HYPER-V でジェネレーション 1 または 2 の仮想マシンを作成するか。Should I create a generation 1 or 2 virtual machine in Hyper-V?

適用対象: Windows 10、Windows Server 2016、Microsoft Hyper-V Server 2016、Windows Server 2019、Microsoft Hyper-V Server 2019Applies To: Windows 10, Windows Server 2016, Microsoft Hyper-V Server 2016, Windows Server 2019, Microsoft Hyper-V Server 2019

注意

Windows 仮想マシン (Vm) をオンプレミスから Microsoft Azure にアップロードする予定がある場合、第1世代と第2世代の Vm を VHD ファイル形式でアップロードし、容量固定のディスクを使用することがサポートされています。If you plan to ever upload Windows virtual machines (VMs) from on-premises to Microsoft Azure, generation 1 and generation 2 VMs in the VHD file format and have a fixed sized disk are supported. Azure でサポートされている第2世代の機能の詳細については、「 azure での第2世代の vm 」を参照してください。See Generation 2 VMs on Azure to learn more about generation 2 capabilities supported on Azure. Windows VHD または VHDX のアップロードの詳細については、「 Azure にアップロードする WINDOWS vhd または vhdx を準備する」を参照してください。For more information on uploading a Windows VHD or VHDX, see Prepare a Windows VHD or VHDX to upload to Azure.

第 1 世代または第 2 世代バーチャル マシンを作成するために選択を選んでいるゲスト オペレーティング システムのインストールと仮想マシンを展開に使用するブート方法です。Your choice to create a generation 1 or generation 2 virtual machine depends on which guest operating system you want to install and the boot method you want to use to deploy the virtual machine. 次のステートメントのいずれかが true でない限り、セキュア ブートのような機能を活用する第 2 世代仮想マシンを作成することをお勧めします。We recommend that you create a generation 2 virtual machine to take advantage of features like Secure Boot unless one of the following statements is true:

  • ブートする VHD が存在しない UEFI と互換性のあるです。The VHD you want to boot from is not UEFI-compatible.
  • 第 2 世代仮想マシンで実行するオペレーティング システムをサポートしていません。Generation 2 doesn't support the operating system you want to run on the virtual machine.
  • 第 2 世代は、使用するブート方法をサポートしていません。Generation 2 doesn't support the boot method you want to use.

第2世代仮想マシンで使用できる機能の詳細については、「 hyper-v の機能と世代とゲストの互換性」を参照してください。For more information about what features are available with generation 2 virtual machines, see Hyper-V feature compatibility by generation and guest.

作成後、仮想マシンの世代を変更することはできません。You can't change a virtual machine's generation after you've created it. そのため、ここで考慮事項を確認し、世代を選択する前に使用するオペレーティングシステム、ブート方法、および機能を選択することをお勧めします。So, we recommend that you review the considerations here, as well as choose the operating system, boot method, and features you want to use before you choose a generation.

ゲスト オペレーティング システムがサポートされますか。Which guest operating systems are supported?

第 1 世代仮想マシンは、ほとんどのゲスト オペレーティング システムをサポートします。Generation 1 virtual machines support most guest operating systems. 第 2 世代仮想マシンは、最も 64 ビット バージョンの Windows および Linux および FreeBSD オペレーティング システムの最新のバージョンをサポートします。Generation 2 virtual machines support most 64-bit versions of Windows and more current versions of Linux and FreeBSD operating systems. 次のセクションを使用して、仮想マシンのサポートをインストールするゲスト オペレーティング システムを参照してください。Use the following sections to see which generation of virtual machine supports the guest operating system you want to install.

Windows ゲスト オペレーティング システムのサポートWindows guest operating system support

次の表では、Windows の 64 ビット バージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which 64-bit versions of Windows you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

64 ビット バージョンの Windows64-bit versions of Windows 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Windows Server 2019Windows Server 2019
Windows Server 2016Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008Windows Server 2008
Windows 10Windows 10
Windows 8.1Windows 8.1
Windows 8Windows 8
Windows 7Windows 7

次の表では、Windows の 32 ビット バージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which 32-bit versions of Windows you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

32 ビット バージョンの Windows32-bit versions of Windows 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Windows 10Windows 10
Windows 8.1Windows 8.1
Windows 8Windows 8
Windows 7Windows 7

