wbadmin start sysrecoverywbadmin start sysrecovery

指定されたパラメーターを使用して、システム回復 (ベアメタル回復) を実行します。Performs a system recovery (bare metal recovery) using your specified parameters.

このコマンドを使用してシステムの回復を実行するには、 Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーであるか、適切なアクセス許可が委任されている必要があります。To perform a system recovery using this command, you must be a member of the Backup Operators group or the Administrators group, or you must have been delegated the appropriate permissions.

重要

Wbadmin start sysrecoveryコマンドは、Windows 回復コンソールから実行する必要があります。 wbadminツールの既定の使用法のテキストには記載されていません。The wbadmin start sysrecovery command must be run from the Windows Recovery Console, and isn't listed in the default usage text for the wbadmin tool. 詳細については、「 Windows 回復環境 (WinRE)」を参照してください。For more information, see Windows Recovery Environment (WinRE).

構文Syntax

wbadmin start sysrecovery -version:<VersionIdentifier> -backupTarget:{<BackupDestinationVolume> | <NetworkShareHostingBackup>}  [-machine:<BackupMachineName>] [-restoreAllVolumes] [-recreateDisks] [-excludeDisks] [-skipBadClusterCheck] [-quiet]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
-version-version 復元するバックアップのバージョン識別子を MM/DD/YYYY-HH: MM 形式で指定します。Specifies the version identifier of the backup to recover in MM/DD/YYYY-HH:MM format. バージョン識別子がわからない場合は、 wbadmin get versions コマンドを実行します。If you don't know the version identifier, run the wbadmin get versions command.
-backuptarget-backupTarget 回復するバックアップが格納されている記憶域の場所を指定します。Specifies the storage location that contains the backup(s) you want to recover. このパラメーターは、このコンピューターのバックアップが通常格納されている場所とは異なる場所に保存されている場合に便利です。This parameter is useful when the storage location is different from where backups of this computer are usually stored.
-コンピューター-machine バックアップの回復先となるコンピューターの名前を指定します。Specifies the name of the computer that you want to recover the backup for. -BackupTargetパラメーターが指定されている場合は、このパラメーターを使用する必要があります。This parameter must be used when the -backupTarget parameter is specified. -Machineパラメーターは、複数のコンピューターが同じ場所にバックアップされている場合に便利です。The -machine parameter is useful when multiple computers have been backed up to the same location.
-restoreAllVolumes-restoreAllVolumes 選択したバックアップからすべてのボリュームを回復します。Recovers all volumes from the selected backup. このパラメーターが指定されていない場合、重要なボリューム (システム状態およびオペレーティングシステムコンポーネントを含むボリューム) のみが回復されます。If this parameter is not specified, only critical volumes (volumes that contain the system state and operating system components) are recovered. このパラメーターは、システムの回復中に重要ではないボリュームを回復する必要がある場合に便利です。This parameter is useful when you need to recover non-critical volumes during system recovery.
-recreateDisks-recreateDisks バックアップの作成時に存在していた状態にディスク構成を回復します。Recovers a disk configuration to the state that existed when the backup was created.

警告: このパラメーターは、オペレーティングシステムコンポーネントをホストするボリューム上のすべてのデータを削除します。Warning: This parameter deletes all data on volumes that host operating system components. データボリュームからデータを削除することもできます。It might also delete data from data volumes.

-excludeDisks-excludeDisks -Recreatedisksパラメーターと共に指定した場合にのみ有効です。これは、 wbadmin get disks コマンドの出力に示されているように、ディスク識別子のコンマ区切りリストとして入力する必要があります。Valid only when specified with the -recreateDisks parameter and must be input as a comma-delimited list of disk identifiers (as listed in the output of the wbadmin get disks command). 除外されたディスクはパーティション分割またはフォーマットされません。Excluded disks aren't partitioned or formatted. このパラメーターは、復旧操作中に変更したくないディスク上のデータを保持するのに役立ちます。This parameter helps preserve data on disks that you don't want modified during the recovery operation.
-skipBadClusterCheck-skipBadClusterCheck ボリュームを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering volumes. 無効なクラスター情報について、回復先のディスクのチェックをスキップします。Skips checking the disks you are recovering to for bad cluster information. 別のサーバーまたはハードウェアに回復する場合は、このパラメーターを使用しないことをお勧めします。If you are recovering to an alternate server or hardware, we recommend that you don't use this parameter. これらのディスクに対して chkdsk/b コマンドをいつでも手動で実行して、不良クラスターがないかどうかを確認し、それに応じてファイルシステム情報を更新することができます。You can manually run the command chkdsk /b on these disks at any time to check them for bad clusters, and then update the file system information accordingly.

重要:****Chkdsk/bを実行するまでは、回復したシステムで報告された不良クラスターが正確でない可能性があります。Important: Until you run chkdsk /b, the bad clusters reported on your recovered system might not be accurate.

-quiet-quiet ユーザーにプロンプトを表示せずにコマンドを実行します。Runs the command without prompts to the user.

Examples

2020年3月31日に9:00 午前5時に実行されたバックアップからの情報の回復を開始するには、次のように入力します。To start recovering the information from the backup that was run on March 31, 2020 at 9:00 A.M., located on drive d:, type:

wbadmin start sysrecovery -version:03/31/2020-09:00 -backupTarget:d:

2020年4月30日に実行されたバックアップからの情報の回復を開始するには、server01 の共有フォルダーにある9:00 午前5時に、 \\servername\share 次のように入力します。To start recovering the information from the backup that was run on April 30, 2020 at 9:00 A.M., located in the shared folder \\servername\share for server01, type:

wbadmin start sysrecovery -version:04/30/2020-09:00 -backupTarget:\\servername\share -machine:server01

その他のリファレンスAdditional References