defragdefrag

適用先:Windows 10、Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows 10, Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

検索し、システムのパフォーマンスを向上させるためにローカル ボリュームの断片化されたファイルを統合します。Locates and consolidates fragmented files on local volumes to improve system performance. ローカル メンバーシップ管理者はこのコマンドを実行するために必要な最小のグループ、またはそれと同等です。Membership in the local Administrators group, or equivalent, is the minimum required to run this command.

構文Syntax

defrag <volumes> | /C | /E <volumes>    [/H] [/M [n]| [/U] [/V]]
defrag <volumes> | /C | /E <volumes> /A [/H] [/M [n]| [/U] [/V]]
defrag <volumes> | /C | /E <volumes> /X [/H] [/M [n]| [/U] [/V]]
defrag <volume> [/<Parameter>]*

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<volume> 分析または最適化するボリュームのドライブ文字またはマウント ポイントのパスを指定します。Specifies the drive letter or mount point path of the volume to be defragmented or analyzed.
AA 指定されたボリュームには、分析を実行します。Perform analysis on the specified volumes.
CC すべてのボリューム上の操作を実行します。Perform the operation on all volumes.
DD (これは、既定値) 従来のデフラグを実行します。Perform traditional defrag (this is the default). 階層化ボリュームは、従来のデフラグを実行容量レベルでのみです。On a tiered volume though, traditional defrag is performed only on the Capacity tier.
EE 指定されたもの以外のすべてのボリューム上の操作を実行します。Perform the operation on all volumes except those specified.
GG 指定されたボリュームに記憶域階層を最適化します。Optimize the storage tiers on the specified volumes.
HH 通常の優先順位で操作を実行 (既定値は低い)。Run the operation at normal priority (default is low).
NI n 階層の最適化は、各ボリュームに最大 n 秒間実行します。Tier optimization would run for at most n seconds on each volume.
KK 指定されたボリュームには、スラブの統合を実行します。Perform slab consolidation on the specified volumes.
LL 指定されたボリュームに retrim を実行します。Perform retrim on the specified volumes.
M [n]M [n] 各ボリューム上の操作をバック グラウンドで並列に実行されます。Run the operation on each volume in parallel in the background. 最大 n 個のスレッドは、並列で記憶域階層を最適化します。At most n threads optimize the storage tiers in parallel.
OO メディアの種類ごとの適切な最適化を実行します。Perform the proper optimization for each media type.
TT 指定されたボリュームで既に実行中の操作を追跡します。Track an operation already in progress on the specified volume.
UU 画面の操作の進行状況を出力します。print the progress of the operation on the screen.
VV 断片化の統計情報を含む詳細な出力を印刷します。print verbose output containing the fragmentation statistics.
xX 指定されたボリュームに空き領域の統合を実行します。Perform free space consolidation on the specified volumes.
?? このヘルプ情報が表示されます。Displays this help information.

注釈Remarks

  • 特定の種類のファイル システム ボリュームまたはドライブを最適化することはできません。You cannot defragment specific types of file system volumes or drives:
    • ファイル システムがロックされているボリュームを最適化することはできません。You cannot defragment volumes that the file system has locked.
    • ファイル システムがダーティとマークされているボリュームを最適化し、破損している可能性を示すことはできません。You cannot defragment volumes that the file system has marked as dirty, which indicates possible corruption. 実行する必要がありますchkdskダーティ ボリューム、最適化を行うことができます。You must run chkdsk on a dirty volume before you can defragment it. 使用して、ボリュームがダーティかどうかを判断できます、 fsutilダーティ クエリ コマンド。You can determine if a volume is dirty by using the fsutil dirty query command. 詳細についてはchkdskfsutilダーティを参照してくださいその他の参照します。For more information about chkdsk and fsutil dirty, see additional references.
    • ネットワーク ドライブを最適化することはできません。You cannot defragment network drives.
    • Cdrom を最適化することはできません。You cannot defragment cdROMs.
    • されていないファイル システム ボリュームを最適化することはできませんNTFSReFSFatまたはFat32します。You cannot defragment file system volumes that are not NTFS, ReFS, Fat or Fat32.
  • Windows server 2008 R2、Windows Server 2008、および Windows Vista では、ボリュームの最適化をスケジュールできます。With Windows Server 2008 R2 , Windows Server 2008 , and, Windows Vista, you can schedule to defragment a volume. ただし、ソリッド ステート ドライブ (SSD) または SSD 上に存在する仮想ハード_ディスク (VHD) 上のボリュームを最適化するようにスケジュールすることはできません。However, you cannot schedule to defragment a Solid State Drive (SSD) or a volume on a Virtual Hard Disk (VHD) that resides on an SSD.
  • ここで示す手順を実行するには、ローカル コンピューターの Administrators グループに属しているか、適切な権限を委任されている必要があります。To perform this procedure, you must be a member of the Administrators group on the local computer, or you must have been delegated the appropriate authority. コンピューターがドメインに参加している場合は、Domain Admins グループのメンバーがここで示す手順を実行できます。If the computer is joined to a domain, members of the Domain Admins group might be able to perform this procedure. セキュリティ ベスト プラクティスとして、使用を検討して実行この手順を実行します。As a security best practice, consider using Run As to perform this procedure.
  • ボリュームは少なくとも 15% の空き領域が必要デフラグ完全かつ適切に最適化します。A volume must have at least 15% free space for defrag to completely and adequately defragment it. デフラグファイルの断片の並べ替えの領域としてこのスペースを使用します。defrag uses this space as a sorting area for file fragments. ボリュームの空き領域、15% 未満である場合デフラグは部分的にしか最適化します。If a volume has less than 15% free space, defrag will only partially defragment it. ボリュームの空き領域を増やすには、不要なファイルを削除または別のディスクに移動します。To increase the free space on a volume, delete unneeded files or move them to another disk.
  • 中にデフラグを分析し、ボリュームの最適化、点滅するカーソルが表示されます。While defrag is analyzing and defragmenting a volume, it displays a blinking cursor. ときにデフラグが完成に分析し、ボリュームの最適化、分析レポート、最適化のレポート、または両方のレポートを表示し、コマンド プロンプトを終了します。When defrag is finished analyzing and defragmenting the volume, it displays the analysis report, the defragmentation report, or both reports, and then exits to the command prompt.
  • 既定では、デフラグを指定しない場合は、分析と最適化の両方のレポートの概要を表示、 /aまたは /vパラメーター。By default, defrag displays a summary of both the analysis and defragmentation reports if you do not specify the /a or /v parameters.
  • 」と入力して、テキスト ファイルに、レポートを送信することができます > ファイル名.txtここで、ファイル名.txtは指定したファイル名です。You can send the reports to a text file by typing >FileName.txt, where FileName.txt is a file name you specify. たとえば次のようになります。defrag volume /v > FileName.txtFor example: defrag volume /v > FileName.txt
  • キーを押して、コマンド行で、最適化プロセスを中断するCTRL + Cします。To interrupt the defragmentation process, at the command line, press CTRL+C.
  • 実行している、デフラグコマンドとディスク デフラグ ツールでは、相互に排他的です。Running the defrag command and Disk defragmenter are mutually exclusive. ボリュームを最適化するディスク デフラグ ツールを使用しているかどうかを実行して、デフラグ、コマンドラインでコマンド、デフラグコマンドは失敗します。If you are using Disk defragmenter to defragment a volume and you run the defrag command at a command-line, the defrag command fails. 逆に、実行する場合、デフラグコマンドやディスク デフラグ ツールを開いて、ディスク デフラグ ツールの最適化オプションをご利用いただけません。Conversely, if you run the defrag command and open Disk defragmenter, the defragmentation options in Disk defragmenter are unavailable.

