Fsutil の動作Fsutil behavior

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

クエリまたはを含む NTFS ボリュームの動作を設定します。Queries or sets NTFS volume behavior, which includes:

  • 8.3 形式の文字長のファイル名の作成The creation of 8.3 character-length file names

  • NTFS ボリュームでの 8.3 形式の文字の長さの短いファイル名で拡張文字の使用Extended character use in 8.3 character-length short file names on NTFS volumes

  • ディレクトリは NTFS ボリュームに一覧表示された場合、最終アクセス時刻スタンプの更新The updating of the Last Access Time stamp when directories are listed on NTFS volumes

  • システム ログと NTFS どのクォータ イベントが書き込まれる頻度ページ プール メモリおよび NTFS の非ページ プール メモリ キャッシュ レベルThe frequency with which quota events are written to the system log and to NTFS paged pool and NTFS non-paged pool memory cache levels

  • マスター ファイル テーブル ゾーン (MFT ゾーン) のサイズThe size of the master file table zone (MFT Zone)

  • NTFS ボリューム上の破損が検出されたときにデータのサイレント削除します。Silent deletion of data when the system encounters corruption on an NTFS volume.

  • ファイル削除通知 (トリムまたは解除とも呼ばれます)File-delete notification (also known as trim or unmap)

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil behavior query {allowextchar | bugcheckoncorrupt | disable8dot3 [<VolumePath>] | disablecompression | disablecompressionlimit | disableencryption | disablefilemetadataoptimization | disablelastaccess | disablespotcorruptionhandling | disabletxf | disablewriteautotiering | encryptpagingfile | mftzone | memoryusage | quotanotify | symlinkevaluation | disabledeletenotify}

fsutil behavior set {allowextchar {1|0} | bugcheckoncorrupt {1|0} | disable8dot3 [ <Value> | [<VolumePath> {1|0}] ] | disablecompression {1|0} | disablecompressionlimit {1|0} | disableencryption {1|0} | disablefilemetadataoptimization {1|0} | disablelastaccess {1|0} | disablespotcorruptionhandling {1|0} | disabletxf {1|0} | disablewriteautotiering {1|0} | encryptpagingfile {1|0} | mftzone <Value> | memoryusage <Value> | quotanotify <Frequency> | symlinkevaluation <SymbolicLinkType> | disabledeletenotify {1|0}}

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
queryquery ファイル システムの動作のパラメーターをクエリします。Queries the file system behavior parameters.
セット (set)set ファイル システムの動作のパラメーターを変更します。Changes the file system behavior parameters.
allowextchar {1|0}allowextchar {1|0} 許可 (1) を許可または拒否 (0) 拡張文字の文字で (分音文字を含む) を設定する NTFS ボリューム上の 8.3 形式の文字の長さの短いファイル名に使用します。Allows (1) or disallows (0) characters from the extended character set (including diacritic characters) to be used in 8.3 character-length short file names on NTFS volumes.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
Bugcheckoncorrupt {1|0}Bugcheckoncorrupt {1|0} により、(1) を許可または拒否 (0) のバグ チェック、NTFS ボリューム上の破損がある場合に生成します。Allows (1) or disallows (0) generation of a bug check when there is corruption on an NTFS volume. この機能は、NTFS がサイレント モードで、NTFS の自己修復機能を使用すると、データを削除するを防ぐために使用できます。This feature can be used to prevent NTFS from silently deleting data when used with the Self-Healing NTFS feature.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.

