fsutil 8dot3nameFsutil 8dot3name

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

クエリまたはを含む短い名前 (8dot3 名) の動作の設定を変更します。Queries or changes the settings for short name (8dot3 name) behavior, which include:

  • クエリの短い名前の動作の現在の設定Query the current setting for the short name behavior

  • 短い名前が指定したディレクトリ パスから削除された場合に影響を受ける可能性がありますレジストリ キーの指定されたディレクトリ パスをスキャンします。Scan the specified directory path for registry keys that might be impacted if short names were stripped from the specified directory path

  • 短い名前の動作を制御する設定を変更します。Change the setting that controls the short name behavior. この設定は、指定されたボリュームまたはボリュームの既定の設定を適用できます。This setting can be applied to a specified volume or to the default volume setting.

  • ディレクトリ内のすべてのファイルの短い名前を削除します。Remove the short names for all files within a directory

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil 8dot3name [query] [<VolumePath>]
fsutil 8dot3name [scan] [/s] [/l [<log file>] ] [/v] <DirectoryPath>
fsutil 8dot3name [set] { <DefaultValue> | <VolumePath> {1|0}}
fsutil 8dot3name [strip] [/t] [/s] [/f] [/l [<log file.] ] [/v] <DirectoryPath>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
クエリ []query [] 8dot3 短い名前作成の動作の状態をファイル システムに照会します。Queries the file system for the state of the 8dot3 short name creation behavior.

場合、 VolumePathすべてのボリュームの既定の 8dot3name 作成動作設定が表示される、パラメーターとして指定されていません。If a VolumePath is not specified as a parameter, the default 8dot3name creation behavior setting for all volumes is displayed.
スキャン scan ファイルが配置されているをスキャンする、指定したDirectoryPath 8dot3 の短い名前は、ファイル名から削除された場合に影響を受ける可能性がありますレジストリ キー。Scans the files that are located in the specified DirectoryPath for registry keys that might be impacted if 8dot3 short names were stripped from the file names.
設定 { | }set { | } 次のインスタンスで 8dot3 名前作成のファイル システムの動作を変更します。Changes the file system behavior for 8dot3 name creation in the following instances:

  • ときにDefaultValueが指定されているレジストリ キー、 HKLM\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisable8dot3NameCreationNtfsDisable8dot3NameCreationNtfsDisable8dot3NameCreationに設定されている、 DefaultValueします。When DefaultValue is specified, the registry key, HKLM\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisable8dot3NameCreationNtfsDisable8dot3NameCreationNtfsDisable8dot3NameCreation, is set to the DefaultValue.

    DefaultValue次の値を持つことができます。The DefaultValue can have the following values:

    • 0:システム上のすべてのボリュームの 8dot3 名の作成を有効にします。0: Enables 8dot3 name creation for all volumes on the system.
    • 1:システム上のすべてのボリュームの 8dot3 名の作成を無効にします。1: Disables 8dot3 name creation for all volumes on the system.
    • 2:8dot3 名の作成は、ボリュームごとに設定します。2: Sets 8dot3 name creation on a per volume basis.
    • 3:システム ボリュームを除くすべてのボリュームの 8dot3 名の作成を無効にします。3: Disables 8dot3 name creation for all volumes except the system volume.
  • ときに、 VolumePathを指定すると、ディスク フラグ 8dot3name プロパティで指定されたボリュームは、指定されたボリュームの 8dot3 名の作成を有効にする設定 (0) またはセットを 8dot3 名の作成を無効にする、ボリュームを指定 (1)。When a VolumePath is specified, the specified volumes on disk flag 8dot3name properties are set to enable 8dot3 name creation for a specified volume (0) or set to disable 8dot3 name creation on the specified volume (1).

    8dot3 名前作成の既定のファイル システム動作は、値に設定する必要があります2を有効にしたり、指定されたボリュームの 8dot3 名の作成を無効にする前にします。You must set the default file system behavior for 8dot3 name creation to the value 2 before you can enable or disable 8dot3 name creation for a specified volume.
ストリップ strip 8dot3 ファイル名が存在するすべてのファイルを削除します。 指定したDirectoryPathします。Removes the 8dot3 file names for all files that are located in the specified DirectoryPath. 8dot3 ファイル名は、すべてのファイルは削除されません場所、 DirectoryPath結合ファイルに名は 260 文字以上含まれています。The 8dot3 file name is not removed for any files where the DirectoryPath combined with the file name contains more than 260 characters.

