autochkautochk

コンピューターの起動時に実行と Windows Server® 2008 R2 する前に、ファイル システムの論理整合性を検証を開始しています。Runs when the computer is started and prior to Windows Server® 2008 R2 starting to verify the logical integrity of a file system.

Autochk.exeのバージョンは、 Chkdsk NTFS ディスク上にのみ、および Windows Server 2008 R2 を開始する前にのみ実行します。Autochk.exe is a version of Chkdsk that runs only on NTFS disks and only before Windows Server 2008 R2 starts. Autochkコマンドラインから直接実行することはできません。Autochk cannot be run directly from the command-line. 代わりに、 Autochkは、次の状況で実行されます。Instead, Autochk runs in the following situations:

  • 実行しようとする場合Chkdskブート ボリュームでIf you try to run Chkdsk on the boot volume
  • 場合Chkdskボリュームを排他的に使用することができませんIf Chkdsk cannot gain exclusive use of the volume
  • ボリュームがダーティとしてフラグが設定された場合If the volume is flagged as dirty

注釈Remarks

  • [!WARNING] Autochkコマンド ライン ツールは、コマンドラインから直接実行できません。The Autochk command-line tool cannot be directly run from the command-line. 代わりに、使用、 Chkntfs方法を構成するコマンド ライン ツールAutochkスタートアップ時に実行します。Instead, use the Chkntfs command-line tool to configure the way you want Autochk to run at startup.
  • 使用することができますChkntfsで、 /xを防ぐためにパラメーター Autochk特定または複数のボリュームで実行されているからです。You can use Chkntfs with the /x parameter to prevent Autochk from running on a specific volume or multiple volumes.
  • 使用して、 Chkntfs.exeとコマンド ライン ツール、 /t Autochk 遅延を 0 秒から 3 日 (259, 200 秒) に変更するパラメーター。Use the Chkntfs.exe command-line tool with the /t parameter to change the Autochk delay from 0 seconds to up to 3 days (259,200 seconds). ただし、長時間の遅延は、時間が経過するまで、またはキャンセルするキーを押すと、コンピューターが起動しないことを意味Autochkします。However, a long delay means that the computer does not start until the time elapses or until you press a key to cancel Autochk.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

chkdskChkdsk

chkntfsChkntfs

ディスクとファイル システムのトラブルシューティングTroubleshooting Disks and File Systems