このパラメーターに適用されます。Windows Server 2008 R2 および Windows 7。This parameter applies to: Windows Server 2008 R2 and Windows 7 .
disable8dot3 [] {1|0}disable8dot3 [] {1|0} 無効にします (1) または有効 (0) FAT と NTFS でフォーマットされたボリューム上の 8.3 形式の文字長のファイル名を作成します。Disables (1) or enables (0) the creation of 8.3 character-length file names on FAT- and NTFS-formatted volumes. 必要に応じて、プレフィックスを追加、 VolumePathドライブ名の後にコロンまたは GUID として指定します。Optionally, prefix with the VolumePath specified as a drive name followed by a colon or GUID.
disablecompression {1|0}disablecompression {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) NTFS 圧縮。Disables (1) or enables (0) NTFS compression.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disablecompressionlimit {1|0}disablecompressionlimit {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) NTFS ボリュームで NTFS 圧縮の制限。Disables (1) or enables (0) NTFS compression limit on NTFS volume. 圧縮されたファイルには、特定のファイルを拡張に失敗するのではなく、断片化のレベルに達すると、NTFS は、ファイルの追加のエクステントの圧縮を停止します。When a compressed file reaches a certain level of fragmentation, rather than failing to extend the file, NTFS stops compressing additional extents of the file. これは通常なるよりも大きく、圧縮されたファイルを許可します。This was done to allow compressed files to be larger than they normally would be. システム上のファイルを圧縮するこの機能のサイズを制限する場合は TRUE。 無効にするこの値を設定します。Setting this value to TRUE disables this feature which limits the size of compressed files on the system. この機能を無効化はお勧めしません。We do not recommend disabling this feature.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disableencryption {1|0}disableencryption {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) フォルダーとファイルを NTFS ボリュームの暗号化。Disables (1) or enables (0) the encryption of folders and files on NTFS volumes.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disablefilemetadataoptimization {1|0}disablefilemetadataoptimization {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) ファイルのメタデータの最適化。Disables (1) or enables (0) file metadata optimization. NTFS では、指定されたファイル数のエクステントに対する制限があります。NTFS has a limit on how many extents a given file can have. 圧縮され、スペア ファイルの断片化の著しいになることができます。Compressed and spares files can become very fragmented. 既定では、NTFS は、断片化されたファイルに使用できる場合は、その内部のメタデータ構造を定期的に圧縮します。By default, NTFS periodically compacts its internal metadata structures to allow for more fragmented files. この値を無効にします。 TRUE に設定すると、この内部の最適化。Setting this value to TRUE disables this internal optimization. この機能を無効化はお勧めしません。We do not recommend disabling this feature.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disablelastaccess {1|0}disablelastaccess {1|0} 無効にします (1) または有効 (0) ディレクトリは NTFS ボリュームの一覧表示された場合、各ディレクトリのアクセス時刻スタンプで更新、最後にします。Disables (1) or enables (0) updates to the Last Access Time stamp on each directory when directories are listed on an NTFS volume.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disablespotcorruptionhandling {1|0}disablespotcorruptionhandling {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) スポット破損処理します。Disables (1) or enables (0) spot corruption handling. Windows 8 および Windows Server 2012 で導入された新しい機能の 1 つは、CHKDSK の新しい高可用性形式です。One of the new features introduced in Windows 8 and Windows Server 2012 is a new high availability form of CHKDSK. この機能は、オフラインにすることがなく、ボリュームの状態を分析する CHKDSK を実行するシステム管理者を使用できます。This feature allows system administrators to run CHKDSK to analyze the state of a volume without taking it offline. この機能を無効化はお勧めしません。We do not recommend disabling this feature.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disabletxf {1|0}disabletxf {1|0} 無効にします (1) または有効にする (0) 指定された NTFS ボリュームで txf します。Disables (1) or enables (0) txf on the specified NTFS volume. TxF は、ファイル システム操作にセマンティクスのようなトランザクションを提供する NTFS 機能です。TxF is an NTFS feature that provides transaction like semantics to file system operations. TxF は現在 deprected 機能は引き続き使用できます。TxF is presently deprected though the functionality is still available. C: ボリュームでこの機能を無効化はお勧めしません。We do not recommend disabling this feature on the C: volume.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
disablewriteautotiering {1|0}disablewriteautotiering {1|0} 階層化ボリュームには、v2 自動階層化のロジックを ReFS を無効にします。Disables ReFS v2 auto tiering logic for tiered volumes.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
encryptpagingfile {1|0}encryptpagingfile {1|0} 暗号化 (1) を暗号化しませんまたは (0)、Windows オペレーティング システムでメモリのページング ファイル。Encrypts (1) or does not encrypt (0) the memory paging file in the Windows operating system.