CentOS、Red Hat Enterprise Linux ゲスト オペレーティング システムのサポートCentOS and Red Hat Enterprise Linux guest operating system support

次の表は、 ( ) 第1世代と第2世代の仮想マシンのゲストオペレーティングシステムとして使用できる Red Hat Enterprise Linux RHEL および centos のバージョンを示しています。The following table shows which versions of Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and CentOS you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

オペレーティング システムのバージョンOperating system versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
RHEL/CentOS 7.x シリーズRHEL/CentOS 7.x series
RHEL/CentOS 6.x シリーズRHEL/CentOS 6.x series
注: Windows Server 2016 以降でのみサポートされています。Note: Only supported on Windows Server 2016 and above.
RHEL/CentOS 5.x シリーズRHEL/CentOS 5.x series

詳細については、次を参照してください。 CentOS、Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンを Hyper-vします。For more information, see CentOS and Red Hat Enterprise Linux virtual machines on Hyper-V.

Debian ゲスト オペレーティング システムのサポートDebian guest operating system support

Debian のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを次の表に示します。The following table shows which versions of Debian you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

オペレーティング システムのバージョンOperating system versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Debian 7.x シリーズDebian 7.x series
Debian 8. x シリーズDebian 8.x series

詳細については、次を参照してください。 Debian の仮想マシンを Hyper-vします。For more information, see Debian virtual machines on Hyper-V.

FreeBSD ゲスト オペレーティング システムのサポートFreeBSD guest operating system support

次の表では、FreeBSD のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which versions of FreeBSD you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

オペレーティング システムのバージョンOperating system versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
FreeBSD 10 と 10.1FreeBSD 10 and 10.1
FreeBSD 9.1 および 9.3FreeBSD 9.1 and 9.3
FreeBSD 8.4FreeBSD 8.4

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の仮想マシンを FreeBSDします。For more information, see FreeBSD virtual machines on Hyper-V.

Oracle Linux ゲスト オペレーティング システムのサポートOracle Linux guest operating system support

次の表では、Red Hat 互換カーネル シリーズのバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which versions of Red Hat Compatible Kernel Series you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

Red Hat 互換カーネル シリーズのバージョンRed Hat Compatible Kernel Series versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Oracle Linux 7.x シリーズOracle Linux 7.x series
Oracle Linux 6.x シリーズOracle Linux 6.x series

次の表では、Unbreakable Enterprise Kernel のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which versions of Unbreakable Enterprise Kernel you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

Unbreakable Enterprise カーネル (UEK) バージョンUnbreakable Enterprise Kernel (UEK) versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Oracle Linux UEK R3 QU3Oracle Linux UEK R3 QU3
Oracle Linux UEK R3 QU2Oracle Linux UEK R3 QU2
Oracle Linux UEK R3 QU1Oracle Linux UEK R3 QU1

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の Oracle Linux 仮想マシンします。For more information, see Oracle Linux virtual machines on Hyper-V.

SUSE のゲスト オペレーティング システムのサポートSUSE guest operating system support

次の表は、第1世代および第2世代仮想マシンのゲストオペレーティングシステムとして使用できる SUSE のバージョンを示しています。The following table shows which versions of SUSE you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

オペレーティング システムのバージョンOperating system versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
SUSE Linux Enterprise Server 12 シリーズSUSE Linux Enterprise Server 12 series
SUSE Linux Enterprise Server 11 シリーズSUSE Linux Enterprise Server 11 series
Open SUSE 12.3Open SUSE 12.3

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の仮想マシンを SUSEします。For more information, see SUSE virtual machines on Hyper-V.

Ubuntu のゲスト オペレーティング システムのサポートUbuntu guest operating system support

次の表では、Ubuntu のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。The following table shows which versions of Ubuntu you can use as a guest operating system for generation 1 and generation 2 virtual machines.

オペレーティング システムのバージョンOperating system versions 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
Ubuntu 14.04 およびそれ以降のバージョンUbuntu 14.04 and later versions
Ubuntu 12.04Ubuntu 12.04

詳細については、次を参照してください。 Ubuntu 仮想マシンを Hyper-v でします。For more information, see Ubuntu virtual machines on Hyper-V.

仮想マシンを起動する方法は?How can I boot the virtual machine?

