック ボックスをオンの 3 つのすべてのネットワークの種類によって、プロンプトに応答: ドメイン、プライベート、および公開します。 プロンプトが表示されない場合、チェック ボックスを確認するメッセージが利用可能な場合や、ファイアウォールを介したアクセスを許可するのにコントロール パネルを使用する必要があります。 開いているコントロール パネル>システムとセキュリティWindows ファイアウォールを介したアプリを許可する] をクリックします。 アプリケーションの一覧には、ファイアウォールを Visual Studio を許可するチェック ボックスを使います。 Visual Studio を再起動します。

独自のキーを作成します。

ターゲット コンピューターのセキュリティを維持するには、ホスト コンピューターとターゲット コンピューター間を移動するパケットを暗号化する必要があります。 (Visual Studio の構成ウィザードによって提供される)、自動的に生成された暗号化キーを使用することを強くお勧め対象のコンピューターを構成している場合)。 ただし、独自のキーを作成することができます。 ネットワーク基本 36、ピリオドで区切って、64 ビットの 4 つの値として指定されている 256 ビットのキーがデバッグ使用します。 各 64 ビット値は、最大 13 文字を使用して指定されます。 有効な文字 a ~ z、0 ~ 9 桁です。 特殊文字は使用できません。 (ただし強力ではありません)、次の一覧が有効な例を示しますキー。

  • 1.2.3.4
  • abc.123.def.456
  • don't.use.previous.keys

ネットワーク ケーブル経由のデバッグのトラブルシューティングのヒント

ファイアウォール経由のアプリケーションのデバッグを許可する必要があります。

WinDbg (KD)、デバッガー ファイアウォールを介したアクセスが必要です。 コントロール パネルを使用して、ファイアウォール経由のアクセスを許可することができます。 開いているコントロール パネル>システムとセキュリティWindows ファイアウォールを介したアプリを許可する] をクリックします。 アプリケーションの一覧には、ファイアウォールを Visual Studio を許可するチェック ボックスを使います。 Visual Studio を再起動します。

ネットワーク ポリシーで許可された範囲のポート番号があります。

ネットワーク デバッグするために使用できるポート番号の範囲は、会社のネットワーク ポリシーによって制限される可能性があります。 会社のポリシーがネットワークのデバッグに使用できるポートの範囲を制限するかどうかを判断するには、ネットワーク管理者に問い合わせます。

ポート番号を変更する必要がある場合は、次の手順を使用します。

  1. ホスト コンピューター上の Visual Studio の [ドライバー] メニューで、[Test (テスト)] > [Configure Computers (コンピューターの構成)] の順に選びます。
  2. テスト コンピューターの名前を選択し、 [次へ] をクリックします。
  3. コンピューターをプロビジョニングしデバッガーの設定を選択します。 [次へ] をクリックします。
  4. ポート番号を、ネットワーク管理者が許可されている範囲内にある数値を入力します。 [次へ] をクリックします。
  5. 再構成処理は数分かかり、ターゲット コンピューターを自動的に再起動します。 プロセスが完了したら、へ]、 [完了] をクリックします。

ターゲット コンピューターに複数のネットワーク アダプターがある場合は、busparams を指定します

ターゲット コンピューターには、複数のネットワーク アダプターがある場合は、バス、デバイス、およびデバッグに使用する予定のネットワーク アダプターの関数の番号を指定する必要があります。 バス パラメーターを指定するには、デバイス マネージャーを開き、デバッグに使用するネットワーク アダプターを探します。 ネットワーク アダプターのプロパティ ページを開き、バスの数、デバイスの数、および機能番号のように設定します。 管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウで、 b d、およびfがバス、デバイス、および機能番号 10 進形式で、次のコマンドを入力します。

bcdedit-設定"{dbgsettings}"busparamsb ***.** d . f*

ターゲット コンピューターを再起動します。

関連トピック

Visual Studio でのカーネル モード デバッグの設定

Windows 10 でのデバッグ ネットワーク カーネルのイーサネット Nic をサポート

イーサネット Nic をネットワーク カーネルが Windows 8.1 でのデバッグのサポート

イーサネット Nic をネットワークのカーネルで Windows 8 のデバッグのサポート