Examples

進行状況と詳細な出力を提供しながらドライブ C 上のボリュームの断片化を解消するには、次のように入力します。To defragment the volume on drive C while providing progress and verbose output, type:

defrag C: /U /V

ドライブ C および D にバック グラウンドで同時にボリュームを最適化するには、次のように入力します。To defragment the volumes on drives C and D in parallel in the background, type:

defrag C: D: /M

C ドライブにマウントされたボリュームの断片化の分析を実行し、進行状況を提供する、次のように入力します。To perform a fragmentation analysis of a volume mounted on drive C and provide progress, type:

defrag C: mountpoint /A /U

通常の優先順位を持つすべてのボリュームを最適化し、詳細な出力を行うため、次のように入力します。To defragment all volumes with normal priority and provide verbose output, type:

defrag /C /H /V

スケジュールされたタスクScheduled task

デフラグのタスクを実行するメンテナンス タスクとしてスケジュール済み、毎週実行するようにスケジュールは通常、します。Defrag's scheduled task runs as a maintenance task and is usually scheduled to run every week. 管理者を使用して、頻度を変更できますドライブの最適化アプリケーション。Administrator can change the frequency using Optimize Drives application.

  • スケジュールされたタスクから実行する場合デフラグSsd に対して次のポリシーには。When run from the scheduled task, defrag has below policy for SSDs:
    • 従来のデフラグ(つまり移動するファイルをまとめて、適度に連続する) とretrim 1 か月に 1 回だけ実行します。Traditional defrag (i.e. moving files to make them reasonably contiguous) and retrim is run only once every month.
    • 両方従来デフラグretrimがスキップされ、 analysisは実行されません。If both traditional defrag and retrim are skipped, analysis is not run.
      • ユーザーが実行した場合従来デフラグ手動で、SSD と 3 週間後、最後のスケジュールされたタスクの実行し、[次へ] スケジュールされたタスクの実行は実行analysisretrimが、スキップ従来デフラグその SSD 上。If user ran traditional defrag manually on an SSD, say 3 weeks after the last scheduled task run, then the next scheduled task run will perform analysis and retrim but skip traditional defrag on that SSD.
    • 場合analysisはスキップされます、前回実行されたで時間ドライブの最適化は更新されません。If analysis is skipped, the Last run time in Optimize Drives will not be updated. Ssd に対しては、前回実行されたで時間ドライブの最適化1 か月前にすることができます。So for SSDs the Last run time in Optimize Drives can be a month old.
  • このメンテナンス タスク可能性がありますいないデフラグ、すべてのボリュームもため、このタスクは、次の。This maintenance task might not defrag all the volumes, at times because this task does the following:
    • デフラグを実行するには、コンピューターをスリープ解除しません。Doesn't wake the computer in order to run defrag
    • コンピューターが AC 電源、上にあり、コンピューターがバッテリ電源に切り替わった場合停止している場合にのみが起動します。Starts only if the computer is on AC power, and stops if the computer switches to battery power
    • コンピューターがアイドル状態である場合を停止します。Stops if the computer ceases to be idle

その他の参照Additional references