次の表は、メソッドは第 1 世代と第 2 世代仮想マシンでサポートされているブートを示します。The following table shows which boot methods are supported by generation 1 and generation 2 virtual machines.

起動方法Boot method 第 1 世代Generation 1 第 2 世代Generation 2
標準のネットワーク アダプターを使用した PXE ブートPXE boot by using a standard network adapter
レガシ ネットワーク アダプターを使用して PXE ブートPXE boot by using a legacy network adapter
SCSI バーチャル ハード_ディスクからブート (します。VHDX) またはバーチャル DVD (します。ISO)Boot from a SCSI virtual hard disk (.VHDX) or virtual DVD (.ISO)
IDE コント ローラーのバーチャル ハード_ディスクからブート (します。VHD) またはバーチャル DVD (します。ISO)Boot from IDE Controller virtual hard disk (.VHD) or virtual DVD (.ISO)
フロッピーからの起動 (します。VFD)Boot from floppy (.VFD)

第 2 世代仮想マシンを使用する利点とはWhat are the advantages of using generation 2 virtual machines?

第 2 世代仮想マシンを使用する場合のメリットの一部を次に示します。Here are some of the advantages you get when you use a generation 2 virtual machine:

  • セキュアブートこれは、承認されていないファームウェア、オペレーティングシステム、または UEFI ドライバーが起動時に実行されないようにするために、ブートローダーが UEFI データベース内の信頼された機関によって署名されていることを確認する機能です。Secure Boot This is a feature that verifies the boot loader is signed by a trusted authority in the UEFI database to help prevent unauthorized firmware, operating systems, or UEFI drivers from running at boot time. セキュア ブートは、第 2 世代仮想マシンでは既定で有効になります。Secure Boot is enabled by default for generation 2 virtual machines. セキュア ブートでサポートされていないゲスト オペレーティング システムを実行する必要がある場合に、仮想マシンの作成後に無効にできます。If you need to run a guest operating system that's not supported by Secure Boot, you can disable it after the virtual machine's created. 詳細については、「セキュア ブート」を参照してください。For more information, see Secure Boot.

    セキュア ブートの第 2 世代の Linux 仮想マシン、仮想マシンを作成するときに、UEFI CA セキュア ブート テンプレートを選択する必要があります。To Secure Boot generation 2 Linux virtual machines, you need to choose the UEFI CA Secure Boot template when you create the virtual machine.

  • 大きなブートボリューム第2世代仮想マシンの最大ブートボリュームは、64 TB です。Larger boot volume The maximum boot volume for generation 2 virtual machines is 64 TB. これは、最大ディスク サイズでサポートされているのです。VHDX します。This is the maximum disk size supported by a .VHDX. 第 1 世代仮想マシンの最大のブート ボリュームは用に 2 TB をします。VHDX と 2040 gb 以上、します。VHD です。For generation 1 virtual machines, the maximum boot volume is 2TB for a .VHDX and 2040GB for a .VHD. 詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 仮想ハード ディスク フォーマットに関するテクニカル プレビューします。For more information, see Hyper-V Virtual Hard Disk Format Overview.

    第 2 世代仮想マシンで仮想マシンのブートとインストール時間にわずかな改善を表示することもあります。You may also see a slight improvement in virtual machine boot and installation times with generation 2 virtual machines.

デバイスのサポートの違いは何ですか。What's the difference in device support?

次の表では、第 1 世代と第 2 世代仮想マシン間で使用可能なデバイスを比較します。The following table compares the devices available between generation 1 and generation 2 virtual machines.