このコマンドは、一覧表示されますが、8dot3 ファイル名が完全に削除したファイルを指定するレジストリ キーを変更しません。This command lists, but does not modify the registry keys that point to the files that had 8dot3 file names permanently removed.

ファイルから 8dot3 ファイル名を完全に削除の影響の詳細については、次を参照してください。解説します。For more information about the effects of permanently removing the 8dot3 file names from files, see Remarks.
ドライブ名の後にコロンまたは形式の GUID を指定しますボリューム { GUID } します。Specifies the drive name followed by a colon or the GUID in the format Volume{GUID}.
/f/f 指定するすべてのファイルを指定したDirectoryPathが 8dot3 ファイル名削除 8dot3 ファイル名を使用してファイルをポイントするレジストリ キーがある場合でもです。Specifies that all files that are located in the specified DirectoryPath have the 8dot3 file names removed even if there are registry keys that point to files using the 8dot3 file name. この場合は、操作は、8dot3 ファイル名を削除しますが、8dot3 ファイル名を使用しているファイルを指す任意のレジストリ キーを変更しません。In this case, the operation removes the 8dot3 file names, but does not modify any registry keys that point to the files that are using the 8dot3 file names. 警告: ディレクトリまたは使用する前にボリュームをバックアップすることをお勧めしますが、 /fパラメーター予期しないアプリケーションのエラーになる可能性があるため、アンインストールすることができないなどのプログラムします。Warning: It is recommended that you back up your directory or volume prior to using the /f parameter because it may lead to unexpected application failures, including the inability to uninstall programs.
/l []/l [] 情報が書き込まれるログ ファイルを指定します。Specifies a log file where information is written.

場合、 /lパラメーターが指定されていないすべての情報が既定のログ ファイルに書き込まれます。If the /l parameter is not specified, all information is written to the default log file:

%temp%\8dot3_removal_log@ ( GMT YYYY MM DD HH、MM-SS ) .log%temp%\8dot3_removal_log@(GMT YYYY-MM-DD HH-MM-SS).log
/s/s 指定した操作は、指定されたサブディレクトリに適用する必要がありますDirectoryPathします。Specifies that the operation should be applied to the subdirectories of the specified DirectoryPath.
/t/t テスト モードで 8dot3 ファイル名の削除を実行することを指定します。Specifies that the removal of 8dot3 file names should be run in test mode. 8dot3 ファイル名の実際の削除を除くすべての操作が実行されます。All operations except the actual removal of the 8dot3 file names are performed. テスト モードを使用すると、どのレジストリ キーは、8dot3 ファイル名を使用するファイルをポイントを検出します。You can use test mode to discover which registry keys point to files that use the 8dot3 file names.
/v/v ログ ファイルに書き込まれたすべての情報が、コマンドラインにも表示されることを指定します。Specifies that all information that is written to the log file is also displayed on the command-line.

「解説」Remarks

  • 8dot3 ファイル名を完全に削除して、8dot3 ファイル名をポイントするレジストリ キーを変更しないが、アプリケーションをアンインストールすることができないなどの予期しないアプリケーションが失敗する可能性があります。Permanently removing 8dot3 file names and not modifying registry keys that point to the 8dot3 file names may lead to unexpected application failures, including the inability to uninstall an application. まず、ディレクトリまたはボリューム前にバックアップする 8dot3 ファイル名を削除しようとするをお勧めします。It is recommended you first back up your directory or volume before you attempt to remove 8dot3 file names.

Examples

{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}、GUID で指定されているディスク ボリュームの無効化 8dot3 名の動作を照会するには、次のように入力します。To query for the disable 8dot3 name behavior for a disk volume that is specified with the GUID, {928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}, type:

fsutil 8dot3name query Volume{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}

使用して、8dot3 名の動作を照会することも、動作サブコマンドします。You can also query the 8dot3 name behavior by using the behavior subcommand.

8dot3 ファイル名を削除する、 D:\MyDataディレクトリとログ ファイルとして指定されている情報の書き込み中に、すべてのサブディレクトリmylogfile.log種類。To remove 8dot3 file names in the D:\MyData directory and all subdirectories, while writing the information to the log file that is specified as mylogfile.log, type:

fsutil 8dot3name strip /l mylogfile.log /s d:\MyData

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil

fsutil 8dot3nameFsutil 8dot3name

fsutil の動作Fsutil behavior