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
mftzonemftzone MFT ゾーンのサイズを設定し、200 MB 単位の倍数として表されます。Sets the size of the MFT Zone, and is expressed as a multiple of 200MB units. 設定から数値に1 (既定値は 200 MB) を4 (最大値は 800 MB)。Set Value to a number from 1 (default is 200 MB) to 4 (maximum is 800 MB).

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
memoryusagememoryusage NTFS のページ プール メモリおよび NTFS の非ページ プール メモリの内部キャッシュ レベルを構成します。Configures the internal cache levels of NTFS paged-pool memory and NTFS nonpaged-pool memory. 設定1または2します。Set to 1 or 2. 設定すると1 (既定)、NTFS は、既定のページ プール メモリの量を使用します。When set to 1 (the default), NTFS uses the default amount of paged-pool memory. 設定すると2NTFS のルック アサイド リストとメモリのしきい値のサイズを大きくします。When set to 2, NTFS increases the size of its lookaside lists and memory thresholds. (ルック アサイド リストは、ファイル システム操作では、ファイルの読み取りなどのプライベート メモリ キャッシュ、カーネルとデバイス ドライバーを作成する固定サイズのメモリ バッファーのプールです)。(A lookaside list is a pool of fixed-size memory buffers that the kernel and device drivers create as private memory caches for file system operations, such as reading a file.)

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
quotanotify quotanotify システム ログで NTFS クォータ違反の報告頻度を構成します。Configures how frequently NTFS quota violations are reported in the system log. 有効な値は 0 ~ 4294967295 の範囲内では。Valid values for are in the range 0 – 4294967295. 既定の頻度は、3600 秒 (1 時間) です。The default frequency is 3600 seconds (one hour).

このパラメーターを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart your computer for this parameter to take effect.
symlinkevaluation symlinkevaluation コンピューター上に作成できるシンボリック リンクの種類を制御します。Controls the kind of symbolic links that can be created on a computer. 有効な選択肢は次のとおりです。Valid choices are:

1. ローカルへのローカルのシンボリック リンク、L2L: {0|1}1. Local to local symbolic links, L2L:{0|1}
2. ローカルへのリモートのシンボリック リンク、L2R: {0|1}2. Local to remote symbolic links, L2R:{0|1}
3.リモートへのローカルのシンボリック リンク、R2R: {0|1}3. Remote to local symbolic links, R2R:{0|1}
4。リモートへのリモートのシンボリック リンク、R2L: {0|1}4. Remote to remote symbolic links, R2L:{0|1}
DisableDeleteNotifyDisableDeleteNotify 無効にします( 1 )または有効にする( 0 )通知を削除します。Disables (1) or enables (0) delete notifications. 通知を削除(とも呼ばれますトリミングまたは解除)ファイルのために解放されているクラスターの基になるストレージ デバイスに通知する機能の削除操作だけです。Delete notification (also known as trim or unmap) is a feature that notifies the underlying storage device of clusters that have been freed due to a file delete operation. さらに:In addition:

ReFS を使用してシステムの v2、trim は既定で無効になります。- For systems using ReFS v2, trim is disabled by default. Windows Server 2016 に適用されます。Applies to Windows Server 2016.
ReFS を使用してシステムの v1、trim は既定で有効にします。- For systems using ReFS v1, trim is enabled by default. Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2016 に適用されます。Applies to Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, and Windows Server 2016.
-の NTFS を使用して、システム管理者によって無効にしない限り、trim は既定で有効にします。- For systems using NTFS, trim is enabled by default unless an administrator disables it.
場合は、ハード ディスク ドライブまたは SAN を報告するトリム、サポートされていませんし、ハード ディスク ドライブと San でトリム通知を取得できません。- If your hard disk drive or SAN reports that it does not support trim, then your hard disk drive and SANs do not get trim notifications.
有効化または無効にするには、再起動は不要です。- Enabling or disabling does not require a restart.
-Trim は、次のコマンドを解除するときに効果的なが発行されます。- Trim is effective when the next unmap command is issued.
-既存の実行中の IO がレジストリの変更により影響ありません。- Existing inflight IO are not impacted by the registry change.
で有効またはトリミングを無効にした場合は、任意のサービスの再起動は不要です。- Does not require any service restart when you enable or disable trim.