第 1 世代デバイスGeneration 1 Device 第 2 世代置換Generation 2 Replacement 第 2 世代拡張Generation 2 Enhancements
IDE コントローラーIDE controller 仮想 SCSI コントローラーVirtual SCSI controller .vhdx から起動 (最大サイズ 64 TB、オンライン サイズ変更機能)Boot from .vhdx (64 TB maximum size, and online resize capability)
IDE CD-ROMIDE CD-ROM 仮想 SCSI CD-ROMVirtual SCSI CD-ROM SCSI コントローラーあたり最大 64 台の SCSI DVD デバイスをサポートSupport for up to 64 SCSI DVD devices per SCSI controller.
従来の BIOSLegacy BIOS UEFI ファームウェアUEFI firmware セキュア ブートSecure Boot
レガシ ネットワーク アダプターLegacy network adapter 合成ネットワーク アダプターSynthetic network adapter IPv4 および IPv6 でのネットワーク ブートNetwork boot with IPv4 and IPv6
フロッピー コントローラーおよび DMA コントローラーFloppy controller and DMA controller フロッピー コントローラーのサポートはなしNo floppy controller support 該当なしN/A
COM ポートに対する Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (UART)Universal asynchronous receiver/transmitter (UART) for COM ports デバッグ用のオプション UARTOptional UART for debugging より高速で高信頼性Faster and more reliable
i8042 キーボード コントローラーi8042 keyboard controller ソフトウェア ベースの入力Software-based input エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。Uses fewer resources because there is no emulation. また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。Also reduces the attack surface from the guest operating system.
PS/2 キーボードPS/2 keyboard ソフトウェア ベースのキーボードSoftware-based keyboard エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。Uses fewer resources because there is no emulation. また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。Also reduces the attack surface from the guest operating system.
PS/2 マウスPS/2 mouse ソフトウェア ベースのマウスSoftware-based mouse エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。Uses fewer resources because there is no emulation. また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。Also reduces the attack surface from the guest operating system.
S3 ビデオS3 video ソフトウェア ベースのビデオSoftware-based video エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。Uses fewer resources because there is no emulation. また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。Also reduces the attack surface from the guest operating system.
PCI バスPCI bus 必要ありませんNo longer required 該当なしN/A
Programmable Interrupt Controller (PIC)Programmable interrupt controller (PIC) 必要ありませんNo longer required 該当なしN/A
Programmable Interval Timer (PIT)Programmable interval timer (PIT) 必要ありませんNo longer required 該当なしN/A
スーパー I/O デバイスSuper I/O device 必要ありませんNo longer required 該当なしN/A

第 2 世代仮想マシンの詳細についてMore about generation 2 virtual machines

第2世代仮想マシンの使用に関するその他のヒントを次に示します。Here are some additional tips about using generation 2 virtual machines.

DVD ドライブの接続または追加Attach or add a DVD drive

  • 物理 CD または DVD ドライブは、第 2 世代仮想マシンに接続できません。You can't attach a physical CD or DVD drive to a generation 2 virtual machine. 第 2 世代仮想マシンの仮想 DVD ドライブは、ISO イメージ ファイルだけをサポートします。The virtual DVD drive in generation 2 virtual machines only supports ISO image files. Windows 環境の ISO イメージ ファイルは、Oscdimg コマンド ライン ツールを使用して作成できます。To create an ISO image file of a Windows environment, you can use the Oscdimg command line tool. 詳細については、「Oscdimg のコマンド ライン オプション」を参照してください。For more information, see Oscdimg Command-Line Options.
  • NEW-VM Windows PowerShell コマンドレットで新しいバーチャル マシンを作成するときに、第 2 世代仮想マシンに DVD ドライブはありません。When you create a new virtual machine with the New-VM Windows PowerShell cmdlet, the generation 2 virtual machine doesn't have a DVD drive. 仮想マシンの実行中には、DVD ドライブを追加できます。You can add a DVD drive while the virtual machine is running.

UEFI ファームウェアを使用するUse UEFI firmware

  • セキュア ブートまたは UEFI ファームウェアは、物理的な HYPER-V ホスト上必要ではありません。Secure Boot or UEFI firmware isn't required on the physical Hyper-V host. HYPER-V では、HYPER-V ホスト上にあるものとは無関係の仮想マシンに仮想のファームウェアを提供します。Hyper-V provides virtual firmware to virtual machines that is independent of what's on the Hyper-V host.
  • 第 2 世代仮想マシンでの UEFI ファームウェアでは、セキュア ブートのセットアップ モードをサポートしていません。UEFI firmware in a generation 2 virtual machine doesn't support setup mode for Secure Boot.
  • 第 2 世代仮想マシンで UEFI シェルまたは他の UEFI アプリケーションを実行しているサポートされていません。We don't support running a UEFI shell or other UEFI applications in a generation 2 virtual machine. マイクロソフト以外の UEFI シェルまたは UEFI アプリケーションの使用は、それらがソースから直接コンパイルされている場合であれば、技術的には可能です。Using a non-Microsoft UEFI shell or UEFI applications is technically possible if they are compiled directly from the sources. これらのアプリケーションが適切にデジタル署名されていない場合、仮想マシンのセキュア ブートを無効にする必要があります。If these applications are not appropriately digitally signed, you must disable Secure Boot for the virtual machine.

