Unity 用の MRTK の概要Getting started with MRTK for Unity

MRTK

Mixed Reality Toolkit (MRTK) とはWhat is Mixed Reality Toolkit (MRTK)?

MRTK は、HoloLens が最初にリリースされて以来培われてきたすばらしいオープン ソースのツールキットであり、貢献してくれた開発者コミュニティの努力によって、現在の姿があります。The MRTK is an amazing open source toolkit that has been around since the HoloLens was first released, and would not be where it is today without the hard work of our developer community who have contributed to it. 過去 3 年間で、Microsoft では開発者コミュニティのフィードバックを受け、最も重要な懸念事項に対応するために MRTK v2 を構築しました。Over the past 3 years, we have listened to the feedback of our developer community, and built MRTK v2 to take the biggest concerns into account.

Unity 用の MRTK は、Mixed Reality アプリケーション向けのオープンソースのクロスプラットフォーム開発キットです。MRTK for Unity is an open-source, cross-platform development kit for mixed reality applications. MRTK には、空間でのインタラクションのための、クロスプラットフォームの入力システム、基本コンポーネント、共通の構成要素が備わっています。MRTK provides a cross-platform input system, foundational components, and common building blocks for spatial interactions. MRTK バージョン 2 は、Microsoft HoloLens、Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセット、OpenVR プラットフォームをターゲットとしたアプリケーションの開発を加速させることを目的としています。MRTK version 2 is intended to accelerate the development of applications targeting Microsoft HoloLens, Windows Mixed Reality immersive (VR) headsets and OpenVR platform. このプロジェクトは、参入障壁を減らすこと、Mixed Reality アプリケーションを作成すること、全体の成長に応じてコミュニティに貢献することを目的としています。The project is aimed at reducing barriers to entry, creating mixed reality applications, and contributing back to the community as we all grow.


詳細については、GitHub にある MRTK のドキュメントを参照してください。See the MRTK's documentation on GitHub to explore more. 開始するには、「インストール ガイド」ページの手順に従います。To get started, follow the steps on the Installation guide page.

MRTK v2 の新機能New with MRTK v2

これらのプラットフォーム ツールに込めた Microsoft の成果に注目して欲しいと考えています。We want to stress our commitment to these platform tools. 事実、Microsoft では MRTK バージョン 2 を活かして、アウトオブボックス設定エクスペリエンス (OOBE) などのすぐに使えるエクスペリエンスや Mixed Reality Tips アプリケーションを開発しました。In fact, we leveraged MRTK version 2 to develop our inbox experiences, such as the out-of-box setup experience (OOBE) and our Mixed Reality Tips application. また、新しい HoloLens 2 機能は、まずは MRTK 経由で公開されることを期待していただいてかまいません。Microsoft では、お客様が当社のプラットフォーム上で開発を行ううえで、それが最適な方法であると確信しているからです。You can also expect to see new HoloLens 2 capabilities first exposed through MRTK because we believe it’s the best way to develop on our platform.

モジュール式Modular

モジュール式の手法でビルドされているため、ツールキットのすべての機能をプロジェクトに組み込む必要はありません。We have built it in a modular way, so there's no need to take every bit of the toolkit into your project. 実際に、これにはいくつかの利点があります。There are actually a few benefits to this. プロジェクトを小規模に保ち、管理を容易にすることができます。It keeps your project size smaller, and makes it easier to manage. さらに、スクリプト作成が可能なオブジェクトによってビルドされており、インターフェイス駆動型であるため、組み込みのコンポーネントをお客様独自のものに置き換えて、他のサービス、システム、およびプラットフォームをサポートすることも可能です。Additionally, because it’s built with scriptable objects and is interface-driven, it’s also possible for you to replace the components that are included with your own, to support other services, systems, and platforms.

クロスプラットフォームCross-platform

他のプラットフォームに関しては、クロスプラットフォームのサポートを備えています。Speaking of other platforms, it has cross-platform support. また、このことによって、何もしなくてもすべての単一プラットフォームがサポートされるわけではありませんが、ビルド ターゲットを他のプラットフォームに切り替えたときに、どのツールキットのコードも中断されないことを保証しています。And while this doesn’t mean every single platform is supported out of the box, we have made sure none of the toolkit code will break when you switch your build target to other platforms. モジュール式の設計による堅牢性と拡張性を備えることから、適切な手法を利用して、ARCore、ARKit、および OpenVR などの複数のプラットフォームをサポートできます。The robustness and extensibility with the modular design sets you up on a good path to be able to support multiple platforms, such as ARCore, ARKit, and OpenVR.

高いパフォーマンスPerformant

モバイル プラットフォームに対応し、パフォーマンスを考慮して構築されています。Working with mobile platforms, we constructed it with performance in mind. このことは非常に重要であり、Microsoft ではツールがお客様の妨げにならないことを保証したいと考えました。This is super important, and we wanted to ensure that the tools are not going to work against you.

関連項目See also