このパラメーターは、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 で導入されました。This parameter was introduced in Windows Server 2008 R2 and Windows 7.

注釈Remarks

  • MFT ゾーンは、マスター ファイル テーブル (MFT) MFT の断片化を防ぐために、必要に応じて拡張できるようにする予約済みの領域です。The MFT Zone is a reserved area that enables the master file table (MFT) to expand as needed to prevent MFT fragmentation. ボリュームの平均ファイル サイズは 2 KB も以下の場合、設定すると解消できる場合、 mftzone 2 の値。If the average file size on the volume is 2 KB or less, it can be beneficial to set the mftzone value to 2. ボリュームの平均ファイル サイズは 1 KB も以下の場合、設定すると解消できる場合、 mftzone 4 までの値。If the average file size on the volume is 1 KB or less, it can be beneficial to set the mftzone value to 4.

  • ときにdisable8dot3に設定されている0、毎回の長いファイル名を持つファイルを作成する、NTFS、8.3 形式の文字長のファイルの名前を持つ 2 つ目のファイルのエントリを作成します。When disable8dot3 is set to 0, every time you create a file with a long file name, NTFS creates a second file entry that has an 8.3 character-length file name. NTFS では、ディレクトリにファイルを作成するときは、長いファイル名に関連付けられている 8.3 形式の文字長のファイル名を確認する必要があります。When NTFS creates files in a directory, it must look up the 8.3 character-length file names that are associated with the long file names. このパラメーターを更新、 HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisable8dot3NameCreationレジストリ キー。This parameter updates the HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisable8dot3NameCreation registry key.

  • Allowextcharパラメーターの更新、 HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsAllowExtendedCharacterIn8dot3Nameレジストリ キー。The allowextchar parameter updates the HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsAllowExtendedCharacterIn8dot3Name registry key.

  • Disablelastaccessパラメーターは、ファイルとディレクトリの最終アクセス日時スタンプをログ記録の更新の影響を軽減します。The disablelastaccess parameter reduces the impact of logging updates to the Last Access Time stamp on files and directories. 無効にすると、最終アクセス時刻機能ファイルとディレクトリのアクセスの速度が向上します。Disabling the Last Access Time feature improves the speed of file and directory access. このパラメーターを更新、 HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisableLastAccessUpdateレジストリ キー。This parameter updates the HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsDisableLastAccessUpdate registry key.

    注:Notes:

    • ファイル ベース最終アクセス時刻クエリは、ディスク上のすべての値が最新でない場合でも正確です。File-based Last Access Time queries are accurate even if all on-disk values are not current. NTFS は、正確な値がメモリに格納されているために、クエリの正しい値を返します。NTFS returns the correct value on queries because the accurate value is stored in memory.

    • 1 時間は、NTFS は、更新を延期する最大時間最終アクセス時刻ディスクにします。One hour is the maximum amount of time that NTFS defers updating Last Access Time on disk. NTFS などその他のファイル属性を更新する場合最終変更時刻、および最終アクセス時刻NTFS 更新保留中の更新プログラムが最終アクセス時刻せず、他の更新プログラム追加のパフォーマンスに影響します。If NTFS updates other file attributes such as Last Modify Time, and a Last Access Time update is pending, NTFS updates Last Access Time with the other updates without additional performance impact.

    • Disablelastaccessパラメーターは、この機能に依存するバックアップとリモート記憶域などのプログラムに影響を与えます。The disablelastaccess parameter can affect programs such as Backup and Remote Storage that rely on this feature.