VHDX ファイルを操作するWork with VHDX files

  • 仮想マシンの実行中には、第 2 世代バーチャル マシンのブート ボリュームを含む VHDX ファイルのサイズを変更することができます。You can resize a VHDX file that contains the boot volume for a generation 2 virtual machine while the virtual machine is running.
  • サポートまたは推奨第 1 世代と第 2 世代仮想マシンの両方を起動可能な VHDX ファイルを作成することはしないでください。We don't support or recommend that you create a VHDX file that is bootable to both generation 1 and generation 2 virtual machines.
  • 仮想マシンの世代は、仮想マシンのプロパティであり、仮想ハード ディスクのプロパティではありません。The virtual machine generation is a property of the virtual machine, not a property of the virtual hard disk. したがって、第 1 世代または第 2 世代仮想マシンで VHDX ファイルが作成されていないかを判断できません。So you can't tell if a VHDX file was created by a generation 1 or a generation 2 virtual machine.
  • IDE コント ローラーまたは第 1 世代バーチャル マシンの SCSI コント ローラーに接続できる 2 つの仮想マシンの世代で作成された VHDX ファイル。A VHDX file created with a generation 2 virtual machine can be attached to the IDE controller or the SCSI controller of a generation 1 virtual machine. ただし、起動可能な VHDX ファイルの場合は、第 1 世代仮想マシンは起動しません。However, if this is a bootable VHDX file, the generation 1 virtual machine won't boot.

IPv4 ではなく IPv6 を使用するUse IPv6 instead of IPv4

既定では、第 2 世代仮想マシンは IPv4 を使用します。By default, generation 2 virtual machines use IPv4. 代わりに IPv6 を使用するには、 Set-vmfirmware Windows PowerShell コマンドレットを実行します。To use IPv6 instead, run the Set-VMFirmware Windows PowerShell cmdlet. たとえば、次のコマンドは、TestVM という名前の仮想マシンの IPv6 に優先プロトコルを設定します。For example, the following command sets the preferred protocol to IPv6 for a virtual machine named TestVM:

Set-VMFirmware -VMName TestVM -IPProtocolPreference IPv6

カーネルデバッグ用の COM ポートを追加するAdd a COM port for kernel debugging

COM ポートは、追加するまで、第2世代仮想マシンでは使用できません。COM ports aren't available in generation 2 virtual machines until you add them. これを行うには、Windows PowerShell または Windows Management Instrumentation (WMI) を使用します。You can do this with Windows PowerShell or Windows Management Instrumentation (WMI). 次の手順では、Windows PowerShell を使用してこれを行う方法を示します。These steps show you how to do it with Windows PowerShell.

COM ポートを追加するには:To add a COM port:

  1. セキュア ブートを無効にします。Disable Secure Boot. カーネルデバッグはセキュアブートと互換性がありません。Kernel debugging isn't compatible with Secure Boot. バーチャルマシンがオフ状態であることを確認してから、 set-vmfirmwareコマンドレットを使用してください。Make sure the virtual machine is in an Off state, then use the Set-VMFirmware cmdlet. たとえば、次のコマンドでは、仮想マシン TestVM でセキュア ブートを無効にします。For example, the following command disables Secure Boot on virtual machine TestVM:

    Set-VMFirmware -Vmname TestVM -EnableSecureBoot Off
    
  2. COM ポートを追加します。Add a COM port. これを行うには、 Set VMComPortコマンドレットを使用します。Use the Set-VMComPort cmdlet to do this. たとえば、次のコマンドは、仮想マシンの名前付きパイプ TestPipe、ローカル コンピューター上に接続するための TestVM で最初の COM ポートを構成します。For example, the following command configures the first COM port on virtual machine, TestVM, to connect to the named pipe, TestPipe, on the local computer:

    Set-VMComPort -VMName TestVM 1 \\.\pipe\TestPipe
    

注意

構成済みの COM ポートは、Hyper-v マネージャーの仮想マシンの設定に一覧表示されません。Configured COM ports aren't listed in the settings of a virtual machine in Hyper-V Manager.

参照See Also