  • 物理メモリを増やすことも、NTFS を使用可能なページ プール メモリの量は常に増加しません。Increasing physical memory does not always increase the amount of paged pool memory available to NTFS. 設定memoryusage2ページ プール メモリの制限を発生させます。Setting memoryusage to 2 raises the limit of paged pool memory. これにより、システムを開くと、設定しはまだ使用していないシステム メモリの大量の他のアプリケーションやキャッシュ メモリの同じファイル内の多数のファイルを閉じる場合のパフォーマンスが向上する可能性があります。This might improve performance if your system is opening and closing many files in the same file set and is not already using large amounts of system memory for other applications or for cache memory. スライドを他のアプリケーションやキャッシュ メモリのコンピューターに既に大量のシステム メモリが使用して、ページングされた NTFS の制限を増やすし、非ページ プールのメモリが他のプロセスの使用可能なプールのメモリを削減します。If your computer is already using large amounts of system memory for other applications or for cache memory, increasing the limit of NTFS paged and non-paged pool memory reduces the available pool memory for other processes. これにより、全体的なシステム パフォーマンスが低下する可能性があります。This might reduce overall system performance. このパラメーターを更新、 HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsMemoryUsageレジストリ キー。This parameter updates the HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\NtfsMemoryUsage registry key.

  • 指定された値、 mftzoneパラメーターは、MFT と新しいボリュームで、MFT ゾーンの初期サイズの概算値と各ファイル システムのマウント時に設定されます。The value specified in the mftzone parameter is an approximation of the initial size of the MFT plus the MFT Zone on a new volume, and it is set at mount time for each file system. ボリュームの領域が使用されるため、NTFS は、将来の MFT 拡張予約された領域を調整します。As space on the volume is used, NTFS adjusts the space reserved for future MFT growth. MFT ゾーンが既に大規模な場合は、完全な MFT ゾーンのサイズはもう一度予約されていません。If the MFT Zone is already large, the full MFT Zone size is not reserved again. MFT ゾーンは、連続する範囲 MFT の末尾に基づいているため、領域の使用を縮小します。Because the MFT Zone is based on the contiguous range past the end of the MFT, it shrinks as the space is used.

    現在の MFT ゾーンが完全に使用されるまで、ファイル システムは新しい MFT ゾーンの場所を特定できません。The file system does not determine the new MFT Zone location until the current MFT Zone is completely used. 一般的なシステムで実行することはありませんに注意してください。Note that this never occurs on a typical system.

  • 一部のデバイスは、削除の通知機能がオンにすると、パフォーマンスの低下にすることがあります。Some devices may experience performance degradation when the delete notification feature is turned on. ここでは、使用して、 disabledeletenotify通知機能をオフにします。In this case, use the disabledeletenotify option to turn off the notification feature.

Examples

{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}、GUID で指定されたディスク ボリュームの無効化 8dot3 名の動作を照会するには、次のように入力します。To query for the disable 8dot3 name behavior for a disk volume specified with the GUID, {928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}, type:

fsutil behavior query disable8dot3 Volume{928842df-5a01-11de-a85c-806e6f6e6963}

使用して、8dot3 名の動作を照会することも、 8dot3nameサブコマンドします。You can also query the 8dot3 name behavior by using the 8dot3name subcommand.

TRIM が有効になっていない、またはシステムを照会するには、次のように入力します。To query the system to see if TRIM is enabled or not, type:

fsutil behavior query DisableDeleteNotify

これには、次のような出力が得られます。This yields an output similar to this:

NTFS DisableDeleteNotify = 1
ReFS DisableDeleteNotify is not currently set

トリミングの既定の動作をオーバーライドする(disabledeletenotify) ReFS v2 を入力します。To override the default behavior for TRIM (disabledeletenotify) for ReFS v2, type:

fsutil behavior set DisableDeleteNotify ReFS 0

トリミングの既定の動作をオーバーライドする(disabledeletenotify) NTFS や refs などの v1 では、入力します。To override the default behavior for TRIM (disabledeletenotify) for NTFS and ReFS v1, type:

fsutil behavior set DisableDeleteNotify 1

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key

FsutilFsutil

fsutil 8dot3nameFsutil 8dot3name